•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


エラ削り 日本と韓国の手術方法の違いは??

7

おはようございます!
桜が散りはじめ、花びらがひらひら舞っていてきれいですね(v´∀`)☆

さて、今日のテーマは「エラ削り 日本と韓国の手術方法の違いは??」です。
日本にも韓国にも、エラ削りを行っている美容外科なりクリニックはたくさんあり、各クリニックで少しずつ技法が異なるので一概にはいえませんが、傾向として日本は骨のみを削るクリニックが多く、韓国は筋肉まで除去するクリニックが多いということができると思います。

2

日本で行われているエラ削りの方法としては耳の下のエラ張り(下顎骨の角の部分)の骨だけ切除する方法と、下顎骨の厚みを減らすために下顎骨の外板の切除を行う方法とがあります。
耳の下のエラ張りの骨(下顎骨の角の部分)だけ切り落とす方法では実際にはあまり効果はありません。
むしろ、下顎骨の角を切り落としたことで角が二つある状態になってしまって不自然な輪郭、凹みや段差のあるフェイスラインとなってしまいます。

1

6

本当に顔を細く見せるためには下顎骨の厚みを減らさなければなりません。
そのためには下顎骨の外板の切除を行うのが最も適切な方法です。
正面だけでなく横から見てもエラが張っていて顔が四角く見えるという場合には、下顎骨の下縁の骨を切除し横から見た下顎骨のラインを整えます。

4

8

韓国で多く行われている筋肉の切除手術をともなうエラ削り手術。
耳の下の下顎骨の角から顎先までを細くさせるために、下顎骨の角を切り落とし、下顎骨の厚みを減らす処置もし、さらに不必要とされるエラの筋肉(咬筋)を切除することによってかなり大幅な小顔をねらいます。

5

韓国の美容外科の変化が大きすぎる症例写真からもわかるように、近年、韓国では輪郭形成における神経ぎりぎりの過激なエラ削りが目立つようになりました。
この方法は神経ぎりぎりまで骨や筋肉を削ったり切除したりしますので、一歩間違えば大失敗し、一生重い後遺症が残る可能性があります。
また、直接神経を傷つけてしまわなかったとしても、ギリギリまで削ることによって神経が興奮状態となり、しびれや知覚麻痺などの副作用が術後長く続くケースもあります。
また、咬筋切除は感染症のリスクが高いとの報告もあります。

9

エラ削りは下顎骨を切ったり削ったりしますが、下顎骨の中にはオトガイ神経が顎からエラにかけて走行しており、エラ削りをする際には注意しなければなりません。
しかし、経験の浅いドクターにあたり神経を傷つけられてしまったり、見た目の大きな変化をねらって安全面への配慮に欠ける無茶な手術をされてしまう被害が後を絶ちません。
また、レントゲンを撮らないで手術を行うという暴挙に及ぶクリニックもあり、医師が神経の位置を確認できずに傷つけてしまったという報告もあります。

11

エラ削りは成功すれば確実に印象を変えることのできる手術ですが、失敗すれば修正の難しい、一生を台無しにしかねない手術です。
くれぐれも、大きな変化をうたう華々しい症例写真や安い価格、甘い誘い文句に乗せられることなく慎重にクリニック&医師選びをしてほしいと願います。

10

△イメージしやすいよう画像を挿入していますが文章とは関係ありません。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •