•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


アーティスクリニック 顎削り

■顎削り 韓国(Theme-アーティスクリニック 顎削り)
近年韓国を中心に海外の美容整形外科で顎削りを含む美容整形ツアーなるものが組まれ、海外の美容整形クリニックが日本市場での患者獲得に乗り出してきています。
主に日本の患者を積極的に受け入れている韓国の美容外科の一例としては、ID成形外科病院、ウォンジン成形外科医院、ウィズ美ウーマンクリニック、ティーエル成形外科医院、ロミアン成形外科医院、グランド成形外科医院、コリア成形外科医院、THE成形外科医院、チャンネル成形外科医院、パノバギ成形外科医院、ジュエリー成形外科医院、ゼンクリニック、リジェン成形外科医院、シンデレラ成形外科医院、スマイル成形外科医院、BRパラム成形外科医院、ビュー成形外科医院、マイン成形外科医院、ザ・ウェル成形外科医院、ユニメディ成形外科医院、BKトンヤン美容外科などです。
これらの美容外科の多くはソウル市の江南区の通称”美容整形ストリート”と呼ばれる場所に位置します。
韓国は”美容整形大国”といわれるほど美容外科が多く、近年ではアジアを中心に韓国に顎削りなどの美容整形を受けに来る外国人の数が急増しており、韓国で美容整形手術を受けた外国人旅行客の数は昨年一年で1万5千人を超えるそうです。
近年、海外からの旅行客に対する医療サービスで得た売り上げは一年で約4870億ウォン。
韓国政府も外資獲得のために顎削りを含むこの”美容整形事業”を後押ししているといいます。
韓国には顎削りをやっているところを含め無数の美容外科がありますが、もはや国内の患者の取り合いは限界となり、最近は中国や東南アジアそして日本からも顎削りなどの美容外科治療を組み込んだツアーが流行しています。
日本からも美容外科の紹介、飛行機や韓国でのホテル宿泊や病院までの送り迎えの手配、通訳まで一まとめに請け負い、しかも低料金で美容整形がうけられるという”医療旅行パック”が売り出されています。
しかし、これら韓国の美容外科を紹介しているサイトのほとんどは、いわゆる”紹介屋”ですので注意が必要です。
つまり相談者の顎削りなどの希望にぴったりの病院を紹介するフリをして、裏では特定の美容外科と結託しており、患者を紹介するたびにバックを受け取るという仕組みで成り立っています。
もちろん、韓国の美容外科の中にはきちんとした正統な営業をしている病院もたくさんありますし、技術と誠実な心を併せ持つ医師もいます。
また上記のクリニックが悪徳医院やヤブ医者だと名指ししているわけでは決してありませんので念のため。
しかし、紹介屋に紹介される医院の中には闇医者と呼ばれる無免許医師のいる病院も存在しますし、顎削りを含め実際に行われている施術で安全とはいえない手術方法も少なくはありません。
韓国の美容外科のホームページサイトに掲載されている魅力的に見える症例写真や輝かしい成功体験談の裏で、顎削りなどの美容整形失敗を苦にして自殺する方がいるという現状にも目を背けてはなりません。

■顎削り タイ(Theme-アーティスクリニック 顎削り)
近年タイでもまた、顎削りを含む美容整形ツアーなるものが組まれ、海外の美容整形クリニックが日本市場での患者獲得に乗り出してきています。
タイの有名な美容外科の一例としては、ヤンヒー・ホスピタル、ガモン・ホスピタル、ヨーサガン・クリニック、H.H.H.、ナロン・クリニック、ナラヴィー・クリニック、スーペリアART、TRSC、エーシア(アジア)・クリニックなどです。
タイといえば、美容整形よりも「性転換者手術」を思い浮かべる方も少なくないと思います。
タイでは、女性への性転換者から女装・化粧好きの男性までを広くガトゥーイと呼び、学校では先生も生徒もガトゥーイであることを隠さない風潮があるそうです。
男に性転換した人たちを指す「トム」も合わせると、性同一性障害の方は数百万人とも言われています。
タイの人口は7000万人弱だから、20~30人に1人くらいの割合ということになりますね。
タイでは日本よりも性同一性障害に対する偏見がないとこから、タイでの性転換者手術を希望する人が多いようですが、理解があるからといって顎削りなどの医療の技術も高いかというと、残念ながらそれはまた別の話です。
また、美容外科の数でいうとタイよりも圧倒的に韓国の方が多いのですが、にもかかわらずなぜタイで美容整形手術を受ける人たちが増加しているかというと、なんといっても安価な値段が魅力なのだと思います。
あとは、韓国のケースと同じく、仲介業者が入っており日本語サイトを立ち上げてタイの美容整形外科を紹介し、手術、交通費、日本語通訳、現地でのホテル宿泊などすべて込みで安くセッティングしてくれる手軽さがうけているようです。
中には医院長や仲介業者がブログを書いて手術の様子を紹介していたり、ラインIDを公開しており、気軽に相談できるというサイトもあります。
申し上げたいのは、タイという国が、国民が、性同一性障害の方に対する理解があるのはすばらしいことです。しかし、それと手術の技術をごちゃまぜにして考えてはいけません。
ましてや顎削りなどの美容整形となっては話はまったく別次元です。
さらに、わからないことがあればラインで気軽に質問でき、美容整形ツアーパックなどで手軽に格安で手術を受けられる・・。この人気の秘密は果たしてメリットといえるのでしょうか?顎削りを含む美容整形手術は患者のかけがえのない大事な顔に、身体にメスを入れる手術。
ことに、顎削りやエラ削りやあご削り、輪郭の骨削り、骨きりなどの美容整形手術となると、一度失敗してしまったら修正手術で治すことは極めて困難となります。
にもかかわらず、飛行機で飛ぶ→カウンセリング→手術を決意→手術→帰国
なんてあまりにも簡単に決断しすぎているような気がしてなりません。
顎削りもそうですが美容整形手術において即決することは大きなリスクを伴うと考えるべきです。
そして本当の名医は決して手術を急かしたり、即決を迫ったりするようなことは絶対にありません。
管理人の元に寄せられる体験談の中にはタイで顎削りなどの美容整形手術をして失敗してしまった方からのものも多くあります。もちろん、タイの美容外科やタイの医師のすべてが悪いといっているのではありません。中には本当に腕のいい誠実な医師もいるでしょう。また上記のクリニックが悪徳医院やヤブ医者だと名指ししているわけでは決してありませんので念のため。
しかし、いかなるゴットハンドを持つ名医でも手術に100%ということはありません。
万一の事態、アフターケアなどを考えたときに、外国での顎削りの手術は安いから、症例数が多いらしいから、リフレッシュになるからなどという安易な理由で手術を決めてしまうのはあまりにも愚かな決断だといわざるを得ません。

■アーティスクリニック 顎削り・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成している部分があります。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「アーティスクリニック 顎削り」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「アーティスクリニック 顎削り」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

アーティスクリニック 顎削り・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「アーティスクリニック 顎削り」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「アーティスクリニック 顎削り」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

