北村クリニック 豊胸 脂肪注入

■北村クリニック 豊胸 脂肪注入
北村クリニックは東京都中央区日本橋3-2-5毎日 日本橋ビル1Fにある美容外科クリニックです。
北村クリニックのドクターは、北村義洋医師(院長)です。

■豊胸 脂肪注入(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
豊胸の脂肪注入法は、自身の脂肪を吸引し、その脂肪細胞をバストに注入することでバストアップ効果をねらう豊胸手術です。
自身の脂肪を吸引するので、脂肪採取部位の部分痩せも可能といわれています。
吸引した脂肪をそのままバストに利用するため、バッグ挿入による人工乳腺法の豊胸術など異物を入れることに抵抗のある方や、レントゲンにバッグが写ることが心配な方が選択されます。
近年では感触や動きがより自然なバストに近づくよう脂肪注入豊胸の仕上がりを追求するクリニックが増えており、バッグを入れている方がバッグを抜き取り、脂肪注入法で豊胸をしなおしたいと希望される方も多くいます。

■豊胸 脂肪注入 画像(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
美容外科の多くはクリニックのホームページに自院で脂肪注入豊胸の手術をした患者のBefore&Afterの症例画像を掲載しています。
中には撮影するバストの角度や照明などは同じ条件で、手術箇所の変化のみわかりやすいように撮影しているクリニックもありますが、美容外科の中には、脂肪注入豊胸術前のBefore画像は暗めの照明に貧乳に見える角度。脂肪注入豊胸術後のAfter画像はバストをつやつや輝かせ、照明もガンガンあたって全体的にバストが豊満に見える明るい画像を演出しているところもあります。
これでは肝心の術部の変化がよく分かりません。
さらに、脂肪注入豊胸の症例画像を含めBefore&Afterで劇的に変化しすぎている画像をよく見かけます。
近年の画像加工の技術の進歩は目覚ましいものがあります。
肌質を美しく整えるのはさることながら、一重の目を二重にしたり、黒目を大きくしたり、アイキャッチを入れて目をキラキラにみせたり、鼻筋を通したり、輪郭を調整して顔を小顔に見せたり、胸の大きさを盛って自然な谷間を作ったり、ウエストを細くしたり、足を長くしたり・・と画像加工だけで整形しないでも別人に見せられるレベルです。
実は美容外科の中には脂肪注入豊胸術後の症例画像に対してこの画像加工を施して術後の変化を強調しているクリニックも存在します。
例えば脂肪注入豊胸の手術なら術前の画像はより胸が貧弱で板のようなバストに見えるようように加工し、脂肪注入豊胸術後は実際以上にバストアップしてやわらかで自然な美しいバストができあがったように演出するというふうに・・。
もちろん、だからといってすべてのクリニックが症例画像を加工しているわけではありません。しかし、Before&Afterの症例画像を鵜呑みにして、脂肪注入豊胸をすれば同じような手術効果が得られると期待するのは少々安易な考えのように思います。

■豊胸 脂肪注入 モニター(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入豊胸は比較的高額な手術ですのでコスト面を考えて美容整形モニターを利用したいと考えている方もいるでしょう。
モニターになれば、通常の30%〜80%オフの料金で施術を受けられたり、中には無料で治療できることもあります。
現時点で、脂肪注入豊胸のモニターを募集しているクリニックは湘南美容外科(渋谷院・梅田院・池袋東口院)、聖心美容クリニック、渋谷美容外科、高須クリニックなどがあります。
モニター募集の情報は、クリニックの公式ホームページやフリーペーパー、雑誌の広告などに掲載されています。
美容整形モニターは、後からクリニックの広告に利用する前提で割引が受けられる制度です。HPや雑誌への写真の掲載、TVへの出演、体験談や施術後の感想が、実名で公表される場合もあります。
写真の掲載も、脂肪注入豊胸の施術を受けた部位だけのケース、顔まで入れた全身の写真が掲載されるケース、目に黒い帯やモザイクを入れるケース、術部以外にぼかしを入れるケースなど様々です。
脂肪注入豊胸の場合も含め、画像は一度インターネットに載るということは半永久的に完全削除が難しいと考えるべきです。
特に家族や身内に脂肪注入豊胸などの美容整形手術を受けたことを知られたくないという方は、この点をじっくりと考えてからモニターに応募するようにしてください。
合わせてフルネームでの掲載、実年齢などの個人情報をどの程度公表するかは、クリニックに問い合わせ事前に細かく確認しましょう。
また脂肪注入豊胸のモニターに応募したからといってすべての人がモニターになれるわけではありません。
応募後、クリニック側の審査を経てこの人には当院の脂肪注入豊胸のモニターになってほしいという方が選ばれます。また、手術自体は無料や格安で受けられても、アフターケアやメンテナンスに高額の費用がかかる可能性もあります。脂肪注入豊胸術後のケアの取り扱いについても必ず確認するようにしてください。

■豊胸 脂肪注入 安い(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
美容整形の中では脂肪注入豊胸は比較的高額な手術の部類に入るのでできるだけ安い費用のクリニックを選びたいと考えている方も多いようです。
しかし、脂肪注入豊胸の失敗に遭ってしまった患者に多い共通点の一つとして、値段の安さに重きを置いて美容外科選びをしたという項目があげられます。
安かろう悪かろうではありませんが、脂肪注入豊胸をうけるクリニックを選ぶ際には料金の安さばかりに注目するのではなく、医師の経歴、所属学会や症例数、専門分野などをよく確認し、院内設備が整っているか、最新の医療機材を導入しているか、専門の麻酔科医がいるか、正規の看護師がそろっているかなどにも着目し決定してほしいと思います。

■豊胸 脂肪注入 名医(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入による豊胸は美容整形術全般から見ても大変失敗の多い術式です。
美容外科だけでなく形成外科全般にわたる幅広い知識と経験を持ち、脂肪注入豊胸術の経験豊富な医師を選択すべきです。

■豊胸 脂肪注入 ばれる(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
日常生活では服を着ているので脂肪注入豊胸をしたことがばれる心配はほとんどありませんが、恋人やパートナーがいる、今後作る予定がある方は脂肪注入豊胸する際に術後の胸の形や触り心地で豊胸したことがばれるのではないかと気になることと思います。
脂肪注入豊胸の種類により、また自身の体型により仕上がりのバストの柔らかさは異なってきます。
脂肪注入豊胸は自分の脂肪を注入して豊胸するので、他の豊胸法と比べて、人工的で不自然な硬さや感触になりにくいと考えている方が多いようですが、実際は柔らかさが左右で差がある仕上がりになってしまうケースが少なくなく、本来の柔らかさよりかなり堅い部分がところどころにあり異様な感じになり、恋人やパートナーから不思議に思われたという感想を口にされる方も多いです。
また、見た目においても脂肪注入豊胸は大きさ、形、乳首の位置や向き、その他どこかが左右非対称な仕上がりになってしまうケースが非常に多くあります。
さらにバストの揺れ方が左右でかなり違うという報告もあります。
これらの理由から脂肪注入豊胸が周りにばれる可能性は十分にあると言わねばなりません。

■豊胸 脂肪注入 痩せ型(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入による豊胸をしたいが痩せ型なのでできないのでは?という疑問を持つ方が多くいらっしゃいます。
美容外科クリニックの中にはコンデンスリッチ豊胸(吸引した脂肪から血液や老化細胞などの不純物を取り除き、濃縮した純粋な脂肪をバストに注入する豊胸術)なら脂肪の定着率が高く、吸引する脂肪量も少なくて済むので痩せ型の方でも大丈夫。ピュアグラフト豊胸(不純物を取り除いた脂肪を使用する方法)なら痩せ型の体型の人でも身体への負担が少ないので安全。当院は痩せ形の患者を数多く脂肪注入豊胸に成功させてきたから大丈夫。などど痩せ型の方でも安全に脂肪注入豊胸術ができると銘打っているところも多いですが、脂肪注入による豊胸術ではたとえどんな方法を用いたとしても定着率する脂肪はあまり多くはありません。
なのでただでさえ吸引できる脂肪の少ない痩せ型の方が脂肪注入豊胸をしたとしても、効果的と呼べるほどバストアップできる可能性は低いと言わねばなりません。
痩せ型だがどうしても脂肪注入豊胸をしたいという方は豊胸術に関する知識と経験が豊富な名医に相談してみるべきです。

■豊胸 脂肪注入 持ち(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入による豊胸は何年ほど効果が持ちますか?という相談をよく受けます。
脂肪注入豊胸の持ち(定着率)は2~3割程度と記しているクリニック、5~6割というクリニック、8割以上と銘打つクリニックなど様々です。
これらのクリニックのほとんどが定着した脂肪は半永久的に持ち続けると表示しています。しかし、脂肪は血管やリンパ管が通った細胞組織です。
すなわち生きた細胞なのでそこには血流がなくてはなりません。
ところが同じ人間の体内にある脂肪だからといって、例えば腹部とバストにある脂肪とでは組織も役割も異なります。
結果、腹部から採取した脂肪をバストに移植しても、バストにある脂肪と同じ働きをするとはいえないのです。
移植した脂肪には血管が届かず血流がないことからその多くが壊死してしまいます。
よって脂肪注入豊胸の持ちは半永久的だと思って施術を受けると後で後悔する結果になるかもしれません。

■豊胸 脂肪注入 コンデンスリッチ(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
コンデンスリッチ豊胸は、幹細胞を使用した豊胸術です。
コンデンスリッチ法による脂肪注入豊胸は、吸引した脂肪からしこりの原因になる死活・老化細胞などの不純物を除去し細胞を濃縮(コンデンス)した新鮮なコンデンスリッチファット(CRF)だけを注入する施術法です。
綺麗な幹細胞を注入することで定着率アップを目指します。
定着率が高く、しこりができにくいのが特徴といわれています。

■豊胸 脂肪注入 費用 (Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入豊胸の費用はその術式(ピュアグラフト豊胸、コンデンスリッチ豊胸、セリューション豊胸等)により、また各クリニックにより大きく異なります。
最も費用の安いクリニックで約30万、最も費用の高いクリニックで約150万ほどの費用です。
脂肪注入豊胸を受ける際は費用の安さだけに重きを置くのではなく、術式や施術の方法、安全性、医師の経歴や症例などをよく検討してクリニックや医師を選択するようにしてください。

■豊胸 脂肪注入 失敗(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入豊胸は数ある豊胸手術の中でも特に人気の方法です。
豊胸バッグを挿入するのには抵抗がある、自身の脂肪を使ってバストアップしたいという方が選択されます。
しかし、脂肪注入豊胸は整形失敗の被害が最も多い手術とも言えます。
具体的に脂肪注入豊胸に失敗してしまった例とその原因としては下記のようなものが挙げられます。

<脂肪注入豊胸に失敗してしこりや石灰化がおきた>
脂肪注入で定着しなかった脂肪が石のように固く石灰化してしまうことがあります。
これらのしこりは乳ガン検診の妨げになる場合もあります。
しこりや石灰化がおきてしまう原因は脂肪注入豊胸という方法そのものにもあるのですが、施術した医師の技術が未熟であったというケースも多くみられます。

< 脂肪注入豊胸に失敗し注入した脂肪が壊死した>
脂肪を注入した2週間後に痛みや赤み、腫れが出たら脂肪が壊死している可能性があります。
注入した脂肪細胞が血管から栄養を吸収できなかった場合は壊死してしまい、感染症を起こすことがあるため、洗浄・除去の再手術が必要になります。
脂肪注入豊胸の術後にこれらの症状が出た場合は早急に医師に診てもらうようにしてください。

< 脂肪注入豊胸に失敗し脂肪吸引部位がいびつな形、凸凹、しわになった>
脂肪注入豊胸の場合、脂肪を吸引した部位が凹凸やシワになってしまうことが非常に多くあります。
特に幹細胞注入は脂肪の量が必要なので、無理して吸引すると、周囲との差が目立つ可能性も高まります。

< 脂肪注入豊胸に失敗し感触が不自然なバストになった>
脂肪注入豊胸でしこりができたり石灰化がおこり感触が固いバストになってしまうことがあります。
脂肪注入豊胸の術後に夫、彼氏などのパートナーからバストの感触が不自然だと言われたと気にされる方も多いです。

< 脂肪注入豊胸に失敗しバストの形が不自然になった>
脂肪注入豊胸によるしこり、石灰化なども不自然な形のバストになる原因をつくっています。また脂肪注入しても定着率が左右で同じになるとは限らず左右非対称なバストの一因になり得ます。

< 豊胸に失敗しバストに強い痛みが残った>
脂肪注入豊胸の手術の際に神経を傷つけたりして、術後に強い痛み、しびれ、麻痺を訴える方もいます。
なかには脂肪注入豊胸の術後から強い痛みが続いていてとれないというケースもあります。

以上は、脂肪注入豊胸失敗のほんの一例です。
脂肪注入豊胸はリスクの高い方法であることを念頭において医院選び・医師選びを行うようにしてください。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

■豊胸 脂肪注入 名古屋(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
豊胸の脂肪注入法を行っているとされる名古屋の美容外科クリニック一覧は下記の通りです。
聖心美容クリニック名古屋院、ガーデンクリニック名古屋・栄院、THE CLINIC(ザ・クリニック)名古屋院、高須クリニック名古屋院、共立美容外科名古屋院、城本クリニック名古屋院、小木曽クリニック、品川美容外科名古屋院、名古屋中央クリニック、エースクリニック、アネシス美容クリニック、品川スキンクリニック名古屋院、栄セントラルクリニック、八事石坂クリニック、大塚美容形成外科名古屋院、湘南美容外科クリニック名古屋院、アサミ美容外科名古屋院、サラ美容外科、こいずみ形成クリニック名古屋院。
これらの美容外科クリニックでは、脂肪注入法、脂肪細胞法、ACR血小板注入療法、コンデンスリッチ豊胸、セリューション豊胸、ピュアグラフト豊胸などの脂肪注入豊胸の他、バッグ+脂肪注入で胸を大きくするハイブリッド豊胸、コンポジット豊胸術などをやっているところもあるようです。

■豊胸 脂肪注入 期間(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入による豊胸の持続期間(脂肪の生着期間)はどれくらいですか?という相談をよく受けます。
脂肪注入豊胸の持続期間を示す定着率は2~3割程度と記している美容外科、5~6割というクリニック、8割以上と銘打つ美容外科など様々です。
これらの美容外科のほとんどが定着した脂肪は半永久的に持続すると表示しています。しかし、脂肪は血管やリンパ管が通った細胞組織です。
すなわち生きた細胞なのでそこには血流がなくてはなりません。
ところが同じ人間の体内にある脂肪だからといって、例えば腹部とバストにある脂肪とでは組織も役割も異なります。
結果、腹部から採取した脂肪をバストに移植しても、バストにある脂肪と同じ働きをするとはいえないのです。
移植した脂肪には血管が届かず血流がないことからその多くが壊死してしまいます。
よって脂肪注入豊胸の持続期間は半永久的だと思って施術を受けると後で後悔する結果になるかもしれません。

■豊胸 脂肪注入 定着率(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
一般的な脂肪注入豊胸の定着率は約30~40%といわれています。
体型や胸の形によって変わりますが、150ccで2カップ程度のバストアップが脂肪注入豊胸の目安です。
豊胸バッグ挿入による豊胸術は、時間の経過とともにサイズが変わることなく、あらかじめイメージもしやすいのですが、脂肪注入豊胸はどうしても個人差による所が大きいのが現状です。
1回の脂肪注入でどれだけバストアップできるのか、脂肪の定着率がどれぐらいなのかは実際にやってみないと分かりません。
分解、吸収されずに注入した脂肪がバストに残る定着率は、全体の30~80%といわれていますが、脂肪は血管やリンパ管が通った細胞組織です。
すなわち生きた細胞なのでそこには血流がなくてはなりません。
ところが同じ人間の体内にある脂肪だからといって、例えば腹部とバストにある脂肪とでは組織も役割も異なります。
結果、腹部から採取した脂肪をバストに移植しても、バストにある脂肪と同じ働きをするとはいえないのです。
移植した脂肪には血管が届かず血流がないことからその多くが定着せずに壊死してしまいます。
よって脂肪注入豊胸の定着率は実際のところ定着率の目安とされる約30~40%もないと考えてよいでしょう。

■豊胸 脂肪注入 アフターケア(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入豊胸後、特に術後1ヶ月間のアフターケアは大変大切なものになります。
脂肪注入豊胸直後の胸の状態は傷口が大きめのテープで保護された状態で、張った感じが強くあります。
また、脂肪吸引した部分は術後の腫れや内出血を少なくするため、包帯やバンドで固定された状態です。
術後の痛みに対しては、病院で処方される痛み止めでコントロールして下さい。
固定による痒みを感じられる方もいますが、強く掻いたりしないように注意して下さい。
固定や痛みによりはじめの数日は動きにくさを感じると思いますが、無理のない範囲でなるべく日常のペースを乱さないように生活してください。
就寝時のうつ伏せ寝は1ヶ月間は控えて下さい。
食事は通常通りでかまいません。
脂肪注入豊胸術後の身体のためにも消化の良いもの、栄養バランスのとれたものを摂るように心がけましょう。
飲酒は術後2~3日は控えてください。
手術後1ヶ月間はできるだけブラジャーの着用は避けて下さい。
脂肪注入豊胸から術後1ヶ月経過すれば下着の着用が可能となりますが、手術後3ヶ月目まではスポーツタイプまたはワイヤーなしのブラジャーを着用した方がいいでしょう。
脂肪注入豊胸手術から大体3日目で脂肪吸引部の固定が外れます。
この段階ではまだ浮腫みがあります。
固定が外れた後からは、浮腫み防止のためにもハイウエストガードルやウエストニッパーを着用が勧められます。
脂肪注入豊胸から術後7日目あたりから胸のマッサージを開始します。
医師の指導のもと、しばらくは毎日マッサージを続けます。
術後2~3週間経過したら、硬さを感じる部分のみ優しく揉み解すようにマッサージします。
ハードな運動は1ヶ月は避けるようにしてください。

■豊胸 脂肪注入 痕(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入豊胸は、施術を行う医師により傷口の位置や数は異なります。
多くの場合、胸の下の目立ちにくいところやわきに近い部分から脂肪注入されますが、ドクターによっては乳輪やバストのその他の位置から脂肪注入を行うこともあります。
1つ1つの傷口の大きさは小さく4~5㎜程度です。
脂肪注入した痕は非常に小さいのでほとんど気にならないほどです。
術後すぐは痕が赤くなりますが、やがて薄い小さなしみのようになり手術後半年~1年もすればその痕もほぼ目立たなくなります。まれにくぼみのようになって残る方もいます。
脂肪注入豊胸の場合、胸の痕だけでなく、脂肪を取る部分にも痕跡が出来ます。
むしろ脂肪注入豊胸の場合は胸の痕ではなく脂肪吸引部の痕を気にされる方の方が多いです。
多くの場合は太ももの裏側やおなか、お尻から脂肪を取ります。
脂肪を吸引した痕は、吸引箇所の皮膚がぼこぼこになってしまう方が非常に多くいらっしゃいます。
吸引量が多ければ多いほどこういった痕ができるリスクは高まります。
このぼこぼこはマッサージや圧迫などの術後のケアでも多少仕上がりが違ってきますが、なによりも脂肪吸引をする医師の腕にかかってくるといってよいでしょう。
また、胸の痕においても脂肪吸引の痕においてもケロイド体質の方は特に注意が必要です。

■豊胸 脂肪注入 安全(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入豊胸を考えている方にとって一番気になるのはなんといっても脂肪注入による豊胸の安全性でしょう。
脂肪注入法による豊胸の問題点としてまず一番にあげられるのはしこりです。
脂肪注入豊胸の術後に乳房の一部が膨れていたり、指で胸を押したときに不自然なかたまりに触れたり、そのときに痛んだりするような症状が現れることがあります。
これは注入した脂肪が壊死してしこりになってしまったためです。
脂肪注入豊胸で注入された脂肪のうち定着しなかったものは吸収されてしまいます(尿や便と一緒に排出?)。
しかし、吸収されずにバストに残量し石灰化してしまうこともあります。
気にならなければそのまま放っておいても問題ないというドクターもいますが、石灰化してしまった場合は乳がん検診で引っかかることもあり、もっと恐ろしいのは、もし乳ガンに罹った場合、石灰化した脂肪にガンのしこりが隠れて発見が遅れてしまうことです。
なのでやはり石灰化した脂肪は切除したほうが安全といえます。
脂肪注入豊胸は術後、かなりの確率でしこりができるといわれています。
これらのことを踏まえると脂肪注入豊胸はリスクのない安全な手術方法であるとはいえません。
どうしても異物を入れずに脂肪注入法で豊胸したいという方は、信頼のおけるドクターとよく相談をして脂肪注入法豊胸のメリット・デメリットをよく理解した上で最も安全な方法で挑むべきです。

■豊胸 脂肪注入 痛み(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入豊胸の手術中は麻酔が効いているので術中は痛みは感じません。
術後の痛みについては、術式や脂肪を注入する箇所や数によって、またドクターの腕によっても異なってくるので一概には言えません。
バストの痛みはほとんどなかったという人もいれば、術後一ヶ月は腕を上げるだけでも激しい痛みがあり、ドアノブを回すこともできなかったという人もいます。
通常、バストの痛みは手術後1週間ほどでおさまり、飲み薬の痛み止めでコントロールします。
しかし、脂肪注入豊胸の痛みにおいては脂肪を注入したバストより、脂肪を吸引した箇所(太ももの裏、おしり、おなかなど)の痛みを強く感じる方が多いです。
施術当日は起き上がるのも辛く、這って移動するほどの痛みを訴える方も少なくありません。その後、脂肪吸引部分の痛みは一週間ほどで筋肉痛程度の痛みになり、術後2~3週間をかけて徐々に回復する方が多いです。

■脂肪注入 豊胸 うつぶせ(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入豊胸の術後は、注入された脂肪に血液が運ばれより多く定着させるために血行を良くする必要があります。
バストが圧迫されない状態をキープする必要があるのでしばらくはうつ伏せで寝ることをやめておいたほうがいいでしょう。

■脂肪注入 豊胸 運動(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入豊胸の術後、運動は手術から1週間後の抜糸が終わり、痛みが引いてきたら、自分の体調と相談しながら再開して頂いてかまいません。
それより前に激しい運動などをすると、バストや脂肪吸引した部位に負担がかかったり、血行が良くなることにより、腫れや痛みが強くなることがあるので控えてください。
脂肪注入豊胸の術後2週間が運動再開の目安です。
ただしジョギングなどの有酸素運動で体重が減少すると、新しい脂肪を生成する働きが低下するため、脂肪幹細胞が良く働いている3ヶ月間は体重を維持した方がバストのボリュームを維持できるといわれています。
あくまでも、身体の回復を第一に考え、徐々に運動を再開していくようにしてください。

■豊胸 脂肪注入 内出血(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入豊胸の後は脂肪を注入した胸及び、脂肪を吸引した箇所(太ももの裏、臀部、おなかなど)に内出血が広がります。
紫色になり少しはったように固くなる状態がしばらく続き、徐々に通常の肌色に戻っていきます。
紫色に変色するほどの内出血は多くは2週間以内に治まりますが、術後しばらくは例えば海や温泉に行くなど、肌を露出する機会は避けたほうがいいでしょう。

■豊胸 脂肪注入 永久(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入法で豊胸すれば永久にサイズアップしたバストが持つと考えている方が時々いらっしゃいます。
脂肪注入豊胸の持ち(定着率)は2~3割程度と記しているクリニック、5~6割というクリニック、8割以上と銘打つクリニック、さらには永久的に(恒久的に)持つと豪語しているクリニックまで見受けられます。
しかし、脂肪は血管やリンパ管が通った細胞組織です。
すなわち生きた細胞なのでそこには血流がなくてはなりません。
ところが同じ人間の体内にある脂肪だからといって、例えば腹部とバストにある脂肪とでは組織も役割も異なります。
結果、腹部から採取した脂肪をバストに移植しても、バストにある脂肪と同じ働きをするとはいえないのです。
移植した脂肪には血管が届かず血流がないことからその多くが壊死してしまいます。
よって、脂肪注入法で豊胸すれば永久にサイズアップしたバストが持つと思って施術を受けると後で後悔する結果になるかもしれません。
そもそも、脂肪注入法による豊胸術が施されるようになったのが1987年頃といわれています。つまり、脂肪注入法は豊胸の歴史から見てもかなり新しいものです。
つまり、長い目で見て将来、脂肪注入法で豊胸したバストがどうなるのかはだれも分かっていないのです。
それなのにどうして脂肪注入法で豊胸すれば大きなバストが永久に持つなんて言えるのか、謎でしかありません。

■豊胸 脂肪注入 エコー(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入豊胸で最も多いトラブルの一つにしこりができてしまうということが挙げられます。
しこりができてしまった場合、触診の診察のみ行うクリニックもあるようですが、しこりの状態を触診だけで判断するのは最善とはいえません。
吸収され自然になくなるような小さなしこりもあれば、石灰化を起こしているものもあり、それぞれ対処法が異なるためです。
脂肪注入豊胸の術後にしこりが疑われる場合は、乳腺用エコーを使用した検査を受けるべきです。乳腺用エコーは乳ガン検診などで利用したことがある方も多いと思います。
大きくなってしまったしこりは吸引できないため切開して取り除く必要があります。
その場合にもこのエコーで乳房内を可視化し、しこりの状態や位置を正確に把握した上で、負担が少なく最適な治療方法を選択すべきです。
脂肪注入豊胸の術後にしこりが疑われる場合には、エコーを用いた診察を行ってくれるクリニックを選び診察を受けるようにしましょう。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

■豊胸 脂肪注入 大阪(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
豊胸の脂肪注入法を行っているとされる大阪の美容外科クリニック一覧は下記の通りです。
THE CLINIC(ザ・クリニック)大阪院、城本クリニック大阪院、湘南美容外科クリニック大阪心斎橋院、共立美容外科大阪院、ガーデンクリニック大阪梅田院、アムルーズ美容外科クリニック、大阪 雅 -miyabi- 美容外科、品川美容外科梅田院、心斎橋コムロ美容外科クリニック、品川美容外科心斎橋院、グローバルビューティークリニック、きぬがさクリニック大阪院、優愛クリニック心斎橋院、品川スキンクリニック梅田院、品川スキンクリニック心斎橋院、大阪ワイエス美容外科クリニック、大阪梅田中央クリニック美容外科、高須クリニック大阪院、湘南美容外科クリニック大阪あべの院、ジョウクリニック大阪院、聖心美容クリニック大阪院、大阪T-クリニック心斎橋、エールクリニック、アサミ美容外科大阪院、湘南美容外科クリニック大阪梅田院、ドクターゴールドマンクリニック大阪院、
湘南美容外科クリニック大阪駅前院、ふくとみクリニック、心斎橋中央クリニック、メガクリニック、リッツ美容外科大阪院、ドクターゴールドマンクリニック、ノブビューティークリニック、kunoクリニック、吉田美容形成クリニック。
これらの美容外科クリニックでは、脂肪注入法、脂肪細胞法、ACR血小板注入療法、コンデンスリッチ豊胸、セリューション豊胸、ピュアグラフト豊胸などの脂肪注入豊胸の他、バッグ+脂肪注入で胸を大きくするハイブリッド豊胸、コンポジット豊胸術などをやっているところもあります。

■豊胸 脂肪注入 沖縄(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
豊胸の脂肪注入法を行っているとされる沖縄の美容外科クリニック一覧は下記の通りです。
東京美容外科沖縄那覇院、ジョウクリニック沖縄院、品川スキンクリニック沖縄院、湘南美容外科クリニック那覇院、芦屋アイクリニック沖縄那覇院。
これらの美容外科クリニックでは、脂肪注入法、脂肪細胞法、ACR血小板注入療法、コンデンスリッチ豊胸、セリューション豊胸、ピュアグラフト豊胸などの脂肪注入豊胸の他、バッグ+脂肪注入で胸を大きくするハイブリッド豊胸、コンポジット豊胸術などをやっているところもあるようです。

■豊胸 脂肪注入 おすすめ(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
ネット上では豊胸の脂肪注入法のおすすめクリニックをランキング形式で紹介しているようなサイトをしばしば見かけます。
これらのクリニックおすすめサイトのほとんどは信じるに値しません。
なぜなら、広告料の高い順番に順位が決められているだけのことで、どんな悪徳クリニックやヤブ医者であっても一番高い広告料を払えさすればおすすめのクリニックランキング1位を得ることが可能なシステムになっているからです。
なので、ネット上の豊胸の脂肪注入法のおすすめクリニックを鵜呑みしするなど百害あって一利なし。脂肪注入豊胸失敗への第一歩と言っても過言ではありません。

■豊胸 脂肪注入 岡山(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
豊胸の脂肪注入法を行っているとされる岡山の美容外科クリニック一覧は下記の通りです。
湘南美容外科クリニック岡山院、城本クリニック岡山院、共立美容外科岡山院、岡山中央クリニック、品川美容外科岡山院、品川スキンクリニック岡山院、ビュークリニック桃の里。
これらの美容外科クリニックでは、脂肪注入法、脂肪細胞法、ACR血小板注入療法、コンデンスリッチ豊胸、セリューション豊胸、ピュアグラフト豊胸などの脂肪注入豊胸の他、バッグ+脂肪注入で胸を大きくするハイブリッド豊胸、コンポジット豊胸術などをやっているところもあるようです。

■豊胸 脂肪注入 男(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
男性で脂肪注入による豊胸手術を受けたいという方もいらっしゃいます。
しかし、脂肪注入法による豊胸術では採取できた脂肪分しかバストを大きくすることができません。男性の場合女性に比べ脂肪が少ない場合が多く、採取できる脂肪の量が少ないことに加え、男性の元々ふくらみのない筋肉質な胸だと脂肪を入れても皮膚に抑えられて高さが出にくいという難点もあります。
男性の場合、胸板が厚く肩幅が広いので、バランスをよくするためには大きめのバストにする必要があります。
なので、男性で脂肪注入による豊胸手術により豊かなバストを作るのは難しいのが現状です。
ただ、すでに女性ホルモンである程度乳房に膨らみが出来てきている場合はまた違いますし、女性ホルモンを投与していない場合でも、豊胸バックを挿入する方法で豊かな胸を手に入れられるケースもあります。

■豊胸 脂肪注入 カップ(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
豊胸を脂肪注入法でやる場合、何カップ大きくすることができるのか?という相談をよく受けます。
脂肪注入法で豊胸する場合、何カップバストを大きくすることができるかは、脂肪吸引でどれだけの量の脂肪を採取できるかと、どれだけ脂肪を注入するスペースがバストにあるか、またどれだけの脂肪が吸収されずに定着するかによって決まってきます。
150ccの脂肪で2カップ程度のバストアップが脂肪注入豊胸の目安です。
クリニックによっては脂肪注入豊胸で2カップ~3カップバストアップできると宣伝しているところもありますが、平均的な体形の女性の場合、1カップ程度大きくするのが限界の場合がほとんどです。
また、実際には脂肪注入豊胸で脂肪の定着率がどれぐらいになるのかは実際にやってみないと分からないので、例えば脂肪注入豊胸でAカップからCカップにしたいといった大幅なバストアップを想像していると結果には満足できないかもしれません。

■豊胸 脂肪注入 格安(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
美容整形の中では脂肪注入豊胸は比較的高額な手術の部類に入るので格安の費用のクリニックを選びたいと考えている方も多いようです。
脂肪注入豊胸の場合、格安の美容外科では30万円台~、高額な美容外科では150万を超える費用のところもあります。
しかし、脂肪注入豊胸の手術で失敗に遭ってしまった患者に多い共通点の一つとして、格安の値段であることに重きを置いて美容外科選びをしたという項目があげられます。
安かろう悪かろうではありませんが、脂肪注入豊胸をうけるクリニックを選ぶ際には料金が格安かどうかばかりに注目するのではなく、医師の経歴、所属学会や症例数、専門分野などをよく確認し、院内設備が整っているか、最新の医療機材を導入しているか、専門の麻酔科医がいるか、正規の看護師がそろっているかなどにも着目し決定してほしいと思います。

■豊胸 脂肪注入 韓国(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
近年韓国を中心に海外の美容整形外科で脂肪注入豊胸を含む美容整形ツアーなるものが組まれ、海外の美容整形クリニックが日本市場での患者獲得に乗り出してきています。
主に日本の患者を積極的に受け入れている韓国の美容外科の一例としては、ID成形外科病院、ウォンジン成形外科医院、ウィズ美ウーマンクリニック、ティーエル成形外科医院、ロミアン成形外科医院、グランド成形外科医院、コリア成形外科医院、THE成形外科医院、チャンネル成形外科医院、パノバギ成形外科医院、ジュエリー成形外科医院、ゼンクリニック、リジェン成形外科医院、シンデレラ成形外科医院、スマイル成形外科医院、BRパラム成形外科医院、ビュー成形外科医院、マイン成形外科医院、ザ・ウェル成形外科医院、ユニメディ成形外科医院、BKトンヤン美容外科などです。
これらの美容外科の多くはソウル市の江南区の通称”美容整形ストリート”と呼ばれる場所に位置します。
韓国は”美容整形大国”といわれるほど美容外科が多く、近年ではアジアを中心に韓国に脂肪注入豊胸などの美容整形を受けに来る外国人の数が急増しており、韓国で美容整形手術を受けた外国人旅行客の数は昨年一年で1万5千人を超えるそうです。
近年、海外からの旅行客に対する医療サービスで得た売り上げは一年で約4870億ウォン。
韓国政府も外資獲得のために顎削りを含むこの”美容整形事業”を後押ししているといいます。
韓国には脂肪注入豊胸をやっているところを含め無数の美容外科がありますが、もはや国内の患者の取り合いは限界となり、最近は中国や東南アジアそして日本からも脂肪注入豊胸などの美容外科治療を組み込んだツアーが流行しています。
日本からも美容外科の紹介、飛行機や韓国でのホテル宿泊や病院までの送り迎えの手配、通訳まで一まとめに請け負い、しかも低料金で美容整形がうけられるという”医療旅行パック”が売り出されています。
しかし、これら韓国の美容外科を紹介しているサイトのほとんどは、いわゆる”紹介屋”ですので注意が必要です。
つまり相談者の脂肪注入豊胸などの希望にぴったりの病院を紹介するフリをして、裏では特定の美容外科と結託しており、患者を紹介するたびにバックを受け取るという仕組みで成り立っています。
もちろん、韓国の美容外科の中にはきちんとした正統な営業をしている病院もたくさんありますし、技術と誠実な心を併せ持つ医師もいます。
また上記のクリニックが悪徳医院やヤブ医者だと名指ししているわけでは決してありませんので念のため。
しかし、紹介屋に紹介される医院の中には闇医者と呼ばれる無免許医師のいる病院やシャドードクターが執刀しているクリニックも存在しますし、脂肪注入豊胸を含め実際に行われている施術で安全とはいえない手術方法も少なくはありません。
韓国の美容外科のホームページサイトに掲載されている魅力的に見える症例写真や輝かしい成功体験談の裏で、脂肪注入豊胸などの美容整形失敗を苦にして自殺する方がいるという現状にも目を背けてはなりません。

■豊胸 脂肪注入 感触(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
豊胸を脂肪注入法でやろうと考えている場合、胸の感触も大切なチェックポイントですよね。恋人やパートナーがいる方、もしくは今後作る予定がある人はやはりバストの感触は気になるポイントだと思います。
脂肪注入豊胸は自分の脂肪を注入してバストアップするので、他の豊胸法と比べて、人工的で不自然な硬さや感触になりにくいと考えている方が多いようです。
しかし、実際は柔らかさが左右で差がある感触になってしまうケースが少なくなく、本来の柔らかさよりかなり堅い部分がところどころにあり異様な感触になり、恋人やパートナーから不思議に思われたという感想を口にされる方も多いです。
さらにバストの揺れ方が左右でかなり違うという報告もあります。
これらの理由から脂肪注入豊胸の方が感触の点で他の豊胸方法より勝っているとはいえません。
加えて、脂肪注入豊胸術後直後から1ヶ月程度は腫れや硬さが特に目立つ時期で、感触にも違和感が強く出ます。
また脂肪注入の際、血液や水分、老化細胞など不純物が混じっているなどの原因で、しこり(石灰化)が起こる可能性があります。
小さなしこりなら摘出せずに放置しても無害だとするクリニックは多いのですが、これらのしこりが自然なバストの感触に違和感を与えることはいうまでもありません。

■豊胸 脂肪注入 価格(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入豊胸の価格はその術式(ピュアグラフト豊胸、コンデンスリッチ豊胸、セリューション豊胸等)により、また各クリニックにより大きく異なります。
最も価格の安いクリニックで約30万、最も価格の高いクリニックで約150万ほどの価格です。
脂肪注入豊胸は美容整形手術の中でも比較的高額の部類に入るので、出来るだけコストを抑え価格の安いクリニックで治療を受けたいという気持ちは分かります。
脂肪注入豊胸を受ける際は価格の安さだけに重きを置くのではなく、術式や施術の方法、安全性、医師の経歴や症例などをよく検討してクリニックや医師を選択するようにしてください。

■脂肪注入 豊胸 固い(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入による豊胸術で脂肪を注入した直後のバストはしばらく固い感触が続きます。
定期的にバストマッサージなどをすることで、次第にバストは柔らかくなり、自然な感触になるといわれています。
しかし、脂肪注入豊胸から一ヶ月以上経過しても固い状態が続いている場合、しこり(石灰化)が起きている可能性あります。
しこりは脂肪注入豊胸で注入した脂肪が胸に定着せず壊死しまった場合に起こります。
また体が脂肪を異物と認識して、カプセル皮膜が脂肪を包むことで、硬い感触となって胸に残ってしまう石灰化も脂肪注入豊胸でよく見られる後遺症の一つです。
もし、脂肪注入豊胸から一ヶ月以上経過しても固い状態が続いている場合、しこりや石灰化が疑われますので放置せずに専門機関でエコー検査を受けるなどして対処してください。

■脂肪注入 豊胸 感想(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入豊胸はしこりや石灰化などの後遺症のリスクも高いため、施術を受ける前に実際に脂肪注入豊胸を体験した人の感想を読んでおきたいと考えている方も多いはずです。
しかし、クリニックのホームページは営業的な面が強く、そのサイトに掲載されている患者らの感想もクリニック側が良いものだけ選んでいるので(あるいはクリニックのスタッフが書いているので)信頼するには足りません。
そのためクリニックのサイトではなく、脂肪注入豊胸の体験者によるブログや掲示板で脂肪注入豊胸を受けた人の意見や手術後の経過、感想が知りたいという方は多いと思います。
しかし一見、脂肪注入豊胸の体験者によるブログの中にも、クリニックが宣伝目的で運営しているものや割引治療を行って業者に委託しブログを書いてもらっているものもあります。
脂肪注入豊胸の感想を語り合っている掲示板の中にもクリニックスタッフや委託された業者の人間が手術を受けた患者になりすまし、脂肪注入豊胸の”感想”を語っているものも多く見受けられますので注意が必要です。
脂肪注入豊胸を受ける際に、良い感想も悪い感想も実体験に目を通しておくことは、確かに参考にはなりますが、誰もが匿名で投稿可能なインターネットの特性上、それらの脂肪注入豊胸の感想を鵜呑みにすることは避けた方が良さそうです。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

■豊胸 脂肪注入 吸収(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
豊胸の脂肪注入法では、術後、希望のバストの大きさにならなかったというトラブルがよくあります。一般的な豊胸の脂肪注入法の定着率は約30~40%といわれており、これはせっかく脂肪を注入してもその多くが吸収されてしまうためです。
なので脂肪注入豊胸では仕上がりがどのくらい大きくなるのかは予測することができません。クリニックによっては脂肪注入豊胸で2カップ以上バストアップできると表示しているところも見受けられますが、実際は1カップアップが限界といわれています。
脂肪注入豊胸で注入した脂肪が自然吸収されてしまわずより多くの脂肪が定着するよう日々技術の改良が試みられていますが、今のところいずれの脂肪注入法の定着率も低く、吸収を止めることができないのが現状です。

■豊胸 脂肪注入 金額(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入豊胸の金額はその術式(ピュアグラフト豊胸、コンデンスリッチ豊胸、セリューション豊胸等)により、また各クリニックにより大きく異なります。
最も金額の安いクリニックで約30万、最も金額の高いクリニックで約150万ほどの金額です。
脂肪注入豊胸は美容整形手術の中でも比較的高額の部類に入るので、出来るだけコストを抑え金額の安いクリニックで治療を受けたいという気持ちは分かります。
しかし、脂肪注入豊胸を受ける際は金額の安さだけに重きを置くのではなく、術式や施術の方法、安全性、医師の経歴や症例などをよく検討してクリニックや医師を選択するようにしてください。

■豊胸 脂肪注入 京都(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
豊胸の脂肪注入法を行っているとされる京都の美容外科クリニック一覧は下記の通りです。
大塚美容形成外科京都院、城本クリニック京都院、共立美容外科京都院、品川スキンクリニック京都院、大西皮フ科形成外科医院京都四条烏丸院 、ヴェリィ美容整形クリニック、湘南美容外科クリニック京都院、加藤乳腺クリニック京都院、伏見駅前 陳 皮フ科・形成外科クリニック。
これらの京都の美容外科クリニックでは、脂肪注入法、脂肪細胞法、ACR血小板注入療法、コンデンスリッチ豊胸、セリューション豊胸、ピュアグラフト豊胸などの脂肪注入豊胸の他、バッグ+脂肪注入で胸を大きくするハイブリッド豊胸、コンポジット豊胸術などをやっているところもあるようです。

■豊胸 脂肪注入 傷(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入豊胸は、施術を行う医師により傷の位置や数は異なります。
多くの場合、胸の下の目立ちにくいところやわきに近い部分から脂肪注入されますが、ドクターによっては乳輪やバストのその他の位置から脂肪注入を行うこともあります。
1つ1つの傷の大きさは小さく4~5㎜程度です。
脂肪注入した傷は非常に小さいのでほとんど気にならないほどです。
術後すぐは傷が赤くなりますが、やがて薄い小さなしみのようになり手術後半年~1年もすればその傷もほぼ目立たなくなります。まれにくぼみのようになって残る方もいます。
脂肪注入豊胸の場合、胸の傷だけでなく、脂肪を取る部分にも傷が出来ます。
むしろ脂肪注入豊胸の場合は脂肪注入時の胸の傷ではなく脂肪吸引部の傷を気にされる方の方が多いです。
多くの場合は太ももの裏側やおなか、お尻から脂肪を取ります。
多くの方は太ももの裏側から脂肪を取りますが、この場合はお尻の下あたりに傷が出来ることが多いです。大きさとしては1㎝弱くらいで半年~1年で目立ちにくくなります。
しかし、吸引部の傷意外に、吸引をした箇所の皮膚がぼこぼこになってしまう方が非常に多くいらっしゃいます。
吸引量が多ければ多いほどこういったぼこぼこの傷ができるリスクは高まります。
このぼこぼこはマッサージや圧迫などの術後のケアでも多少仕上がりが違ってきますが、なによりも脂肪吸引をする医師の腕にかかってくるといってよいでしょう。
また、胸の傷においても脂肪吸引の傷においてもケロイド体質の方は特に注意が必要です。

■豊胸 脂肪注入 危険(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入豊胸の危険性としては、しこりができたり注入した脂肪が石灰化してしまうリスクが高いことと、脂肪吸引箇所がデコボコになってしまうことが挙げられます。
特に痩せている人の場合に、脂肪を吸引した痕がデコボコしてしまうケースが目立ちます。また、しこりや石灰化が直接乳ガンの原因になることは認められていませんが、万一乳ガンになってしまった場合、脂肪注入豊胸のしこりや石灰化にガンが隠れて発見が遅れてしまうという危険性はあります。
また、日本でも過去に脂肪吸引による死亡事故が起きています。
手術に100%はありませんが、技術の未熟な医者の手に託せばやはり脂肪注入法による豊胸術も時として命を奪うほどの危険をはらんでいることを知っておくべきです。

■脂肪注入 豊胸 喫煙(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
喫煙は脂肪注入豊胸の仕上がりを悪くさせる要因になり得ます。
喫煙と脂肪注入豊胸の関係についてですが、たばこを吸うと体中の毛細血管が収縮します。そのためバストに注入された脂肪周辺の組織の毛細血管も収縮してしまい血行が悪くなります。
注入された脂肪がバストに定着するには、注入された脂肪に血管ができて、血管から酸素や栄養をもらえる状態になる必要があります。
しかし、喫煙によって血行が悪い状態がつづくと脂肪は定着せず、吸収されてしまう割合が多くなります。
脂肪注入豊胸は美容整形の中でも高額な手術。
せっかく高いお金を払ってやるのなら一度で最大の効果を出したいですよね。
脂肪注入豊胸を選択する場合は術後3ヶ月間は喫煙を避けたほうがいいでしょう。

■豊胸 脂肪注入 口コミ(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
「脂肪注入豊胸で最も口コミの良い美容外科を知りたい」
「ネット上の美容外科ランキングサイトで脂肪注入豊胸の人気NO.1クリニックの名前があがっているが、別の口コミサイトでそのクリニックの評価が最悪なものだった。どちらを信じればいいの?」
というような脂肪注入豊胸の口コミに関する相談メールをよく受け取ります。
結論から先に申し上げるなら、脂肪注入豊胸に関する良い口コミも悪い口コミも、ネット上の口コミを信じるなんて百害あって一利なしです。
ネット上というのはいわば誰もが匿名で投稿できる無法地帯です。
その口コミサイトにかかれている「体験談」は本物なのでしょうか?
ランキングサイトの「美容外科人気ランキング」とは誰がどんな基準で作ったものなのでしょうか?
脂肪注入豊胸を行っている美容外科を含め数あるクリニックのなかには、スタッフにネット上の口コミサイトへの投稿ノルマを課しているところも実在します。
つまり、自院で脂肪注入豊胸術を受けた患者を装い、「このクリニックで脂肪注入豊胸を受けて成功した」とか、ライバル院で脂肪注入豊胸術を受けた患者になりすまして「ここのクリニックで脂肪注入豊胸を受けて失敗した!」とか書き込むわけです。
また、「紹介屋」なるものの存在も忘れてはいけません。
彼らは一見、美容整形に関する相談サイトをやっているようにみせかけて、裏ではいくつかの医院と結託にており、脂肪注入豊胸術などの相談者を上手くそれらの医院に紹介し、手術することになればその手術料の一部をバックとしてもらうことを生業としているのです。
これらの事実からもお分かり頂けると思いますが、脂肪注入豊胸の口コミを含めネット上の口コミを信じるのは手術失敗への第一歩。
決して鵜呑みにするべきではありません。

■豊胸 脂肪注入 経過(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
豊胸の脂肪注入法の経過は下記の通りです。
脂肪注入豊胸の術後は念のため入院して経過をするクリニックと、日帰りで当日そのまま帰れるクリニックがあります。
脂肪注入で豊胸術を受けた後の痛みの経過に関しては、脂肪を注入したバストよりも、脂肪を吸引した部分(太ももの裏やおしり、お腹など)に痛みが強くでると言われています。吸引した部分に関しては筋肉痛のような軽度の痛みを訴える方と、寝返りも打てないほどの激しい痛みを訴える方がいます。
いずれの場合も処方された痛み止めなどで痛みをコントロールし経過を見ますが、あまりに痛みの激しい場合は主治医に相談して指示を仰いでください。
脂肪注入した胸の経過については、術後1週間程度は、医療用テープで保護します。
腫れやむくみは1~2週間程度続きます。
脂肪注入した箇所を圧迫してしまうためワイヤーの入ったブラジャーは、3~4週間は使用を避けます。
脂肪を吸引した部分の経過に関しては、数日~2週間程度痛みが続きます。
脂肪注入した胸も、脂肪を吸引した部分も、痛みや腫れ、内出血などの術後の経過はその方の体質や、執刀した医師の腕によって異なってきます。
術後の経過を良くしダウンタイムを短く終えるためにも、手術を受ける前に信頼できるクリニックおよび医師を選ぶことが大切です。

■豊胸 脂肪注入 後悔(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入豊胸が人気の理由としては、
・異物を入れないので罪悪感がない。
・自身の脂肪を使ってバストアップでき脂肪吸引もできるので痩せられてバストアップできて一石二鳥。
・一度豊胸すれば半永久的にメンテナンスせずに大きなバストを維持できる。
ということが挙げられます。
しかし、脂肪注入豊胸のあとに後悔したという人が75%以上にものぼるというデータもあります。
後悔した理由としては、
・思っていたほど大きくならなかった。
・胸にしこりができた。
・術後石灰化してしまい、除去手術で胸に大きな傷痕が残った上に高額な費用がかかった。
・脂肪吸引部がでこぼこになって肌を露出できなくなった。
・脂肪吸引部の皮膚がしわしわになって元にもどらない。
・脂肪吸引した太ももが痛くて歩行に困難がある。
などなど。。
脂肪注入豊胸で2カップ~3カップもバストアップできると宣伝しているクリニックも見受けられますが、実際は1カップのバストアップが限界です。
また、術後にしこりや石灰化、または脂肪吸引部がでこぼこになってしまったというトラブルは非常に多く報告されており、脂肪注入豊胸すれば大きくて自然なバストを一生手に入れられると期待して施術を受けた患者が後悔を感じるというトラブルが後を絶たないのが現状です。

■豊胸 脂肪注入 効果(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
豊胸で脂肪注入法を選択される方が求める効果としては異物のない自然なバストアップ、柔らかい感触、自然な揺れなどが上位に挙げられます。
しかし、豊胸の脂肪注入法では、術後、期待した効果が得られなかったというトラブルがよくあります。
その例としては、希望のバストの大きさにならなかった、柔らかい感触にならなかった、形や揺れ方が不自然で脂肪注入豊胸したことがばれてしまうなどです。
一般的な豊胸の脂肪注入法の定着率は約30~40%といわれており、これはせっかく脂肪を注入してもその多くが吸収されてしまうためです。
なので脂肪注入豊胸では仕上がりがどのくらい大きくなるのかは予測することができず、人によっては効果を感じにくいかもしれません。
クリニックによっては脂肪注入豊胸で2カップアップの効果が出ると表示しているところも見受けられますが、実際は1カップアップが限界といわれています。
脂肪注入豊胸で注入した脂肪が自然吸収されてしまわずより多くの脂肪が定着し効果が高まるよう日々技術の改良が試みられていますが、今のところいずれの脂肪注入法の定着率も低く、脂肪注入豊胸をしても大きな効果を感じにくいのが現状です。

■豊胸 脂肪注入 後遺症(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
豊胸の脂肪注入法の後遺症としては下記等があげられます。
・脂肪注入豊胸の術後、しこりができた。
・注入した脂肪が壊死して筋肉に癒着してしまい、乳頭周り、デコルテ辺りが硬くなってしまった。
・脂肪注入豊胸の術後石灰化してしまい、除去手術で胸に大きな傷痕が残った上に高額な費用がかかった。
・脂肪吸引部がでこぼこになって肌を露出できなくなった。
・脂肪吸引部の皮膚がしわしわになって元にもどらない。
・脂肪吸引した太ももが痛くて歩行に困難がある。

脂肪注入豊胸すれば大きくて自然なバストを一生手に入れられると期待している方が多いようですが、術後に後遺症を抱えることになってしまうというトラブルが後を絶たないのが現状です。
豊胸の脂肪注入法は異物を入れない代わりに、上記のような後遺症のリスクが高い施術です。脂肪注入豊胸で後遺症を残さないためにも脂肪注入豊胸の術式、病院、ドクター選びが成功の要になってきます。

■脂肪注入 豊胸 コンデンスリッチ 失敗(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
いくつもの術式のある脂肪注入豊胸の中でもコンデンスリッチ法は特に人気の高い術式で、この方法で豊胸手術をしているクリニックも多くあります。
しかし、管理人のブログにはコンデンスリッチ法で脂肪注入豊胸をして失敗してしまったという旨の相談がかなりの数寄せられます。
下記はその代表的な失敗に関する訴えの一例です。
「コンデンスリッチ法で脂肪注入豊胸をして胸がしこりだらけになってしまった。」
「コンデンスリッチ法で脂肪注入豊胸をしたが半カップも大きくならなかった。」
「コンデンスリッチ法で脂肪注入豊胸をしたときの吸引部がボコボコになってしまった。」
「コンデンスリッチ法で脂肪注入豊胸をしたときの傷が胸にたくさん残ってしまった。」
コンデンスリッチ豊胸は、幹細胞を使用した豊胸術です。
コンデンスリッチ法による脂肪注入豊胸は、吸引した脂肪からしこりの原因になる死活・老化細胞などの不純物を除去し細胞を濃縮(コンデンス)した新鮮なコンデンスリッチファット(CRF)だけを注入する施術法です。
綺麗な幹細胞を注入することで定着率アップを目指します。
定着率が高く、しこりができにくいのが特徴といわれています。
クリニックによってはコンデンスリッチ豊胸なら2CUP~3CUPバストアップできるという宣伝をしているところもあります。
しかし、冒頭のコンデンスリッチ法で脂肪注入豊胸をして失敗してしまったという相談者からの訴えにある通り、これは事実ではありません。
2カップ~3カップも大きくなるのは非常にいい条件が重なった時か、しこり(死んでしまった脂肪細胞)がかたまりとして残っている時です。
この状態を”豊胸成功”というのであればコンデンスリッチ法でなくてもほかの方法でも起こりえます。
脂肪注入でどれくらいの大きさになるかは、色々な条件によって決まりますが、コンデンスリッチ法に限らず他のどの脂肪注入豊胸であっても通常1カップアップが目安です。
決して、コンデンスリッチ豊胸が特別に大きな胸を作り出せるわけではないのです。
コンデンスリッチ法による豊胸を考えている方は手術を受ける前にコンデンスリッチ豊胸の真実を知りリスクをきちんと理解した上で挑むべきです。
コンデンスリッチ法を含め脂肪注入豊胸は美容整形の中でも群を抜いて失敗の多い手術です。
コンデンスリッチ法を含め脂肪注入豊胸は美容整形の中でも高額な治療です。
高いお金を払ってコンデンスリッチ法に失敗し、しこりや石灰化を除去するためにまた高額な料金を支払うハメになるというのも脂肪注入豊胸失敗のよくあるパターン。
決して後悔することのないよう準備は面倒がらずに万全に行ってほしいと思います。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

■豊胸 脂肪注入 触り心地(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
豊胸を脂肪注入法でやろうと考えている場合、胸の触り心地も大切なチェックポイントですよね。恋人やパートナーがいる方、もしくは今後作る予定がある人はやはりバストの触り心地は気になるポイントだと思います。
脂肪注入豊胸は自分の脂肪を注入してバストアップするので、他の豊胸法と比べて、人工的で不自然な硬さや触り心地になりにくいと考えている方が多いようです。
しかし、実際は柔らかさが左右で差がある触り心地になってしまうケースが少なくなく、本来の柔らかさよりかなり堅い部分がところどころにあり異様な触り心地になり、恋人やパートナーから不思議に思われたという感想を口にされる方も多いです。
さらにバストの揺れ方が左右でかなり違うという報告もあります。
これらの理由から脂肪注入豊胸の方が触り心地の点で他の豊胸方法より勝っているとはいえません。
加えて、脂肪注入豊胸術後直後から1ヶ月程度は腫れや硬さが特に目立つ時期で、触り心地にも違和感が強く出ます。
また脂肪注入の際、血液や水分、老化細胞など不純物が混じっているなどの原因で、しこり(石灰化)が起こる可能性があります。
小さなしこりなら摘出せずに放置しても無害だとするクリニックは多いのですが、これらのしこりが自然なバストの触り心地に違和感を与えることはいうまでもありません。

■豊胸 脂肪注入 産後(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
産後に垂れてしぼんでしまったバストを脂肪注入豊胸で治したいという相談、そして脂肪注入豊胸したあとに出産・授乳しても問題ないか?という問い合わせをよく頂きます。
妊娠・出産・授乳は女性にとって重要な関心事ですよね。
まずは、産後に垂れてしぼんでしまったバストを脂肪注入豊胸で治したいという相談からお答えします。
離乳後にバストがしぼんでしまった、垂れてきた、しわっぽくなってきた、凹みが出来てきた、サイズダウンしてしまったと悩む女性はたくさんいらっしゃいます。
産後に小さくなってしまったバストはシリコンバックを入れる人工乳腺法、自身から採取した脂肪をバストに注入する脂肪注入法などでバストアップすることが可能です。
その他に垂れたバストを引き上げる豊胸術としては下記のようなものがあります。
乳房下垂修正/マストペクシー/乳房吊り上げ術/乳房固定術/乳房挙上術/下垂乳房形成/乳房固定術。
これらは加齢によるバストの下垂に対して行われることの多い治療ですので、産後の女性にはまだ早いケースもあります。
産後の胸のケアに脂肪注入豊胸がベストなのか、人工乳腺法が良いのか、それともバストの若返りの治療が効果的なのか、実際に胸を見てみないと分からない部分があります。
豊胸術に長けた医師のもとで相談を受けてみるのがベストです。
次に、脂肪注入豊胸したあとに出産・授乳しても問題ないか?という問いにお答えします。
脂肪注入豊胸したあとに出産した場合、授乳でバストが小さくなるとせっかく定着した脂肪がなくなってしまうのではないか?と考えている方が多くいらっしゃいます。
しかし、妊娠中や産後・授乳後のバストの大きさの変化はほとんどが乳腺組織のボリュームの変化なので、定着した脂肪が減って小さくなるということはありません。
もちろん豊胸していないバストと同じく、授乳後に形やハリが変化することはあります。
ただ、もともとのバストと同じ自分の脂肪なので、脂肪注入豊胸自体が問題なく成功していれば妊娠・出産・授乳を気に不自然さが目立ってくるような心配はありません。

■豊胸 脂肪注入 札幌(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
豊胸の脂肪注入法を行っているとされる札幌の美容外科クリニック一覧は下記の通りです。
大塚美容形成外科札幌院、品川スキンクリニック札幌院、円川公園皮膚科形成外科、札幌中央クリニック、聖心美容クリニック札幌院、湘南美容外科クリニック札幌院。
これらの美容外科クリニックでは、脂肪注入法、脂肪細胞法、ACR血小板注入療法、コンデンスリッチ豊胸、セリューション豊胸、ピュアグラフト豊胸などの脂肪注入豊胸の他、バッグ+脂肪注入で胸を大きくするハイブリッド豊胸、コンポジット豊胸術などをやっているところもあるようです。

■豊胸 脂肪注入 サイズ(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
「豊胸の脂肪注入法ではどのくらいサイズアップできますか?」
「脂肪注入豊胸でAカップ→Cカップにサイズアップしたいのですが可能ですか?」
といった豊胸の脂肪注入法でどのくらいサイズを変えられるかという相談をよく受けます。
体型や胸の形によって変わりますが、150ccの脂肪で2カップ程度のバストアップが脂肪注入豊胸の目安とされています。
豊胸バッグ挿入による豊胸術は、時間の経過とともにサイズが変わることなく、あらかじめイメージもしやすいのですが、脂肪注入豊胸でどのくらいサイズアップできるかはどうしても個人差による所が大きいのが現状です。
1回の脂肪注入でどれだけサイズアップできるのか、脂肪の定着率がどれぐらいなのかは実際にやってみないと分かりません。
分解、吸収されずに注入した脂肪がバストに残る定着率は、全体の30~80%といわれていますが、脂肪は血管やリンパ管が通った細胞組織です。
すなわち生きた細胞なのでそこには血流がなくてはなりません。
ところが同じ人間の体内にある脂肪だからといって、例えば腹部とバストにある脂肪とでは組織も役割も異なります。
結果、腹部から採取した脂肪をバストに移植しても、バストにある脂肪と同じ働きをするとはいえず、注入した多くの脂肪が定着せず吸収されてしまうか、壊死してしこりになってしまいます。
クリニックによっては脂肪注入豊胸なら2CUP~3CUPバストアップできるという宣伝をしているところもあります。
しかし、これは真っ赤なウソです。
2カップ~3カップも大きくなるのは非常にいい条件が重なった時か、しこりがかたまりとして残っている時です。
この状態は果たして”豊胸成功”といえるのでしょうか?
脂肪注入豊胸でどれくらいサイズアップできるかは、色々な条件によって決まりますが、どの脂肪注入豊胸であっても通常1カップアップが限界なのが現実です。

■豊胸 脂肪注入 シリコン(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
「豊胸をしたいが脂肪注入かシリコンを入れる方法かどっちがいいのか?」
という旨の相談をよく頂きます。
脂肪注入による豊胸とシリコンバッグ挿入による豊胸のメリット・デメリットは下記の通りです。
<脂肪注入豊胸のメリット>
・異物を入れないので罪悪感がない。
・シリコン劣化による入れ替え、メンテナンスが必要ない。
・自身の脂肪を使用するので安心。
・脂肪吸引箇所を細くすることが出来る。

<脂肪注入豊胸のデメリット>
・痩せ型の人はできない
・大幅なバストアップが出来ない
・自分の希望のサイズにならない可能性がある
・脂肪の定着率が低い
・しこりや石灰化が起きる可能性がある
・脂肪を吸引した箇所が凸凹になる場合がある

<シリコンバッグ豊胸のメリット>
・一度の手術で大幅なバストアップが可能
・痩せている人でも受けられる
・見た目や触り心地が自然。
・シリコンバッグを取り出して元のバストに戻すことができる。

<シリコンバッグ豊胸のデメリット>
・異物を入れている罪悪感を感じる場合がある。
・挿入直後はマッサージを定期的に行う必要がある。
・拘縮が起きてしまう可能性がある。
・術後直後に痛みを感じる場合がある。

物事は一長一短、どんな方法にもメリット・デメリットはつきものです。
脂肪注入豊胸が良いのか、シリコンバッグ豊胸が良いのか、それぞれのメリットとデメリットを天秤にかけてチョイスしなければなりません。

■豊胸 脂肪注入 しこり(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入豊胸は数ある豊胸手術の中でも特に人気の方法ですが、術後にしこりができてしまうトラブルが頻発しています。
しこりができてしまう原因の一つに脂肪の質があげられます。
しこりは脂肪注入の際に水分や死活・老化細胞などの不純物が混じっていると、脂肪細胞の酸素や血液の循環を妨害して、脂肪が壊死しておこります。
さらに、質の良い脂肪を使っていても、1ヶ所にまとめて脂肪をたくさん注入すると、大きなしこりができやすいです。
大きなバストを作るべく大量の脂肪を注入しようとするクリニックもありますが、一度に注入できる脂肪量は片胸250ccが限度です。
それ以上注入してしまうと、脂肪をかたまりで注入しないように注意を払っても、脂肪の密度が高いので、酸欠状態になり、結果脂肪が壊死してしこりになってしまいます。

■豊胸 脂肪注入 品川(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
豊胸の脂肪注入法を品川美容外科で受けたいという相談をよく受け取ります。
品川美容外科は日本全国に45院を構える美容外科です。
品川美容外科では、プレミアムPRP脂肪幹細胞注入法など独自の脂肪注入法で治療を行っています。
プレミアムPRP脂肪幹細胞注入法とは、脂肪が組織内を浮遊する状態では定着が難しいので、新しい血管を作り幹細胞を育て、さらにコラーゲンによる土台を増やし、脂肪がより定着しやすい環境をつくる方法です。
さらに会員になるとこれらの施術を割引価格で受けられるため、脂肪注入豊胸を比較的安く受けることが出来ることでも有名です。

■豊胸 脂肪注入 しこり 除去(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
豊胸の脂肪注入法でできてしまったしこりを除去したいという相談は非常に多いです。
脂肪注入豊胸では、手術後にバストの内部に脂肪の固まり、いわゆるしこりができることがあります。
外見上からわかるほど大きなしこりから、触るとわずかに手に触れる程度の直径1cmに満たない小さなしこりまであります。
これらの脂肪注入豊胸でできてしまったしこりはきちんと治療すれば除去できることがほとんどです。
しこりが出来てしまった場合、触診だけで正しく状態を判断するのは非常に困難です。
状態によっては軽いものから石灰化してしまってるものもあり、除去するか自然になくなるのか、除去する場合はどの方法がベストなのかなど対処法も異なってきます。
乳腺エコー検査を行い、しこりの部位や大きさ、状態を診断し適切な治療を選択する必要があります。
脂肪注入豊胸によるしこりは、脂肪と同時に注入した水分や麻酔液、死活・老活細胞などの不純物が、注入脂肪への栄養素の循環を妨げることで起こります。
脂肪を注入する際、同じ部分に多すぎる脂肪を注入するとしこりが起こりやすいと言われています。
豊胸の脂肪注入法でできてしまったしこりを除去したい場合は、触診だけでなく乳腺エコーの設備のあるクリニックを受診すべきです。
エコー検査で部位や内部の構造を確実に把握し、小さなしこりに対しては吸引や溶解での除去治療、大きなしこりの場合は切開して除去摘出などの治療が行われるのが通常です。

■豊胸 脂肪注入 写真(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
美容外科の多くはクリニックのHPサイトに自院で脂肪注入豊胸の手術をした患者のBefore&Afterの症例写真を掲載しています。
中には照明や撮影するバストの角度などは同じ条件で、手術箇所の変化のみわかりやすいように撮影しているクリニックもありますが、美容外科の中には、脂肪注入豊胸術前のBefore照明は暗めの照明に貧弱な胸に見える角度。
脂肪注入豊胸術後のAfter写真はバストをつやつや輝かせ、照明もガンガンあたって全体的にバストが豊満に見える明るい写真を演出しているところもあります。
これでは肝心の術部の変化がよく分かりません。
さらに、脂肪注入豊胸の症例写真を含めBefore&Afterで劇的に変化しすぎている写真をよく見かけます。
中には、本当に脂肪注入豊胸でこんなにバストが大きくなるの?!といいたくなるほどの大きなサイズの胸に変化しているAfter写真も・・。
近年の写真加工の技術の進歩は目覚ましいものがあります。
肌質を美しく整えるのはさることながら、一重の目を二重にしたり、黒目を大きくしたり、アイキャッチを入れて目をキラキラにみせたり、鼻筋を通したり、輪郭を調整して顔を小顔に見せたり、胸の大きさを盛って自然な谷間を作ったり、ウエストを細くしたり、足を長くしたり・・と写真加工だけで整形しないでも別人に見せられるレベルです。
実は美容外科の中には脂肪注入豊胸術後の症例写真に対してこの写真加工を施して術後の変化を強調しているクリニックも存在します。
例えば脂肪注入豊胸の手術なら術前の写真はより胸が貧弱で板のようなバストに見えるようように加工し、脂肪注入豊胸術後は実際以上にバストアップしてやわらかで自然な美しいバストができあがったように演出するというふうに・・。
もちろん、だからといってすべてのクリニックが症例写真を加工しているわけではありません。しかし、Before&Afterの症例写真を鵜呑みにして、脂肪注入豊胸をすれば同じような手術効果が得られると期待するのは少々安易な考えのように思います。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

■豊胸 脂肪注入 湘南(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
湘南美容外科クリニックは様々な種類の脂肪注入豊胸を行っています。
相談した日にすぐ施術可能な1day美バスト。
注入した脂肪を減らさないためのピュアグラフト脂肪注入。
定着率が高いとされるコンデンスリッチ脂肪注入などです。
湘南美容外科クリニックは全国30院以上展開しており、中には脂肪注入豊胸を行っていない店舗もありますので確認が必要です。

■豊胸 脂肪注入 しらゆり(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
しらゆりビューティークリニックは新宿三丁目駅より徒歩3分、JR新宿駅より徒歩10分というアクセスしやすい場所にあります。
しらゆりビューティークリニックの医師らによってつづられているブログでは脂肪注入豊胸の手術の経過を画像付きで見ることもできます。

■豊胸 脂肪注入 症例(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入豊胸の症例は写真付きで各クリニックのホームページで見ることができますが、
クリニックの症例写真を見るときは術後どれくらいたった状態の写真なのか、注意して見てください。
なぜなら、術後脂肪が吸収されきちんと評価できる状態になるのには3ヵ月ほどかかるからです。
脂肪注入による豊胸術の成果は早くても3ヶ月以上経過しないと判断ができないにもかかわらず、手術後1ヶ月目の状態を症例写真として掲載しているクリニックもあります。
手術後1ヶ月目の症例では、この先注入した脂肪が吸収されてバストが小さく戻ってしまう可能性もありるので参考になりません。
症例写真を見る時は術前と手術から3ヶ月以上経過した状態の写真で比較するようにしてください。

■豊胸 脂肪注入 仕事(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入豊胸をした後、どれくらいで仕事に復帰できるのか、という相談を多く受けます。
術後どれくらいで仕事に復帰できるのかは、脂肪注入豊胸の術式や施術するドクターの技術、脂肪の吸引箇所、個人個人の体力にもよるので一概には言えません。
例えば、翌日からデスクワークの仕事がこなせたという方もいますし、意識が遠のくほど痛く、病院から出られず日帰り手術の予定をそのまま入院することになり、その後も強い痛みが続き、結果として一ヶ月以上仕事を休むことになったという方もいます。
どの患者にも共通していることとしては、脂肪は注入した胸より取った吸引部分の痛みが強いということです。
脂肪注入豊胸術後から仕事復帰までの期間は、一般的に一週間ほどダウンタイムをとれば安心と言われていますが、個人差があるので一まとめには言えないのが現状です。

■脂肪注入 豊胸 数年後(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入法による豊胸術が施されるようになったのが1987年頃といわれています。
当時は、注入した脂肪がうまく定着せずに、石灰化する部分が多く、それが乳がんにも繋がる危険性があるとされ、あまり人気とはなりませんでした。
実は現在でも他国においてはバッグ挿入による豊胸術が主流であり、日本ほど脂肪注入法は行われていません。
なので、脂肪注入法で豊胸をした場合に注入した脂肪が数年後にどうなるのかという正確な統計は存在しないといえます。
脂肪注入法を行っている美容外科クリニックは、一度定着した脂肪は一生もの、効果は恒久的であると表示していますが、そもそも脂肪注入法による豊胸術自体が新しい施術であるため”一生もの”、”恒久的”などとは誰も証明することができないのです。
また、脂肪注入法で豊胸をした患者に術後3年、術後6年、後9年後にどうなったかを調査したデータがありますが、かなりの高い確率で注入した脂肪が石灰化してシコリができてしまったという回答が出されました。
どうしても脂肪注入法による豊胸術を受けたいという方は、このあたりの実情を踏まえた上で信頼のおけるドクターに託してほしいと思います。

■豊胸 脂肪注入 石灰化(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入豊胸では石灰化のトラブルが起きることがあります。
石灰化は注入した脂肪が大きな塊で壊死してしまい、それを閉じ込めようとしてできた被膜の周囲に、カルシウムが沈着することで起こります。
被膜の周りでは、小さな炎症が継続して起こっている状態です。
この炎症が原因で、体液中に含まれるカルシウムが石のような結晶となり沈着してしまいます。
石灰化の自覚症状としては胸に硬いしこりを感じます。
小さな石灰化は吸引して取り除くことが出来ますが、石灰化が進みしこりが大きくなってしまうと吸引することができず、摘出手術が必要になる場合もあります。

■豊胸 脂肪注入 成功(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
各美容外科クリニックのHPサイトには豊胸の脂肪注入法に成功した患者たちの体験談や成功例などが掲載されているものがあります。
脂肪注入豊胸に熟達した名医の手にかかれば無事に成功させられるのかもしれませんが、この脂肪注入豊胸成功話の裏に無数の失敗患者がいることを忘れてはいけません。
豊胸の脂肪注入法自体が豊胸手術の中ではまだ歴史が浅く完全無欠な施術とは言えません。どうしてもシリコンバッグなどの異物を入れることに抵抗を感じる方は脂肪注入豊胸の知識と経験が豊富で熟練のドクターに相談するようにしてください。

■整形 豊胸 脂肪注入(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
美容整形の中でも人気の高い脂肪注入法による豊胸術。
もともとはガンなどで乳房を切除した女性の為の「乳房再建術」が豊胸手術の始まりです。
美容のための豊胸手術は1950年代にパラフィンやシリコンをバストに注入するという形で広まり始めました。
パラフィンとは、石油を原料とした炭水化物化合物で、身体にいいものとはいえません。
そのため、この時代の豊胸後には、感染症や、注入部の組織の破損・炎症が数多く見られ、身体に負担のない材料及び方法で胸を美しく豊かにする研究が重ねられてゆきます。
その後、シリコンバッグ、生理食塩水バッグ、そして現在でも使用されているコヒ―シブシリコンバッグやハイドロジェルバッグなどが次々に開発されてゆきました。
脂肪注入法による豊胸術が開発されたのは1987年といわれています。
当時は注入した脂肪がうまく定着せずに、石灰化する部分が多く、それが乳がんにも繋がる危険性があるとされ、あまり人気にはなりませんでした。
2006年頃にセリューション(脂肪幹細胞注入)が登場しますが、アメリカでは臨床応用の許可が下りず、日本など規制の緩い国のごく一部のクリニックが治験的に実施する程度でした。2009年頃にコンデンスリッチファット(CRF)、2010年にピュアグラフトという方法が登場したとこで、日本だけでなく世界的にも普及し始め、規制の厳しいアメリカでも認可されるようになりました。

■脂肪注入 豊胸 その後(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入法による豊胸術が施されるようになったのが1987年頃といわれています。
つまり、脂肪注入法は豊胸の歴史から見てもかなり新しいものです。
現に2010年頃まではアメリカでは臨床応用の許可が下りず、日本など規制の緩い国のごく一部のクリニックが治験的に実施する程度でした。
よって脂肪注入豊胸をした場合に注入した脂肪がその後どうなるのかという正確な統計は存在しないといえます。
脂肪注入法を行っている美容外科クリニックは、一度定着した脂肪は一生もの、効果は恒久的であると表示していますが、そもそも脂肪注入法による豊胸術自体が新しい施術であるため”一生もの”、”恒久的”などとは誰も証明することができないのです。
また、脂肪注入法で豊胸をした患者に術後3年、術後6年、後9年後にどうなったかを調査したデータがありますが、かなりの高い確率で注入した脂肪が石灰化してシコリができてしまったという回答が出されました。
つまり脂肪注入豊胸したバストが長い目で見てその後どうなるのかという結果は、今後詳しくデータが取れてくるといえます。

■豊胸 脂肪注入 体験談(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
ネット上の掲示板や口コミサイトには脂肪注入法による豊胸術の経験者を名乗る人たちが体験談を書き込んだり、感想を言い合ったりしているものが多くみられます。
脂肪注入豊胸を受ける際に、実際に手術を体験した人の体験談を参考にしよう、と考えている方も多いようです。
しかしながら、そこにかかれている「体験談」は本物なのか怪しいものです。
数ある美容外科やクリニックのなかには、スタッフにネット上の口コミサイトや掲示板への投稿ノルマを課しているところも実在します。
つまり自院で手術を受けた患者を装い「ここのクリニックで脂肪注入豊胸をして成功した」という体験談を書いたり、ライバル院を名指しして「ここで脂肪注入豊胸をやって失敗してしまった」と投稿したりしているのです。
また、裏では特定の医院と結託しており、相談者を上手くそれらの医院に紹介し、手術することになればその手術料の一部をバックとしてもらうことを生業としている「紹介屋」なるものの存在も忘れてはいけません。
口コミサイトやその他掲示板にも真実が書かれていることは無論あるでしょうが、ネット上の体験談を鵜呑みにすることは脂肪注入豊胸の手術失敗への第一歩ともいえるでしょう。

■豊胸 脂肪注入 体験 ブログ(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入法による豊胸手術を受けたいという場合に体験者によるブログを参考にされる方は多いと思います。
ネット上には実際に脂肪注入豊胸を受けた感想や経過を写真、画像、動画などを添付しながらブログにつづっている方がけっこういらっしゃいます。
しかし、それらの体験談ブログなどの情報はその内容のすべてを鵜呑みにせず参考程度に留めておくべきだと思います。
体験談をつづっているブロガーの方が脂肪注入豊胸に成功したからといって他の患者が同じように上手くいくとは限りませんし、ブロガーの方が脂肪注入豊胸に失敗したからといって他の患者も満足しないとはいえません。それ以前に、ネット上というのはいわば誰もが匿名で投稿できる無法地帯。
その経過ブログや体験談ブログにかかれている脂肪注入豊胸の「体験談」は本物だとは限りません。美容外科クリニックに通じる”紹介屋”やクリニックの身内による集客目的の投稿である可能性も否定できません。
もちろん、脂肪注入豊胸の経過ブログや体験談ブログの中には実際に手術を受けた患者による生の声も存在するでしょう。
ですが、やはりネットの特性を考えるとこれらの体験ブログは参考程度に留めておくのが賢明だと思います。

■豊胸 脂肪注入 高須(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
CMなどでも有名な高須クリニック。
豊胸では脂肪注入法も行っています。
通常の脂肪注入では脂肪の定着率は2~3割程度ですが、高須クリニックでは脂肪の定着率が5~6割というマルチプルインジェクション法などで脂肪注入豊胸を行っています。
高須クリニックは現在、東京院、横浜院、名古屋院、栄院、大阪院の5院があります。
東京院、名古屋院、大阪院は中国人通訳スタッフが常駐しています。

■豊胸 脂肪注入 体験(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入豊胸はしこりや石灰化などの後遺症のリスクも高いため、施術を受ける前に実際に脂肪注入豊胸を体験した人の体験談を読んでおきたいと考えている方も多いはずです。
しかし、クリニックのホームページは営業的な面が強く、そのサイトに掲載されている患者らの体験談もクリニック側が良いものだけ選んでいるので(あるいはクリニックのスタッフが書いているので)信頼するには足りません。
そのためクリニックのサイトではなく、脂肪注入豊胸の体験者によるブログや掲示板で脂肪注入豊胸を受けた人の意見や手術後の経過、体験談が知りたいという方は多いと思います。
しかし一見、脂肪注入豊胸の体験者によるブログの中にも、クリニックが宣伝目的で運営しているものや割引治療を行って業者に委託しブログを書いてもらっているものもあります。
脂肪注入豊胸の体験を語り合っている掲示板の中にもクリニックスタッフや委託された業者の人間が手術を受けた患者になりすまし、脂肪注入豊胸の”体験”を語っているものも多く見受けられますので注意が必要です。
脂肪注入豊胸を受ける際に、良い体験談も悪い体験談も実体験に目を通しておくことは、確かに参考にはなりますが、誰もが匿名で投稿可能なインターネットの特性上、それらの脂肪注入豊胸の体験を鵜呑みにすることは避けた方が良さそうです。

■脂肪注入 豊胸 タバコ(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
タバコは脂肪注入豊胸の仕上がりを悪くさせる要因になり得ます。
タバコと脂肪注入豊胸の関係についてですが、タバコを吸うと体中の毛細血管が収縮します。そのためバストに注入された脂肪周辺の組織の毛細血管も収縮してしまい血行が悪くなります。
注入された脂肪がバストに定着するには、注入された脂肪に血管ができて、血管から酸素や栄養をもらえる状態になる必要があります。
しかし、タバコを吸うことによって血行が悪い状態がつづくと脂肪は定着せず、吸収されてしまう割合が多くなります。
脂肪注入豊胸は美容整形の中でも高額な手術。
せっかく高いお金を払ってやるのなら一度で最大の効果を出したいですよね。
脂肪注入豊胸を選択する場合は術後3ヶ月間はタバコの喫煙を避けたほうがいいでしょう。

■豊胸 脂肪注入 知恵袋(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
豊胸の脂肪注入法を受ける際に、yahoo!JAPANの知恵袋で質問したり、知恵袋の質疑応答を参考にしている方が多いようです。
知恵袋は誰でも匿名で質問できるので脂肪注入豊胸という人に相談しにくいことに関して質問するには大変便利なツールです。
しかし、管理人の元には
「yahoo!JAPAN知恵袋の回答を参考にして脂肪注入豊胸を受けたら失敗してしまった。」
「知恵袋で○○クリニックに脂肪注入豊胸の名医がいるというので手術を受けたがまったくのヤブ医者だった。」
という相談メールがけっこうな数寄せられます。
知恵袋は誰でも匿名で書き込めるというのはメリットでもありデメリットでもあることを意識すべきです。
よく知恵袋で質問している方の中に「脂肪注入豊胸に詳しい方、医療関係者の方、回答お願いします。」という書き込みを見かけます。
その質問に対して”医療関係者”や”脂肪注入豊胸体験者”を自称する回答者がもっとももらしい回答をしているものがありますが、その回答者の答えが真実であるのかは証明しようがありません。
数ある美容外科やクリニックのなかには、スタッフに知恵袋などのネット上の口コミサイトへの投稿ノルマを課しているところも実在します。
つまり、”医療関係者”を名乗って自院をそれとなく紹介したり、自院で脂肪注入豊胸の手術を受けた”体験者”を装い、「このクリニックは最高によかった!」とか、ライバル院で手術を受けた患者になりすまして「ここのクリニックで失敗した。ヤブ医者だ!」とか書き込むわけです。
また、「紹介屋」なるものの存在も忘れてはいけません。
彼らは一見、”医療関係者”や”脂肪注入豊胸の体験者”を装っていますが、裏ではいくつかの医院と結託にており、相談者を上手くそれらの医院に紹介し、手術することになればその手術料の一部をバックとしてもらうことを生業としているのです。
これらの事実からもお分かり頂けると思いますが、知恵袋の情報を鵜呑みにするのは手術失敗への第一歩。
知恵袋の豊胸の脂肪注入法に関する情報は、せいぜい参考にする程度に留めておいた方がいいでしょう。

■豊胸 脂肪注入 福岡(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
豊胸の脂肪注入法を行っているとされる福岡の美容外科クリニック一覧は下記の通りです。
THE CLINIC(ザ・クリニック)福岡院、城本クリニック福岡院、ガーデンクリニック福岡天神院、共立美容外科福岡院、品川美容外科福岡院、福嶋美容外科クリニック、品川スキンクリニック福岡院、エスト美容クリニック福岡院、福岡博多駅前通中央クリニック、聖心美容クリニック、国際美容外科、飯尾形成外科クリニック、松林景一美容クリニック天神、湘南美容外科クリニック福岡院、OZUMIクリニック、湘南美容外科クリニック小倉院、天神総合美容クリニック、一番街総合診療所、オリエンタルクリニック。
これらの美容外科クリニックでは、脂肪注入法、脂肪細胞法、ACR血小板注入療法、コンデンスリッチ豊胸、セリューション豊胸、ピュアグラフト豊胸などの脂肪注入豊胸の他、バッグ+脂肪注入で胸を大きくするハイブリッド豊胸、コンポジット豊胸術などをやっているところもあるようです。

■豊胸 脂肪注入 副作用(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
豊胸の脂肪注入法の副作用としては下記のようなものが挙げられます。
<しこりや石灰化の副作用>
脂肪注入で定着しなかった脂肪が石のように固く石灰化してしまうことがあります。
これらのしこりは乳ガン検診の妨げになる場合もあります。
しこりや石灰化がおきてしまう原因は脂肪注入豊胸という方法そのものにもあるのですが、施術した医師の技術が未熟であったというケースも多くみられます。

< 脂肪が壊死する副作用>
脂肪を注入した2週間後に痛みや赤み、腫れが出たら脂肪が壊死している可能性があります。
注入した脂肪細胞が血管から栄養を吸収できなかった場合は壊死してしまい、感染症を起こすことがあるため、洗浄・除去の再手術が必要になります。
脂肪注入豊胸の術後にこれらの症状が出た場合は早急に医師に診てもらうようにしてください。

<脂肪吸引部位がいびつな形、凸凹、しわになる副作用>
脂肪注入豊胸の場合、脂肪を吸引した部位が凹凸やシワになってしまう副作用が非常に多くみられます。
特に幹細胞注入は脂肪の量が必要なので、無理して吸引すると、周囲との差が目立つ可能性も高まります。

<感触が不自然なバストになってしまう副作用>
脂肪注入豊胸でしこりができたり石灰化がおこり感触が固いバストになってしまう副作用がしばしばみられます。
脂肪注入豊胸の術後に夫、彼氏などのパートナーからバストの感触が不自然だと言われたと気にされる方も多いです。

<バストの形が不自然になる副作用>
脂肪注入豊胸によるしこり、石灰化なども不自然な形のバストになる原因をつくっています。また脂肪注入しても定着率が左右で同じになるとは限らず左右非対称なバストになる副作用もあります。

<バストに強い痛みが残る副作用>
脂肪注入豊胸の手術の際に神経を傷つけたりして、術後に強い痛み、しびれ、麻痺を訴える方もいます。
なかには脂肪注入豊胸の術後から強い痛みが長く続くという副作用も報告されています。

以上は、豊胸の脂肪注入法の副作用のほんの一例です。
脂肪注入豊胸はリスクの高い方法であることを念頭において医院選び・医師選びを行うようにしてください。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

■脂肪注入 豊胸 太る(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
「痩せていてあまり採る脂肪がない場合、脂肪注入豊胸の前に太ったほうがいいのか?」
「脂肪注入豊胸は、たくさん脂肪吸引で脂肪を採るほうが胸が大きくなるから、手術前に太っていた方がバストが大きくなりますよね?」
といった旨の質問をよく頂きます。
理論的には、痩せている人が手術前に太れば、たくさん脂肪吸引をすることができるようになるため、多くの脂肪をバストに脂肪注入をすることができるようになります。
ずっと太ったままの体重を維持していれば、大きくなったバストも維持することができる可能性はあります。
しかし、脂肪注入豊胸の後にまた元の体重に戻れば、バストに注入した脂肪細胞に蓄えられている脂肪も比例して少なくなり、バストも小さくなってしまいます。
そのバストの大きさは、手術前にわざわざ太ることをせずに脂肪注入した場合のバストの大きさとほぼ変わらないくらいでしょう。
なので無理に平常の体重よりも太ってから脂肪注入豊胸を受けることはあまり意味がありません。
それよりも、術前にわざわざ身体に負担をかけて太ったり痩せたりせずに、普段通りのベストコンディションで脂肪注入豊胸に挑んだ方が良い結果が期待できるでしょう。

■脂肪注入 豊胸 太もも(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入豊胸のための脂肪採取で一番ポピュラーな箇所が太ももです。
痩せていて太ももだけでは脂肪が足りない方は太もも以外にお腹まわり、二の腕、お尻からも脂肪をかき集めて脂肪注入豊胸される方もいます。
脂肪吸引は、脂肪を採りすぎてしまうと採ったところの皮膚が弛んだり、凸凹になったりしてしまうので、採りすぎないように、ある程度皮下脂肪を残す必要があります。
その他に太ももなどから脂肪吸引をするリスクとしては、左右差が出る、凹凸が出る、皮膚が垂れる、皮が余ってシワシワになる、太ももの裏側に溝が出来るなどが挙げられます。

■豊胸 脂肪注入 方法(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
豊胸の脂肪注入法でバストアップする方法としては下記の術式があげられます。
脂肪注入法、脂肪細胞法、ACR血小板注入療法、コンデンスリッチ豊胸、セリューション豊胸、ピュアグラフト豊胸。
上記の方法以外にも、各クリニックが様々な名称で独自の脂肪注入豊胸を行っています。
また、バッグ豊胸+脂肪注入で胸を大きくする方法として
ハイブリッド豊胸、コンポジット豊胸術。
献血豊胸でバストアップする方法として
PPPジェル豊胸、PRPジェル豊胸、バストグロウ、PPP+PRPジェル豊胸。
などもあります。

■豊胸 脂肪注入 麻酔(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
豊胸を脂肪注入法で行う場合、麻酔は局所麻酔、硬膜外麻酔、全身麻酔のいずれかにより行います。
<局所麻酔>
手術をする胸に直接麻酔を注射する方法です。
この針を差す痛みを軽減するために、事前にクリーム麻酔を施すことも可能です。
局所麻酔はもっとも簡単な方法ですが、脂肪吸引が広範囲の場合など手術範囲が大きな豊胸手術には適しません。
手術範囲が広範囲に及ぶ場合、局所麻酔では麻酔が十分に効かず痛かったりすることがあります。
<硬膜外麻酔>
背骨のところに注射する麻酔です。盲腸などの手術で使う腰椎麻酔とは薬を入れる深さが違うため、腰椎麻酔よりも安全とされています。ただこの麻酔は意識がしっかりとあるため手術中に触られている感覚や、音や声がはっきり聞こえます。精神的に強い人であれば大丈夫なのですが、手術中怖がられる方がほとんどです。
なので大概の場合、点滴で少し「ぼーっ」とする薬を入れるのです。
硬膜外麻酔のメリットとして、手術中自分で胸を確認できるという点がありますが、前述のようにほとんどの患者さんは怖がって見ることができず、結局医師任せになります。
それに点滴の影響でぼーっとしている状態のため、実際はしっかりとした判断はできません。
<全身麻酔>
麻酔ガスを口から吸う麻酔です。完全に寝てしまうので手術中は意識もなく、痛みも全く感じません。脂肪吸引が広範囲の場合など手術範囲が大きな豊胸手術には全身麻酔が最も安全かつ適しているといえます。

■脂肪注入 豊胸 マンモグラフィー(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
「脂肪注入などで豊胸手術を受けた後にマンモグラフィーは受けられないのか?」
という相談をよく受けます。
現在、日本の乳がん検査は、「マンモグラフィー」と「超音波エコー」の2つが主流です。
これらの検診で万が一、何かの疑いがあればさらにCTやMRIを受け、詳細な確定診断を組織診断で行うという流れが一般的です。
脂肪注入豊胸を受けた場合はマンモグラフィーも超音波エコーも問題なく受けることができます。
バッグ豊胸の場合はマンモグラフィーはできないと考えている方が多いようですが、基本的に断られることは多いのですが、一部のクリニックでは豊胸バッグが入っていてもマンモグラフィー検査の可能な所もあります。もちろん、超音波エコーは問題なく受けることができます。
ただ、脂肪注入豊胸を受けている場合も、バッグ豊胸の場合も、正確な診断を仰ぐために豊胸施術を受けていることは事前に医師に申告するようにしましょう。
豊胸施術を受けている方は乳ガン検診から足が遠のきがちですが、脂肪注入豊胸にしろ、バッグ豊胸にしろ、ヒアルロン酸豊胸にしろ、胸に異物を入れているのならなおのこと検診は受けておくべきです。
医師には守秘義務がありますので、もし豊胸施術を受けていることを申告したとしても、それを第三者に漏らすようなことはありません。

■豊胸 脂肪注入 幹細胞(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
豊胸の脂肪注入法には幹細胞豊胸術と呼ばれるものがいくつかあります。
その代表的なものが、コンデンスリッチ豊胸、セリューション豊胸術、脂肪幹細胞培養法などで、これらの幹細胞豊胸術は脂肪の定着率を高めるといわれています。
しかしその反面、いくつかのリスクや問題点も指摘されています。
脂肪幹細胞は脂肪細胞の周りにあるコラーゲンなどの組織中に存在するので、セリューション豊胸(脂肪幹細胞注入法)や脂肪幹細胞培養法などでは、それを溶かすために「コラゲネーゼ」という酵素を用います。
ただし、日本の厚労省に該当するアメリカのFDAではこれは厳しく規制されている処理です。
また、脂肪幹細胞培養法のように培地で培養するには「トリプシン」という酵素が用いられ、これも細胞の性質を変えてしまう可能性があるので規制の対象になっています。
幹細胞豊胸術は日本の脂肪注入豊胸の主流となっていますが、世界的に見ても幹細胞による脂肪注入法を行っているのは日本と韓国などほんの一部の国のみです。
日本では医師は高い倫理感を持っていることが前提となっているので、「医師の裁量権」が認められています。したがってセリューション豊胸(脂肪幹細胞注入法)や脂肪幹細胞培養法のように、海外で規制されている脂肪幹細胞注入法でも日本の美容外科では当然のように行われているのです。

■脂肪注入 豊胸 水の森(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入豊胸を水の森美容外科で受けようと考えているが、実際の評判を教えてほしいという相談メールをよくいただきます。
水の森美容外科は東京銀座院、大阪院、名古屋院、北海道院の4店舗を構える美容外科クリニックで、総院長は竹江渉医師です。
水の森美容外科は、脂肪注入豊胸において従来の脂肪注入法に比べて、多くの美容外科で脂肪注入豊胸の主流となりつつあるコンデンスリッチ豊胸やピュアグラフト豊胸の効果が高いという考えではありません。
水の森美容外科の脂肪注入豊胸は、吸引した脂肪から良質なもののみを厳選し、細かく何層にも分け、自己幹細胞とともに注入していく処理をとっています。

■豊胸 脂肪注入 メンテナンス(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
豊胸の脂肪注入法は様々な方法がありますが、いずれの方法も徐々に脂肪が吸収されてしまうため、持続性は数年程と言われ、以前の胸に戻ってしまう可能性が大きいです。
胸の大きさを維持する為のメンテナンスに2回目、3回目の脂肪注入豊胸をされる方もいますが、何度も脂肪吸引&脂肪注入を繰り返すことは身体にとって負担が大きく決していいことではありません。
また、豊胸の脂肪注入法術後のメンテナンスとしては、術後しばらくしてからしこりや石灰化が見つかることが多く、これらは放っておくと感染症を引き起こしたり乳がん発見の妨げになる可能性があるため、定期的にバストをマッサージしてしこりや石灰化が起きていないか確かめる必要があります。

■脂肪注入 豊胸 メリット(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入による豊胸のメリットとしては下記のものが挙げられます。
<脂肪注入豊胸のメリット>
・異物を入れないので罪悪感がない。
・シリコン劣化による入れ替え、メンテナンスが必要ない。
・自身の脂肪を使用するので安心。
・脂肪吸引箇所を細くすることが出来る。

■豊胸 脂肪注入 戻る(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
「豊胸の脂肪注入法を受けた後に元の大きさに戻ることはありますか?」
という相談をよく受けます。
一般的な脂肪注入豊胸の定着率は約30~40%で多くのクリニックは一度定着した脂肪は半永久的に持つと宣伝していますが、実際は1年と経たないうちに元のバストの大きさに戻ってしまったというケースは非常に多いです。
しかし、戻る可能性があるからといって一度に大量の脂肪を注入することはしこりや石灰化の原因になるため逆効果です。
脂肪注入豊胸でどれだけの脂肪が定着するのか、しこりや石灰化が起きるのか、もとのサイズに戻るのかは実際にはやってみないと分からないのが現状です。

■豊胸 脂肪注入 柔らかさ(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
豊胸を脂肪注入法でやろうと考えている場合、仕上がりの柔らかさが気になりますよね。バストの形やサイズなどの見た目はもちろんのこと、感触はやはり自然な柔らかさに仕上げたいものです。
脂肪注入豊胸は自分の脂肪を注入してバストアップするので、他の豊胸法と比べて、人工的で不自然な硬さにならず柔らかさが自然になると考えている方が多いようです。
しかし、実際は柔らかさが左右で差がある感触になってしまうケースが少なくなく、本来の柔らかさよりかなり堅い部分がところどころにあり異様な感触になり、恋人やパートナーから不思議に思われたという感想を口にされる方も多いです。
これらの理由から脂肪注入豊胸の方が柔らかさの点で他の豊胸方法より勝っているとはいえません。
まず、脂肪注入による豊胸術で脂肪を注入した直後のバストはしばらく固い感触が続きます。
定期的にバストマッサージなどをすることで、次第にバストは柔らかさを取り戻し、自然な感触になるといわれています。
しかし、脂肪注入豊胸から一ヶ月以上経過しても柔らかさを取り戻さない場合、しこり(石灰化)が起きている可能性あります。
しこりは脂肪注入豊胸で注入した脂肪が胸に定着せず壊死しまった場合に起こります。
また体が脂肪を異物と認識して、カプセル皮膜が脂肪を包むことで、硬い感触となって胸に残ってしまう石灰化も脂肪注入豊胸でよく見られる後遺症の一つです。
小さなしこりなら摘出せずに放置しても無害だとするクリニックは多いのですが、これらのしこりが自然なバストの柔らかさに違和感を与えることはいうまでもありません。

■豊胸 脂肪注入 横浜(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
豊胸の脂肪注入法を行っているとされる横浜の美容外科クリニック一覧は下記の通りです。
THE CLINIC(ザ・クリニック)横浜院、城本クリニック横浜院、大塚美容形成外科横浜院、ガーデンクリニック横浜院、共立美容外科横浜院、高須クリニック横浜院、品川美容外科横浜院、ロココ美容外科、品川スキンクリニック横浜院、よこはまエーブクリニック、エスト美容クリニック横浜院、聖心美容クリニック横浜院、湘南美容外科クリニック横浜院、しばた形成外科・内科たまプラーザ本院。
これらの美容外科クリニックでは、脂肪注入法、脂肪細胞法、ACR血小板注入療法、コンデンスリッチ豊胸、セリューション豊胸、ピュアグラフト豊胸などの脂肪注入豊胸の他、バッグ+脂肪注入で胸を大きくするハイブリッド豊胸、コンポジット豊胸術などをやっているところもあるようです。

■豊胸 脂肪注入 ランキング(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
「豊胸の脂肪注入法を行っている美容外科ランキングで上位のクリニックで施術を受けたのに失敗に遭ってしまった」
という旨の相談メールを受け取ることがあります。
ネット上には「脂肪注入豊胸の上手な美容外科ランキング」、「脂肪注入豊胸の体験者による口コミランキング」なるサイトがいくつも見られます。
管理人は個人的にはそれらはほぼまったく参考にする価値はないと思っています。
これらの”ランキングサイト”は裏で美容外科から広告料を受け取っており、広告料の高い順番に”名医ランキング”や”おすすめのクリニックランキング”が作成されているだけのことです。
つまり”ランキング1位”のクリニックは一番広告料を積んでいるクリニックということになります。
もちろん、すべての”ランキングサイト”がこういう仕組みで成り立っているわけではありませんが、ネットで集客をねらっているクリニックほど上位表示が多いなずなので、ご自身で調べてみると大体検討がついてくるものと思います。
それに、ネット上には誰しもが自由にサイトを作れますから、例えばAクリニックが集客目的で「脂肪注入豊胸の上手な美容外科ランキング」というサイトを作成し、その1位に自らの手でAクリニックの名前を書くことができますし、「脂肪注入豊胸の体験者による口コミランキング」を作り『Aクリニックで成功してきれいになれました☆』、ライバル院のB美容外科に対しては『B美容外科で脂肪注入豊胸して失敗された!』なんて”体験談”を書くことだってできてしまうからです。
繰り返しますが、中には本当に脂肪注入豊胸の手術を体験した方々によるランキングサイトもあるのかもしれません。
しかし、いずれにしてもそれらの情報を鵜呑みにしない方が賢明です。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

■豊胸 脂肪注入 料金(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入豊胸の料金はその術式(ピュアグラフト豊胸、コンデンスリッチ豊胸、セリューション豊胸等)により、また各クリニックにより大きく異なります。
最も料金の安いクリニックで約30万、最も料金の高いクリニックで約150万ほどの料金です。
脂肪注入豊胸は美容整形手術の中でも比較的高額の部類に入るので、出来るだけコストを抑え料金の安いクリニックで治療を受けたいという気持ちは分かります。
しかし、脂肪注入豊胸を受ける際は料金の安さだけに重きを置くのではなく、術式や施術の方法、安全性、医師の経歴や症例などをよく検討してクリニックや医師を選択するようにしてください。

■豊胸 脂肪注入 リスク(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
豊胸の脂肪注入法のリスクとしては下記等があげられます。
・脂肪注入豊胸しても希望の大きさの胸にならないリスク。
・左右非対称の形、もしくは左右非対称の触り心地になるリスク。
・脂肪注入豊胸の術後、しこりができるリスク。
・注入した脂肪が壊死して筋肉に癒着してしまい、乳頭周り、デコルテ辺りが硬くなるリスク。
・脂肪注入豊胸の術後石灰化してしまい、除去手術で胸に大きな傷痕が残るリスク。
・しこりや石灰化に除去手術に高額な費用がかるリスク。
・脂肪吸引部がでこぼこになり肌を露出できなくなるリスク。
・脂肪吸引部の皮膚がしわしわになって元にもどらなくなってしまうリスク。

脂肪注入豊胸すれば大きくて自然な形・触り心地のバストを一生手に入れられると期待している方が多いようですが、術後に後遺症を抱えることになってしまうというトラブルが後を絶たないのが現状です。
豊胸の脂肪注入法は異物を入れない代わりに、上記のようにリスクが高い施術です。
脂肪注入豊胸で後遺症を残さないためにも上記のようなリスクを踏まえた上で、脂肪注入豊胸の術式、病院、ドクター選びが成功の要になってきます。

■豊胸 脂肪注入 レントゲン(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
「豊胸を脂肪注入法でやった場合、レントゲンには写るのか?」
という質問をよく頂きます。
脂肪注入した脂肪が無事に生着した場合、レントゲンやMRIにシリコンバッグ豊胸のように”はっきりと写る”ということはありません。
しかし、しこりや石灰化を起こしてしまった場合はレントゲンにもMRIにも白い影となって表れます。
そのため乳ガンや、Caが乳腺のまわりについた乳房腫など他の病気と間違われることも少なくありません。
乳ガン検診などレントゲンを撮る機会のある場合には、担当医に脂肪注入豊胸を受けたことを申告すべきです。
そのほうが正確な判断を仰げ、万一病気が見つかった場合にも適切な治療を素早く受けることにもつながるでしょう。

■豊胸 脂肪注入 がん(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
「豊胸を脂肪注入法でやると乳がんになる可能性が高くなりますか?」
という相談をよく受けます。
脂肪注入豊胸しても乳がんへのリスクが高まるわけではないという説と、脂肪注入豊胸によりできた石灰化したシコリは乳癌を誘発する確率が非常に高いという説と両方あり、脂肪注入豊胸と乳がんの因果関係は証明しきれていないのが現状です。
ちなみに、バッグ豊胸と乳がんの因果関係については、アメリカのNational Academy in Science(国立科学アカデミー)の医学研究所の最近の報告では、シリコンプロテーゼを挿入したことによって、乳癌や特別な結合織の病気になる確率が増大することはないとの報告がなされています。
しかし、問題は脂肪注入豊胸でもバッグ豊胸でも、豊胸施術を受けた方が乳がん検診へ向かう足が遠のいてしまうことにあるように思います。
確かに豊胸したことは出来るだけバレたくないですし、億劫になってしまうのは分かりますが、バッグであれ脂肪であれヒアルロン酸であれ、胸に異物を入れたならなおさら、大事を取って乳がん検診は受けておくべきです。
現在、日本の乳がん検査は、「マンモグラフィー」と「超音波エコー」の2つが主流です。
これらの検診で万が一、何かの疑いがあればさらにCTやMRIを受け、詳細な確定診断を組織診断で行うという流れが一般的です。
脂肪注入豊胸を受けた場合はマンモグラフィーも超音波エコーも受けることができます。
バッグ豊胸の場合はマンモグラフィーはできないと考えている方が多いようですが、基本的に断られることは多いのですが、一部のクリニックでは豊胸バッグが入っていてもマンモグラフィー検査の可能な所もあります。もちろん、超音波エコーは問題なく受けることができます。
ただ、脂肪注入豊胸を受けている場合も、バッグ豊胸の場合も、正確な診断を仰ぐために豊胸施術を受けていることは事前に医師に申告するようにしましょう。
医師には守秘義務がありますので、それを第三者に漏らすようなことはありません。
脂肪注入豊胸をすでに受けてしまった場合は、これらの乳がん検診では石灰化したシコリなのか、癌細胞によるシコリなのか、完璧な判断がつきませんから摘出手術を受けずに放置しておくことは非常に危険です。
バストに注入した脂肪が石灰化してしまっている場合、直ちに除去手術を受けることで乳がんへのリスクを軽減することができるでしょう。

■豊胸 脂肪注入 芸能人(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
女優、モデル、アイドル、歌手やアーティストの中には豊胸の脂肪注入法をしたとうわさされている芸能人が何人もいますね。
女優の綾瀬はるかさん、上戸彩さん、真木よう子さん、藤原紀香さん、モデルの藤井リナさん、グラビアアイドルのほしのあきさん、森下悠里さん、小池栄子さん、手島優さん、AKB48グループの柏木由紀さん、宮脇咲良さん、兒玉遥さんなどはあまりにある時期を境に急激にバストアップしたために脂肪注入豊胸のうわさがささやかれています。
まれに、自ら美容整形手術をしたとカミングアウトされる方もいますがふつうは仮に脂肪注入豊胸をしていたのだとしてもそれは秘密にしておきたいものですよね。
「○○さんは脂肪注入豊胸しています。」なんてこのブログ上で発言することはできませんが、ナイスバディーであたりまえ、美男美女で当たり前の芸能界にあっては脂肪注入豊胸をしてでも美しいバストを手に入れたくなる気持ちもわかります。

■豊胸 脂肪注入 授乳(Theme-北村クリニック 豊胸 脂肪注入)
「授乳後に垂れてしぼんでしまったバストを脂肪注入豊胸で治したい」
「脂肪注入豊胸したあとに出産・授乳しても母乳に影響はないか?」
「脂肪注入豊胸したあとに出産・授乳してもバストが小さく戻ってしまわないか?」
といった旨の相談をよく頂きます。
妊娠・出産・授乳は女性にとって重要な関心事ですよね。
まずは、授乳後に垂れてしぼんでしまったバストを脂肪注入豊胸で治したいという相談からお答えします。
授乳後にバストがしぼんでしまった、垂れてきた、しわっぽくなってきた、凹みが出来てきた、サイズダウンしてしまったと悩む女性はたくさんいらっしゃいます。
授乳後に小さくなってしまったバストはシリコンバックを入れる人工乳腺法、自身から採取した脂肪をバストに注入する脂肪注入法などでバストアップすることが可能です。
その他に垂れたバストを引き上げる豊胸術としては下記のようなものがあります。
乳房下垂修正/マストペクシー/乳房吊り上げ術/乳房固定術/乳房挙上術/下垂乳房形成/乳房固定術。
これらは加齢によるバストの下垂に対して行われることの多い治療ですので、授乳後の女性にはまだ早いケースもあります。
授乳後の胸のケアに脂肪注入豊胸がベストなのか、人工乳腺法が良いのか、それともバストの若返りの治療が効果的なのか、実際に胸を見てみないと分からない部分があります。
豊胸術に長けた医師のもとで相談を受けてみるのがベストです。
次に、脂肪注入法で豊胸したあとに妊娠・授乳しても母乳に影響はないか?という質問にお答えします。
結論から先に申し上げると、ヒアルロン酸注射、シリコンバッグ豊胸、脂肪注入豊胸、どの方法でも基本的に授乳や母乳への悪影響はありません。
ただトラブルの可能性がゼロかといえばそうではありません。
例えば、シリコンバッグで豊胸した場合、妊娠中や産後の授乳の前後には乳腺が発達して大きくなるため、挿入したバッグのサイズに余裕がないとかなり張りが辛いという方もいらっしゃいます。
授乳時にバッグで乳腺を圧迫し乳腺炎を発症するケースもしばしば見受けられます。
また、脂肪注入法で豊胸した場合も、自然吸収されると指摘され、豊胸後にできた1㎝に満たないしこりを放置していた場合に、妊娠により乳腺が発達してバストが大きくなるため、しこりが目立ってきて気になり精神的にストレスを感じる方もいらっしゃいます。
今後、妊娠・出産したいが脂肪注入による豊胸でバストアップしたいという方はそのあたりのリスクも踏まえた上で医師に相談してみるとよいでしょう。
最後に、脂肪注入豊胸したあとに出産・授乳してもバストが小さく戻ってしまわないか?という問いにお答えします。
脂肪注入豊胸したあとに出産した場合、授乳でバストが小さくなるとせっかく定着した脂肪がなくなってしまうのではないか?と考えている方が多くいらっしゃいます。
しかし、妊娠中や産後・授乳後のバストの大きさの変化はほとんどが乳腺組織のボリュームの変化なので、定着した脂肪が減って小さくなるということはありません。
もちろん豊胸していないバストと同じく、授乳後に形やハリが変化することはあります。
ただ、もともとのバストと同じ自分の脂肪なので、脂肪注入豊胸自体が問題なく成功していれば妊娠・出産・授乳を気に不自然さが目立ってくるような心配はありません。

■豊胸 脂肪注入 各都道府県一覧
現在では、豊胸の脂肪注入法をやっているクリニックを含め美容外科専門の診療所は日本国内に1000件以上存在すると推定されています。それらの美容外科は下記のように日本全国、北海道~本州~四国~九州まで、そして各都道府県にあります。特に県庁所在地のあるような大きな都市に集中している傾向が見られます。
また、下記のような海外での美容整形も近年人気を集めています。
今後、脂肪注入豊胸を行っているクリニックの一覧を地域別に詳しく表記しようと考えています。現在、作成中ですので今しばらくお待ちください。

北海道(札幌・函館・旭川)/青森/岩手(盛岡)/宮城(仙台)/秋田/山形/福島/茨城(水戸)/栃木(宇都宮)/群馬(前橋)/埼玉/千葉/東京/神奈川(横浜)/新潟/富山/石川(金沢)/福井/山梨(甲府)/長野/岐阜/静岡/愛知(名古屋)/三重(津)/滋賀(大津)/京都/大阪/兵庫(神戸)/奈良/和歌山/鳥取/島根(松江)/岡山/広島/山口/徳島/香川(高松)/愛媛(松山)/高知/福岡(博多)/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島/沖縄(那覇)

・韓国(ソウル市江南-カンナム-区新沙洞-シンサドン-他)
・タイ(バンコク、プーケット他) 

■北村クリニック 豊胸 脂肪注入・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成している部分があります。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「北村クリニック 豊胸 脂肪注入」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「北村クリニック 豊胸 脂肪注入」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。
北村クリニック 豊胸 脂肪注入・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「北村クリニック 豊胸 脂肪注入」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「北村クリニック 豊胸 脂肪注入」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

  •       
  •       
  •       
  •       
  •       
  •       

<**さん>先月、長年の念願だった美容整形手術を無事に終えることができました。
ぼくは今回が美容整形手術を受けるのが初めてでまったく知識がありませんでした。
事前にネットなどで情報収集はしていたのですが、仕事の関係で長期の休みをとることが難しく、しかし自分はスポーツをしていたので人よりかなり体力のある方なので回復も早いだろうと過信し、ダウンタイムを2日しかとっていませんでした。
しかし、「北村クリニック 豊胸 脂肪注入」などの寄稿記事を読んで、いくらなんでもダウンタイムが2日しかないのは短すぎると気づくことができ、仕事を調節して長期の休みを獲得して手術に挑みました。
そして実際、術後は予想以上に身体に負担があり、通常の体力まで回復するのに時間がかかったのでダウンタイムを長めにとっておいたのはいい判断でした。
手術して3日目に出勤なんてとても無理でしたし、むしろ通常通り仕事ができなくて他のスタッフに迷惑をかけるところでした。
それに見た目的にも美容整形をうけたことがバレバレになってしまうと思いますし。
北村クリニック 豊胸 脂肪注入を含む寄稿記事はダウンタイムのこと以外でも大変参考になりました。
実際にぼくが受けた手術を体験した投稿者の方も体験談を寄せていたので、手術までに段取りしておくことや、治療の流れ、術後の経過などを把握しておくことができました。
また、美容整形業界のことをまったく知らなかった自分にとって、失敗談も成功話もどの投稿も興味深く拝読しました。
美容目的の自由診療という性質上、なかなかオープンに話せるテーマではないので、身近な人間との会話で美容整形のことなんて一度も話題にのぼったことがありません。
しかし、昨今、男性の間で爪磨きやネイルが流行っていることや、これは主にアメリカですが、ホワイトニングなどの歯の手入れが当たり前になっていることからみても、美容整形で外見を整えることがある意味でステイタスになる日も遠くないのではないかと思います。
男性の美容整形はやりようによってはこれから伸びてくる分野なのではないでしょうか。
ともかく、北村クリニック 豊胸 脂肪注入などの寄稿記事のおかげで無事に手術を終え、より自分に自信が持てるようになりました。
ずっとコンプレックスに思っていた部分だったので、美容整形をうけるに至るまでにはかなり葛藤も大きく実際に手術を受けるまでに長い時間を要してしまいましたが、今では大変満足しています。
長くなりましたが、北村クリニック 豊胸 脂肪注入などの寄稿記事は大変参考になったので一言お礼を言いたくメールを差し上げた次第です。

<**さん>私は「北村クリニック 豊胸 脂肪注入」の記事を読んだことがきっかけとなり美容整形を決意しました。
私は子供のときから自分の容姿に劣等感を抱いて生きてきました。
思春期以降、その悩みは深くなり、クラスメートから心ない言葉をぶつけられることも多く高校の最後の方はほとんど不登校のような状態でなんとか卒業した形です。
大学へ進学してもコンプレックスのあまり自分から人を遠ざけ、友達もできず学校と家とを往復する毎日。
この頃から美容整形で自分の外見を改善したいという思いを抱くようになりました。
暇さえあれはネットで美容整形の情報をいろいろ検索していましたが、この時はまだネット検索での情報収集に不慣れで北村クリニック 豊胸 脂肪注入などのこちらのブログの記事にはまだ行き着けずにいました。
その頃見ていた美容整形に関するサイトはどのページも信用性に欠け、また私の性格が疑り深いだけなのかもしれませんが美容整形の体験者のブログを読んだり、口コミや評判サイトを見ても、この情報は本当なのか、どこかの美容外科による自演なのではないかと疑ってしまい、なかなか実際に手術を受けるところまでたどり着けないでいました。
そんなある日、毎日部屋に引きこもりパソコンばかりいじっている私を心配した母が私のパソコンの検索履歴を見たことで美容整形手術を考えていることがばれてしまい、家族会議になりました。
父も母も祖母も美容整形には大反対で、
「親からもらった顔にメスを入れるなんて」
「美容整形なんてヒマな金持ちがやること」
「他に身を入れることがないから外見の悩みばかりにとらわれるんだ」
「その根暗な性格を変えない限り美容整形なんてやってもなにも変わらない」
と口々に非難されました。
毎日美容整形のことばかりかんがえている私は頭がおかしいのだろうか、もう生きている価値もないのでなないか、と悲観的になっているときに出会ったのがこちらのブログでした。
そして北村クリニック 豊胸 脂肪注入など記事を読んで、自分以外にも外見のことで深く悩んでいる人がたくさんいること、美容整形のことを考えている人が大勢いることを初めて知りました。
私はちっともおかしくなんてなかった、自分のように始終外見のことで苦しんでいる人がたくさんいたということに気がつくことで胸のつかえが取れたような気がしました。
そして北村クリニック 豊胸 脂肪注入などの記事を読んで、私は最高に上手な名医のいる美容外科で安全に手術を受けて絶対に成功したい、きれいになりたいという意欲が沸いてきました。
こちらの管理人さんに相談して最高の名医のいる美容外科で来月手術を受ける予定です。
美容整形に猛反対していた家族とは何度も話し合い、家族にもこちらのブログを見てもらい、私の美容整形に対する真剣な思いを話し、なんとか分かってもらうことができました。
最後まで反対していた父はカウンセリングに同行までしてくれ、先生の説明を聞いたら安全でまともな手術だと納得してくれたのか、最後には
「よろしくお願いします」
と先生に深々と頭を下げていました。
手術当日も同行してくれるそうです(笑)
つい半年前までは自殺すら頭をよぎっていたのに、こちらのブログに出会えたこと、北村クリニック 豊胸 脂肪注入の記事を読んだことで人生が開けました。
北村クリニック 豊胸 脂肪注入の記事をお寄せくださった方がどなたかはわかりませんが、本当に本当に感謝しています。
手術を成功させて、きれいになって今までとは違う明るい人生を生きていきます。
本当にありがとうございました。

  •       
  •       
  •       
  •       
  •       
  •       

<**さん>「北村クリニック 豊胸 脂肪注入」の記事を読んだことがきっかけで自分の感覚はおかしくないのだと勇気をもらうことができました。
ぼくは男ですが、子供の頃から外見や見た目に強いこだわりを持っています。
2人の姉の影響からか、洗顔の後に化粧水や美容クリームも塗るし、日焼け止めはもちろん、学校に行くときは薄くメイクもします。
友達の中には「男なのに気持ち悪い」とか「お前、おねぇだろ」とからかってくる連中もいますが、ぼくはただ、美しくあること、おしゃれなことが好きなだけです。
ですが、ぼくはお世辞にもイケメンとはいえないので、自分みたいなブサメンが外見に気をつかったりおしゃれしているから不似合いでおかしいのではないかと悩むようになりました。
最近では美容整形に関心が出てきて、さすがに男なのに整形まで考えるなんて自分は異常なのかも知れないと悩んでいたときに目にしたのが北村クリニック 豊胸 脂肪注入の記事でした。
このブログの投稿者には男性とおぼしき人も何人かいて、ぼくと同じように悩んでいることが分かり、自分の感覚は異常ではなかった、ただ美しいものが好きで美意識が高いだけだと思えたことは自分の中でとても大きなことです。
男性は女性に比べて、美やおしゃれの探求には少々不自由な気がします。
女性はメイクしたり髪の毛をアレンジしたり、パンツもスカート履けるし、美容整形を受けるのだって圧倒的に女性が多いように思います。
ぼくは気持ち悪いといわれても、オネェといわれても、自分の美しさを最大限に探究したいだけです。
韓国では男性も積極的に美容整形を受ける傾向にあることは知っていましたが、北村クリニック 豊胸 脂肪注入など、このブログの寄稿記事を読んで、日本でも美容外科を訪れるのは女性ばかりではないと分かったし、男性の美容もきっとこれからどんどん需要が増えていくんだとぼくは考えています。
これから美容整形についてじっくり検討して自分の理想の美をつくりあげたいと思っています。
とにかく、北村クリニック 豊胸 脂肪注入の記事を読めたことは自分にとって大きな糧となりました。

<**さん>美容整形手術にあたり「北村クリニック 豊胸 脂肪注入」などの記事を参考にさせていただきました。
私の母はミスコンが大好きで若い頃はいろいろなミスコンで優勝したり受賞したりしていたそうです。
美しい母は私の誇りでしたが、私は父に似たせいかとても母と親子とは思えないほど可愛くありません。
若い頃、ミスコンの常連だった母ですが私を出産してからは専業主婦に徹していました。しかし、最近”美魔女”などという言葉が流行って、年齢を重ねてもなお美しい女性のコンテストなどが開催されていることに闘志を燃やした母がまた自分磨きを始めています。
私は自分の容姿に対して半ばあきらめていて、「悟り世代!」といわれてしまうかもしれませんが、結婚できないほどではないからまぁいいや、適度に恋愛して、適度に幸せになれればそれでいいや~くらいの気持ちでいました。
しかし、母が40半ばを過ぎてものすごく努力してどんどんきれいになっていくのをみて触発され美容に目覚めました。
美容と健康にいい食事をとったり、エクササイズをして身体を鍛えたりしましたが、やはり元が悪い顔は母のようには美しくなれず。
そこでその元を変えてやろうと美容整形に興味を持ちました。
北村クリニック 豊胸 脂肪注入の記事がたまたま目にとまり、他の投稿者の方の記事もいろいろ読みました。
美容整形について無知に近かったので、いろんな情報が一気に収集できてとても役に立ちました。
両親に「整形したい」というとはじめは大反対だったのですが、私も軽い気持ちではなかったので毎日のように説得を続け、このブログを見せて北村クリニック 豊胸 脂肪注入などの記事も読んでもらい、ようやくOKをもらいました。
そして手術。仕上がりにはとっても満足しています。
父は積極的に会社の人に私を紹介するようになったし、母には「今度美人母娘のコンテストに一緒に出よう!」と誘われています。オーバーかな(笑)
整形して感じたのは、美人だとなんやかんや得するなぁ~ということ。
ミスコンなんてくだらない!と思っていたけど、今は美しいものを愛でるのはいつの時代も世の常なんだから自然なことだと思います。
北村クリニック 豊胸 脂肪注入などの寄稿記事のおかげで両親のOKを得られて整形手術ができたし、私の美意識も以前と大きく変わりました。
毎晩寝る前に、食パンの上にバターと白砂糖をたっぷりかけて食べていたなんて信じられない(笑)
美しいこと、美しさを求めることって素敵な生き方だと思います。

<**さん>私は、特に醜い容姿ではありませんが、美容整形でより美しくなりたいと考えています。
整形と一口にいっても、ものすごくたくさんの種類があるんですね。
「北村クリニック 豊胸 脂肪注入」などの寄稿記事を読んでいても私の知らない手術名もたくさんあっておどろきました。
そんな手術方法があるんだ!と驚いたものもいくつかありました。
私はきれいになるためならなんだってやりたいのですが、家族や友達で整形に賛成してくれる人はいないんです。
「整形なんて必要ないじゃん!」
といわれます。
でも私は女に生まれたからには最高にきれいになりたいんです。
まぁまぁ美人、なんてつまらないでしょ?(笑)
みんな整形のこと悪く言いますが、自分で稼いだお金で安全な病院でやるなら一向にかまわないと思うんです。
服やかばんにお金をつぎ込む人もいれば、まんがやアニメに情熱を注ぎ込む人もいる。
私の場合はそれが美容なんです。
そして美容整形はその一つの手段にすぎません。
北村クリニック 豊胸 脂肪注入などの寄稿記事の中には私と似たような考え方の人がいて共感できてうれしかったです。
美容整形を受ける人は平均以上の外見の人の方が多いという情報が載っている記事もありました。
最近はもっぱら、美容整形に関する情報収集をしているのですが、このブログは北村クリニック 豊胸 脂肪注入などについての情報をいくつも見ることができるからいいですね。
寄稿記事を全部読めば(←記事数が多く無理ですが)一通りの整形情報を網羅しているので、ちょっとした情報通になれますし。
クリニックのサイトだと、良いことしか書かれていないことも多かったりして、一側面的な捉え方の記述が多いものもあるし、情報が偏ったり、情報の客観性を欠いてしまう可能性があると思うんです。
その点、このブログは、いろいろな考えの人の視点にたって読めるし、北村クリニック 豊胸 脂肪注入などの寄稿記事もそうですが、様々な捉え方をした記事を載せているので複合的に、総合的に判断しやすくかなり重宝しています。
美容整形を安全に受けるためにもメリットとデメリットはきちんと把握しておきたいと思っているので、いろんな人の意見を読んで総合的に判断して受ける手術を絞り込みたいと思っています。