ライフクリニック エラ削り

■ライフクリニック エラ削り
ライフクリニックは東京都墨田区江東橋4-19-3セントラルビル6Fにある美容外科クリニックです。
院長は勝間田宏医師です。

■エラ削り 失敗(Theme-ライフクリニック エラ削り)
エラ削りは美容整形手術の中でも特に高度な技術が求められます。
もし失敗しまうと修正手術・再手術が大変困難なだけではなく、顔の痺れや麻痺、咀嚼困難などの後遺症が一生残ってしまう可能性もあります。
エラ削りをするに当たっては形成外科全般にわたる幅広い知識と経験を持ち、顔面の骨切り術の経験豊富な医師を選択すべきです。
また、エラ削りは全身麻酔下で行われる輪郭形成手術なので数日の入院が必要になります。
入院設備の整った術後の安全管理ができる病院を選択することも重要になります。

■エラ削り 費用(Theme-ライフクリニック エラ削り)
エラ削りの費用は各クリニックにより70万~170万と大きく異なりますが、日本での平均価格は120万円前後といわれています。

■エラ削りたい(Theme-ライフクリニック エラ削り)
エラ削りはエラの張りが気になる、顔が四角いのを治したい、角張った輪郭をなんとかしたい、顔の横幅を減らしたい、丸顔にしたい、シャープな顎に整えたい、小顔にしたいといった方に適応します。

■エラ削り 方法(Theme-ライフクリニック エラ削り)
エラとは下顎角の部分を指しますが、エラ削りといっても顔を細く見せるためには下顎角の部分だけを切り落としてもあまり効果はありません。
顔を細く見せるためには下顎骨の厚みを減らす必要があり、そのために下顎骨の外板の切除を行います。
外板切除とは、エラ骨から咬筋にかけての頬の所に存在する外板と呼ばれている骨を切除することです。外板が出ていると正面から見てエラが左右に突出しているように見えます。外板を切除することで、正面から見た際にも小顔になります。
また、下顎骨の下縁の骨を切除し横から見た下顎骨のラインを整えることで横から見てエラが張っていて四角くという状態を改善することが出来ます。
また外板を切除するとかえってアゴ先の部分が太く見えるケースも考えられ、この場合にはアゴ先まで骨を削っていく必要があります。
またクリニックやドクターによっては咬筋切除も同時に行う場合があります。
咬筋というのは物を咬む際に、えら部分がボコっと膨らむ筋肉のことです。
咬筋が発達しすぎている場合、切除する事で小顔効果を得る事が出来ます。
このように、患者に応じて様々な手法を組み合わせてエラ削りを行うことで、正面から見ても横顔を見ても美しい輪郭形成を目指します。

■エラ削り 名医(Theme-ライフクリニック エラ削り)
エラ削りを含め、輪郭の骨削り・骨切りは美容整形手術の中でも特に高度な技術が求められます。
形成外科全般にわたる幅広い知識と経験を持ち、顔面の骨切り術の経験豊富な医師を選択すべきです。

■エラ削り ブログ(Theme-ライフクリニック エラ削り)
実際にエラ削りを受けた感想や経過を写真、画像、動画などを添付しながらブログにつづっている方がいらっしゃいます。
実際の体験談に勝るものはなし!とそれらのブログを参考にされる方も多いと思います。しかし、ブログなどの情報はその内容のすべてを鵜呑みにせず参考程度に留めておくべきだと思います。
ブロガーの方が成功したからといって他の患者が同じように上手くいくとは限りませんし、ブロガーの方が失敗したからといって他の患者も満足しないとはいえません。
それ以前に、ネット上というのはいわば誰もが匿名で投稿できる無法地帯。
その経過ブログや体験談ブログにかかれている「体験談」は本物だとは限りません。
美容外科クリニックに通じる”紹介屋”やクリニックの身内による集客目的の投稿である可能性も否定できません。
もちろん、エラ削りの経過ブログや体験談ブログの中には実際に手術を受けた患者による生の声も存在するでしょう。
ですが、やはりネットの特性を考えるとこれらのブログは参考程度に留めておくのが賢明
だと思います。

■エラ削り モニター(Theme-ライフクリニック エラ削り)
エラ削りは比較的高額な手術ですのでコスト面を考えて美容整形モニターを利用したいと考えている方もいるでしょう。
モニターになれば、通常の30%〜80%オフの料金で施術を受けられたり、中には無料で治療できることもあります。
現時点で、エラ削りのモニターを募集しているクリニックは湘南美容外科、横浜エーブクリニック、こいずみ形成クリニック、ガーデンクリニック、品川美容外科などがあります。
モニター募集の情報は、クリニックの公式ホームページやフリーペーパー、雑誌の広告などに掲載されています。
美容整形モニターは、後からクリニックの広告に利用する前提で割引が受けられる制度です。HPや雑誌への顔写真の掲載、TVへの出演、体験談や施術後の感想が、実名で公表される場合もあります。
顔写真の掲載も、施術を受けた部位だけのケース、顔全体の写真が掲載されるケース、目に黒い帯やモザイクを入れるケース、術部以外にぼかしを入れるケースなど様々です。
一度インターネットに載るということは半永久的に完全削除が難しいと考えるべきです。
特に家族や身内に美容整形手術を受けたことを知られたくないという方は、この点をじっくりと考えてからモニターに応募するようにしてください。
合わせてフルネームでの掲載、実年齢などの個人情報をどの程度公表するかは、クリニックに問い合わせ事前に細かく確認しましょう。
また応募したからといってすべての人がモニターになれるわけではありません。
応募後、クリニック側の審査を経てこの人には当院のモニターになってほしいという方が選ばれます。また、手術自体は無料や格安で受けられても、アフターケアやメンテナンスに高額の費用がかかる可能性もあります。術後のケアの取り扱いについても必ず確認するようにしてください。

■エラ削り 2ちゃんねる(Theme-ライフクリニック エラ削り)
ネット上というのはいわば誰もが匿名で投稿できる無法地帯です。
とくに2ちゃんねるは「痰壷」と揶揄されるように、色々な人が暇つぶしとして、また鬱憤晴らしとして利用しているツールです。
2ちゃんねるやその他掲示板ではエラ削りのスレッドや各美容外科ごとのスレが立っていたりして、手術経験者を名乗る人たちが体験談をカキコんだり、感想や批評を言い合ったりしていますが、所詮は痰壷。その内容を真剣に参考にするのはおすすめできません。
暇つぶし、鬱憤晴らし程度の情報として受け止めたほうが賢明です。

■エラ削り ランキング(Theme-ライフクリニック エラ削り)
ネット上には「エラ削りの上手な美容外科ランキング」、「エラ削りの体験者による口コミランキング」なるサイトがいくつも見られます。
管理人は個人的にはそれらはほぼまったく参考にする価値はないと思っています。
ネット上には誰しもが自由にサイトを作れますから、例えばAクリニックが集客目的で「エラ削りの上手な美容外科ランキング」というサイトを作成し、その1位にAクリニックの名前を書くことができますし、「エラ削りの体験者による口コミランキング」を作り『Aクリニックで成功してきれいになれました☆』、ライバル院のB美容外科に対しては『B美容外科でエラ削りして失敗された!』なんて”体験談”を書くことだってできてしまうからです。
もちろん、中には本当にエラ削りの手術を体験した方々によるランキングサイトもあるでしょうが、いずれにしてもそれらの情報を鵜呑みにするべきではありません。

■エラ削り 術前検査(Theme-ライフクリニック エラ削り)
エラ削りと一口にいっても、ほぼ下顎骨全体の骨をバランスよく整えていく必要があります。そのためにはセファログラム(顔面の規格レントゲン写真)やCTを撮影し、様々な骨の角度を計測して、どの部分をどの程度切除するかを医師と患者で話し合いながら決定していきます。
美容外科によっては様々な角度から見た手術後のイメージをソフトウェアによるシュミレーションを用いて説明する場合もあります。
他にも術前検査として、頭部X線検査、パノラマ撮影、胸部X線検査、心電図、各種血液検査などを行います。
手術中の出血に備えて自己輸血のために採血をしておくクリニックもあります。
また、エラ削り術後の神経麻痺、痺れなどの後遺症のリスクを防ぐためにも術前検査でオトガイ神経管の位置の確認をしておくことが重要になります。

■エラ削り ローン(Theme-ライフクリニック エラ削り)
美容整形には健康保険は適応されないので、どうしても費用が高額になってしまいます。
ことにエラ削りは120万円が相場という高額な手術です。
少しずつ貯金し一括で支払う方もいますが、整形ローンを利用する方も多くいるようです。
美容整形のためにお金を借りるには様々な種類のローンがあります。
・病院が提携している医療ローン・メディカルローン
病院に貸してもらうのではなく、病院と提携しているクレジット会社との契約になります。
術前カウンセリングの際に病院に紹介されて利用する方がおおい多目的フリーローンです。フリーローンということは、早く返済すれば返済するほど払う金利を押さえる事ができるといわれています。その多くは信販系ですが、美容整形のフリーローンは利率が高めな事が多いようなので注意が必要です。
また、最近では医療ローンは非常に審査が厳しくなってきているので審査に通過することが難しいかもしれません。
・消費者金融系のカードローン
消費者金融で有名どころはアコム、レイク、プロミスあたりでしょうか?
よくCMでも見かけるのでご存じの方も多いと思います。
これらの消費者金融を利用してカードローンを借りてそれを整形の資金にまわすこともできます。医療ローンと消費者金融系の金利はそこまで差がないといわれていますが、消費者金融系でローンを組むメリットは無利息期間があることです。無利息期間内での早めの返済が可能な見込みであれば消費者金融でキャッシングする手もあります。
しかし、二重埋没などの目の整形やプチ整形などの数万円~10万円程度の比較的安価な
美容整形なら無利息期間内で返済が可能かもしれませんが、100万円以上するエラ削りとあってはあまり賢い方法とはいえないかもしれません。
・銀行系のカードローン
銀行カードローンは低金利でお得です。
信販系の整形ローンと比較するとかなり安いですが審査もやはり厳しいです。
しかし、銀行ローンは総量規制の対象外なので、収入がない専業主婦の方でも夫にきちんと収入があればキャッシングは可能です。
整形医療ローンの審査に通らないという方で銀行カードローンを選択される方も中にはいらっしゃいます。
また、最近なにかと話題のリボ払いには特に注意が必要です。
利息分しか返済できずいつまでたっても借金の元金が減らないという事態に発展する方も少なくありません。
いずれにしても、やはり美容整形には精神的にも経済的にもある程度の余裕を持って挑んでほしいものだと思います。
ローンを組んで整形し、失敗してしまって修正手術のためにまたローンを組み、それでも気に入らなくて・・という美容整形依存症&借金地獄に陥って人生を台無しにすることがないように、エラ削りは十分に余裕のある計画を立てて行うべきです。

■エラ削りと相性が良い手術(Theme-ライフクリニック エラ削り)
エラ削りとセットで頬骨削りも行う方がたびたびいます。
なぜかというと、エラ削りをしてエラの張りがなくなり下顎の幅がスリムになった結果、今まで気にならなかった頬骨が目立つようになってしまったと感じられるケースがあるためです。
また、より小顔で理想の輪郭を手に入れるためにエラ削りとセットで顎削りなどの顎の手術をされる方もいらっしゃいます。

■エラ削りをやっているとされる主なクリニック一覧(Theme-ライフクリニック エラ削り)
アーティスクリニック、アイルクリニック、アネシス美容クリニック、ヴェリィ美容形成クリニック、ヴェリテクリニック、恵比寿ASクリニック、大塚美容形成外科歯科、ガーデンクリニック、共立美容外科歯科、クリニカ市ヶ谷、慶友形成クリニック、こいずみ形成クリニック、小木曽クリニック、コムロ美容外科、酒井形成外科、サラ美容外科、自由が丘クリニック、十仁美容整形、湘南美容外科クリニック、しらゆりビューティークリニック、城本クリニック、タウン形成外科クリニック、高須クリニック、タカナシクリニック、東京イセアクリニック、東京美容外科、ドクターゴールドマンクリニック、名古屋形成クリニック、名古屋中央クリニック、百人町アルファクリニック、プリモ麻布十番クリニック、真崎医院、松林景一美容クリニック天神、南クリニック、ヤスミクリニック、横浜エーブクリニック、ライフクリニック、ラ・クリニカシズオカ、リッツ美容外科、リラ・クラニオフェイシャル・クリニック、ID美容外科、BKトンヤン美容外科

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

■エラ削りに類似する手術
エラ切り、エラ骨削り、エラ骨切り、咬筋切除、バッカルファット除去、Vライン形成、エラ除去手術、外板切除術、エラ形成、エラ縮小手術、下顎角骨切り術、下顎骨形成等。

■エラ削り 各都道府県一覧
現在では、エラ削りをやっているクリニックを含め美容外科専門の診療所は日本国内に1000件以上存在すると推定されています。それらの美容外科は下記のように日本全国、北海道~四国~九州まで、そして各都道府県にあります。特に県庁所在地のあるような大きな都市に集中している傾向が見られます。
また、下記のような海外での美容整形も近年人気を集めています。
今後、エラ削りを行っているクリニックの一覧を地域別に詳しく表記しようと考えています。現在、作成中ですので今しばらくお待ちください。

北海道(札幌・函館・旭川)/青森/岩手(盛岡)/宮城(仙台)/秋田/山形/福島/茨城(水戸)/栃木(宇都宮)/群馬(前橋)/埼玉/千葉/東京/神奈川(横浜)/新潟/富山/石川(金沢)/福井/山梨(甲府)/長野/岐阜/静岡/愛知(名古屋)/三重(津)/滋賀(大津)/京都/大阪/兵庫(神戸)/奈良/和歌山/鳥取/島根(松江)/岡山/広島/山口/徳島/香川(高松)/愛媛(松山)/高知/福岡(博多)/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島/沖縄(那覇)

・韓国(ソウル市江南-カンナム-区新沙洞-シンサドン-他)
・タイ(バンコク、プーケット他)

■ライフクリニック エラ削り・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成している部分があります。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「ライフクリニック エラ削り」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「ライフクリニック エラ削り」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

<**さん>「ライフクリニック エラ削り」の記事を読んだことがきっかけで自分の感覚はおかしくないのだと勇気をもらうことができました。
ぼくは男ですが、子供の頃から外見や見た目に強いこだわりを持っています。
2人の姉の影響からか、洗顔の後に化粧水や美容クリームも塗るし、日焼け止めはもちろん、学校に行くときは薄くメイクもします。
友達の中には「男なのに気持ち悪い」とか「お前、おねぇだろ」とからかってくる連中もいますが、ぼくはただ、美しくあること、おしゃれなことが好きなだけです。
ですが、ぼくはお世辞にもイケメンとはいえないので、自分みたいなブサメンが外見に気をつかったりおしゃれしているから不似合いでおかしいのではないかと悩むようになりました。
最近では美容整形に関心が出てきて、さすがに男なのに整形まで考えるなんて自分は異常なのかも知れないと悩んでいたときに目にしたのがライフクリニック エラ削りの記事でした。
このブログの投稿者には男性とおぼしき人も何人かいて、ぼくと同じように悩んでいることが分かり、自分の感覚は異常ではなかった、ただ美しいものが好きで美意識が高いだけだと思えたことは自分の中でとても大きなことです。
男性は女性に比べて、美やおしゃれの探求には少々不自由な気がします。
女性はメイクしたり髪の毛をアレンジしたり、パンツもスカート履けるし、美容整形を受けるのだって圧倒的に女性が多いように思います。
ぼくは気持ち悪いといわれても、オネェといわれても、自分の美しさを最大限に探究したいだけです。
韓国では男性も積極的に美容整形を受ける傾向にあることは知っていましたが、ライフクリニック エラ削りなど、このブログの寄稿記事を読んで、日本でも美容外科を訪れるのは女性ばかりではないと分かったし、男性の美容もきっとこれからどんどん需要が増えていくんだとぼくは考えています。
これから美容整形についてじっくり検討して自分の理想の美をつくりあげたいと思っています。
とにかく、ライフクリニック エラ削りの記事を読めたことは自分にとって大きな糧となりました。

<**さん>自分は3度の美容整形手術を経験しています。
ですが3度とも自分の中では完璧とはいえない手術でした。
その中の一つはありえないほどひどく失敗されてしまいました。
一番仲のいい親友にだけ整形のことを打ち明けているのですが、親友いわく「あきらかに失敗した一回をのぞけばあとはさほどへんだとは思わない」そうです。
ですが、自分の中では他の2回の手術も納得はいっていません。
自分の美意識が高すぎるだけなのかもしれませんが。
でも「ライフクリニック エラ削り」の記事をきっかけにこちらのブログを知って、自身の容姿や美容整形について強いこだわりを持っている人が自分の他にもたくさんいることを知り少し安心しました。
そして、ようやく信頼できそうなブログを見つけられたと思っています。
自分は外見や見た目に強いこだわりを持っているので、今までに3回も手術を受けていますが、ただのべつ幕なしに美容整形を繰り返しているわけではなく、一回一回、その箇所にベストな美容外科や美容外科医をリサーチしてチョイスしているつもりです。
自分が考え得る最高の名医の手にかかり、それでも思うような結果にならないので、これが日本の技術の限界か、今の美容整形医療の限界なのかとあきらめかけていました。
しかし、ライフクリニック エラ削りなどの記事を読んでこちらのブログの存在に出会い、やはり自分はまだ最高の名医に出会えていなかったのだということが分かりました。
名医を自分でリサーチするといっても、自分は医者じゃないし医療の世界に携わる人間じゃないし、やはり一介の人間がいくら自力で一生懸命探してみたところで本当の名医にはたどりつけないのではないかとさえ感じました。
もっと早くにこちらのブログを見つけライフクリニック エラ削りなどの記事を読みたかったです。
そうしたら、3回受けた手術も間違いなく今よりより自分の理想に近い形に仕上がっていただろうにと思います。
より美しくなることにこだわって、ここ数年美容整形について高い関心を持ってきたせいか、電車などに乗っていたり、店に入ったりしても美容整形を受けている人ややっている箇所が分かるようになってきました。
とくに、レディースのアパレルの店員は整形している率が高いように感じます。
アパレルの店員をやるだけあって美意識が高いからなのか、化粧も濃いけどけっこう顔もいじっていると思います。
整形は自分もしているし、美容整形という手段を用いて美を手に入れようとする人にたいしてどうのこうのいう気はまったくありませんが、このように街で見かける整形済みの人のほとんどが成功とはいえない手術をしていると感じるんです。
そもそも、「この人、整形してる」と感じさせる時点で成功とは呼べませんよね。ナチュラルじゃないってことですから。
この人たちにライフクリニック エラ削りを含むこのブログの記事を読ませてやりたいと一人で悶絶したりします。とにかく、ライフクリニック エラ削りなどの記事を見つけたおかげでこれからは納得いく美容整形手術を受けられそうでうれしいです。

<**さん>私は、特に醜い容姿ではありませんが、美容整形でより美しくなりたいと考えています。
整形と一口にいっても、ものすごくたくさんの種類があるんですね。
「ライフクリニック エラ削り」などの寄稿記事を読んでいても私の知らない手術名もたくさんあっておどろきました。
そんな手術方法があるんだ!と驚いたものもいくつかありました。
私はきれいになるためならなんだってやりたいのですが、家族や友達で整形に賛成してくれる人はいないんです。
「整形なんて必要ないじゃん!」
といわれます。
でも私は女に生まれたからには最高にきれいになりたいんです。
まぁまぁ美人、なんてつまらないでしょ?(笑)
みんな整形のこと悪く言いますが、自分で稼いだお金で安全な病院でやるなら一向にかまわないと思うんです。
服やかばんにお金をつぎ込む人もいれば、まんがやアニメに情熱を注ぎ込む人もいる。
私の場合はそれが美容なんです。
そして美容整形はその一つの手段にすぎません。
ライフクリニック エラ削りなどの寄稿記事の中には私と似たような考え方の人がいて共感できてうれしかったです。
美容整形を受ける人は平均以上の外見の人の方が多いという情報が載っている記事もありました。
最近はもっぱら、美容整形に関する情報収集をしているのですが、このブログはライフクリニック エラ削りなどについての情報をいくつも見ることができるからいいですね。
寄稿記事を全部読めば(←記事数が多く無理ですが)一通りの整形情報を網羅しているので、ちょっとした情報通になれますし。
クリニックのサイトだと、良いことしか書かれていないことも多かったりして、一側面的な捉え方の記述が多いものもあるし、情報が偏ったり、情報の客観性を欠いてしまう可能性があると思うんです。
その点、このブログは、いろいろな考えの人の視点にたって読めるし、ライフクリニック エラ削りなどの寄稿記事もそうですが、様々な捉え方をした記事を載せているので複合的に、総合的に判断しやすくかなり重宝しています。
美容整形を安全に受けるためにもメリットとデメリットはきちんと把握しておきたいと思っているので、いろんな人の意見を読んで総合的に判断して受ける手術を絞り込みたいと思っています。