<**さん>「アーティスクリニック 顎削り」の記事を含むこちらのブログの寄稿記事に救われました。
それまでは外見について四六時中悩んだり、美容整形なんて考えているのは自分だけだと思っていたから。
でもアーティスクリニック 顎削りなどの寄稿記事を読んで、僕のほかにも容姿のせいで苦労してきた人がたくさんいること、みんなが美容整形についてまじめに考えていることが分かって本当に心が救われた。
僕は小さい頃からとても不細工な顔でした。
でも、一人っ子だったのもあって、両親や祖父母たちからは「かわいい」「かっこいい」と散々褒められて育ったので10歳くらいになるまで自分が醜いとは思っていませんでした。
しかし、この頃から学校で「キモイ」とか「ブサイク」とかいわれるようになりました。
とくに女子からのいじめはひどくて、声をかけても無視されたり、僕に触ると「○○菌がうつった!」といって騒がれたりしてとても辛かったです。
中学、高校になるにしたがっていじめはエスカレートしてある男子グループからは暴行されたり万引きしてくるよう強要されたりするようになりました。
高校2年のときについに学校へいけなくなり、家に引きこもるようになりました。
中学生のころに実は一度美容整形を受けようとしてインターネットで調べたことがありました。
そのときはまだ、アーティスクリニック 顎削りなどの寄稿記事は見つけられず、たまたま見つけたどこかの美容外科で手術を受けようとして、母に相談したら「美容整形なんてとんでもない!」と大反対されてしまいました。
そしてその晩、母が父にそのことを話したらしく、「親にもらった顔を整形なんて」とものすごく怒られました。
父は昔気質の厳しい人なので男が容姿のことで悩むなんて女々しい、そんなふうだから学校でもバカにされるんだといわれ、もう絶対に両親に相談するのはやめようと心に誓いました。
家にひきこもるようになって、自分には生きている価値さえないと思い自殺を図ったこともあります。
ですが勇気がなくて死にきれず、ただ鬱々と過ごす日々。
そんな自分を見かねたのか、母がある日、母のPCからぼくのPCにメールでこのブログのURLを送ってくれました。
きっとぼくのためにいろいろ調べてくれたのだと思います。
そしてアーティスクリニック 顎削りを含む寄稿記事を読んで、他にも外見のことで深く傷つき悩んでいる人がたくさんいること、自分の頭がおかしいわけではなかったと気づくことができました。
母に改めて美容整形をして自分の人生を変えたいと話すと、「お父さんはお母さんが説得してあげるから相談してみなさい」といってくれ、先日の相談メールに至りました。
父とは今でも直接は話せていませんが、「安全に手術できるならいくらでも出してやれ」と母に言ったようです。
美容整形を必ず成功させて人生をやりなおしたいです。
そして両親にかならず恩返しします。
管理人さん、親身に相談に乗ってくださりとても感謝しています。
そして、アーティスクリニック 顎削りを含む記事を投稿してくださった方たちにも感謝しています。
自分も手術が成功したら体験談を投稿したいと思っています。
ありがとうございました。

<**さん>「アーティスクリニック 顎削り」などの記事を読んだことで美容整形を受ける勇気をもらいました。
ぼくはずっと外見のことで悩んできました。
周りの友達に比べて明らかに不細工で、あるブサイク売りの芸人の名前があだ名で、ずっとその名前で呼ばれていました。
内心はとてもいやで傷ついていたのですが、ぼくは学校で明るい元気なキャラクターと思われてきたし、自分でもブサイクなことをネタにして笑いをとったりしてきたので、周りもぼくの悩みには気づかなかったのだろうと思います。
アーティスクリニック 顎削りの記事を見つける前は、外見のコンプレックスから美容整形まで考えるぼくは異常なのではと思っていました。
周りの友達で美容整形に関心がある人なんかいないし(少なくともぼくが気がついている範囲では)美容整形なんて芸能人とかセレブとか、テレビの中の世界の人がやるもので、身近な人がやろうものならネタにしかならない、といった空気でした。
その一方で外見の悩みは成長するにつれどんどん深刻になっていきました。
子供のときは親戚や周りから「かわいい」といわれていたのですが、小学校、中学、高校と進むにつれどんどんごつく醜く成長してしまいました。
特に中学、高校の頃は成長期のホルモンなどの関係で一時期誰でもすっごくブサイクになる時期があるらしいのですが、ぼくの場合はずっとそのまま、大学に入っても洗練されず、むしろ大人になればなるほどどんどん醜くなる一方です。
アーティスクリニック 顎削りを含む記事を読む前は、毎日鏡を見ては、ぼくはいったいどこまでブサイクになってしまうのだろう、このままでは異性と付き合うこともできないまま、一生ブサイクと呼ばれ続けるのではないかと暗澹たる気持ちでいました。
しかし、外見の深い悩みのことなんて誰にも相談できるわけもなく、学校では明るく振る舞い、毎日家に戻って一人になっては美容整形のことをポチポチと検索する、だからといって実行に移す勇気はない、というような日々を送っていました。
そんなある日、ネットサーフィンをしていて偶然アーティスクリニック 顎削りの記事を見つけました。
他の寄稿記事も全部一気に読みました。
男女問わずどの投稿者も美容整形について真剣に悩んで、現状を改善すべく取り組もうとしていて、いままで美容整形を恥だと思っていた自分が逆に恥ずかしくなりました。
ぼくは弱い人間なので、やはり周りに美容整形を受けることをオープンにはできませんが、美容整形を受けてなりたい自分になるのはなんら恥ずかしいことではない、むしろ努力とさえ呼んでいいと思えるまでになりました。
もちろん、手術を受けるためのお金は自分で稼ぐつもりですし、やるからには絶対に成功させたいので最高の名医にお願いするつもりでいます。
アーティスクリニック 顎削りなどの記事は自分の意識改革の上で大変参考になりました。
内面にも外見にも誇りを持てるような自分になりたいと思います。

<**さん>私は、幼少時より容姿のことで悩んできました。
学校で「ブス!」「キモイ!」と言われては家に帰ってきてふさぎ込む日々。
大人になって学校を卒業し社会に出れば変わるだろうと思っていましたが、就職して会社勤めをはじめても陰口は変わらず。(むしろさらに陰険になりました。)
こんな惨めな毎日に耐えきれず、美容整形で自分の外見を変えることを考え始めました。
たまたまネット検索でこのサイトを見つけて、「アーティスクリニック 顎削り」などの寄稿記事を読んで救われたような気持ちになりました。
外見のことで毎日のように悩んでいるのは私だけではなかった!
アーティスクリニック 顎削りを含む寄稿記事には自らの容姿の悩みや、美容整形についての真剣な相談が多く、これから美容整形をうけるつもりの私には大変参考になりました。
私と同じように容姿で悩んでいる人たちがたくさんいる、美容整形という手段を考えているのは私だけじゃない。。
それが分かっただけでも、だいぶ気が楽になりました。
さらに、アーティスクリニック 顎削りなどの寄稿記事を読むといろんな人の考えが読めるので、美容整形について様々な角度からみることができ、客観的な判断ができるという点でも非常に役に立ちました。
私は思いこんだら人の意見に耳をかさず突っ走ってしまうところがあるので。。
カウンセリングから手術、ダウンタイム、そして完治への流れも詳細に書いてくれている人もたくさんいたので、今やるべきこと、仕事を何日休めばいいか、周りになんといって長期休暇をとるのがいいのか、ダウンタイムを早く終えるためにはどうすればいいのかなども把握することができ、心構えができて次にやるべきアクションが明確に見えてきました。
今までただ悩んでいるだけで閉じこもっていたのが、悩みを解決するために具体的な行動に移せるようになりました。
これは私の中でとても大きな進歩です。
なにげなく美容整形について検索していて、アーティスクリニック 顎削りの記事を読みこのブログを見つけて、そして積極的に行動する勇気を得ることができました。
自分自身のことなのだから、自分で率先して動いて解決しなければ一生このままなのだと自覚しました。
これまで散々苦しめられてきた外見の悩みに真っ向から立ち向かって必ず最良の解決へ導きます!!
アーティスクリニック 顎削りを含む寄稿記事のおかげでその勇気を得ました。
まずは病院探しからはじめます。
絶対にきれいになって自分の人生を変えたいと思います。

