コムロ美容外科 エラ削り

■コムロ美容外科 エラ削り
コムロ美容外科は東京銀座院、大分院、宮崎院があります。
秋割など、時期によって割引価格で手術が受けられるキャンペーンなども行っています。

■エラ削り 失敗(Theme-コムロ美容外科 エラ削り)
エラ削りは美容整形手術の中でも特に高度な技術が求められます。
もし失敗しまうと修正手術・再手術が大変困難なだけではなく、顔の痺れや麻痺、咀嚼困難などの後遺症が一生残ってしまう可能性もあります。
エラ削りをするに当たっては形成外科全般にわたる幅広い知識と経験を持ち、顔面の骨切り術の経験豊富な医師を選択すべきです。
また、エラ削りは全身麻酔下で行われる輪郭形成手術なので数日の入院が必要になります。
入院設備の整った術後の安全管理ができる病院を選択することも重要になります。

■エラ削り 費用(Theme-コムロ美容外科 エラ削り)
エラ削りの費用は各クリニックにより70万~170万と大きく異なりますが、日本での平均価格は120万円前後といわれています。

■エラ削りたい(Theme-コムロ美容外科 エラ削り)
エラ削りはエラの張りが気になる、顔が四角いのを治したい、角張った輪郭をなんとかしたい、顔の横幅を減らしたい、丸顔にしたい、シャープな顎に整えたい、小顔にしたいといった方に適応します。

■エラ削り 整形(Theme-コムロ美容外科 エラ削り)
エラ削りは正式には下顎角形成と言われる美容整形です。
下顎骨の一部を除去しフェイスラインを整えることで、エラ張りを解消し美しい小顔を目指します。
口内から切開を行う口内法が主流ですが、エラの裏(あごの下)の目立たないところを切開して行う口外法で治療に当たるクリニックもあります。
口内法のメリットとしては、口の中を切開するため顔の表面に傷が残らないことと、骨を大きく切る事が可能なことです。
逆にデメリットとしては、腫れが強く出やすく、比較的長いダウンタイムが必要になることです。
口外法のメリットとしては、口内法に比べて腫れや痛みが軽いこと、ダウンタイムが短いことなどが挙げられます。
逆にデメリットとしては、顔表面に残る傷を極力小さくするために1~1.5㎝程度の切開口から手術を行うため大きく骨を切って形を整える事は出来ません。
傷口は目立ちにくいとはいえ、やはりうっすらと残ってしまいます。
また、エラ削りもクリニックにより手法が異なり、下顎角(エラの部分)だけ切り落とす美容外科、外板切除を行うクリニック、筋肉組織まで除去する美容外科、といろいろあります。

■エラ削り 腫れ(Theme-コムロ美容外科 エラ削り)
エラ削りの腫れは術後2~3 日目をピークに徐々に引いていきます。
エラ削りの手術後は目立つ腫れが約2 週間ほど続きます。
そこから多少むくみが感じられる状態に落ち着き、完全にむくみが取れるまでに3ヶ月~6ヶ月ほどかかります。

■エラ削り 痛い(Theme-コムロ美容外科 エラ削り)
エラ削りは骨を削る手術なのでとても痛いのではないかと心配される方が多くいますが、全身麻酔下での手術ですので眠っている間に手術が終了し痛みを感じることはありません。
術後の痛みに関しては歯茎が腫れたような鈍痛を感じることがありますが、鎮痛剤などでコントロールします。

■エラ削り 効果(Theme-コムロ美容外科 エラ削り)
エラ削りによりエラの張りを半永久的に改善することができます。
エラ張りに対してはエラボトックス注射などのプチ整形の治療法もありますが、大きな効果がない上に、すぐに後戻りしてしまうという欠点があります。
エラ削りは下顎骨の骨自体を削るので後戻りしてしまうという心配はありません。
また、エラ削りは下顎角(エラ)だけでなく下顎骨全体にアプローチするため、エラが目立たなくなるだけではなく、顔の横幅を細くしシャープな小顔を作ることが可能です。

■エラ削り メリット(Theme-コムロ美容外科 エラ削り)
エラ削りは骨自体にアプローチするため、一度手術を行えば半永久的に効果が続き後戻りすることはありません。
また、口腔内から切開するため、傷跡が顔の表面に残りません。

■エラ削り デメリット(Theme-コムロ美容外科 エラ削り)
骨を削ったり切ったりするため、一度失敗すると修正が困難になります。
また顔全体のバランスを考えて削らないとかえって顔が大きく見えてしまったり、他のパーツが目立ち不自然な顔立ちになってしまう可能性もあります。
また、骨にアプローチするため、腫れが大きくダウンタイムも長くかかる傾向にあります。

