ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入

■ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入
ガーデンクリニック池袋院は東京都豊島区南池袋2-26-6島倉ビル 3・4Fにある美容外科クリニックです。
ガーデンクリニック池袋院の主なドクターは、丸山直樹医師(池袋院院長)、柴田智一医師、徳田真紀子医師、上茂医師です。

■豊胸 脂肪注入(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
豊胸の脂肪注入法は、自身の脂肪を吸引し、その脂肪細胞をバストに注入することでバストアップ効果をねらう豊胸手術です。
自身の脂肪を吸引するので、脂肪採取部位の部分痩せも可能といわれています。
吸引した脂肪をそのままバストに利用するため、バッグ挿入による人工乳腺法の豊胸術など異物を入れることに抵抗のある方や、レントゲンにバッグが写ることが心配な方が選択されます。
近年では感触や動きがより自然なバストに近づくよう脂肪注入豊胸の仕上がりを追求するクリニックが増えており、バッグを入れている方がバッグを抜き取り、脂肪注入法で豊胸をしなおしたいと希望される方も多くいます。

■豊胸 脂肪注入 画像(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
美容外科の多くはクリニックのホームページに自院で脂肪注入豊胸の手術をした患者のBefore&Afterの症例画像を掲載しています。
中には撮影するバストの角度や照明などは同じ条件で、手術箇所の変化のみわかりやすいように撮影しているクリニックもありますが、美容外科の中には、脂肪注入豊胸術前のBefore画像は暗めの照明に貧乳に見える角度。脂肪注入豊胸術後のAfter画像はバストをつやつや輝かせ、照明もガンガンあたって全体的にバストが豊満に見える明るい画像を演出しているところもあります。
これでは肝心の術部の変化がよく分かりません。
さらに、脂肪注入豊胸の症例画像を含めBefore&Afterで劇的に変化しすぎている画像をよく見かけます。
近年の画像加工の技術の進歩は目覚ましいものがあります。
肌質を美しく整えるのはさることながら、一重の目を二重にしたり、黒目を大きくしたり、アイキャッチを入れて目をキラキラにみせたり、鼻筋を通したり、輪郭を調整して顔を小顔に見せたり、胸の大きさを盛って自然な谷間を作ったり、ウエストを細くしたり、足を長くしたり・・と画像加工だけで整形しないでも別人に見せられるレベルです。
実は美容外科の中には脂肪注入豊胸術後の症例画像に対してこの画像加工を施して術後の変化を強調しているクリニックも存在します。
例えば脂肪注入豊胸の手術なら術前の画像はより胸が貧弱で板のようなバストに見えるようように加工し、脂肪注入豊胸術後は実際以上にバストアップしてやわらかで自然な美しいバストができあがったように演出するというふうに・・。
もちろん、だからといってすべてのクリニックが症例画像を加工しているわけではありません。しかし、Before&Afterの症例画像を鵜呑みにして、脂肪注入豊胸をすれば同じような手術効果が得られると期待するのは少々安易な考えのように思います。

■豊胸 脂肪注入 モニター(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入豊胸は比較的高額な手術ですのでコスト面を考えて美容整形モニターを利用したいと考えている方もいるでしょう。
モニターになれば、通常の30%〜80%オフの料金で施術を受けられたり、中には無料で治療できることもあります。
現時点で、脂肪注入豊胸のモニターを募集しているクリニックは湘南美容外科(渋谷院・梅田院・池袋東口院)、聖心美容クリニック、渋谷美容外科、高須クリニックなどがあります。
モニター募集の情報は、クリニックの公式ホームページやフリーペーパー、雑誌の広告などに掲載されています。
美容整形モニターは、後からクリニックの広告に利用する前提で割引が受けられる制度です。HPや雑誌への写真の掲載、TVへの出演、体験談や施術後の感想が、実名で公表される場合もあります。
写真の掲載も、脂肪注入豊胸の施術を受けた部位だけのケース、顔まで入れた全身の写真が掲載されるケース、目に黒い帯やモザイクを入れるケース、術部以外にぼかしを入れるケースなど様々です。
脂肪注入豊胸の場合も含め、画像は一度インターネットに載るということは半永久的に完全削除が難しいと考えるべきです。
特に家族や身内に脂肪注入豊胸などの美容整形手術を受けたことを知られたくないという方は、この点をじっくりと考えてからモニターに応募するようにしてください。
合わせてフルネームでの掲載、実年齢などの個人情報をどの程度公表するかは、クリニックに問い合わせ事前に細かく確認しましょう。
また脂肪注入豊胸のモニターに応募したからといってすべての人がモニターになれるわけではありません。
応募後、クリニック側の審査を経てこの人には当院の脂肪注入豊胸のモニターになってほしいという方が選ばれます。また、手術自体は無料や格安で受けられても、アフターケアやメンテナンスに高額の費用がかかる可能性もあります。脂肪注入豊胸術後のケアの取り扱いについても必ず確認するようにしてください。

■豊胸 脂肪注入 安い(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
美容整形の中では脂肪注入豊胸は比較的高額な手術の部類に入るのでできるだけ安い費用のクリニックを選びたいと考えている方も多いようです。
しかし、脂肪注入豊胸の失敗に遭ってしまった患者に多い共通点の一つとして、値段の安さに重きを置いて美容外科選びをしたという項目があげられます。
安かろう悪かろうではありませんが、脂肪注入豊胸をうけるクリニックを選ぶ際には料金の安さばかりに注目するのではなく、医師の経歴、所属学会や症例数、専門分野などをよく確認し、院内設備が整っているか、最新の医療機材を導入しているか、専門の麻酔科医がいるか、正規の看護師がそろっているかなどにも着目し決定してほしいと思います。

■豊胸 脂肪注入 名医(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入による豊胸は美容整形術全般から見ても大変失敗の多い術式です。
美容外科だけでなく形成外科全般にわたる幅広い知識と経験を持ち、脂肪注入豊胸術の経験豊富な医師を選択すべきです。

■豊胸 脂肪注入 ばれる(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
日常生活では服を着ているので脂肪注入豊胸をしたことがばれる心配はほとんどありませんが、恋人やパートナーがいる、今後作る予定がある方は脂肪注入豊胸する際に術後の胸の形や触り心地で豊胸したことがばれるのではないかと気になることと思います。
脂肪注入豊胸の種類により、また自身の体型により仕上がりのバストの柔らかさは異なってきます。
脂肪注入豊胸は自分の脂肪を注入して豊胸するので、他の豊胸法と比べて、人工的で不自然な硬さや感触になりにくいと考えている方が多いようですが、実際は柔らかさが左右で差がある仕上がりになってしまうケースが少なくなく、本来の柔らかさよりかなり堅い部分がところどころにあり異様な感じになり、恋人やパートナーから不思議に思われたという感想を口にされる方も多いです。
また、見た目においても脂肪注入豊胸は大きさ、形、乳首の位置や向き、その他どこかが左右非対称な仕上がりになってしまうケースが非常に多くあります。
さらにバストの揺れ方が左右でかなり違うという報告もあります。
これらの理由から脂肪注入豊胸が周りにばれる可能性は十分にあると言わねばなりません。

■豊胸 脂肪注入 痩せ型(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入による豊胸をしたいが痩せ型なのでできないのでは?という疑問を持つ方が多くいらっしゃいます。
美容外科クリニックの中にはコンデンスリッチ豊胸(吸引した脂肪から血液や老化細胞などの不純物を取り除き、濃縮した純粋な脂肪をバストに注入する豊胸術)なら脂肪の定着率が高く、吸引する脂肪量も少なくて済むので痩せ型の方でも大丈夫。ピュアグラフト豊胸(不純物を取り除いた脂肪を使用する方法)なら痩せ型の体型の人でも身体への負担が少ないので安全。当院は痩せ形の患者を数多く脂肪注入豊胸に成功させてきたから大丈夫。などど痩せ型の方でも安全に脂肪注入豊胸術ができると銘打っているところも多いですが、脂肪注入による豊胸術ではたとえどんな方法を用いたとしても定着率する脂肪はあまり多くはありません。
なのでただでさえ吸引できる脂肪の少ない痩せ型の方が脂肪注入豊胸をしたとしても、効果的と呼べるほどバストアップできる可能性は低いと言わねばなりません。
痩せ型だがどうしても脂肪注入豊胸をしたいという方は豊胸術に関する知識と経験が豊富な名医に相談してみるべきです。

■豊胸 脂肪注入 持ち(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入による豊胸は何年ほど効果が持ちますか?という相談をよく受けます。
脂肪注入豊胸の持ち(定着率)は2~3割程度と記しているクリニック、5~6割というクリニック、8割以上と銘打つクリニックなど様々です。
これらのクリニックのほとんどが定着した脂肪は半永久的に持ち続けると表示しています。しかし、脂肪は血管やリンパ管が通った細胞組織です。
すなわち生きた細胞なのでそこには血流がなくてはなりません。
ところが同じ人間の体内にある脂肪だからといって、例えば腹部とバストにある脂肪とでは組織も役割も異なります。
結果、腹部から採取した脂肪をバストに移植しても、バストにある脂肪と同じ働きをするとはいえないのです。
移植した脂肪には血管が届かず血流がないことからその多くが壊死してしまいます。
よって脂肪注入豊胸の持ちは半永久的だと思って施術を受けると後で後悔する結果になるかもしれません。

■豊胸 脂肪注入 コンデンスリッチ(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
コンデンスリッチ豊胸は、幹細胞を使用した豊胸術です。
コンデンスリッチ法による脂肪注入豊胸は、吸引した脂肪からしこりの原因になる死活・老化細胞などの不純物を除去し細胞を濃縮(コンデンス)した新鮮なコンデンスリッチファット(CRF)だけを注入する施術法です。
綺麗な幹細胞を注入することで定着率アップを目指します。
定着率が高く、しこりができにくいのが特徴といわれています。

■豊胸 脂肪注入 費用 (Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入豊胸の費用はその術式(ピュアグラフト豊胸、コンデンスリッチ豊胸、セリューション豊胸等)により、また各クリニックにより大きく異なります。
最も費用の安いクリニックで約30万、最も費用の高いクリニックで約150万ほどの費用です。
脂肪注入豊胸を受ける際は費用の安さだけに重きを置くのではなく、術式や施術の方法、安全性、医師の経歴や症例などをよく検討してクリニックや医師を選択するようにしてください。

■豊胸 脂肪注入 失敗(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入豊胸は数ある豊胸手術の中でも特に人気の方法です。
豊胸バッグを挿入するのには抵抗がある、自身の脂肪を使ってバストアップしたいという方が選択されます。
しかし、脂肪注入豊胸は整形失敗の被害が最も多い手術とも言えます。
具体的に脂肪注入豊胸に失敗してしまった例とその原因としては下記のようなものが挙げられます。

<脂肪注入豊胸に失敗してしこりや石灰化がおきた>
脂肪注入で定着しなかった脂肪が石のように固く石灰化してしまうことがあります。
これらのしこりは乳ガン検診の妨げになる場合もあります。
しこりや石灰化がおきてしまう原因は脂肪注入豊胸という方法そのものにもあるのですが、施術した医師の技術が未熟であったというケースも多くみられます。

< 脂肪注入豊胸に失敗し注入した脂肪が壊死した>
脂肪を注入した2週間後に痛みや赤み、腫れが出たら脂肪が壊死している可能性があります。
注入した脂肪細胞が血管から栄養を吸収できなかった場合は壊死してしまい、感染症を起こすことがあるため、洗浄・除去の再手術が必要になります。
脂肪注入豊胸の術後にこれらの症状が出た場合は早急に医師に診てもらうようにしてください。

< 脂肪注入豊胸に失敗し脂肪吸引部位がいびつな形、凸凹、しわになった>
脂肪注入豊胸の場合、脂肪を吸引した部位が凹凸やシワになってしまうことが非常に多くあります。
特に幹細胞注入は脂肪の量が必要なので、無理して吸引すると、周囲との差が目立つ可能性も高まります。

< 脂肪注入豊胸に失敗し感触が不自然なバストになった>
脂肪注入豊胸でしこりができたり石灰化がおこり感触が固いバストになってしまうことがあります。
脂肪注入豊胸の術後に夫、彼氏などのパートナーからバストの感触が不自然だと言われたと気にされる方も多いです。

< 脂肪注入豊胸に失敗しバストの形が不自然になった>
脂肪注入豊胸によるしこり、石灰化なども不自然な形のバストになる原因をつくっています。また脂肪注入しても定着率が左右で同じになるとは限らず左右非対称なバストの一因になり得ます。

< 豊胸に失敗しバストに強い痛みが残った>
脂肪注入豊胸の手術の際に神経を傷つけたりして、術後に強い痛み、しびれ、麻痺を訴える方もいます。
なかには脂肪注入豊胸の術後から強い痛みが続いていてとれないというケースもあります。

以上は、脂肪注入豊胸失敗のほんの一例です。
脂肪注入豊胸はリスクの高い方法であることを念頭において医院選び・医師選びを行うようにしてください。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

■豊胸 脂肪注入 名古屋(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
豊胸の脂肪注入法を行っているとされる名古屋の美容外科クリニック一覧は下記の通りです。
聖心美容クリニック名古屋院、ガーデンクリニック名古屋・栄院、THE CLINIC(ザ・クリニック)名古屋院、高須クリニック名古屋院、共立美容外科名古屋院、城本クリニック名古屋院、小木曽クリニック、品川美容外科名古屋院、名古屋中央クリニック、エースクリニック、アネシス美容クリニック、品川スキンクリニック名古屋院、栄セントラルクリニック、八事石坂クリニック、大塚美容形成外科名古屋院、湘南美容外科クリニック名古屋院、アサミ美容外科名古屋院、サラ美容外科、こいずみ形成クリニック名古屋院。
これらの美容外科クリニックでは、脂肪注入法、脂肪細胞法、ACR血小板注入療法、コンデンスリッチ豊胸、セリューション豊胸、ピュアグラフト豊胸などの脂肪注入豊胸の他、バッグ+脂肪注入で胸を大きくするハイブリッド豊胸、コンポジット豊胸術などをやっているところもあるようです。

■豊胸 脂肪注入 期間(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入による豊胸の持続期間(脂肪の生着期間)はどれくらいですか?という相談をよく受けます。
脂肪注入豊胸の持続期間を示す定着率は2~3割程度と記している美容外科、5~6割というクリニック、8割以上と銘打つ美容外科など様々です。
これらの美容外科のほとんどが定着した脂肪は半永久的に持続すると表示しています。しかし、脂肪は血管やリンパ管が通った細胞組織です。
すなわち生きた細胞なのでそこには血流がなくてはなりません。
ところが同じ人間の体内にある脂肪だからといって、例えば腹部とバストにある脂肪とでは組織も役割も異なります。
結果、腹部から採取した脂肪をバストに移植しても、バストにある脂肪と同じ働きをするとはいえないのです。
移植した脂肪には血管が届かず血流がないことからその多くが壊死してしまいます。
よって脂肪注入豊胸の持続期間は半永久的だと思って施術を受けると後で後悔する結果になるかもしれません。

■豊胸 脂肪注入 定着率(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
一般的な脂肪注入豊胸の定着率は約30~40%といわれています。
体型や胸の形によって変わりますが、150ccで2カップ程度のバストアップが脂肪注入豊胸の目安です。
豊胸バッグ挿入による豊胸術は、時間の経過とともにサイズが変わることなく、あらかじめイメージもしやすいのですが、脂肪注入豊胸はどうしても個人差による所が大きいのが現状です。
1回の脂肪注入でどれだけバストアップできるのか、脂肪の定着率がどれぐらいなのかは実際にやってみないと分かりません。
分解、吸収されずに注入した脂肪がバストに残る定着率は、全体の30~80%といわれていますが、脂肪は血管やリンパ管が通った細胞組織です。
すなわち生きた細胞なのでそこには血流がなくてはなりません。
ところが同じ人間の体内にある脂肪だからといって、例えば腹部とバストにある脂肪とでは組織も役割も異なります。
結果、腹部から採取した脂肪をバストに移植しても、バストにある脂肪と同じ働きをするとはいえないのです。
移植した脂肪には血管が届かず血流がないことからその多くが定着せずに壊死してしまいます。
よって脂肪注入豊胸の定着率は実際のところ定着率の目安とされる約30~40%もないと考えてよいでしょう。

■豊胸 脂肪注入 アフターケア(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入豊胸後、特に術後1ヶ月間のアフターケアは大変大切なものになります。
脂肪注入豊胸直後の胸の状態は傷口が大きめのテープで保護された状態で、張った感じが強くあります。
また、脂肪吸引した部分は術後の腫れや内出血を少なくするため、包帯やバンドで固定された状態です。
術後の痛みに対しては、病院で処方される痛み止めでコントロールして下さい。
固定による痒みを感じられる方もいますが、強く掻いたりしないように注意して下さい。
固定や痛みによりはじめの数日は動きにくさを感じると思いますが、無理のない範囲でなるべく日常のペースを乱さないように生活してください。
就寝時のうつ伏せ寝は1ヶ月間は控えて下さい。
食事は通常通りでかまいません。
脂肪注入豊胸術後の身体のためにも消化の良いもの、栄養バランスのとれたものを摂るように心がけましょう。
飲酒は術後2~3日は控えてください。
手術後1ヶ月間はできるだけブラジャーの着用は避けて下さい。
脂肪注入豊胸から術後1ヶ月経過すれば下着の着用が可能となりますが、手術後3ヶ月目まではスポーツタイプまたはワイヤーなしのブラジャーを着用した方がいいでしょう。
脂肪注入豊胸手術から大体3日目で脂肪吸引部の固定が外れます。
この段階ではまだ浮腫みがあります。
固定が外れた後からは、浮腫み防止のためにもハイウエストガードルやウエストニッパーを着用が勧められます。
脂肪注入豊胸から術後7日目あたりから胸のマッサージを開始します。
医師の指導のもと、しばらくは毎日マッサージを続けます。
術後2~3週間経過したら、硬さを感じる部分のみ優しく揉み解すようにマッサージします。
ハードな運動は1ヶ月は避けるようにしてください。

■豊胸 脂肪注入 痕(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入豊胸は、施術を行う医師により傷口の位置や数は異なります。
多くの場合、胸の下の目立ちにくいところやわきに近い部分から脂肪注入されますが、ドクターによっては乳輪やバストのその他の位置から脂肪注入を行うこともあります。
1つ1つの傷口の大きさは小さく4~5㎜程度です。
脂肪注入した痕は非常に小さいのでほとんど気にならないほどです。
術後すぐは痕が赤くなりますが、やがて薄い小さなしみのようになり手術後半年~1年もすればその痕もほぼ目立たなくなります。まれにくぼみのようになって残る方もいます。
脂肪注入豊胸の場合、胸の痕だけでなく、脂肪を取る部分にも痕跡が出来ます。
むしろ脂肪注入豊胸の場合は胸の痕ではなく脂肪吸引部の痕を気にされる方の方が多いです。
多くの場合は太ももの裏側やおなか、お尻から脂肪を取ります。
脂肪を吸引した痕は、吸引箇所の皮膚がぼこぼこになってしまう方が非常に多くいらっしゃいます。
吸引量が多ければ多いほどこういった痕ができるリスクは高まります。
このぼこぼこはマッサージや圧迫などの術後のケアでも多少仕上がりが違ってきますが、なによりも脂肪吸引をする医師の腕にかかってくるといってよいでしょう。
また、胸の痕においても脂肪吸引の痕においてもケロイド体質の方は特に注意が必要です。

■豊胸 脂肪注入 安全(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入豊胸を考えている方にとって一番気になるのはなんといっても脂肪注入による豊胸の安全性でしょう。
脂肪注入法による豊胸の問題点としてまず一番にあげられるのはしこりです。
脂肪注入豊胸の術後に乳房の一部が膨れていたり、指で胸を押したときに不自然なかたまりに触れたり、そのときに痛んだりするような症状が現れることがあります。
これは注入した脂肪が壊死してしこりになってしまったためです。
脂肪注入豊胸で注入された脂肪のうち定着しなかったものは吸収されてしまいます(尿や便と一緒に排出?)。
しかし、吸収されずにバストに残量し石灰化してしまうこともあります。
気にならなければそのまま放っておいても問題ないというドクターもいますが、石灰化してしまった場合は乳がん検診で引っかかることもあり、もっと恐ろしいのは、もし乳ガンに罹った場合、石灰化した脂肪にガンのしこりが隠れて発見が遅れてしまうことです。
なのでやはり石灰化した脂肪は切除したほうが安全といえます。
脂肪注入豊胸は術後、かなりの確率でしこりができるといわれています。
これらのことを踏まえると脂肪注入豊胸はリスクのない安全な手術方法であるとはいえません。
どうしても異物を入れずに脂肪注入法で豊胸したいという方は、信頼のおけるドクターとよく相談をして脂肪注入法豊胸のメリット・デメリットをよく理解した上で最も安全な方法で挑むべきです。

■豊胸 脂肪注入 痛み(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入豊胸の手術中は麻酔が効いているので術中は痛みは感じません。
術後の痛みについては、術式や脂肪を注入する箇所や数によって、またドクターの腕によっても異なってくるので一概には言えません。
バストの痛みはほとんどなかったという人もいれば、術後一ヶ月は腕を上げるだけでも激しい痛みがあり、ドアノブを回すこともできなかったという人もいます。
通常、バストの痛みは手術後1週間ほどでおさまり、飲み薬の痛み止めでコントロールします。
しかし、脂肪注入豊胸の痛みにおいては脂肪を注入したバストより、脂肪を吸引した箇所(太ももの裏、おしり、おなかなど)の痛みを強く感じる方が多いです。
施術当日は起き上がるのも辛く、這って移動するほどの痛みを訴える方も少なくありません。その後、脂肪吸引部分の痛みは一週間ほどで筋肉痛程度の痛みになり、術後2~3週間をかけて徐々に回復する方が多いです。

■脂肪注入 豊胸 うつぶせ(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入豊胸の術後は、注入された脂肪に血液が運ばれより多く定着させるために血行を良くする必要があります。
バストが圧迫されない状態をキープする必要があるのでしばらくはうつ伏せで寝ることをやめておいたほうがいいでしょう。

■脂肪注入 豊胸 運動(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入豊胸の術後、運動は手術から1週間後の抜糸が終わり、痛みが引いてきたら、自分の体調と相談しながら再開して頂いてかまいません。
それより前に激しい運動などをすると、バストや脂肪吸引した部位に負担がかかったり、血行が良くなることにより、腫れや痛みが強くなることがあるので控えてください。
脂肪注入豊胸の術後2週間が運動再開の目安です。
ただしジョギングなどの有酸素運動で体重が減少すると、新しい脂肪を生成する働きが低下するため、脂肪幹細胞が良く働いている3ヶ月間は体重を維持した方がバストのボリュームを維持できるといわれています。
あくまでも、身体の回復を第一に考え、徐々に運動を再開していくようにしてください。

■豊胸 脂肪注入 内出血(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入豊胸の後は脂肪を注入した胸及び、脂肪を吸引した箇所(太ももの裏、臀部、おなかなど)に内出血が広がります。
紫色になり少しはったように固くなる状態がしばらく続き、徐々に通常の肌色に戻っていきます。
紫色に変色するほどの内出血は多くは2週間以内に治まりますが、術後しばらくは例えば海や温泉に行くなど、肌を露出する機会は避けたほうがいいでしょう。

■豊胸 脂肪注入 永久(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入法で豊胸すれば永久にサイズアップしたバストが持つと考えている方が時々いらっしゃいます。
脂肪注入豊胸の持ち(定着率)は2~3割程度と記しているクリニック、5~6割というクリニック、8割以上と銘打つクリニック、さらには永久的に(恒久的に)持つと豪語しているクリニックまで見受けられます。
しかし、脂肪は血管やリンパ管が通った細胞組織です。
すなわち生きた細胞なのでそこには血流がなくてはなりません。
ところが同じ人間の体内にある脂肪だからといって、例えば腹部とバストにある脂肪とでは組織も役割も異なります。
結果、腹部から採取した脂肪をバストに移植しても、バストにある脂肪と同じ働きをするとはいえないのです。
移植した脂肪には血管が届かず血流がないことからその多くが壊死してしまいます。
よって、脂肪注入法で豊胸すれば永久にサイズアップしたバストが持つと思って施術を受けると後で後悔する結果になるかもしれません。
そもそも、脂肪注入法による豊胸術が施されるようになったのが1987年頃といわれています。つまり、脂肪注入法は豊胸の歴史から見てもかなり新しいものです。
つまり、長い目で見て将来、脂肪注入法で豊胸したバストがどうなるのかはだれも分かっていないのです。
それなのにどうして脂肪注入法で豊胸すれば大きなバストが永久に持つなんて言えるのか、謎でしかありません。

■豊胸 脂肪注入 エコー(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入豊胸で最も多いトラブルの一つにしこりができてしまうということが挙げられます。
しこりができてしまった場合、触診の診察のみ行うクリニックもあるようですが、しこりの状態を触診だけで判断するのは最善とはいえません。
吸収され自然になくなるような小さなしこりもあれば、石灰化を起こしているものもあり、それぞれ対処法が異なるためです。
脂肪注入豊胸の術後にしこりが疑われる場合は、乳腺用エコーを使用した検査を受けるべきです。乳腺用エコーは乳ガン検診などで利用したことがある方も多いと思います。
大きくなってしまったしこりは吸引できないため切開して取り除く必要があります。
その場合にもこのエコーで乳房内を可視化し、しこりの状態や位置を正確に把握した上で、負担が少なく最適な治療方法を選択すべきです。
脂肪注入豊胸の術後にしこりが疑われる場合には、エコーを用いた診察を行ってくれるクリニックを選び診察を受けるようにしましょう。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

■豊胸 脂肪注入 大阪(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
豊胸の脂肪注入法を行っているとされる大阪の美容外科クリニック一覧は下記の通りです。
THE CLINIC(ザ・クリニック)大阪院、城本クリニック大阪院、湘南美容外科クリニック大阪心斎橋院、共立美容外科大阪院、ガーデンクリニック大阪梅田院、アムルーズ美容外科クリニック、大阪 雅 -miyabi- 美容外科、品川美容外科梅田院、心斎橋コムロ美容外科クリニック、品川美容外科心斎橋院、グローバルビューティークリニック、きぬがさクリニック大阪院、優愛クリニック心斎橋院、品川スキンクリニック梅田院、品川スキンクリニック心斎橋院、大阪ワイエス美容外科クリニック、大阪梅田中央クリニック美容外科、高須クリニック大阪院、湘南美容外科クリニック大阪あべの院、ジョウクリニック大阪院、聖心美容クリニック大阪院、大阪T-クリニック心斎橋、エールクリニック、アサミ美容外科大阪院、湘南美容外科クリニック大阪梅田院、ドクターゴールドマンクリニック大阪院、
湘南美容外科クリニック大阪駅前院、ふくとみクリニック、心斎橋中央クリニック、メガクリニック、リッツ美容外科大阪院、ドクターゴールドマンクリニック、ノブビューティークリニック、kunoクリニック、吉田美容形成クリニック。
これらの美容外科クリニックでは、脂肪注入法、脂肪細胞法、ACR血小板注入療法、コンデンスリッチ豊胸、セリューション豊胸、ピュアグラフト豊胸などの脂肪注入豊胸の他、バッグ+脂肪注入で胸を大きくするハイブリッド豊胸、コンポジット豊胸術などをやっているところもあります。

■豊胸 脂肪注入 価格(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入豊胸の価格はその術式(ピュアグラフト豊胸、コンデンスリッチ豊胸、セリューション豊胸等)により、また各クリニックにより大きく異なります。
最も価格の安いクリニックで約30万、最も価格の高いクリニックで約150万ほどの価格です。
脂肪注入豊胸は美容整形手術の中でも比較的高額の部類に入るので、出来るだけコストを抑え価格の安いクリニックで治療を受けたいという気持ちは分かります。
脂肪注入豊胸を受ける際は価格の安さだけに重きを置くのではなく、術式や施術の方法、安全性、医師の経歴や症例などをよく検討してクリニックや医師を選択するようにしてください。

■脂肪注入 豊胸 固い(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入による豊胸術で脂肪を注入した直後のバストはしばらく固い感触が続きます。
定期的にバストマッサージなどをすることで、次第にバストは柔らかくなり、自然な感触になるといわれています。
しかし、脂肪注入豊胸から一ヶ月以上経過しても固い状態が続いている場合、しこり(石灰化)が起きている可能性あります。
しこりは脂肪注入豊胸で注入した脂肪が胸に定着せず壊死しまった場合に起こります。
また体が脂肪を異物と認識して、カプセル皮膜が脂肪を包むことで、硬い感触となって胸に残ってしまう石灰化も脂肪注入豊胸でよく見られる後遺症の一つです。
もし、脂肪注入豊胸から一ヶ月以上経過しても固い状態が続いている場合、しこりや石灰化が疑われますので放置せずに専門機関でエコー検査を受けるなどして対処してください。

■豊胸 脂肪注入 経過(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
豊胸の脂肪注入法の経過は下記の通りです。
脂肪注入豊胸の術後は念のため入院して経過をするクリニックと、日帰りで当日そのまま帰れるクリニックがあります。
脂肪注入で豊胸術を受けた後の痛みの経過に関しては、脂肪を注入したバストよりも、脂肪を吸引した部分(太ももの裏やおしり、お腹など)に痛みが強くでると言われています。吸引した部分に関しては筋肉痛のような軽度の痛みを訴える方と、寝返りも打てないほどの激しい痛みを訴える方がいます。
いずれの場合も処方された痛み止めなどで痛みをコントロールし経過を見ますが、あまりに痛みの激しい場合は主治医に相談して指示を仰いでください。
脂肪注入した胸の経過については、術後1週間程度は、医療用テープで保護します。
腫れやむくみは1~2週間程度続きます。
脂肪注入した箇所を圧迫してしまうためワイヤーの入ったブラジャーは、3~4週間は使用を避けます。
脂肪を吸引した部分の経過に関しては、数日~2週間程度痛みが続きます。
脂肪注入した胸も、脂肪を吸引した部分も、痛みや腫れ、内出血などの術後の経過はその方の体質や、執刀した医師の腕によって異なってきます。
術後の経過を良くしダウンタイムを短く終えるためにも、手術を受ける前に信頼できるクリニックおよび医師を選ぶことが大切です。

■豊胸 脂肪注入 後悔(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入豊胸が人気の理由としては、
・異物を入れないので罪悪感がない。
・自身の脂肪を使ってバストアップでき脂肪吸引もできるので痩せられてバストアップできて一石二鳥。
・一度豊胸すれば半永久的にメンテナンスせずに大きなバストを維持できる。
ということが挙げられます。
しかし、脂肪注入豊胸のあとに後悔したという人が75%以上にものぼるというデータもあります。
後悔した理由としては、
・思っていたほど大きくならなかった。
・胸にしこりができた。
・術後石灰化してしまい、除去手術で胸に大きな傷痕が残った上に高額な費用がかかった。
・脂肪吸引部がでこぼこになって肌を露出できなくなった。
・脂肪吸引部の皮膚がしわしわになって元にもどらない。
・脂肪吸引した太ももが痛くて歩行に困難がある。
などなど。。
脂肪注入豊胸で2カップ~3カップもバストアップできると宣伝しているクリニックも見受けられますが、実際は1カップのバストアップが限界です。
また、術後にしこりや石灰化、または脂肪吸引部がでこぼこになってしまったというトラブルは非常に多く報告されており、脂肪注入豊胸すれば大きくて自然なバストを一生手に入れられると期待して施術を受けた患者が後悔を感じるというトラブルが後を絶たないのが現状です。

■豊胸 脂肪注入 効果(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
豊胸で脂肪注入法を選択される方が求める効果としては異物のない自然なバストアップ、柔らかい感触、自然な揺れなどが上位に挙げられます。
しかし、豊胸の脂肪注入法では、術後、期待した効果が得られなかったというトラブルがよくあります。
その例としては、希望のバストの大きさにならなかった、柔らかい感触にならなかった、形や揺れ方が不自然で脂肪注入豊胸したことがばれてしまうなどです。
一般的な豊胸の脂肪注入法の定着率は約30~40%といわれており、これはせっかく脂肪を注入してもその多くが吸収されてしまうためです。
なので脂肪注入豊胸では仕上がりがどのくらい大きくなるのかは予測することができず、人によっては効果を感じにくいかもしれません。
クリニックによっては脂肪注入豊胸で2カップアップの効果が出ると表示しているところも見受けられますが、実際は1カップアップが限界といわれています。
脂肪注入豊胸で注入した脂肪が自然吸収されてしまわずより多くの脂肪が定着し効果が高まるよう日々技術の改良が試みられていますが、今のところいずれの脂肪注入法の定着率も低く、脂肪注入豊胸をしても大きな効果を感じにくいのが現状です。

■豊胸 脂肪注入 後遺症(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
豊胸の脂肪注入法の後遺症としては下記等があげられます。
・脂肪注入豊胸の術後、しこりができた。
・注入した脂肪が壊死して筋肉に癒着してしまい、乳頭周り、デコルテ辺りが硬くなってしまった。
・脂肪注入豊胸の術後石灰化してしまい、除去手術で胸に大きな傷痕が残った上に高額な費用がかかった。
・脂肪吸引部がでこぼこになって肌を露出できなくなった。
・脂肪吸引部の皮膚がしわしわになって元にもどらない。
・脂肪吸引した太ももが痛くて歩行に困難がある。

脂肪注入豊胸すれば大きくて自然なバストを一生手に入れられると期待している方が多いようですが、術後に後遺症を抱えることになってしまうというトラブルが後を絶たないのが現状です。
豊胸の脂肪注入法は異物を入れない代わりに、上記のような後遺症のリスクが高い施術です。脂肪注入豊胸で後遺症を残さないためにも脂肪注入豊胸の術式、病院、ドクター選びが成功の要になってきます。

■脂肪注入 豊胸 コンデンスリッチ 失敗(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
いくつもの術式のある脂肪注入豊胸の中でもコンデンスリッチ法は特に人気の高い術式で、この方法で豊胸手術をしているクリニックも多くあります。
しかし、管理人のブログにはコンデンスリッチ法で脂肪注入豊胸をして失敗してしまったという旨の相談がかなりの数寄せられます。
下記はその代表的な失敗に関する訴えの一例です。
「コンデンスリッチ法で脂肪注入豊胸をして胸がしこりだらけになってしまった。」
「コンデンスリッチ法で脂肪注入豊胸をしたが半カップも大きくならなかった。」
「コンデンスリッチ法で脂肪注入豊胸をしたときの吸引部がボコボコになってしまった。」
「コンデンスリッチ法で脂肪注入豊胸をしたときの傷が胸にたくさん残ってしまった。」
コンデンスリッチ豊胸は、幹細胞を使用した豊胸術です。
コンデンスリッチ法による脂肪注入豊胸は、吸引した脂肪からしこりの原因になる死活・老化細胞などの不純物を除去し細胞を濃縮(コンデンス)した新鮮なコンデンスリッチファット(CRF)だけを注入する施術法です。
綺麗な幹細胞を注入することで定着率アップを目指します。
定着率が高く、しこりができにくいのが特徴といわれています。
クリニックによってはコンデンスリッチ豊胸なら2CUP~3CUPバストアップできるという宣伝をしているところもあります。
しかし、冒頭のコンデンスリッチ法で脂肪注入豊胸をして失敗してしまったという相談者からの訴えにある通り、これは事実ではありません。
2カップ~3カップも大きくなるのは非常にいい条件が重なった時か、しこり(死んでしまった脂肪細胞)がかたまりとして残っている時です。
この状態を”豊胸成功”というのであればコンデンスリッチ法でなくてもほかの方法でも起こりえます。
脂肪注入でどれくらいの大きさになるかは、色々な条件によって決まりますが、コンデンスリッチ法に限らず他のどの脂肪注入豊胸であっても通常1カップアップが目安です。
決して、コンデンスリッチ豊胸が特別に大きな胸を作り出せるわけではないのです。
コンデンスリッチ法による豊胸を考えている方は手術を受ける前にコンデンスリッチ豊胸の真実を知りリスクをきちんと理解した上で挑むべきです。
コンデンスリッチ法を含め脂肪注入豊胸は美容整形の中でも群を抜いて失敗の多い手術です。
コンデンスリッチ法を含め脂肪注入豊胸は美容整形の中でも高額な治療です。
高いお金を払ってコンデンスリッチ法に失敗し、しこりや石灰化を除去するためにまた高額な料金を支払うハメになるというのも脂肪注入豊胸失敗のよくあるパターン。
決して後悔することのないよう準備は面倒がらずに万全に行ってほしいと思います。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

■豊胸 脂肪注入 触り心地(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
豊胸を脂肪注入法でやろうと考えている場合、胸の触り心地も大切なチェックポイントですよね。恋人やパートナーがいる方、もしくは今後作る予定がある人はやはりバストの触り心地は気になるポイントだと思います。
脂肪注入豊胸は自分の脂肪を注入してバストアップするので、他の豊胸法と比べて、人工的で不自然な硬さや触り心地になりにくいと考えている方が多いようです。
しかし、実際は柔らかさが左右で差がある触り心地になってしまうケースが少なくなく、本来の柔らかさよりかなり堅い部分がところどころにあり異様な触り心地になり、恋人やパートナーから不思議に思われたという感想を口にされる方も多いです。
さらにバストの揺れ方が左右でかなり違うという報告もあります。
これらの理由から脂肪注入豊胸の方が触り心地の点で他の豊胸方法より勝っているとはいえません。
加えて、脂肪注入豊胸術後直後から1ヶ月程度は腫れや硬さが特に目立つ時期で、触り心地にも違和感が強く出ます。
また脂肪注入の際、血液や水分、老化細胞など不純物が混じっているなどの原因で、しこり(石灰化)が起こる可能性があります。
小さなしこりなら摘出せずに放置しても無害だとするクリニックは多いのですが、これらのしこりが自然なバストの触り心地に違和感を与えることはいうまでもありません。

■豊胸 脂肪注入 産後(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
産後に垂れてしぼんでしまったバストを脂肪注入豊胸で治したいという相談、そして脂肪注入豊胸したあとに出産・授乳しても問題ないか?という問い合わせをよく頂きます。
妊娠・出産・授乳は女性にとって重要な関心事ですよね。
まずは、産後に垂れてしぼんでしまったバストを脂肪注入豊胸で治したいという相談からお答えします。
離乳後にバストがしぼんでしまった、垂れてきた、しわっぽくなってきた、凹みが出来てきた、サイズダウンしてしまったと悩む女性はたくさんいらっしゃいます。
産後に小さくなってしまったバストはシリコンバックを入れる人工乳腺法、自身から採取した脂肪をバストに注入する脂肪注入法などでバストアップすることが可能です。
その他に垂れたバストを引き上げる豊胸術としては下記のようなものがあります。
乳房下垂修正/マストペクシー/乳房吊り上げ術/乳房固定術/乳房挙上術/下垂乳房形成/乳房固定術。
これらは加齢によるバストの下垂に対して行われることの多い治療ですので、産後の女性にはまだ早いケースもあります。
産後の胸のケアに脂肪注入豊胸がベストなのか、人工乳腺法が良いのか、それともバストの若返りの治療が効果的なのか、実際に胸を見てみないと分からない部分があります。
豊胸術に長けた医師のもとで相談を受けてみるのがベストです。
次に、脂肪注入豊胸したあとに出産・授乳しても問題ないか?という問いにお答えします。
脂肪注入豊胸したあとに出産した場合、授乳でバストが小さくなるとせっかく定着した脂肪がなくなってしまうのではないか?と考えている方が多くいらっしゃいます。
しかし、妊娠中や産後・授乳後のバストの大きさの変化はほとんどが乳腺組織のボリュームの変化なので、定着した脂肪が減って小さくなるということはありません。
もちろん豊胸していないバストと同じく、授乳後に形やハリが変化することはあります。
ただ、もともとのバストと同じ自分の脂肪なので、脂肪注入豊胸自体が問題なく成功していれば妊娠・出産・授乳を気に不自然さが目立ってくるような心配はありません。

■豊胸 脂肪注入 札幌(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
豊胸の脂肪注入法を行っているとされる札幌の美容外科クリニック一覧は下記の通りです。
大塚美容形成外科札幌院、品川スキンクリニック札幌院、円川公園皮膚科形成外科、札幌中央クリニック、聖心美容クリニック札幌院、湘南美容外科クリニック札幌院。
これらの美容外科クリニックでは、脂肪注入法、脂肪細胞法、ACR血小板注入療法、コンデンスリッチ豊胸、セリューション豊胸、ピュアグラフト豊胸などの脂肪注入豊胸の他、バッグ+脂肪注入で胸を大きくするハイブリッド豊胸、コンポジット豊胸術などをやっているところもあるようです。

■豊胸 脂肪注入 サイズ(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
「豊胸の脂肪注入法ではどのくらいサイズアップできますか?」
「脂肪注入豊胸でAカップ→Cカップにサイズアップしたいのですが可能ですか?」
といった豊胸の脂肪注入法でどのくらいサイズを変えられるかという相談をよく受けます。
体型や胸の形によって変わりますが、150ccの脂肪で2カップ程度のバストアップが脂肪注入豊胸の目安とされています。
豊胸バッグ挿入による豊胸術は、時間の経過とともにサイズが変わることなく、あらかじめイメージもしやすいのですが、脂肪注入豊胸でどのくらいサイズアップできるかはどうしても個人差による所が大きいのが現状です。
1回の脂肪注入でどれだけサイズアップできるのか、脂肪の定着率がどれぐらいなのかは実際にやってみないと分かりません。
分解、吸収されずに注入した脂肪がバストに残る定着率は、全体の30~80%といわれていますが、脂肪は血管やリンパ管が通った細胞組織です。
すなわち生きた細胞なのでそこには血流がなくてはなりません。
ところが同じ人間の体内にある脂肪だからといって、例えば腹部とバストにある脂肪とでは組織も役割も異なります。
結果、腹部から採取した脂肪をバストに移植しても、バストにある脂肪と同じ働きをするとはいえず、注入した多くの脂肪が定着せず吸収されてしまうか、壊死してしこりになってしまいます。
クリニックによっては脂肪注入豊胸なら2CUP~3CUPバストアップできるという宣伝をしているところもあります。
しかし、これは真っ赤なウソです。
2カップ~3カップも大きくなるのは非常にいい条件が重なった時か、しこりがかたまりとして残っている時です。
この状態は果たして”豊胸成功”といえるのでしょうか?
脂肪注入豊胸でどれくらいサイズアップできるかは、色々な条件によって決まりますが、どの脂肪注入豊胸であっても通常1カップアップが限界なのが現実です。

■豊胸 脂肪注入 シリコン(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
「豊胸をしたいが脂肪注入かシリコンを入れる方法かどっちがいいのか?」
という旨の相談をよく頂きます。
脂肪注入による豊胸とシリコンバッグ挿入による豊胸のメリット・デメリットは下記の通りです。
<脂肪注入豊胸のメリット>
・異物を入れないので罪悪感がない。
・シリコン劣化による入れ替え、メンテナンスが必要ない。
・自身の脂肪を使用するので安心。
・脂肪吸引箇所を細くすることが出来る。

<脂肪注入豊胸のデメリット>
・痩せ型の人はできない
・大幅なバストアップが出来ない
・自分の希望のサイズにならない可能性がある
・脂肪の定着率が低い
・しこりや石灰化が起きる可能性がある
・脂肪を吸引した箇所が凸凹になる場合がある

<シリコンバッグ豊胸のメリット>
・一度の手術で大幅なバストアップが可能
・痩せている人でも受けられる
・見た目や触り心地が自然。
・シリコンバッグを取り出して元のバストに戻すことができる。

<シリコンバッグ豊胸のデメリット>
・異物を入れている罪悪感を感じる場合がある。
・挿入直後はマッサージを定期的に行う必要がある。
・拘縮が起きてしまう可能性がある。
・術後直後に痛みを感じる場合がある。

物事は一長一短、どんな方法にもメリット・デメリットはつきものです。
脂肪注入豊胸が良いのか、シリコンバッグ豊胸が良いのか、それぞれのメリットとデメリットを天秤にかけてチョイスしなければなりません。

■豊胸 脂肪注入 しこり(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入豊胸は数ある豊胸手術の中でも特に人気の方法ですが、術後にしこりができてしまうトラブルが頻発しています。
しこりができてしまう原因の一つに脂肪の質があげられます。
しこりは脂肪注入の際に水分や死活・老化細胞などの不純物が混じっていると、脂肪細胞の酸素や血液の循環を妨害して、脂肪が壊死しておこります。
さらに、質の良い脂肪を使っていても、1ヶ所にまとめて脂肪をたくさん注入すると、大きなしこりができやすいです。
大きなバストを作るべく大量の脂肪を注入しようとするクリニックもありますが、一度に注入できる脂肪量は片胸250ccが限度です。
それ以上注入してしまうと、脂肪をかたまりで注入しないように注意を払っても、脂肪の密度が高いので、酸欠状態になり、結果脂肪が壊死してしこりになってしまいます。

■豊胸 脂肪注入 品川(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
豊胸の脂肪注入法を品川美容外科で受けたいという相談をよく受け取ります。
品川美容外科は日本全国に45院を構える美容外科です。
品川美容外科では、プレミアムPRP脂肪幹細胞注入法など独自の脂肪注入法で治療を行っています。
プレミアムPRP脂肪幹細胞注入法とは、脂肪が組織内を浮遊する状態では定着が難しいので、新しい血管を作り幹細胞を育て、さらにコラーゲンによる土台を増やし、脂肪がより定着しやすい環境をつくる方法です。
さらに会員になるとこれらの施術を割引価格で受けられるため、脂肪注入豊胸を比較的安く受けることが出来ることでも有名です。

■豊胸 脂肪注入 しこり 除去(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
豊胸の脂肪注入法でできてしまったしこりを除去したいという相談は非常に多いです。
脂肪注入豊胸では、手術後にバストの内部に脂肪の固まり、いわゆるしこりができることがあります。
外見上からわかるほど大きなしこりから、触るとわずかに手に触れる程度の直径1cmに満たない小さなしこりまであります。
これらの脂肪注入豊胸でできてしまったしこりはきちんと治療すれば除去できることがほとんどです。
しこりが出来てしまった場合、触診だけで正しく状態を判断するのは非常に困難です。
状態によっては軽いものから石灰化してしまってるものもあり、除去するか自然になくなるのか、除去する場合はどの方法がベストなのかなど対処法も異なってきます。
乳腺エコー検査を行い、しこりの部位や大きさ、状態を診断し適切な治療を選択する必要があります。
脂肪注入豊胸によるしこりは、脂肪と同時に注入した水分や麻酔液、死活・老活細胞などの不純物が、注入脂肪への栄養素の循環を妨げることで起こります。
脂肪を注入する際、同じ部分に多すぎる脂肪を注入するとしこりが起こりやすいと言われています。
豊胸の脂肪注入法でできてしまったしこりを除去したい場合は、触診だけでなく乳腺エコーの設備のあるクリニックを受診すべきです。
エコー検査で部位や内部の構造を確実に把握し、小さなしこりに対しては吸引や溶解での除去治療、大きなしこりの場合は切開して除去摘出などの治療が行われるのが通常です。

■豊胸 脂肪注入 写真(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
美容外科の多くはクリニックのHPサイトに自院で脂肪注入豊胸の手術をした患者のBefore&Afterの症例写真を掲載しています。
中には照明や撮影するバストの角度などは同じ条件で、手術箇所の変化のみわかりやすいように撮影しているクリニックもありますが、美容外科の中には、脂肪注入豊胸術前のBefore照明は暗めの照明に貧弱な胸に見える角度。
脂肪注入豊胸術後のAfter写真はバストをつやつや輝かせ、照明もガンガンあたって全体的にバストが豊満に見える明るい写真を演出しているところもあります。
これでは肝心の術部の変化がよく分かりません。
さらに、脂肪注入豊胸の症例写真を含めBefore&Afterで劇的に変化しすぎている写真をよく見かけます。
中には、本当に脂肪注入豊胸でこんなにバストが大きくなるの?!といいたくなるほどの大きなサイズの胸に変化しているAfter写真も・・。
近年の写真加工の技術の進歩は目覚ましいものがあります。
肌質を美しく整えるのはさることながら、一重の目を二重にしたり、黒目を大きくしたり、アイキャッチを入れて目をキラキラにみせたり、鼻筋を通したり、輪郭を調整して顔を小顔に見せたり、胸の大きさを盛って自然な谷間を作ったり、ウエストを細くしたり、足を長くしたり・・と写真加工だけで整形しないでも別人に見せられるレベルです。
実は美容外科の中には脂肪注入豊胸術後の症例写真に対してこの写真加工を施して術後の変化を強調しているクリニックも存在します。
例えば脂肪注入豊胸の手術なら術前の写真はより胸が貧弱で板のようなバストに見えるようように加工し、脂肪注入豊胸術後は実際以上にバストアップしてやわらかで自然な美しいバストができあがったように演出するというふうに・・。
もちろん、だからといってすべてのクリニックが症例写真を加工しているわけではありません。しかし、Before&Afterの症例写真を鵜呑みにして、脂肪注入豊胸をすれば同じような手術効果が得られると期待するのは少々安易な考えのように思います。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

■豊胸 脂肪注入 湘南(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
湘南美容外科クリニックは様々な種類の脂肪注入豊胸を行っています。
相談した日にすぐ施術可能な1day美バスト。
注入した脂肪を減らさないためのピュアグラフト脂肪注入。
定着率が高いとされるコンデンスリッチ脂肪注入などです。
湘南美容外科クリニックは全国30院以上展開しており、中には脂肪注入豊胸を行っていない店舗もありますので確認が必要です。

■豊胸 脂肪注入 しらゆり(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
しらゆりビューティークリニックは新宿三丁目駅より徒歩3分、JR新宿駅より徒歩10分というアクセスしやすい場所にあります。
しらゆりビューティークリニックの医師らによってつづられているブログでは脂肪注入豊胸の手術の経過を画像付きで見ることもできます。

■豊胸 脂肪注入 症例(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入豊胸の症例は写真付きで各クリニックのホームページで見ることができますが、
クリニックの症例写真を見るときは術後どれくらいたった状態の写真なのか、注意して見てください。
なぜなら、術後脂肪が吸収されきちんと評価できる状態になるのには3ヵ月ほどかかるからです。
脂肪注入による豊胸術の成果は早くても3ヶ月以上経過しないと判断ができないにもかかわらず、手術後1ヶ月目の状態を症例写真として掲載しているクリニックもあります。
手術後1ヶ月目の症例では、この先注入した脂肪が吸収されてバストが小さく戻ってしまう可能性もありるので参考になりません。
症例写真を見る時は術前と手術から3ヶ月以上経過した状態の写真で比較するようにしてください。

■豊胸 脂肪注入 仕事(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入豊胸をした後、どれくらいで仕事に復帰できるのか、という相談を多く受けます。
術後どれくらいで仕事に復帰できるのかは、脂肪注入豊胸の術式や施術するドクターの技術、脂肪の吸引箇所、個人個人の体力にもよるので一概には言えません。
例えば、翌日からデスクワークの仕事がこなせたという方もいますし、意識が遠のくほど痛く、病院から出られず日帰り手術の予定をそのまま入院することになり、その後も強い痛みが続き、結果として一ヶ月以上仕事を休むことになったという方もいます。
どの患者にも共通していることとしては、脂肪は注入した胸より取った吸引部分の痛みが強いということです。
脂肪注入豊胸術後から仕事復帰までの期間は、一般的に一週間ほどダウンタイムをとれば安心と言われていますが、個人差があるので一まとめには言えないのが現状です。

■脂肪注入 豊胸 数年後(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入法による豊胸術が施されるようになったのが1987年頃といわれています。
当時は、注入した脂肪がうまく定着せずに、石灰化する部分が多く、それが乳がんにも繋がる危険性があるとされ、あまり人気とはなりませんでした。
実は現在でも他国においてはバッグ挿入による豊胸術が主流であり、日本ほど脂肪注入法は行われていません。
なので、脂肪注入法で豊胸をした場合に注入した脂肪が数年後にどうなるのかという正確な統計は存在しないといえます。
脂肪注入法を行っている美容外科クリニックは、一度定着した脂肪は一生もの、効果は恒久的であると表示していますが、そもそも脂肪注入法による豊胸術自体が新しい施術であるため”一生もの”、”恒久的”などとは誰も証明することができないのです。
また、脂肪注入法で豊胸をした患者に術後3年、術後6年、後9年後にどうなったかを調査したデータがありますが、かなりの高い確率で注入した脂肪が石灰化してシコリができてしまったという回答が出されました。
どうしても脂肪注入法による豊胸術を受けたいという方は、このあたりの実情を踏まえた上で信頼のおけるドクターに託してほしいと思います。

■豊胸 脂肪注入 石灰化(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入豊胸では石灰化のトラブルが起きることがあります。
石灰化は注入した脂肪が大きな塊で壊死してしまい、それを閉じ込めようとしてできた被膜の周囲に、カルシウムが沈着することで起こります。
被膜の周りでは、小さな炎症が継続して起こっている状態です。
この炎症が原因で、体液中に含まれるカルシウムが石のような結晶となり沈着してしまいます。
石灰化の自覚症状としては胸に硬いしこりを感じます。
小さな石灰化は吸引して取り除くことが出来ますが、石灰化が進みしこりが大きくなってしまうと吸引することができず、摘出手術が必要になる場合もあります。

■豊胸 脂肪注入 成功(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
各美容外科クリニックのHPサイトには豊胸の脂肪注入法に成功した患者たちの体験談や成功例などが掲載されているものがあります。
脂肪注入豊胸に熟達した名医の手にかかれば無事に成功させられるのかもしれませんが、この脂肪注入豊胸成功話の裏に無数の失敗患者がいることを忘れてはいけません。
豊胸の脂肪注入法自体が豊胸手術の中ではまだ歴史が浅く完全無欠な施術とは言えません。どうしてもシリコンバッグなどの異物を入れることに抵抗を感じる方は脂肪注入豊胸の知識と経験が豊富で熟練のドクターに相談するようにしてください。

■整形 豊胸 脂肪注入(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
美容整形の中でも人気の高い脂肪注入法による豊胸術。
もともとはガンなどで乳房を切除した女性の為の「乳房再建術」が豊胸手術の始まりです。
美容のための豊胸手術は1950年代にパラフィンやシリコンをバストに注入するという形で広まり始めました。
パラフィンとは、石油を原料とした炭水化物化合物で、身体にいいものとはいえません。
そのため、この時代の豊胸後には、感染症や、注入部の組織の破損・炎症が数多く見られ、身体に負担のない材料及び方法で胸を美しく豊かにする研究が重ねられてゆきます。
その後、シリコンバッグ、生理食塩水バッグ、そして現在でも使用されているコヒ―シブシリコンバッグやハイドロジェルバッグなどが次々に開発されてゆきました。
脂肪注入法による豊胸術が開発されたのは1987年といわれています。
当時は注入した脂肪がうまく定着せずに、石灰化する部分が多く、それが乳がんにも繋がる危険性があるとされ、あまり人気にはなりませんでした。
2006年頃にセリューション(脂肪幹細胞注入)が登場しますが、アメリカでは臨床応用の許可が下りず、日本など規制の緩い国のごく一部のクリニックが治験的に実施する程度でした。2009年頃にコンデンスリッチファット(CRF)、2010年にピュアグラフトという方法が登場したとこで、日本だけでなく世界的にも普及し始め、規制の厳しいアメリカでも認可されるようになりました。

■脂肪注入 豊胸 その後(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入法による豊胸術が施されるようになったのが1987年頃といわれています。
つまり、脂肪注入法は豊胸の歴史から見てもかなり新しいものです。
現に2010年頃まではアメリカでは臨床応用の許可が下りず、日本など規制の緩い国のごく一部のクリニックが治験的に実施する程度でした。
よって脂肪注入豊胸をした場合に注入した脂肪がその後どうなるのかという正確な統計は存在しないといえます。
脂肪注入法を行っている美容外科クリニックは、一度定着した脂肪は一生もの、効果は恒久的であると表示していますが、そもそも脂肪注入法による豊胸術自体が新しい施術であるため”一生もの”、”恒久的”などとは誰も証明することができないのです。
また、脂肪注入法で豊胸をした患者に術後3年、術後6年、後9年後にどうなったかを調査したデータがありますが、かなりの高い確率で注入した脂肪が石灰化してシコリができてしまったという回答が出されました。
つまり脂肪注入豊胸したバストが長い目で見てその後どうなるのかという結果は、今後詳しくデータが取れてくるといえます。