<**さん>ぼくは整形をするにあたって、「ライフクリニック エラ削り」などの寄稿記事にとても助けられました。
高校二年の男です。
自分の見た目が大嫌いです。
お笑い芸人の○○に似ているとよくからかわれます。
中学のころからずっといつか整形するんだと決めていました。
高校に入ったらすぐに整形したいと思っていましたが、ライフクリニック エラ削りなどの寄稿記事を読んで大学生になって完全に身体の成長が止まってからにしたほうがベストだということがわかりました。
なので悔しいけどもうすこしの我慢です。
それに整形の費用は自分で稼ぎたいのでどっちみち今すぐにというのは無理です。
うちの母親は若い頃に美容整形をしたことがあるらしいのですが、失敗して傷跡が残ってしまったらしく、ぼくの整形にもはじめは固く反対していました。
でも昔より確実に美容整形の技術は進化しているはずだし、安全で上手な美容外科を選べば絶対に成功できるとぼくは思いました。
未成年の整形の場合は、親の同伴が必要だったり親の同意書が必要になる場合があるとライフクリニック エラ削りなどの寄稿記事から情報を得たので、これは母親を説得しなければいけないなと思いました。
なので、ここのブログを見せて、ライフクリニック エラ削りなどや他の記事も読んでもらって、絶対に大丈夫だから、手術の前によく検査してもらって心配ならカウンセリングに付いてきてもいいから、と説得して、術前のカウンセリングや検査に同伴すること、母が危険だと思ったら手術を受けるのをやめることを条件に今のところOKをもらっています。
でもライフクリニック エラ削りなどの寄稿記事を読んで、昔とは美容医療も相当変わったことが分かったらしく、「お母さんもついでに相談してみようかな~」とむしろ母の方が整形に強い関心を持ちつつあります。
なので、高校を卒業したら親子そろって手術するかもしれません(笑)
父は美容整形に偏見のない人なので、確実に安全なのであれば好きにしなさい、といった感じ。
このまま順調にいけばあと一年ちょっとで念願の整形ができます。
その日がいまからとても待ち遠しいです。

<**さん>「ライフクリニック エラ削り」などの記事を読んでこれからの人生を生きていく希望が持てました。
大げさな言い方と思われるかわしれませんが、それほど私は外見のことで深刻に悩んできました。
女に生まれながらどうしようもなくにひどい容姿で、幼少の頃はまだましだったのですが中学高校と成長するにつれどんどんひどくなり親族が不憫がるほど。
親戚の法事の席で「あの子は嫁入り先に苦労するからなんとかしてやらにゃならん」と叔父たちにささやかれるほどひどい容姿でした。
ライフクリニック エラ削りなどの寄稿記事を書かれた読者の方たちの中には外見のせいでひどいいじめを経験した方が多くいらしたのが印象的でした。
私は過疎の田舎に生まれ子供の数が少なかったからか、学校では皆兄弟のように仲がよく外見のことでいじめられることはありませんでした。
ただ、「ブス!」などと露骨な言葉を投げかけられることはありましたが、さほど気にもなりませんでした。
私が劣等感を抱き始めたのは進学のために上京してきてからです。
東京の大学なのですが、モデルや芸能人の様にかわいくておしゃれな子が多くて驚きました。
自分とは別の星に生まれたのではないかと思うくらい。
私もはじめはがんばって東京に染まろうとファッションなど勉強しておしゃれな格好をしてみましたが、どうにもおかしいんです。
自分では完璧な流行のコーデで学校に行った時の周りの反応、サークルの先輩や同期が私と接するときの態度、特にひどいことを言われたり無視されたりするわけではありませんが、どこか冷ややかというか。あなたみたいなイケてないブスが私たちの仲間に加わろうとしないでね、と無言で言われているような気分になりました。
毎日学校に行くたびたまらない気持ちになり、自分なんて存在する価値がないのではとまで思い悩むようになりました。
この頃から美容整形を考えるようになり、見つけたのがライフクリニック エラ削りの記事でした。
そして他の読者の方の投稿も読みました。
外見のことでこんな思いをしているのは私だけじゃないんだ、そして美容整形できれいに生まれ変わることができるかもしれない・・!
この希望がどれだけ私を支え励ましてくれたことか。
来月いよいよ手術を受けます。
初めてのことで緊張はしますが迷いはありません。
ライフクリニック エラ削りを含むの寄稿記事の中には私と同じ手術を受けた方も何人かいらして、手術のことやダウンタイム中このと、術後の経過などを書いてくれていたので安心して手術にのぞめます。
きれいになれるのがとてもとても楽しみです。