■エラ削り 麻酔(Theme-コムロ美容外科 エラ削り)
エラ削りは骨削りの手術なので全身麻酔で行います。
ちなみに麻酔の種類としては全身麻酔の他にも、静脈麻酔、表面麻酔、硬膜外麻酔、クリーム麻酔、笑気ガス麻酔などがあります。

■エラ削り 手術時間(Theme-コムロ美容外科 エラ削り)
手術法にもよりますが、約1.5~2時間です。

■エラ削り 入院(Theme-コムロ美容外科 エラ削り)
エラ削りの術後は医師が常駐している施設に入院が必要になります。
入院期間は通常1~3日です。
早く腫れを引かせダウンタイムを短くするためにも万全の医療体制のもとアフターケアを十分に受けることが大切です。

■エラ削り 日帰り(Theme-コムロ美容外科 エラ削り)
まれに日帰りでエラ削りの手術を行う病院もありますが、これは危険な行為と言わざるをえません。
エラ削り術後は気道周囲の腫れが強く出るため、気道が閉塞して呼吸ができなってしまうことが稀にあります。
実際に輪郭の美容整形の手術後に気道が閉塞し窒息死に至ったケースもあります。
窒息するほどの腫れは、手術当日~翌朝にかけて起こることがほとんどです。
そのため術後1~2日間は医師が常駐している施設に入院し体調管理を受けるべきです。
入院していれば、万が一術後に気道閉塞しても緊急で医師が気管内挿管などを行い、事故を防ぐことができます。

■エラ削り 手術後 経過(Theme-コムロ美容外科 エラ削り)
術後、麻酔から覚めるとドレーンという血抜きの管につながれた状態であることがあります。
これは血が溜たまることを予防し回復を早めるためです。
通常、手術の翌日に抜去します。
エラ削りの手術後は目立つ腫れが約2 週間ほど続きます。
腫れのピークは2~3 日目くらいでそこから徐々に引いていきます。
また、内出血がみられ皮膚が紫色や黄色になることもあります。
これは手術操作によって細かい血管が傷つき、皮膚の下で出血たためです。
内出血も2 週間程度で消失しますので心配いりません。
口の中の傷を縫合した糸は10日~14日後に抜糸します。
口外法でアゴ下や耳の後ろの皮膚を切開した場合は1週間ほどで抜糸します。
また、洗顔、シャワー、入浴についてですが、シャワーのみであれば首から下は手術翌日から可能です。
顔や頭部から上はドレーン抜去の翌日から濡らして大丈夫です。
しかし、入浴は血流をよくするので痛みが強くでる可能性があるため、術後一週間は控えたほうがいいでしょう。
メイクはドレーン抜去の翌日から、傷口をさけて可能です。
歯磨きに関しては手術翌日から可能ですが、やわらかい歯ブラシから始め傷に直接当たらないよう注意してください。
また、毎日消毒液を使用してよくうがいをして口腔内を清潔に保ちます。
術後の食事に関してですが、手術当日、もしくは翌日からおかゆなどやわらかいものからはじめます。そして徐々に普通食に近づけていきます。
約1~2 週間は熱いもの、刺激のあるもの、堅いものは控えて下さい。
退院後の通院は通常術後1週間目、術後2週間目(抜糸)、3ヶ月目、6ヶ月目となります。
腫れがひいたあともむくみが3ヶ月~6ヶ月ほど続きます。
これは他人からみてさほど目立つようなむくみではありません。
自分で少し違和感を持つ程度のむくみです。
エラ削りの完成は約6 ヶ月といわれています。

■エラ削り 内出血(Theme-コムロ美容外科 エラ削り)
エラ削りの内出血に関しては、術後に皮膚が紫色や黄色に変色する内出血がみられる場合がありますが2 週間程度で消失します。

■エラ削り 痺れ(Theme-コムロ美容外科 エラ削り)
エラ削りの痺れについては、手術時に知覚神経の近くを触る必要がある影響で術後しばらくは口周り、唇、あごのあたりに知覚の麻痺やしびれがおこることがあります。
通常、これらの症状は3~6ヶ月で消失します。
しかし、神経を傷つけてしまったり大きく負担をかけてしまった場合、まれに感覚が完全に元に戻らないこともあるので注意が必要です。