■豊胸 脂肪注入 体験談(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
ネット上の掲示板や口コミサイトには脂肪注入法による豊胸術の経験者を名乗る人たちが体験談を書き込んだり、感想を言い合ったりしているものが多くみられます。
脂肪注入豊胸を受ける際に、実際に手術を体験した人の体験談を参考にしよう、と考えている方も多いようです。
しかしながら、そこにかかれている「体験談」は本物なのか怪しいものです。
数ある美容外科やクリニックのなかには、スタッフにネット上の口コミサイトや掲示板への投稿ノルマを課しているところも実在します。
つまり自院で手術を受けた患者を装い「ここのクリニックで脂肪注入豊胸をして成功した」という体験談を書いたり、ライバル院を名指しして「ここで脂肪注入豊胸をやって失敗してしまった」と投稿したりしているのです。
また、裏では特定の医院と結託しており、相談者を上手くそれらの医院に紹介し、手術することになればその手術料の一部をバックとしてもらうことを生業としている「紹介屋」なるものの存在も忘れてはいけません。
口コミサイトやその他掲示板にも真実が書かれていることは無論あるでしょうが、ネット上の体験談を鵜呑みにすることは脂肪注入豊胸の手術失敗への第一歩ともいえるでしょう。

■豊胸 脂肪注入 体験 ブログ(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入法による豊胸手術を受けたいという場合に体験者によるブログを参考にされる方は多いと思います。
ネット上には実際に脂肪注入豊胸を受けた感想や経過を写真、画像、動画などを添付しながらブログにつづっている方がけっこういらっしゃいます。
しかし、それらの体験談ブログなどの情報はその内容のすべてを鵜呑みにせず参考程度に留めておくべきだと思います。
体験談をつづっているブロガーの方が脂肪注入豊胸に成功したからといって他の患者が同じように上手くいくとは限りませんし、ブロガーの方が脂肪注入豊胸に失敗したからといって他の患者も満足しないとはいえません。それ以前に、ネット上というのはいわば誰もが匿名で投稿できる無法地帯。
その経過ブログや体験談ブログにかかれている脂肪注入豊胸の「体験談」は本物だとは限りません。美容外科クリニックに通じる”紹介屋”やクリニックの身内による集客目的の投稿である可能性も否定できません。
もちろん、脂肪注入豊胸の経過ブログや体験談ブログの中には実際に手術を受けた患者による生の声も存在するでしょう。
ですが、やはりネットの特性を考えるとこれらの体験ブログは参考程度に留めておくのが賢明だと思います。

■豊胸 脂肪注入 高須(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
CMなどでも有名な高須クリニック。
豊胸では脂肪注入法も行っています。
通常の脂肪注入では脂肪の定着率は2~3割程度ですが、高須クリニックでは脂肪の定着率が5~6割というマルチプルインジェクション法などで脂肪注入豊胸を行っています。
高須クリニックは現在、東京院、横浜院、名古屋院、栄院、大阪院の5院があります。
東京院、名古屋院、大阪院は中国人通訳スタッフが常駐しています。

■豊胸 脂肪注入 体験(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入豊胸はしこりや石灰化などの後遺症のリスクも高いため、施術を受ける前に実際に脂肪注入豊胸を体験した人の体験談を読んでおきたいと考えている方も多いはずです。
しかし、クリニックのホームページは営業的な面が強く、そのサイトに掲載されている患者らの体験談もクリニック側が良いものだけ選んでいるので(あるいはクリニックのスタッフが書いているので)信頼するには足りません。
そのためクリニックのサイトではなく、脂肪注入豊胸の体験者によるブログや掲示板で脂肪注入豊胸を受けた人の意見や手術後の経過、体験談が知りたいという方は多いと思います。
しかし一見、脂肪注入豊胸の体験者によるブログの中にも、クリニックが宣伝目的で運営しているものや割引治療を行って業者に委託しブログを書いてもらっているものもあります。
脂肪注入豊胸の体験を語り合っている掲示板の中にもクリニックスタッフや委託された業者の人間が手術を受けた患者になりすまし、脂肪注入豊胸の”体験”を語っているものも多く見受けられますので注意が必要です。
脂肪注入豊胸を受ける際に、良い体験談も悪い体験談も実体験に目を通しておくことは、確かに参考にはなりますが、誰もが匿名で投稿可能なインターネットの特性上、それらの脂肪注入豊胸の体験を鵜呑みにすることは避けた方が良さそうです。

■脂肪注入 豊胸 タバコ(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
タバコは脂肪注入豊胸の仕上がりを悪くさせる要因になり得ます。
タバコと脂肪注入豊胸の関係についてですが、タバコを吸うと体中の毛細血管が収縮します。そのためバストに注入された脂肪周辺の組織の毛細血管も収縮してしまい血行が悪くなります。
注入された脂肪がバストに定着するには、注入された脂肪に血管ができて、血管から酸素や栄養をもらえる状態になる必要があります。
しかし、タバコを吸うことによって血行が悪い状態がつづくと脂肪は定着せず、吸収されてしまう割合が多くなります。
脂肪注入豊胸は美容整形の中でも高額な手術。
せっかく高いお金を払ってやるのなら一度で最大の効果を出したいですよね。
脂肪注入豊胸を選択する場合は術後3ヶ月間はタバコの喫煙を避けたほうがいいでしょう。

■豊胸 脂肪注入 知恵袋(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
豊胸の脂肪注入法を受ける際に、yahoo!JAPANの知恵袋で質問したり、知恵袋の質疑応答を参考にしている方が多いようです。
知恵袋は誰でも匿名で質問できるので脂肪注入豊胸という人に相談しにくいことに関して質問するには大変便利なツールです。
しかし、管理人の元には
「yahoo!JAPAN知恵袋の回答を参考にして脂肪注入豊胸を受けたら失敗してしまった。」
「知恵袋で○○クリニックに脂肪注入豊胸の名医がいるというので手術を受けたがまったくのヤブ医者だった。」
という相談メールがけっこうな数寄せられます。
知恵袋は誰でも匿名で書き込めるというのはメリットでもありデメリットでもあることを意識すべきです。
よく知恵袋で質問している方の中に「脂肪注入豊胸に詳しい方、医療関係者の方、回答お願いします。」という書き込みを見かけます。
その質問に対して”医療関係者”や”脂肪注入豊胸体験者”を自称する回答者がもっとももらしい回答をしているものがありますが、その回答者の答えが真実であるのかは証明しようがありません。
数ある美容外科やクリニックのなかには、スタッフに知恵袋などのネット上の口コミサイトへの投稿ノルマを課しているところも実在します。
つまり、”医療関係者”を名乗って自院をそれとなく紹介したり、自院で脂肪注入豊胸の手術を受けた”体験者”を装い、「このクリニックは最高によかった!」とか、ライバル院で手術を受けた患者になりすまして「ここのクリニックで失敗した。ヤブ医者だ!」とか書き込むわけです。
また、「紹介屋」なるものの存在も忘れてはいけません。
彼らは一見、”医療関係者”や”脂肪注入豊胸の体験者”を装っていますが、裏ではいくつかの医院と結託にており、相談者を上手くそれらの医院に紹介し、手術することになればその手術料の一部をバックとしてもらうことを生業としているのです。
これらの事実からもお分かり頂けると思いますが、知恵袋の情報を鵜呑みにするのは手術失敗への第一歩。
知恵袋の豊胸の脂肪注入法に関する情報は、せいぜい参考にする程度に留めておいた方がいいでしょう。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

■脂肪注入 豊胸 しこり 治療(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入豊胸では、手術後にバストの内部に脂肪の固まり、いわゆるしこりができることがあります。
外見上からわかるほど大きなしこりから、触るとわずかに手に触れる程度の直径1cmに満たない小さなしこりまであります。
これらの脂肪注入豊胸でできてしまったしこりはきちんと治療すれば修正できることがほとんどです。
しこりが出来てしまった場合、触診だけで正しく状態を判断するのは非常に困難です。
状態によっては軽いものから石灰化してしまってるものもあり、対処法も異なってきます。
乳腺エコー検査を行い、しこりの部位や大きさ、状態を診断し適切な治療を選択する必要があります。
脂肪注入豊胸によるしこりは、脂肪と同時に注入した水分や麻酔液、死活・老活細胞などの不純物が、注入脂肪への栄養素の循環を妨げることで起こります。
脂肪を注入する際、同じ部分に多すぎる脂肪を注入すると起こりやすいと言われています。
脂肪注入豊胸によるしこりに対する治療ですが、吸収され自然になくなるような小さなしこりもあれば、石灰化を起こしているものもあり、それぞれ対処法が異なります。
エコー検査で部位や内部の構造を確実に把握し、小さなしこりに対しては吸引や溶解の治療、大きなしこりの場合は切開による摘出などの治療が行われるのが通常です。

■脂肪注入 豊胸 千葉(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
豊胸の脂肪注入法を行っているとされる千葉の美容外科クリニック一覧は下記の通りです。
城本クリニック津田沼院、城本クリニック柏院、共立美容外科千葉院、湘南美容外科クリニック柏院、船橋中央クリニック、東京美容形成外科船橋本院、品川美容外科千葉院、品川スキンクリニック千葉院、南柏メディカルクリニック、千葉中央美容形成クリニック。
これらの千葉の美容外科クリニックでは、脂肪注入法、脂肪細胞法、ACR血小板注入療法、コンデンスリッチ豊胸、セリューション豊胸、ピュアグラフト豊胸などの脂肪注入豊胸の他、バッグ+脂肪注入で胸を大きくするハイブリッド豊胸、コンポジット豊胸術などをやっているところもあるようです。