<**さん>美容整形手術にあたり「アーティスクリニック 顎削り」などの記事を参考にさせていただきました。
私の母はミスコンが大好きで若い頃はいろいろなミスコンで優勝したり受賞したりしていたそうです。
美しい母は私の誇りでしたが、私は父に似たせいかとても母と親子とは思えないほど可愛くありません。
若い頃、ミスコンの常連だった母ですが私を出産してからは専業主婦に徹していました。しかし、最近”美魔女”などという言葉が流行って、年齢を重ねてもなお美しい女性のコンテストなどが開催されていることに闘志を燃やした母がまた自分磨きを始めています。
私は自分の容姿に対して半ばあきらめていて、「悟り世代!」といわれてしまうかもしれませんが、結婚できないほどではないからまぁいいや、適度に恋愛して、適度に幸せになれればそれでいいや~くらいの気持ちでいました。
しかし、母が40半ばを過ぎてものすごく努力してどんどんきれいになっていくのをみて触発され美容に目覚めました。
美容と健康にいい食事をとったり、エクササイズをして身体を鍛えたりしましたが、やはり元が悪い顔は母のようには美しくなれず。
そこでその元を変えてやろうと美容整形に興味を持ちました。
アーティスクリニック 顎削りの記事がたまたま目にとまり、他の投稿者の方の記事もいろいろ読みました。
美容整形について無知に近かったので、いろんな情報が一気に収集できてとても役に立ちました。
両親に「整形したい」というとはじめは大反対だったのですが、私も軽い気持ちではなかったので毎日のように説得を続け、このブログを見せてアーティスクリニック 顎削りなどの記事も読んでもらい、ようやくOKをもらいました。
そして手術。仕上がりにはとっても満足しています。
父は積極的に会社の人に私を紹介するようになったし、母には「今度美人母娘のコンテストに一緒に出よう!」と誘われています。オーバーかな(笑)
整形して感じたのは、美人だとなんやかんや得するなぁ~ということ。
ミスコンなんてくだらない!と思っていたけど、今は美しいものを愛でるのはいつの時代も世の常なんだから自然なことだと思います。
アーティスクリニック 顎削りなどの寄稿記事のおかげで両親のOKを得られて整形手術ができたし、私の美意識も以前と大きく変わりました。
毎晩寝る前に、食パンの上にバターと白砂糖をたっぷりかけて食べていたなんて信じられない(笑)
美しいこと、美しさを求めることって素敵な生き方だと思います。

<**さん>美容整形手術をうけるにあたり「アーティスクリニック 顎削り」などの記事を大変参考にさせていただきました。
外見についてはずっと悩んできましたが、美容整形というものへの抵抗がどうしても拭いきれずにいました。
女優やモデルなどの芸能人で美容整形を受けている人はネットで散々に叩かれていますし、バラエティ番組でも司会者などに「おまえ、いじってるだろ?」などとからかわれて周囲が笑っているのをみると、美容整形というのは世の中からこんなふうに思われているのか、自分ももし美容整形を受けたら”いじっちゃった人”という偏見の目で周囲から見られるのではないか。
このようにアーティスクリニック 顎削りなどの記事を読む前は”美容整形は良からぬもの”という固定観念を持っていました。
ですが、今となっては自分こそが美容整形に対して強い偏見を持っていたのだと思います。美容整形は自由診療の範囲であり、保険診療では受けられません。
つまり病気ではなく、心身ともに健康な生活をおくるために”必要ではない”ものにカテゴライズされているのです。
たしかに、深刻な病と闘う人から見れば外見や容姿に対する悩みなんて贅沢なのかもしれません。
しかし、その外見や容姿の悩みで私は一度しかない青春期を台無しにしてきたようなものなのです。
周りの誰よりも醜い容姿を持って生まれてきた自分をずっと嘆いて生きてきました。
クラスで一番ブスと言われ続けた学生時代、合コンに声すらかけられなかった20代、初めてつきあった彼は友達や家族に私のことを紹介するのを嫌がりました。
アーティスクリニック 顎削りなどの記事を読む前は醜い容姿のせいで苦しみながらも、美容整形に対する偏見のせいで美容整形に踏み切ることもできないという状況でした。
しかし、アーティスクリニック 顎削りなどの記事を読み美容整形について真剣に悩み考えている人たちがたくさんいることを知り、容姿のことで悩んでいながらも美容整形に対して偏見を抱いていた自分を恥じました。
美容整形は悪いことじゃないんだ。
人から後ろ指を指され笑われるようなことじゃないんだ。
綺麗になりより自分らしい生き方をするための一つの手段であり努力の形なのだ、と思うことができるようになりました。
そして、今後の人生をより自分らしく生きるために、台無しにした青春期の分もこれからの人生で幸せになるために、美容整形手術を決意しました。
偶然目にしたアーティスクリニック 顎削りの記事をきっかけに自分のくだらないこだわりを捨て、人生を変えるきっかけをつかむことができました。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •