•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


エラ削り バッカルファット除去手術 体験談

管理人の元には「美容整形について多くの人に知ってほしいので自分の体験談をブログにのせてください」というメールがけっこう届きます。中には管理人としては賛成しかねる内容もありますが敢えて原文に極力ちかい形で載せるようにしています。

9

エラ削り バッカルファット除去手術 体験談

エラ削りと同時にバッカルファット除去手術を受けました。
私は30歳を過ぎてからのエラ削りということで、術後に皮膚がたるむ可能性があるという指摘をうけ、たるみ防止にバッカルファット除去手術もおこなうことになりました。

8

バッカルファットとは頬の深い部分にある脂肪の塊のことで、加齢によって下垂するため、たるみの原因となります。年齢とともに頬がブルドッグのようにたるんでしまうのもこのバッカルファットが大きな原因となるそうです。
このバッカルファットを手術で除去すると、たるみ防止になるだけでなくさらに小顔の効果も得られるそうです。

10

この手術はエラ削りや顎削り、頬骨削りなどの輪郭手術と一緒に行われる他、若いうちにバッカルファットを除去しておくことで、将来のたるみ予防に効果的だそうで、この手術を単体で20代などの若さでおこなうケースもあるとのことでした。
顔のたるみは皮膚が重力に負けて起こるのだと思っていましたが、脂肪の塊が加齢によって下垂するという原因があったのですね。

11

バッカルファットの手術は口の内側を1~2cm程度切開し、バッカルファットを引き出して切除するそうです。この手術の時間は30分程度で、エラ削りとあわせると2時間ほどの手術となるそうです。
バッカルファット手術のみの場合、洗顔やシャワー、メイクは当日から可能で、食事も、食後に口の中をしっかりゆすいで清潔に保つことができれば、通常通り摂ることができゆようです。
私の場合、エラ削りもやるので2~3日の入院が必要で食事もはじめの1週間は流動食、徐々に刻み食、柔らかめの食事、普通食と戻していくそうです。
長い道のりになりそうですが、念願の小顔を手に入れるためにがんばってこようと思います。

12

△イメージしやすいよう画像を挿入してありますが文章とは関係ありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •