整形に失敗しないマル秘情報 ←神に誓い真実
メールでしかお教えできない事情があります
返信用のメアド



  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


豊胸 バッグ 種類

おはようございます!
昨日は暑かったですね(´д`ι)
今年の夏は猛暑だそうです。
これから寝苦しい夜が増えるのかな~(・∀・i)

さて、今日のテーマは「豊胸 バッグ 種類」です。
バッグ(バック)を挿入する豊胸は、バストアップした胸を半永久的に保ちたい人に適した豊胸術です。
アンダーバストの部分やワキなどを切開し、乳腺の下、大胸筋筋膜の下、大胸筋の下のいずれかの場所に豊胸バッグを挿入しバストアップを図ります。
体質にもよりますが、人によっては2カップ以上の大きなバストをつくることも可能です。

豊胸手術で使用するバッグには、バッグの形状・表面の加工・中身の材質によってさまざまな種類があります。

【バッグの形状】
・ラウンドタイプ
円形状の形のバッグ

・アナトミカルタイプ
バストのような涙型の形のバッグ

【表面の加工】
・スムースタイプ
表面がツルツルしたタイプで、術後にマッサージが必要。

・テクスチャードタイプ
表面がザラザラしたタイプで、術後のマッサージは不要。

【中身の材質】
・ソフトコヒーシブシリコン
柔らかく自然で安全性の高いシリコン

・生理食塩水
万一バッグが破れても身体に無害

・シリコン製
最も古くから豊胸に用いられている材質

・ハイドロジェル(CMC)製
非常に柔らかいが安全性が懸念されている

上記のバッグの形状・表面の加工・中身の材質のすべての組み合わせの製品があるわけではなく、ある程度製品によって組み合わせは決まっています。
安全に希望のバストにするために、また、形状、触り心地、バッグを挿入している感覚、拘縮などの可能性についても術前のカウンセリング時に医師とよく話し合って確認し、自身に最適なバッグの種類を選択するようにしてください。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •