南クリニック 頬骨削り

■南クリニック 頬骨削り
南クリニックは渋谷院と名古屋院の2院を構える美容外科クリニックです。
渋谷院東京都渋谷区渋谷1-24-4 シブヤ百瀬ビル8Fに。
名古屋院は名古屋市東区東桜1-10-35 セントラル野田ビル2Fにあります。

■頬骨削り 失敗(Theme-南クリニック 頬骨削り)
頬骨削りは美容整形手術の中でも特に高度な技術が求められます。
形成外科全般にわたる幅広い知識と経験を持ち、顔面の骨切り術の経験豊富な医師を選択すべきです。
また、頬骨削りは全身麻酔下で行われる輪郭形成手術なので数日の入院が必要になります。
入院設備の整った術後の安全管理ができる病院を選択することも重要になります。

■頬骨削り たるみ(Theme-南クリニック 頬骨削り)
頬骨を大きく切り取った場合や年齢を重ねてからの頬骨削りの場合はたるみが出るリスクが考えられます。
頬骨削りの術後にたるみがみられても新しい骨格の位置に筋肉や皮膚組織がなじんで数ヶ月でたるみが解消する場合もありますし、そのまま残ってしまうケースもあります。
たるみ予防に頬骨削りと同時にフェイスリフトなどを勧めてくるクリニックもありますが、もしフェイスリフトなどをするにしても頬骨削りが終わって術後の経過を見てからにしたほうが賢明でしょう。

■頬骨削り 症例(Theme-南クリニック 頬骨削り)
頬骨削りは頬骨縮小とも言われる美容整形です。
頬骨削りは主に正面から見た際の横幅と、斜めから見た際の頬骨の突出が気になる方が対象となります。
頬骨は形態上、体部には厚みがありますが、弓部に厚みがないため、削ることができるのは体部のみです。
体部のみでは、斜めから見たときの頬骨の突出はある程度改善できますが、正面から見たときの横幅を変化させることができません。
このため実際には頬骨の骨を切り取る手術を行い頬骨の突出を解消し美しい小顔を目指します。
頬骨削りの症例としては大きく分けて口内から切開を行う口内法と、もみあげ後方を切開して行う口外法の2種類があります。
一般に口内から切開を行う口内法が主流ですが、頬骨弓部の骨切りを行う場合はもみあげ後方の切開が必要になります。
また、すべての手技を口外法によりもみあげ後方の切開から行うクリニックもあります。口内法のメリットとしては、口の中を切開するため顔の表面に傷が残らないことと、骨を大きく切る事が可能なことです。
逆にデメリットとしては、腫れが強く出やすく、比較的長いダウンタイムが必要になることです。
口外法のメリットとしては、口内法に比べて腫れや痛みが軽いこと、ダウンタイムが短いことなどが挙げられます。
逆にデメリットとしては、顔表面に残る傷を極力小さくするために1~1.5㎝程度の切開口から手術を行うため大きく骨を切って形を整える事は出来ません。
傷口はもみあげに隠れて目立ちにくいとはいえ、やはりうっすらと残ってしまいます。

■頬骨削り 名医(Theme-南クリニック 頬骨削り)
頬骨削りを含め、輪郭の骨削り・骨切りは美容整形手術の中でも特に高度な技術が求められます。
形成外科全般にわたる幅広い知識と経験を持ち、顔面の骨切り術の経験豊富な医師を選択すべきです。

■頬骨削り 腫れ(Theme-南クリニック 頬骨削り)
頬骨削りの腫れは術後2~3 日目をピークに徐々に引いていきます。
頬骨削りの手術後は目立つ腫れが約2 週間ほど続きます。
そこから多少むくみが感じられる状態に落ち着き、完全にむくみが取れるまでに3ヶ月~6ヶ月ほどかかります。

■頬骨削りたい(Theme-南クリニック 頬骨削り)
頬骨の張り出しが気になる、顔がごつくみえる、張り出した頬骨のせいで女性なのに男性らしい印象に見える、角張った頬骨のせいで性格がきつそうに見える、顔の横幅を減らしたい、優しい印象の丸顔にしたい、瓜実顔にしたい、女性らしい柔らかい雰囲気になりたい、年齢よりも老けてみられる、頬骨が高いせいでつり目に見える、頬骨が張り出しているせいで写真に写ると顔が大きく見える・・。
頬骨削りは上記のような方に適応する美容整形手術です。

■頬骨削り 効果(Theme-南クリニック 頬骨削り)
頬骨削りにより正面から見た際の横幅と、斜めから見た際の頬骨の突出を改善することができます。また、頬骨のでっぱりを解消することで、小顔に見える、若々しい印象になるなどの効果が期待できます。
頬骨削りは頬骨の骨自体を削るので後戻りしてしまうという心配はまずありません。
また、頬骨削りはエラ削りや顎削りなどと組み合わせることで輪郭全体にアプローチすることができるため、頬骨が目立たなくなるだけではなく、最強のシャープな小顔を作ることが可能です。

■頬骨削り ブログ(Theme-南クリニック 頬骨削り)
実際に頬骨削りを受けた感想や経過を写真、画像、動画などを添付しながらブログにつづっている方がいらっしゃいます。
実際の体験談に勝るものはなし!とそれらのブログを参考にされる方も多いと思います。しかし、ブログなどの情報はその内容のすべてを鵜呑みにせず参考程度に留めておくべきだと思います。
ブロガーの方が成功したからといって他の患者が同じように上手くいくとは限りませんし、ブロガーの方が失敗したからといって他の患者も満足しないとはいえません。
それ以前に、ネット上というのはいわば誰もが匿名で投稿できる無法地帯。
その経過ブログや体験談ブログにかかれている「体験談」は本物だとは限りません。
美容外科クリニックに通じる”紹介屋”やクリニックの身内による集客目的の投稿である可能性も否定できません。
もちろん、頬骨削りの経過ブログや体験談ブログの中には実際に手術を受けた患者による生の声も存在するでしょう。
ですが、やはりネットの特性を考えるとこれらのブログは参考程度に留めておくのが賢明だと思います。

■頬骨削り 経過(Theme-南クリニック 頬骨削り)
頬骨削りの術後、麻酔から覚めるとドレーンという血抜きの管につながれた状態であることがあります。
これは血が溜たまることを予防し回復を早めるためです。
通常、手術の翌日に抜去します。
頬骨削りの手術後は目立つ腫れが約2 週間ほど続きます。
頬骨削りの腫れのピークは2~3 日目くらいでそこから徐々に引いていきます。
また、内出血がみられ皮膚が紫色や黄色になることもあります。
これは頬骨削り時の手術操作によって細かい血管が傷つき、皮膚の下で出血たためです。
内出血も2 週間程度で消失しますので心配いりません。
口の中の傷を縫合した糸は10日~14日後に抜糸します。
口外法でもみあげあたりの皮膚を切開した場合は1週間ほどで抜糸します。
また、洗顔、シャワー、入浴についてですが、シャワーのみであれば首から下は頬骨削りの手術翌日から可能です。
顔や頭部から上はドレーン抜去の翌日から濡らして大丈夫です。
しかし、入浴は血流をよくするので痛みが強くでる可能性があるため、頬骨削り術後一週間は控えたほうがいいでしょう。
メイクはドレーン抜去の翌日から、傷口をさけて可能です。
歯磨きに関しては頬骨削り手術翌日から可能ですが、やわらかい歯ブラシから始め傷に直接当たらないよう注意してください。
また、毎日消毒液を使用してよくうがいをして口腔内を清潔に保ちます。
頬骨削り術後の食事に関してですが、手術当日、もしくは翌日からおかゆなどやわらかいものからはじめます。そして徐々に普通食に近づけていきます。
約1~2 週間は熱いもの、刺激のあるもの、堅いものは控えて下さい。
頬骨削り退院後の通院は通常術後1週間目、術後2週間目(抜糸)、3ヶ月目、6ヶ月目となります。
腫れがひいたあともむくみが3ヶ月~6ヶ月ほど続きます。
これは他人からみてさほど目立つようなむくみではありません。
自分で少し違和感を持つ程度のむくみです。
頬骨削りの完成は約6 ヶ月といわれています。

■頬骨削り モニター(Theme-南クリニック 頬骨削り)
頬骨削りは比較的高額な手術ですのでコスト面を考えて美容整形モニターを利用したいと考えている方もいるでしょう。
モニターになれば、通常の30%〜80%オフの料金で施術を受けられたり、中には無料で治療できることもあります。
現時点で、頬骨削りのモニターを募集しているクリニックは湘南美容外科、横浜エーブクリニック、こいずみ形成クリニック、ガーデンクリニック、品川美容外科などがあります。
モニター募集の情報は、クリニックの公式ホームページやフリーペーパー、雑誌の広告などに掲載されています。
美容整形モニターは、後からクリニックの広告に利用する前提で割引が受けられる制度です。HPや雑誌への顔写真の掲載、TVへの出演、体験談や施術後の感想が、実名で公表される場合もあります。
顔写真の掲載も、施術を受けた部位だけのケース、顔全体の写真が掲載されるケース、目に黒い帯やモザイクを入れるケース、術部以外にぼかしを入れるケースなど様々です。
頬骨削りの場合も含め、画像は一度インターネットに載るということは半永久的に完全削除が難しいと考えるべきです。
特に家族や身内に頬骨削りなどの美容整形手術を受けたことを知られたくないという方は、この点をじっくりと考えてからモニターに応募するようにしてください。
合わせてフルネームでの掲載、実年齢などの個人情報をどの程度公表するかは、クリニックに問い合わせ事前に細かく確認しましょう。
また頬骨削りのモニターに応募したからといってすべての人がモニターになれるわけではありません。
応募後、クリニック側の審査を経てこの人には当院の頬骨削りのモニターになってほしいという方が選ばれます。また、手術自体は無料や格安で受けられても、アフターケアやメンテナンスに高額の費用がかかる可能性もあります。頬骨削り術後のケアの取り扱いについても必ず確認するようにしてください。

■頬骨削り デメリット(Theme-南クリニック 頬骨削り)
頬骨削りでは骨を削ったり切ったりするため、一度失敗すると修正が困難になります。
また顔全体のバランスを考えて削らないとかえって顔が大きく見えてしまったり、他のパーツが目立ち不自然な顔立ちになってしまう可能性もあります。
また、頬骨削りは骨にアプローチするため、腫れが大きくダウンタイムも長くかかる傾向にあります。口外法の場合は切開するもみあげのあたりにうっすらと傷痕が残ることがあります。

■頬骨引っ込める(Theme-南クリニック 頬骨削り)
頬骨が横にも張り出していて高さもあり、とにかく頬骨を引っ込めたいという方には頬骨体部と頬骨弓部の突出を同時に減少する手術が選択されます。
頬骨は、体部と弓部が連続している形をしています。
この頬骨の高さも横への張り出しも改善する手術では頬骨体部と頬骨弓部の両者を同時に一塊で後退&幅寄せを行います。
その際には口の中と耳の前方のこめかみの部分の2箇所の切開からアプローチし、この2方向から頬骨削り、頬骨切りを行います。

■頬骨削り 費用(Theme-南クリニック 頬骨削り)
頬骨削りの料金は各クリニックにより70万~170万と大きく異なりますが、日本での平均価格は120万円前後といわれています。

■頬骨出てる(Theme-南クリニック 頬骨削り)
頬骨の左右への張り出しが気になる、頬骨が出てるせいで顔の横幅が広く見えるのがコンプレックスなど、頬骨が横に張り出しているのが気になる場合の原因の多くは頬骨弓という部分が横に張り出していることにあります。
この場合はアーチリダクション、アーチインフラクチャー法などの頬骨削りの手術が選択されます。

■頬骨高い(Theme-南クリニック 頬骨削り)
頬骨高いのが気になる、頬骨が斜め方向に突出しているなどの原因は頬骨体部の突出が考えられます。
この場合は頬骨削りの中でも頬骨体部減少術が選択されます。
頬骨体部減少術は口の中からアプローチします。
上口腔前庭切開より、上顎骨、頬骨の骨膜下にて眼窩下縁、頬骨弓まで剥離、咬筋の頬骨への付着部を一部切離し、頬骨体部の全容を露出します。
その後、突出している部位を削り頬骨の高さを改善していきます。

■頬骨削り 失敗画像(Theme-南クリニック 頬骨削り)
美容外科の多くはクリニックのホームページに自院で手術した患者のBefore&Afterの症例写真を掲載しています。
中にはメイクや照明などは同じ条件で、手術箇所の変化のみわかりやすいように撮影しているクリニックもありますが、ほとんどの美容外科は、術前のBefore写真はすっぴんに暗めの照明、無表情。術後のAfter写真はバッチリメイクに笑顔で照明もガンガンあたっています。これでは肝心の術部の変化がよく分かりません。
さらに、頬骨削りの症例写真を含めBefore&Afterで劇的に変化しすぎている画像をよく見かけます。
近年の写真加工の技術の進歩は目覚ましいものがあります。
肌質を美しく整えるのはさることながら、一重の目を二重にしたり、黒目を大きくしたり、アイキャッチを入れて目をキラキラにみせたり、鼻筋を通したり、輪郭を調整して顔を小顔に見せたり、胸の大きさを盛って自然な谷間を作ったり、ウエストを細くしたり、足を長くしたり・・と写真加工だけで整形しないでも別人に見せられるレベルです。
実は美容外科の中には術後の症例写真に対してこの写真加工を施して術後の変化を強調しているクリニックも存在します。
例えば頬骨削りの手術なら術前の写真はより頬骨が張り出しているように加工し、術後は実際以上に頬骨が減ってなめらかな美しい輪郭ができあがったようにするというふうに・・。
もちろん、だからといってすべてのクリニックが症例写真を加工しているわけではありません。しかし、Before&Afterの症例写真を鵜呑みにして、頬骨削りをすれば同じような手術効果が得られると期待するのは少々安易な考えのように思います。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

■頬骨削り 方法(Theme-南クリニック 頬骨削り)
頬骨に対する手術は大きく分けて、頬骨を削る手術と頬骨を骨切りする手術に分けられます。頬骨は形態上、体部には厚みがありますが、弓部に厚みがないため、削ることができるのは体部のみとなります。体部のみでは、斜めから見たときの頬骨の突出はある程度改善できますが、正面から見たときの横幅を変化させることができません。
なので、実際には頬骨の骨切り手術を行っている美容外科が多いです。
頬骨の骨切り手術は口腔内から頬骨体部の骨を切除し、もみあげ後方の切開から頬骨弓部の骨切りを行います。そのあと、頬骨体部と弓部を一体にして内側に引き寄せ、頬骨の横径を狭めます。
体部には多少の段差が出ますので削って段差をなくします。
骨切りされた骨同士はサージカルワイヤーを用いて固定されます。このような骨切り手術は、言ってみれば骨折したのと同じことですので、この固定は非常に大切なポイントです。
頬骨弓部には咬筋という筋肉が付着しており、その筋肉の力で下方に牽引されて予期しない位置で骨がくっつく危険性があります。また骨は骨同士が接触していないと十分な骨新生が起きず、十分な強度が得られなかったり、骨の吸収が起こってしまったりということが考えられます。なのでしっかりと固定することは大変重要なことになります。
このようにして頬骨体部から弓部にかけての自然なラインを残すよう努めます。
頬骨の骨切り手術を行うと、顔幅が狭くなると同時に、目の外側から顔の外側までの距離が短くなるため、相対的に目が大きく見えるといった効果も多数報告されています。
また、最新式の頬骨削りとしてアーチインフラクチャーのブーメラン切開を行っているクリニックもあります。
アーチインフラクチャーにより両端の骨を中抜きした後、弓部と体部の骨をワイヤーで固定をせず、ワイヤーFREEの頬骨削りを行います。
頬骨削りのブーメラン切開では、より大きな変化、中顔面に対するたるみの回避効果が期待されます。

■頬骨削り ダウンタイム(Theme-南クリニック 頬骨削り)
頬骨削りの術後、2週間~1か月程度は腫れが続きますが、手術後数日間は、包帯やフェイスバンドなどで固定する必要があること、食事や入浴に制限がかかることなどを考慮に入れると外出を控えたいほどのダウンタイムは約2週間というところでしょうか。

■頬骨削り 痛み(Theme-南クリニック 頬骨削り)
頬骨削りは全身麻酔下での手術ですので眠っている間に手術が終了し痛みを感じることはありません。
術後の痛みに関しては歯茎が腫れたような鈍痛を感じることがありますが、鎮痛剤などでコントロールします。

■頬骨削り 内出血(Theme-南クリニック 頬骨削り)
頬骨削りの内出血に関しては、術後に皮膚が紫色や黄色に変色する内出血がみられる場合がありますが2 週間程度で消失します。

■頬骨削り 痺れ(Theme-南クリニック 頬骨削り)
頬骨削りの痺れについては、手術時に神経に負担をかけることがある影響で術後しばらくはほほのあたりからこめかみ、唇にかけて知覚の麻痺やしびれがおこることがあります。
また、偏頭痛のような症状を訴える患者もいます。
通常、これらの症状は3~6ヶ月で消失します。
しかし、神経を傷つけてしまったり大きく負担をかけてしまった場合、まれに感覚が完全に元に戻らないこともあるので注意が必要です。

■頬骨削り 傷跡(Theme-南クリニック 頬骨削り)
口内法の場合は口の中を切開するため顔の正面に傷は残りません。
口腔内の傷も大きく口を開けても見えない位置ですし、口の粘膜は回復が早いためこの傷痕もやがて細い白い線のようになり気づかないうちにほとんど消えてしまいます。
口外法の場合、もみあげ後方を切開して行うので傷痕がしばらく残ります。
この傷も徐々に目立たなくなっていきますが、うっすらと残ってしまうケースも報告されています。

■頬骨削り 韓国(Theme-南クリニック 頬骨削り)
近年韓国を中心に海外の美容整形外科で頬骨削りを含む美容整形ツアーなるものが組まれ、海外の美容整形クリニックが日本市場での患者獲得に乗り出してきています。
主に日本の患者を積極的に受け入れている韓国の美容外科の一例としては、ID成形外科病院、ウォンジン成形外科医院、ウィズ美ウーマンクリニック、ティーエル成形外科医院、ロミアン成形外科医院、グランド成形外科医院、コリア成形外科医院、THE成形外科医院、チャンネル成形外科医院、パノバギ成形外科医院、ジュエリー成形外科医院、ゼンクリニック、リジェン成形外科医院、シンデレラ成形外科医院、スマイル成形外科医院、BRパラム成形外科医院、ビュー成形外科医院、マイン成形外科医院、ザ・ウェル成形外科医院、ユニメディ成形外科医院、BKトンヤン美容外科などです。
これらの美容外科の多くはソウル市の江南区の通称”美容整形ストリート”と呼ばれる場所に位置します。
韓国は”美容整形大国”といわれるほど美容外科が多く、近年ではアジアを中心に韓国に頬骨削りなどの美容整形を受けに来る外国人の数が急増しており、韓国で美容整形手術を受けた外国人旅行客の数は昨年一年で1万5千人を超えるそうです。
近年、海外からの旅行客に対する医療サービスで得た売り上げは一年で約4870億ウォン。
韓国政府も外資獲得のために頬骨削りを含むこの”美容整形事業”を後押ししているといいます。
韓国には頬骨削りをやっているところを含め無数の美容外科がありますが、もはや国内の患者の取り合いは限界となり、最近は中国や東南アジアそして日本からも頬骨削りなどの美容外科治療を組み込んだツアーが流行しています。
日本からも美容外科の紹介、飛行機や韓国でのホテル宿泊や病院までの送り迎えの手配、通訳まで一まとめに請け負い、しかも低料金で美容整形がうけられるという”医療旅行パック”が売り出されています。
しかし、これら韓国の美容外科を紹介しているサイトのほとんどは、いわゆる”紹介屋”ですので注意が必要です。
つまり相談者の頬骨削りなどの希望にぴったりの病院を紹介するフリをして、裏では特定の美容外科と結託しており、患者を紹介するたびにバックを受け取るという仕組みで成り立っています。
もちろん、韓国の美容外科の中にはきちんとした正統な営業をしている病院もたくさんありますし、技術と誠実な心を併せ持つ医師もいます。
また上記のクリニックが悪徳医院やヤブ医者だと名指ししているわけでは決してありませんので念のため。
しかし、紹介屋に紹介される医院の中には闇医者と呼ばれる無免許医師のいる病院も存在しますし、頬骨削りを含め実際に行われている施術で安全とはいえない手術方法も少なくはありません。
韓国の美容外科のホームページサイトに掲載されている魅力的に見える症例写真や輝かしい成功体験談の裏で、頬骨削りなどの美容整形失敗を苦にして自殺する方がいるという現状にも目を背けてはなりません。

■韓国 頬骨削り 費用(Theme-南クリニック 頬骨削り)
韓国の中でも頬骨削りの費用は美容外科によりピンキリですが、日本の頬骨削りの相場が120万前後と言われているのに対し、韓国では60万前後と約半額の値段で受けられるところが多いようです。
また入院が無料であったり、手術費+渡航費+食費などの雑費を入れて、トータルで日本円で150万円前後で韓国で頬骨削りを受けられる美容整形のツアーパックもあり、この費用の安さが韓国での美容整形人気に一役買っています。

■頬骨削り 整形 韓国 (Theme-南クリニック 頬骨削り)
韓国での頬骨削りの特徴として大きく骨を切り取る傾向にあるということが挙げられます。
日本の美容外科での頬骨削りはナチュラルで自然な変化を好む日本人の好み合うよう頬骨を小さくしつつもあくまで自然なラインの輪郭を目指す傾向がありますが、韓国人は日本人に比べハッキリとした変化を好む傾向にあるといわれており、その需要に沿うように韓国での頬骨削りでは最大限大きく骨を切り取り小顔を目指す傾向があるようです。
そのため、韓国での頬骨削り失敗の訴えの多くが「頬骨を大きく削られすぎて細すぎる輪郭になってしまった」「不自然な輪郭になってしまった」というものです。
頬骨の削りすぎは韓国でよくみられる頬骨削り整形の失敗の一つといえるでしょう。

■頬骨削り メリット(Theme-南クリニック 頬骨削り)
頬骨削りは骨自体にアプローチするため、一度手術を行えば半永久的に効果が続き後戻りすることはありません。
また、口内法の場合は口腔内から切開するため、傷跡が顔の表面に残りません。

■頬骨削り 後遺症(Theme-南クリニック 頬骨削り)
骨にはいくつかの神経が通っているため、頬骨削りの術後に顔面神経や知覚神経麻痺、痺れなどの後遺症を生じる可能性があります。
また、技術の未熟な医師が執刀した場合、頬骨削り後に変化・効果がないという失敗や頬骨の高さ・大きさの左右差を生じシンメトリーな輪郭にならなかったとおう失敗、削ったラインがガタガタになる失敗、こめかみが陥没した形になってしまう失敗、またはっきりと濃く傷痕が顔に残ってしまったという症例なども報告されています。

■頬骨削り リスク(Theme-南クリニック 頬骨削り)
頬骨削りのリスクとしては術後の顔面神経や知覚神経の麻痺、痺れなどがあげられます。
また、頬骨を大きく切り取った場合や年齢を重ねてからの頬骨削りの場合はたるみが出るリスクが考えられます。
また、まれにではありますが術後感染や、手術中に使用される高温を発する医療器具によるヤケドのリスクもあります。

■頬骨削り 術前検査(Theme-南クリニック 頬骨削り)
頬骨削りと一口にいっても、輪郭の骨全体を見ながらバランスよく整えていく必要があります。そのためにはセファログラム(顔面の規格レントゲン写真)やCTを撮影し、様々な骨の角度を計測して、どの部分をどの程度切除するかを医師と患者で話し合いながら決定していきます。
美容外科によっては様々な角度から見た手術後のイメージをソフトウェアによるシュミレーションを用いて説明する場合もあります。
他にも頬骨削りの術前検査として、頭部X線検査、パノラマ撮影、胸部X線検査、心電図、各種血液検査などを行います。
頬骨削りの手術中の出血に備えて自己輸血のために採血をしておくクリニックもあります。
また、頬骨削り術後の神経麻痺、痺れなどの後遺症のリスクを防ぐためにも術前検査で神経管の位置の確認をしておくことが重要になります。

■頬骨削り 麻酔(Theme-南クリニック 頬骨削り)
頬骨削りは骨削りの手術なので全身麻酔で行います。
ちなみに麻酔の種類としては全身麻酔の他にも、静脈麻酔、表面麻酔、硬膜外麻酔、クリーム麻酔、笑気ガス麻酔などがあります。

■頬骨削り 手術時間(Theme-南クリニック 頬骨削り)
頬骨削りの手術法にもよりますが、約1.5~2時間です。

■頬骨削り 入院(Theme-南クリニック 頬骨削り)
頬骨削りの術後は医師が常駐している施設に入院が必要になります。
入院期間は通常1~3日です。
早く腫れを引かせダウンタイムを短くするためにも万全の医療体制のもとアフターケアを十分に受けることが大切です。

■頬骨削り 日帰り(Theme-南クリニック 頬骨削り)
まれに日帰りで頬骨削りの手術を行う病院もありますが、これは危険な行為と言わざるをえません。
頬骨削り術後は気道周囲の腫れが強く出るため、気道が閉塞して呼吸ができなってしまうことが稀にあります。
実際に輪郭の美容整形の手術後に気道が閉塞し窒息死に至ったケースもあります。
窒息するほどの腫れは、手術当日~翌朝にかけて起こることがほとんどです。
そのため頬骨削りの術後1~2日間は医師が常駐している施設に入院し体調管理を受けるべきです。
入院していれば、万が一術後に気道閉塞しても緊急で医師が気管内挿管などを行い、事故を防ぐことができます。

■頬骨削り アフターケア(Theme-南クリニック 頬骨削り)
術後、ドレーンを装着し血が溜たまることを予防し回復を早めます。
また、骨の固定と腫れ予防の役割を兼ねてフェイスマスク、バンテージなどを術後しばらくの間装着します。
フェイスバンテージは1週間ほどで取れます。
医師によってははじめの3日だけ装着し、あとは一日数時間のみの装着を指示されることもあります。
頬骨削りの術後のアフターケアとしてはダウンタイム期間に痛みのある方はアイスパックや冷えたタオルなどで冷やす事で痛みの軽減につながります。
もちろん、クリニックから痛み止めとして鎮痛剤を処方されますので医師の指示に従いそれも服用します。
スポーツなどの激しい運動は最低でも一ヶ月は控えるようにしてください。
それと、頬骨削りの術後は開口訓練が必要になります。
術後はしばらく切った骨を固定している状態なので口を開けにくくなります。
2~3週間口を開かないでいると、顎の関節が硬くなって口を大きく開けることが出来なくなります。
なので医師の指示に従い開口訓練をする必要があります。
初めのうちは人に会って会話するのも難しく感じるくらいです。
開口を大きくするために、毎日口を大きく開くリハビリをすることで仕上がりも変わってきます。
開口訓練を面倒がる方もいますが、医師の指示に従いしっかりとリハビリをしましょう。

■頬骨削りをやっているとされる主な美容外科医一覧/敬称略(Theme-南クリニック 頬骨削り)
濱田英之輔、西田雅史、水野力、清水隆司、福田慶三、浅古寛、阪田和明、半田俊哉、丸山直樹、久次米秋人、倉片優、蘇雅宏、小泉正樹、小木曽祐一、小室好一、酒井倫明、三宅秀典、中北信昭、梅澤文彦、奥田宗央、伊藤孝明、酒井直彦、石原信浩、高須幹弥、髙梨真教、吉種克之、麻生泰、高橋金男、上敏明、与座聰、大場教弘、真崎信行、松林景一、南晴洋、木村知史、阿部聖孝、勝間田宏、武中暁、広比利次、菅原康志、パク・サンフン、クム・インソプ

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

■頬骨削りに類似する手術
頬骨切り、頬骨形成術、頬骨縮小術、頬骨弓部減少術、頬骨削り再構築法、頬骨弓トリミング、頬骨弓骨切り術、頬骨体部減少術

■頬骨削り 各都道府県一覧
現在では、頬骨削りをやっているクリニックを含め美容外科専門の診療所は日本国内に1000件以上存在すると推定されています。それらの美容外科は下記のように日本全国、北海道~本州~四国~九州まで、そして各都道府県にあります。特に県庁所在地のあるような大きな都市に集中している傾向が見られます。
また、下記のような海外での美容整形も近年人気を集めています。
今後、頬骨削りを行っているクリニックの一覧を地域別に詳しく表記しようと考えています。現在、作成中ですので今しばらくお待ちください。

北海道(札幌・函館・旭川)/青森/岩手(盛岡)/宮城(仙台)/秋田/山形/福島/茨城(水戸)/栃木(宇都宮)/群馬(前橋)/埼玉/千葉/東京/神奈川(横浜)/新潟/富山/石川(金沢)/福井/山梨(甲府)/長野/岐阜/静岡/愛知(名古屋)/三重(津)/滋賀(大津)/京都/大阪/兵庫(神戸)/奈良/和歌山/鳥取/島根(松江)/岡山/広島/山口/徳島/香川(高松)/愛媛(松山)/高知/福岡(博多)/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島/沖縄(那覇)

・韓国(ソウル市江南-カンナム-区新沙洞-シンサドン-他)
・タイ(バンコク、プーケット他) 

■南クリニック 頬骨削り・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成している部分があります。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「南クリニック 頬骨削り」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「南クリニック 頬骨削り」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

<**さん>「南クリニック 頬骨削り」の記事を含むこちらのブログの寄稿記事に救われました。
それまでは外見について四六時中悩んだり、美容整形なんて考えているのは自分だけだと思っていたから。
でも南クリニック 頬骨削りなどの寄稿記事を読んで、僕のほかにも容姿のせいで苦労してきた人がたくさんいること、みんなが美容整形についてまじめに考えていることが分かって本当に心が救われた。
僕は小さい頃からとても不細工な顔でした。
でも、一人っ子だったのもあって、両親や祖父母たちからは「かわいい」「かっこいい」と散々褒められて育ったので10歳くらいになるまで自分が醜いとは思っていませんでした。
しかし、この頃から学校で「キモイ」とか「ブサイク」とかいわれるようになりました。
とくに女子からのいじめはひどくて、声をかけても無視されたり、僕に触ると「○○菌がうつった!」といって騒がれたりしてとても辛かったです。
中学、高校になるにしたがっていじめはエスカレートしてある男子グループからは暴行されたり万引きしてくるよう強要されたりするようになりました。
高校2年のときについに学校へいけなくなり、家に引きこもるようになりました。
中学生のころに実は一度美容整形を受けようとしてインターネットで調べたことがありました。
そのときはまだ、南クリニック 頬骨削りなどの寄稿記事は見つけられず、たまたま見つけたどこかの美容外科で手術を受けようとして、母に相談したら「美容整形なんてとんでもない!」と大反対されてしまいました。
そしてその晩、母が父にそのことを話したらしく、「親にもらった顔を整形なんて」とものすごく怒られました。
父は昔気質の厳しい人なので男が容姿のことで悩むなんて女々しい、そんなふうだから学校でもバカにされるんだといわれ、もう絶対に両親に相談するのはやめようと心に誓いました。
家にひきこもるようになって、自分には生きている価値さえないと思い自殺を図ったこともあります。
ですが勇気がなくて死にきれず、ただ鬱々と過ごす日々。
そんな自分を見かねたのか、母がある日、母のPCからぼくのPCにメールでこのブログのURLを送ってくれました。
きっとぼくのためにいろいろ調べてくれたのだと思います。
そして南クリニック 頬骨削りを含む寄稿記事を読んで、他にも外見のことで深く傷つき悩んでいる人がたくさんいること、自分の頭がおかしいわけではなかったと気づくことができました。
母に改めて美容整形をして自分の人生を変えたいと話すと、「お父さんはお母さんが説得してあげるから相談してみなさい」といってくれ、先日の相談メールに至りました。
父とは今でも直接は話せていませんが、「安全に手術できるならいくらでも出してやれ」と母に言ったようです。
美容整形を必ず成功させて人生をやりなおしたいです。
そして両親にかならず恩返しします。
管理人さん、親身に相談に乗ってくださりとても感謝しています。
そして、南クリニック 頬骨削りを含む記事を投稿してくださった方たちにも感謝しています。
自分も手術が成功したら体験談を投稿したいと思っています。
ありがとうございました。

<**さん>高校生のときからいつか絶対に美容整形をすると心に決めていました。
この頃から毎日のように美容整形について検索したりして、情報を集めていました。
そして「南クリニック 頬骨削り」の記事を見つけたことがきっかけでこのブログを知りました。
神様は本当に不平等だと思います。
友達には見た目もイケメンで勉強もスポーツもできて、女の子にももてて性格もいいヤツがいます。
対して自分はブサ男で勉強は頑張ったのに二流大学しか行けず、女子と付き合ったこともなく家庭環境が複雑だったせいで性格もちょっと陰険です。
とにかくこのブサ男だけでも、なんとかして変えたいです。
このままでは一生童貞です。マジで終わってます。
外見って大事です。
なんだかんだいって第一印象は9割は見た目で決まるらしいんです。
就活の面接でも見た目による判断が大きいってことですよね?
冗談じゃないです。
就職先までこのブサイクな外見でハンデつけられてたまるもんか!
自分は美容整形についてなにも知らなかったので南クリニック 頬骨削りなどの寄稿記事はかなり役に立ちました。
容姿について同じ悩みを持つ人が集まる掲示板とかにいったこともあるんですが、それほんとかよ~というような信頼できない情報のオンパレードだったので。
南クリニック 頬骨削りなどの寄稿記事は一つの症状についていろいろな人が意見を言ったり、自分の体験談を語ったりしてくれているので多角的に検討できるのがとてもいいと思いました。
自分ひとりで考えていると考えが偏ってしまうし、だからといって美容整形のことは誰にも相談できないし。
とにかく南クリニック 頬骨削りを含めた寄稿記事のおかげで自分の受けるべき手術も固まってきたので、それに向けてお金を貯めようと思います。
そして就活が始まるまでに絶対絶対整形してイケメンに変身します!!

<**さん>私は「南クリニック 頬骨削り」の記事を読んだことがきっかけとなり美容整形を決意しました。
私は子供のときから自分の容姿に劣等感を抱いて生きてきました。
思春期以降、その悩みは深くなり、クラスメートから心ない言葉をぶつけられることも多く高校の最後の方はほとんど不登校のような状態でなんとか卒業した形です。
大学へ進学してもコンプレックスのあまり自分から人を遠ざけ、友達もできず学校と家とを往復する毎日。
この頃から美容整形で自分の外見を改善したいという思いを抱くようになりました。
暇さえあれはネットで美容整形の情報をいろいろ検索していましたが、この時はまだネット検索での情報収集に不慣れで南クリニック 頬骨削りなどのこちらのブログの記事にはまだ行き着けずにいました。
その頃見ていた美容整形に関するサイトはどのページも信用性に欠け、また私の性格が疑り深いだけなのかもしれませんが美容整形の体験者のブログを読んだり、口コミや評判サイトを見ても、この情報は本当なのか、どこかの美容外科による自演なのではないかと疑ってしまい、なかなか実際に手術を受けるところまでたどり着けないでいました。
そんなある日、毎日部屋に引きこもりパソコンばかりいじっている私を心配した母が私のパソコンの検索履歴を見たことで美容整形手術を考えていることがばれてしまい、家族会議になりました。
父も母も祖母も美容整形には大反対で、
「親からもらった顔にメスを入れるなんて」
「美容整形なんてヒマな金持ちがやること」
「他に身を入れることがないから外見の悩みばかりにとらわれるんだ」
「その根暗な性格を変えない限り美容整形なんてやってもなにも変わらない」
と口々に非難されました。
毎日美容整形のことばかりかんがえている私は頭がおかしいのだろうか、もう生きている価値もないのでなないか、と悲観的になっているときに出会ったのがこちらのブログでした。
そして南クリニック 頬骨削りなど記事を読んで、自分以外にも外見のことで深く悩んでいる人がたくさんいること、美容整形のことを考えている人が大勢いることを初めて知りました。
私はちっともおかしくなんてなかった、自分のように始終外見のことで苦しんでいる人がたくさんいたということに気がつくことで胸のつかえが取れたような気がしました。
そして南クリニック 頬骨削りなどの記事を読んで、私は最高に上手な名医のいる美容外科で安全に手術を受けて絶対に成功したい、きれいになりたいという意欲が沸いてきました。
こちらの管理人さんに相談して最高の名医のいる美容外科で来月手術を受ける予定です。
美容整形に猛反対していた家族とは何度も話し合い、家族にもこちらのブログを見てもらい、私の美容整形に対する真剣な思いを話し、なんとか分かってもらうことができました。
最後まで反対していた父はカウンセリングに同行までしてくれ、先生の説明を聞いたら安全でまともな手術だと納得してくれたのか、最後には
「よろしくお願いします」
と先生に深々と頭を下げていました。
手術当日も同行してくれるそうです(笑)
つい半年前までは自殺すら頭をよぎっていたのに、こちらのブログに出会えたこと、南クリニック 頬骨削りの記事を読んだことで人生が開けました。
南クリニック 頬骨削りの記事をお寄せくださった方がどなたかはわかりませんが、本当に本当に感謝しています。
手術を成功させて、きれいになって今までとは違う明るい人生を生きていきます。
本当にありがとうございました。

<**さん>私はデザイン関係の専門学校に通っています。
昼間に学校に通い、夜はアルバイトをしています。
アルバイトで貯めたお金で美容整形手術をするつもりでいました。
寝る時間を割いて美容整形についていろいろ調べました。
美容医療では時々事故などがおこっているらしいし死亡事故がおきたというニュースも見たことがあります。なので手術を受けるクリニックは絶対に一番安全でいいところを選ぼうと思いました。
ネットサーフィンで偶然「南クリニック 頬骨削り」の記事を読みこちらのブログサイトに行き着きました。
そして先日メールさせていただいたような内容で相談にのっていただきました。
美容外科はおかげさまでいいところが見つかったし、あとは手術のためにアルバイトでコツコツお金を貯めようと考えていました。
そんなある日、学校に行くとクラスメートのAちゃんの顔が突然変わっていたんです。私は美容整形を受けようと考えていたのですぐにいじったと分かりましたが、たぶん、整形に関心のない人でもすぐに整形したなってわかるくらい。
しかもかわいそうなほどひどく不自然な状態になっていたんです。
Aちゃんは美容整形なんてやるとは思えないような大人しく控えめな子でした。
だからまわりもどう反応していいのか分からなくて。。
Aちゃんは居心地が悪そうにしていましたが、2、3日すると学校にこなくなってしまいました。
私は美容整形手術に失敗してしまった方々の記事もいくつも読んでいましたし、私もまだ整形はしていませんが、Aちゃんの気持ちがよく分かるような気がして放っておけませんでした。
このブログサイトを教えてあげたいと思いましたが、そうしたら私が美容整形を受けようとしていることがばれてしまうのではないか、余計なおせっかいと思われるのではないかとグルグル悩みました。
しかし、やはりLINEで教えてあげることにしました。
南クリニック 頬骨削りなどの寄稿記事には手術に失敗してしまったけど修正してきれいになれた人もいたのでAちゃんもきっと治せるはずだと思ったんです。
LINEは既読になったまま返信がなかったので、やはりおせっかいだったのかと落ち込みました。
しかし、それから数ヶ月後にAちゃんから返信があり、「きれいに治せたよ。本当にありがとう」というメッセージととてもかわいくなったAちゃんの写真が送られてきました。
自分のことのようにうれしかったです。
学校は半年休学してから復学する予定らしく、会えるのが楽しみです。
そして、Aちゃんの手術成功を聞いて自分の美容外科選びに間違いはなかったと益々確信を強めました。
まだまだ資金が貯まらないので手術をうけるのは先になりそうですが、とても楽しみにしています。
偶然、南クリニック 頬骨削りの記事を見つけたおかげてきれいに変身できそうで、そしてAちゃんを助けることができて本当に良かったです。

<**さん>先日、無事に手術を終えました。この度は大変お世話になりました。
50歳を過ぎてからの初めての美容整形ということで不安も大きかったのですが、親身にご対応頂き乗り切ることができました。
また、美容整形をうけるにあたり「南クリニック 頬骨削り」などの寄稿記事も大変参考にさせていただきました。
ありがとうございました。
私は女手一つで二人の子を育て上げました。
シングルマザーに対する制度が今ほど整っておらず(今も十分とはいえませんが)世間の風当たりも冷たかった時代、とにかく子供を無事に立派に育てることだけで精一杯で自分のことに関してはまったくかまっていられませんでした。
化粧水、乳液といった基本的なスキンケアさえできないこともしばしば。
苦労の甲斐あって、二人の子供は立派に巣立ちましたが、子供たちが巣立った後、ふと我に返れば年齢よりはるかに歳をとった自分が一人。
髪は白髪が目立ち、顔はしわしわ、たるたるで自分のためにメンテナンスをするという感覚すら忘れてしまっていました。
若い頃は最新のファッションに身を包み、ブランド物の化粧品を欠かすことはなかったのに。
いい年をして美容整形なんて恥ずかしいと思いながらも検索してみて見つけたのが南クリニック 頬骨削りなどの寄稿記事でした。
意外にも年配とおぼしき方の投稿も多く、そもそも美容整形の始まりが年配の人にむけたアンチエイジング手術だったという情報も目にしました。
南クリニック 頬骨削りなどの記事の投稿者のように勇気を出して美容整形についてちゃんと考えてみようと思いました。
そして調べていくうちに自分に最適な施術を受けてもう一度美しくなりたい、女として輝きたいという気持ちが高まり、このメール相談に至った次第です。
手術には大変満足しております。
先日、年配の男女が交流する集いに参加したのですがそこで男性の方から
「とてもお綺麗ですね」
と褒めていただいて(お世辞かもしれませんが)とてもうれしく、自分の中の女性としての細胞が活性化した気分でした。
やっぱり、いくつになっても女が一番きれいでいられるのは男性に見られているからなのですね。
女性としての喜びを思い出すことができたのも美容整形手術に成功したおかげです。
南クリニック 頬骨削りなどの寄稿記事を寄せてくださった方たちにも感謝をしています。
とても参考になり勇気を頂きました。
重ね重ねありがとうございました。