■エラ削り 傷跡(Theme-コムロ美容外科 エラ削り)
口内法の場合は口の中を切開するため顔の正面に傷は残りません。
口腔内の傷も大きく口を開けても見えない位置ですし、口の粘膜は回復が早いためこの傷痕もやがて細い白い線のようになり気づかないうちにほとんど消えてしまいます。
口外法の場合、エラの裏側(顎の下)を切開して行うので傷痕がしばらく残ります。
この傷も徐々に目立ちにくくなって行きますが、うっすらと残ってしまうケースも多いです。

■エラ削り アフターケア(Theme-コムロ美容外科 エラ削り)
術後、ドレーンを装着し血が溜たまることを予防し回復を早めます。
また、骨の固定と腫れ予防の役割を兼ねてフェイスマスク、バンテージなどを術後しばらくの間装着します。
フェイスバンテージは1週間ほどで取れます。
医師によってははじめの3日だけ装着し、あとは一日数時間のみの装着を指示されることもあります。
エラ削りの術後のアフターケアとしてはダウンタイム期間に痛みのある方はアイスパックや冷えたタオルなどで冷やす事で痛みの軽減につながります。
もちろん、クリニックから痛み止めとして鎮痛剤を処方されますので医師の指示に従いそれも服用します。
スポーツなどの激しい運動は最低でも一ヶ月は控えるようにしてください。
それと、エラ削りの術後は開口訓練が必要になります。
術後はしばらく切った骨を固定している状態なのであまり大きく口が開かなくなってしまいます。
初めのうちは人に会って会話するのも難しく感じるくらいです。
開口を大きくするために、毎日口を大きく開くリハビリをすることで仕上がりも変わってきます。
開口訓練を面倒がる方もいますが、医師の指示に従いしっかりとリハビリをしましょう。

■エラ削り 芸能人(Theme-コムロ美容外科 エラ削り)
男女問わず俳優や女優、モデルやアイドル、歌手やアーティストの中にはエラ削りをしたとうわさされている方が何人かいますね。
例を出すなら、元AKB48の前田敦子さん、田丸麻紀さん、栗山千明さん、熊田曜子さん、綾瀬はるかさん、有村架純さんなどです。
まれに、はるな愛さんなどのように自らエラ削りしたとカミングアウトさせる方もいますがふつうは仮にエラ削りをしていたのだとしてもそれは秘密にしておきたいものですよね。
「○○さんはエラ削りしています。」なんてこのブログ上で発言することはできませんが、小顔であたりまえ、美男美女で当たり前の芸能界にあってはエラ削りなどの美容整形で美を手に入れたくなる気持ちもわかります。

■エラ削り モニター(Theme-コムロ美容外科 エラ削り)
エラ削りは比較的高額な手術ですのでコスト面を考えて美容整形モニターを利用したいと考えている方もいるでしょう。
モニターになれば、通常の30%〜80%オフの料金で施術を受けられたり、中には無料で治療できることもあります。
現時点で、エラ削りのモニターを募集しているクリニックは湘南美容外科、横浜エーブクリニック、こいずみ形成クリニック、ガーデンクリニック、品川美容外科などがあります。
モニター募集の情報は、クリニックの公式ホームページやフリーペーパー、雑誌の広告などに掲載されています。
美容整形モニターは、後からクリニックの広告に利用する前提で割引が受けられる制度です。HPや雑誌への顔写真の掲載、TVへの出演、体験談や施術後の感想が、実名で公表される場合もあります。
顔写真の掲載も、施術を受けた部位だけのケース、顔全体の写真が掲載されるケース、目に黒い帯やモザイクを入れるケース、術部以外にぼかしを入れるケースなど様々です。
一度インターネットに載るということは半永久的に完全削除が難しいと考えるべきです。
特に家族や身内に美容整形手術を受けたことを知られたくないという方は、この点をじっくりと考えてからモニターに応募するようにしてください。
合わせてフルネームでの掲載、実年齢などの個人情報をどの程度公表するかは、クリニックに問い合わせ事前に細かく確認しましょう。
また応募したからといってすべての人がモニターになれるわけではありません。
応募後、クリニック側の審査を経てこの人には当院のモニターになってほしいという方が選ばれます。また、手術自体は無料や格安で受けられても、アフターケアやメンテナンスに高額の費用がかかる可能性もあります。術後のケアの取り扱いについても必ず確認するようにしてください。

■エラ削り 2ちゃんねる(Theme-コムロ美容外科 エラ削り)
ネット上というのはいわば誰もが匿名で投稿できる無法地帯です。
とくに2ちゃんねるは「痰壷」と揶揄されるように、色々な人が暇つぶしとして、また鬱憤晴らしとして利用しているツールです。
2ちゃんねるやその他掲示板ではエラ削りのスレッドや各美容外科ごとのスレが立っていたりして、手術経験者を名乗る人たちが体験談をカキコんだり、感想や批評を言い合ったりしていますが、所詮は痰壷。その内容を真剣に参考にするのはおすすめできません。
暇つぶし、鬱憤晴らし程度の情報として受け止めたほうが賢明です。

■エラ削り ランキング(Theme-コムロ美容外科 エラ削り)
ネット上には「エラ削りの上手な美容外科ランキング」、「エラ削りの体験者による口コミランキング」なるサイトがいくつも見られます。
管理人は個人的にはそれらはほぼまったく参考にする価値はないと思っています。
ネット上には誰しもが自由にサイトを作れますから、例えばAクリニックが集客目的で「エラ削りの上手な美容外科ランキング」というサイトを作成し、その1位にAクリニックの名前を書くことができますし、「エラ削りの体験者による口コミランキング」を作り『Aクリニックで成功してきれいになれました☆』、ライバル院のB美容外科に対しては『B美容外科でエラ削りして失敗された!』なんて”体験談”を書くことだってできてしまうからです。
もちろん、中には本当にエラ削りの手術を体験した方々によるランキングサイトもあるでしょうが、いずれにしてもそれらの情報を鵜呑みにするべきではありません。

■エラ削り 術前検査(Theme-コムロ美容外科 エラ削り)
エラ削りと一口にいっても、ほぼ下顎骨全体の骨をバランスよく整えていく必要があります。そのためにはセファログラム(顔面の規格レントゲン写真)やCTを撮影し、様々な骨の角度を計測して、どの部分をどの程度切除するかを医師と患者で話し合いながら決定していきます。
美容外科によっては様々な角度から見た手術後のイメージをソフトウェアによるシュミレーションを用いて説明する場合もあります。
他にも術前検査として、頭部X線検査、パノラマ撮影、胸部X線検査、心電図、各種血液検査などを行います。
手術中の出血に備えて自己輸血のために採血をしておくクリニックもあります。
また、エラ削り術後の神経麻痺、痺れなどの後遺症のリスクを防ぐためにも術前検査でオトガイ神経管の位置の確認をしておくことが重要になります。

■エラ削り ローン(Theme-コムロ美容外科 エラ削り)
美容整形には健康保険は適応されないので、どうしても費用が高額になってしまいます。
ことにエラ削りは120万円が相場という高額な手術です。
少しずつ貯金し一括で支払う方もいますが、整形ローンを利用する方も多くいるようです。
美容整形のためにお金を借りるには様々な種類のローンがあります。
・病院が提携している医療ローン・メディカルローン
病院に貸してもらうのではなく、病院と提携しているクレジット会社との契約になります。
術前カウンセリングの際に病院に紹介されて利用する方がおおい多目的フリーローンです。フリーローンということは、早く返済すれば返済するほど払う金利を押さえる事ができるといわれています。その多くは信販系ですが、美容整形のフリーローンは利率が高めな事が多いようなので注意が必要です。
また、最近では医療ローンは非常に審査が厳しくなってきているので審査に通過することが難しいかもしれません。
・消費者金融系のカードローン
消費者金融で有名どころはアコム、レイク、プロミスあたりでしょうか?
よくCMでも見かけるのでご存じの方も多いと思います。
これらの消費者金融を利用してカードローンを借りてそれを整形の資金にまわすこともできます。医療ローンと消費者金融系の金利はそこまで差がないといわれていますが、消費者金融系でローンを組むメリットは無利息期間があることです。無利息期間内での早めの返済が可能な見込みであれば消費者金融でキャッシングする手もあります。
しかし、二重埋没などの目の整形やプチ整形などの数万円~10万円程度の比較的安価な
美容整形なら無利息期間内で返済が可能かもしれませんが、100万円以上するエラ削りとあってはあまり賢い方法とはいえないかもしれません。
・銀行系のカードローン
銀行カードローンは低金利でお得です。
信販系の整形ローンと比較するとかなり安いですが審査もやはり厳しいです。
しかし、銀行ローンは総量規制の対象外なので、収入がない専業主婦の方でも夫にきちんと収入があればキャッシングは可能です。
整形医療ローンの審査に通らないという方で銀行カードローンを選択される方も中にはいらっしゃいます。
また、最近なにかと話題のリボ払いには特に注意が必要です。
利息分しか返済できずいつまでたっても借金の元金が減らないという事態に発展する方も少なくありません。
いずれにしても、やはり美容整形には精神的にも経済的にもある程度の余裕を持って挑んでほしいものだと思います。
ローンを組んで整形し、失敗してしまって修正手術のためにまたローンを組み、それでも気に入らなくて・・という美容整形依存症&借金地獄に陥って人生を台無しにすることがないように、エラ削りは十分に余裕のある計画を立てて行うべきです。

■エラ削りと相性が良い手術(Theme-コムロ美容外科 エラ削り)
エラ削りとセットで頬骨削りも行う方がたびたびいます。
なぜかというと、エラ削りをしてエラの張りがなくなり下顎の幅がスリムになった結果、今まで気にならなかった頬骨が目立つようになってしまったと感じられるケースがあるためです。
また、より小顔で理想の輪郭を手に入れるためにエラ削りとセットで顎削りなどの顎の手術をされる方もいらっしゃいます。

■エラ削りをやっているとされる主なクリニック一覧(Theme-コムロ美容外科 エラ削り)
アーティスクリニック、アイルクリニック、アネシス美容クリニック、ヴェリィ美容形成クリニック、ヴェリテクリニック、恵比寿ASクリニック、大塚美容形成外科歯科、ガーデンクリニック、共立美容外科歯科、クリニカ市ヶ谷、慶友形成クリニック、こいずみ形成クリニック、小木曽クリニック、コムロ美容外科、酒井形成外科、サラ美容外科、自由が丘クリニック、十仁美容整形、湘南美容外科クリニック、しらゆりビューティークリニック、城本クリニック、タウン形成外科クリニック、高須クリニック、タカナシクリニック、東京イセアクリニック、東京美容外科、ドクターゴールドマンクリニック、名古屋形成クリニック、名古屋中央クリニック、百人町アルファクリニック、プリモ麻布十番クリニック、真崎医院、松林景一美容クリニック天神、南クリニック、ヤスミクリニック、横浜エーブクリニック、ライフクリニック、ラ・クリニカシズオカ、リッツ美容外科、リラ・クラニオフェイシャル・クリニック、ID美容外科、BKトンヤン美容外科

■エラ削りをやっているとされる主な美容外科医一覧/敬称略(Theme-コムロ美容外科 エラ削り)
濱田英之輔、西田雅史、水野力、清水隆司、福田慶三、浅古寛、阪田和明、半田俊哉、丸山直樹、久次米秋人、倉片優、蘇雅宏、小泉正樹、小木曽祐一、小室好一、酒井倫明、三宅秀典、中北信昭、梅澤文彦、奥田宗央、伊藤孝明、酒井直彦、石原信浩、高須幹弥、髙梨真教、吉種克之、麻生泰、高橋金男、上敏明、与座聰、大場教弘、真崎信行、松林景一、南晴洋、木村知史、阿部聖孝、勝間田宏、武中暁、広比利次、菅原康志、パク・サンフン、クム・インソプ

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

■エラ削りに類似する手術
エラ切り、エラ骨削り、エラ骨切り、咬筋切除、バッカルファット除去、Vライン形成、エラ除去手術、外板切除術、エラ形成、エラ縮小手術、下顎角骨切り術、下顎骨形成等。

■エラ削り 各都道府県一覧
現在では、エラ削りをやっているクリニックを含め美容外科専門の診療所は日本国内に1000件以上存在すると推定されています。それらの美容外科は下記のように日本全国、北海道~四国~九州まで、そして各都道府県にあります。特に県庁所在地のあるような大きな都市に集中している傾向が見られます。
また、下記のような海外での美容整形も近年人気を集めています。
今後、エラ削りを行っているクリニックの一覧を地域別に詳しく表記しようと考えています。現在、作成中ですので今しばらくお待ちください。

北海道(札幌・函館・旭川)/青森/岩手(盛岡)/宮城(仙台)/秋田/山形/福島/茨城(水戸)/栃木(宇都宮)/群馬(前橋)/埼玉/千葉/東京/神奈川(横浜)/新潟/富山/石川(金沢)/福井/山梨(甲府)/長野/岐阜/静岡/愛知(名古屋)/三重(津)/滋賀(大津)/京都/大阪/兵庫(神戸)/奈良/和歌山/鳥取/島根(松江)/岡山/広島/山口/徳島/香川(高松)/愛媛(松山)/高知/福岡(博多)/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島/沖縄(那覇)

・韓国(ソウル市江南-カンナム-区新沙洞-シンサドン-他)
・タイ(バンコク、プーケット他)

■コムロ美容外科 エラ削り・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成している部分があります。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「コムロ美容外科 エラ削り」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「コムロ美容外科 エラ削り」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

<**さん>長い間自分の容姿のことで悩んできました。
「コムロ美容外科 エラ削り」の記事を見つけて読んだことがきっかけでこちらのブログを知り、先日手術を無事に終えることができました。
私は高校生の頃から整形したいという思いがあって、その頃から美容整形についてネットで検索したりしていました。
しかし、実際に踏み出す勇気はなく、しかも美容整形はどれも高額なのでまだ学生の私にはそんなお金があるはずがなく、ただ美容整形をしたらこんなふうになれるかも、あんなふうになれるかも、想像して憧れているだけでした。
もし、この頃にコムロ美容外科 エラ削りの記事を見つけてこのブログの存在を知っていたら、親に借金してでも美容整形に踏み切っていたかもしれません(笑)
しかし私はそのまま大学にあがり、大学生の頃に息子を授かり出産。
結婚はしませんでしたので、女手一つで息子を育てました。
現在、息子は高校生。
まだまだこれから学費はかかりますが、ひとまず手はかからなくなり、自分と向き合う時間が増えました。
思いがけなく早いスピードで母親になってしまった私には青春というものがほとんどありませんでした。
同年代の子がおしゃれして合コンにデートにと楽しんでいるときに子育てとお金を稼ぐための仕事でいっぱいいっぱいでしたから。
そして今になりもう一度女としてきれいになりたい、輝きたいという気持ちが芽生えました。
美容整形について改めて検索し始めてコムロ美容外科 エラ削りの記事を見つけて、その他の寄稿記事も拝見しました。
この年齢で美容整形となるとリスクなども多いのではないかと心配していましたが、コムロ美容外科 エラ削りなどの記事を投稿された読者の方の中には、私よりも年配の方も多く、術前にドクターをよく話し合えば、年齢を重ねてからの美容整形でも安心して任せられるのだと感じました。
高校生の息子にもありのままを話そうと思い、美容整形を受けようと決意したことを話すと反抗期真っ盛りの息子は少し驚いた様子でしたが「いいんじゃない?」と一言。
手術当日にはラインで応援スタンプまで送ってくれました(笑)
手術は無事に済み、仕上がりには大変満足しています。
コムロ美容外科 エラ削りの記事を見つけたおかげで20年越しの念願の手術に踏み切れて本当にうれしいです。
青春期のなかった私がもう一度女としての気持ちを取り戻せたような気がしています。
最近、まわりから気のせいかも知れませんが「きれいになったね」「若返ったんじゃない?」といわれることが増えました。
「きれい」なんて人から言われたの、何年ぶりだろう。
女を幸せにする魔法の言葉ですね!

<**さん>「コムロ美容外科 エラ削り」の記事を含むこちらのブログの寄稿記事に救われました。
それまでは外見について四六時中悩んだり、美容整形なんて考えているのは自分だけだと思っていたから。
でもコムロ美容外科 エラ削りなどの寄稿記事を読んで、僕のほかにも容姿のせいで苦労してきた人がたくさんいること、みんなが美容整形についてまじめに考えていることが分かって本当に心が救われた。
僕は小さい頃からとても不細工な顔でした。
でも、一人っ子だったのもあって、両親や祖父母たちからは「かわいい」「かっこいい」と散々褒められて育ったので10歳くらいになるまで自分が醜いとは思っていませんでした。
しかし、この頃から学校で「キモイ」とか「ブサイク」とかいわれるようになりました。
とくに女子からのいじめはひどくて、声をかけても無視されたり、僕に触ると「○○菌がうつった!」といって騒がれたりしてとても辛かったです。
中学、高校になるにしたがっていじめはエスカレートしてある男子グループからは暴行されたり万引きしてくるよう強要されたりするようになりました。
高校2年のときについに学校へいけなくなり、家に引きこもるようになりました。
中学生のころに実は一度美容整形を受けようとしてインターネットで調べたことがありました。
そのときはまだ、コムロ美容外科 エラ削りなどの寄稿記事は見つけられず、たまたま見つけたどこかの美容外科で手術を受けようとして、母に相談したら「美容整形なんてとんでもない!」と大反対されてしまいました。
そしてその晩、母が父にそのことを話したらしく、「親にもらった顔を整形なんて」とものすごく怒られました。
父は昔気質の厳しい人なので男が容姿のことで悩むなんて女々しい、そんなふうだから学校でもバカにされるんだといわれ、もう絶対に両親に相談するのはやめようと心に誓いました。
家にひきこもるようになって、自分には生きている価値さえないと思い自殺を図ったこともあります。
ですが勇気がなくて死にきれず、ただ鬱々と過ごす日々。
そんな自分を見かねたのか、母がある日、母のPCからぼくのPCにメールでこのブログのURLを送ってくれました。
きっとぼくのためにいろいろ調べてくれたのだと思います。
そしてコムロ美容外科 エラ削りを含む寄稿記事を読んで、他にも外見のことで深く傷つき悩んでいる人がたくさんいること、自分の頭がおかしいわけではなかったと気づくことができました。
母に改めて美容整形をして自分の人生を変えたいと話すと、「お父さんはお母さんが説得してあげるから相談してみなさい」といってくれ、先日の相談メールに至りました。
父とは今でも直接は話せていませんが、「安全に手術できるならいくらでも出してやれ」と母に言ったようです。
美容整形を必ず成功させて人生をやりなおしたいです。
そして両親にかならず恩返しします。
管理人さん、親身に相談に乗ってくださりとても感謝しています。
そして、コムロ美容外科 エラ削りを含む記事を投稿してくださった方たちにも感謝しています。
自分も手術が成功したら体験談を投稿したいと思っています。
ありがとうございました。

<**さん>先月、長年の念願だった美容整形手術を無事に終えることができました。
ぼくは今回が美容整形手術を受けるのが初めてでまったく知識がありませんでした。
事前にネットなどで情報収集はしていたのですが、仕事の関係で長期の休みをとることが難しく、しかし自分はスポーツをしていたので人よりかなり体力のある方なので回復も早いだろうと過信し、ダウンタイムを2日しかとっていませんでした。
しかし、「コムロ美容外科 エラ削り」などの寄稿記事を読んで、いくらなんでもダウンタイムが2日しかないのは短すぎると気づくことができ、仕事を調節して長期の休みを獲得して手術に挑みました。
そして実際、術後は予想以上に身体に負担があり、通常の体力まで回復するのに時間がかかったのでダウンタイムを長めにとっておいたのはいい判断でした。
手術して3日目に出勤なんてとても無理でしたし、むしろ通常通り仕事ができなくて他のスタッフに迷惑をかけるところでした。
それに見た目的にも美容整形をうけたことがバレバレになってしまうと思いますし。
コムロ美容外科 エラ削りを含む寄稿記事はダウンタイムのこと以外でも大変参考になりました。
実際にぼくが受けた手術を体験した投稿者の方も体験談を寄せていたので、手術までに段取りしておくことや、治療の流れ、術後の経過などを把握しておくことができました。
また、美容整形業界のことをまったく知らなかった自分にとって、失敗談も成功話もどの投稿も興味深く拝読しました。
美容目的の自由診療という性質上、なかなかオープンに話せるテーマではないので、身近な人間との会話で美容整形のことなんて一度も話題にのぼったことがありません。
しかし、昨今、男性の間で爪磨きやネイルが流行っていることや、これは主にアメリカですが、ホワイトニングなどの歯の手入れが当たり前になっていることからみても、美容整形で外見を整えることがある意味でステイタスになる日も遠くないのではないかと思います。
男性の美容整形はやりようによってはこれから伸びてくる分野なのではないでしょうか。
ともかく、コムロ美容外科 エラ削りなどの寄稿記事のおかげで無事に手術を終え、より自分に自信が持てるようになりました。
ずっとコンプレックスに思っていた部分だったので、美容整形をうけるに至るまでにはかなり葛藤も大きく実際に手術を受けるまでに長い時間を要してしまいましたが、今では大変満足しています。
長くなりましたが、コムロ美容外科 エラ削りなどの寄稿記事は大変参考になったので一言お礼を言いたくメールを差し上げた次第です。

<**さん>「コムロ美容外科 エラ削り」などの寄稿記事を読んでこのサイトに出会い、来月手術をします。
手術前はさすがの私も不安になりますが、コムロ美容外科 エラ削りなどの寄稿記事に大変励まされています。
美容整形を決心したきっかけは失恋でした。
もともと自分の容姿に自信があるわけではありませんでしたが、美容整形を受けようと思い悩むほどでもありませんでした。
しかし、結婚をお互い意識しながら付き合っていた(はずの)彼から30歳の誕生日を目前にして「他に好きな人ができた」といって別れを切り出されました。
そしてその好きな相手というのが、綾瀬はるか似のグラドル体型の美人。。
この屈辱、分かります?
8年付き合って30歳目前に女をふるなんて最低過ぎます。
こっちは今から新しく恋愛して、交際して、結婚、出産にたどり着くまで何年かかるんだ?!そのときいくつになってるんだ?!それが女にとってどれだけのリスクか分かってるのか~?!
完全に怒り心頭でしたが、ある考えが頭に浮かびました。
美容整形を受けて絶対に彼が好きになった人よりきれいになって見返してやる!!
そして美容整形について調べ初めて見つけたのがコムロ美容外科 エラ削りの記事でした。
私は、単に復讐心だけから美容整形に踏み切ったわけではありません。
30歳を過ぎてからの婚活。
平凡な顔立ちより、美人であったほうがいい条件の人に出会えるに決まっています。
結婚は最終的には心が通い合わないといけないとおもいますが、そのチャンスを作る入り口はやっぱり外見が大きいと思うんです。
この都度の失恋を通しても痛感しました。
所詮、恋の始まりは容姿です。
男は結局、美人が好きなんです。
しかし、インターネットで美容整形に関することを検索すると、「成功してきれいになれた」などの明るい情報もあれば、「失敗して後遺症が残った」などの暗い情報もあったりで、整形するんだと勇んでいた私が、一時期整形手術を躊躇してしまいそうな気分にもなったりしました。
しかし、コムロ美容外科 エラ削りという寄稿記事をきっかけにこのブログに出会い、私の心は決まりました。
すでにカウンセリングはすませてあります。
予定通り上手くいけばかなり綺麗になれると思います。
綺麗になれることにワクワクしすぎて、裏切った彼のことなんかどうでもよくなってきたよどです。
そんな心ない人と一緒になっても幸せになれなかっただろうし。
綺麗になってもっと大きい幸せを必ずつかみ取ります。

<**さん>容姿にはもともと自信がありませんでしたが、付き合っていた人から別れ際に容姿のことで中傷されたのをきっかけに、醜形恐怖症といわれてもおかしくないほど自分の外見に対して過小評価するようになりました。
「コムロ美容外科 エラ削り」の記事を目にすることがなければ今では鬱になっていたか、美容整形地獄に陥っていたと思います。
コムロ美容外科 エラ削りの記事を読む前に、2回も美容整形を受けました。
家族や友達から「整形なんて絶対に必要ないよ!」と止められながらも聞く耳を持たず、立て続けに2回も受けて、どちらも成功とはいえない結果でしたがとくにうち一回の手術の結果かなりひどい後遺症が残ってしまいました。
ひどい後遺症が残ったにもかかわらず、2度の手術のローンが先3年分も残っているにもかかわらず、私はまだ「ここもおかしい」「ここも治したい」と美容整形中毒のような状態になってしまっていました。
そんな私を見兼ねた姉が美容整形についていろいろ検索してくれたらしく、ラインで「こんなサイトをみつけたよ」とコムロ美容外科 エラ削りなどの記事が載ったこのブログを教えてくれました。
そしてコムロ美容外科 エラ削りなどの記事を読んで、自分と同じく整形地獄に陥っている人や美容整形に失敗してしまった人、きれいになりたくて必死な人の投稿を読んでいるうちに不思議と気持ちが落ち着き、憑きものが取れたように冷静に自分の状況を見つめることができるようになりました。
ただ一方的に「美容整形なんてするな!」というのではなく私が自分で気づくように仕向けてくれた姉には感謝しても足りません。
姉がコムロ美容外科 エラ削りなどの記事を教えてくれなかったら、今頃どうなっていただろうと考えるとゾッとします。
今はこちらのブログを参考に修正手術をして後遺症が残ってしまった箇所だけ治したいと思っています。
美容整形は健全な意志を持って名医のもとで適切な治療を受けるなら一向にかまわないことなのだと思います。
しかし、私のように心が健康とはいえない状態で駆り立てられるように受けるのならやめたほうがいいと思います。
そういう状態のときは正しい判断ができないので誤って悪質なヤブ医者の手にかかりやすいですし。
名医のもとで適切な判断のもと治療を行っていれば、美容整形地獄に陥るなんてありえないことなんですね。
本当にコムロ美容外科 エラ削りなどの記事を読む機会を与えられてよかったと感じています。