■豊胸 脂肪注入 定着(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
「豊胸の脂肪注入法の定着率を教えてください。」
「脂肪注入豊胸で脂肪はどの程度定着しますか?」
といった豊胸手術の脂肪注入法の脂肪の定着に関する質問を多く受け取ります。
一般的な脂肪注入豊胸の定着率は約30~40%といわれています。
豊胸バッグ挿入による豊胸術は、時間の経過とともにサイズが変わることなく、あらかじめイメージもしやすいのですが、脂肪注入豊胸でどのくらいサイズアップできるかはどうしても個人差による所が大きいのが現状です。
1回の脂肪注入でどれだけサイズアップできるのか、どれくらい脂肪が定着するのかは実際にやってみないと分かりません。
分解、吸収されずに注入した脂肪がバストに残る定着率は、全体の30~40%といわれていますが、脂肪は血管やリンパ管が通った細胞組織です。
すなわち生きた細胞なのでそこには血流がなくてはなりません。
ところが同じ人間の体内にある脂肪だからといって、例えば腹部とバストにある脂肪とでは組織も役割も異なります。
結果、腹部から採取した脂肪をバストに移植しても、バストにある脂肪と同じ働きをするとはいえず、注入した多くの脂肪が定着せず吸収されてしまうか、壊死してしこりになってしまいます。
クリニックによっては「定着率は50%~80%!」「当院の脂肪注入法なら2CUP~3CUPバストアップできる!」というような宣伝をしているところもあります。
しかし、現実はどの脂肪注入法であっても通常1カップアップが限界です。

■豊胸 脂肪注入 東京(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
豊胸の脂肪注入法を行っているとされる東京の美容外科クリニック一覧は下記の通りです。
THE CLINIC(ザ・クリニック)東京院、湘南美容外科クリニック渋谷院(女性専用クリニック)、共立美容外科新宿本院、城本クリニック新宿院、銀座長澤クリニック、コムロ美容外科東京銀座院、ガーデンクリニック池袋院、ガーデンクリニック品川院、湘南美容外科クリニック町田院、東京美容外科東京新宿院、表参道タウン形成外科クリニック、品川美容外科新宿院、大塚美容形成外科東京大塚院、品川美容外科品川本院、品川美容外科渋谷院、東京美容外科東京銀座院、湘南美容外科クリニック品川院、品川美容外科池袋院、城本クリニック池袋院、城本クリニック立川院、共立美容外科・美容皮膚科銀座院、真崎医院、東京皮膚科・形成外科(銀座いけだクリニック)、共立美容外科・美容皮膚科渋谷院、新宿中央クリニック、高須クリニック東京院、湘南メディカル記念病院美容外科/皮膚科、ルーチェ東京美容クリニック池袋院、渋谷高野美容医院、キルシェクリニック、恵比寿ASクリニック、北村クリニック、コスメディカルクリニックシンシア銀座院、Dr.アンディーズクリニック六本木院、アーツ銀座クリニック銀座院、新宿美容外科クリニック新宿院、青山セレスクリニック、ルネッサンス美容外科医院東京院、池本形成外科・美容外科、品川スキンクリニック品川本院、品川スキンクリニック新宿院、品川スキンクリニック池袋院、品川スキンクリニック上野院、品川スキンクリニック立川院、品川スキンクリニック表参道院、品川スキンクリニック銀座院、品川美容外科銀座院、品川美容外科上野院、エスト美容クリニック品川院、秋葉原中央クリニック美容外科/毛髪再生/医療レーザー、もとび美容外科クリニック新宿院、新宿美容外科クリニック立川院、神谷町皮フ科形成外科、メディエススキンクリニック新宿院、みずほクリニック、さやか美容クリニック・町田、プリモ麻布十番クリニック、クリニック日比谷、コスメディカルクリニックシンシア渋谷院、新宿ラルク美容外科クリニック新宿院、エスト美容クリニック町田院、新宿ビューティークリニック新宿院、聖心美容クリニック東京院、湘南美容外科クリニック新宿本院、アサミ美容外科渋谷院、慶友形成クリニック、アジアン美容クリニック、山本クリニック、ベル美容外科クリニック、ドクタースパ・クリニック、松倉HEBE DAIKANYAMA、ライフクリニック、品川スキンクリニック渋谷院、品川スキンクリニックアイランドタワー、品川美容外科新宿アイランドタワー、湘南美容外科クリニック表参道院、湘南美容外科クリニック銀座院、湘南美容外科クリニック上野院、湘南美容外科クリニック池袋東口院、湘南美容外科クリニック立川院、湘南美容外科クリニック池袋西口院、新宿ビューティークリニック池袋院、銀座S美容・形成外科クリニック、はなえクリニック、表参道ヘレネビューティークリニック表参道本院、千川形成外科、THE CLINIC(ザ・クリニック)、Oracle皮膚科美容外科チョンダム店、サフォクリニック、恵比寿ウエストヒルズクリニック、アーツ銀座クリニック、ヤスミクリニック、コーラルビューティークリニック東京表参道院、神田美容外科形成外科医院、銀座美容外科クリニック銀座院、渋谷美容外科クリニック立川院、銀座トキオクリニック、クリニックモリ、ファーストビューティクリニック銀座院、銀座CUVOクリニック、四谷見附クリニック、HTクリニック、渋谷メディクスクリニック美容外科。
これらの美容外科クリニックでは、脂肪注入法、脂肪細胞法、ACR血小板注入療法、コンデンスリッチ豊胸、セリューション豊胸、ピュアグラフト豊胸などの脂肪注入豊胸の他、バッグ+脂肪注入で胸を大きくするハイブリッド豊胸、コンポジット豊胸術などをやっているところもあるようです。

■豊胸 脂肪注入 何年(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
豊胸の脂肪注入法は何年ほど効果が持ちますか?という相談をよく受けます。
脂肪注入豊胸を行っているクリニックのほとんどが移植した脂肪は半永久的に持ち続けると宣伝しています。なぜなら一度定着した脂肪は半永久的にバストの脂肪となって生き続けるから何年も効果が持続するのだそうです。
しかし、アメリカの権威ある医師らの説によれば、移植された脂肪は3ヶ月~4年位でそのほとんどが吸収されてしまいバストのサイズは手術前に戻ってしまうというのが定説になっており、数年単位で考えると血流のある活性脂肪の定着率は0%とまでいわれています。
脂肪注入豊胸は年々技術の改良が進んでおり、世界に安全が認められる技術も生まれつつあります。しかし、脂肪注入豊胸の効果が何年も、あるいは半永久的に続くと思って施術を受けると後で後悔する結果になるかもしれません。

■豊胸 脂肪注入 なくなる(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
「豊胸を脂肪注入法で受けたいが注入した脂肪がなくなることはありますか?」
「バストに注入された脂肪は吸収されてなくなる分もあるらしいが、どのくらいの脂肪が残るか?」
という脂肪注入豊胸術後の脂肪の定着や脂肪の持ちに関する質問をよく頂きます。
まずは、>バストに注入された脂肪はどのくらい残るか?
という質問に対してですが、一般的な脂肪注入豊胸の定着率は約30~40%といわれています。
豊胸バッグ挿入による豊胸術は、時間の経過とともにサイズが変わることなく、あらかじめイメージもしやすいのですが、脂肪注入豊胸はどうしても個人差による所が大きいのが現状です。
1回の脂肪注入でどれだけバストアップできるのか、脂肪の定着率がどれぐらいなのかは実際にやってみないと分かりません。
また、>豊胸を脂肪注入法で受けたいが注入した脂肪がなくなることはありますか?
という問いに対してですが、脂肪注入豊胸を行っているクリニックのほとんどが移植した脂肪は半永久的に持ち続けると宣伝しています。なぜなら一度定着した脂肪は半永久的にバストの脂肪となって生き続けるからなくなることはないのだそうです。
しかし、アメリカの権威ある医師らの説によれば、移植された脂肪は3ヶ月~4年位でそのほとんどが吸収されてしまいバストのサイズは手術前に戻ってしまうというのが定説になっており、数年単位で考えると血流のある活性脂肪の定着率は0%とまでいわれています。
脂肪注入豊胸は年々技術の改良が進んでおり、世界に安全が認められる技術も生まれつつあります。しかし、脂肪注入豊胸では移植された脂肪がなくなることはなく、半永久的に効果が続くと思って施術を受けると後で後悔する結果になるかもしれません。

■豊胸 脂肪注入 乳がん検診(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
「脂肪注入などで豊胸手術を受けた後に乳がん検診に行きづらい。」
「脂肪注入豊胸の場合でも乳がん検診に行くと豊胸したことがばれてしまいますか?」
という相談をよく受けます。
同時に「豊胸施術をすると乳がんになる可能性が高くなるか?」という質問も非常に多く寄せられるのでそちらから先に説明したいと思います。
注入豊胸しても乳がんへのリスクが高まるわけではないという説と、脂肪注入豊胸によりできた石灰化したシコリは乳癌を誘発する確率が非常に高いという説と両方あり、脂肪注入豊胸と乳がんの因果関係は証明しきれていないのが現状です。
バッグ豊胸と乳がんの因果関係については、アメリカのNational Academy in Science(国立科学アカデミー)の医学研究所の最近の報告では、シリコンプロテーゼを挿入したことによって、乳癌や特別な結合織の病気になる確率が増大することはないとの報告がなされています。
しかし、問題は脂肪注入豊胸でもバッグ豊胸でも、豊胸施術を受けた方が乳がん検診へ向かう足が遠のいてしまうことにあるように思います。
確かに豊胸したことは出来るだけバレたくないですし、億劫になってしまうのは分かりますが、バッグであれ脂肪であれヒアルロン酸であれ、胸に異物を入れたならなおさら、大事を取って乳がん検診は受けておくべきです。
現在、日本の乳がん検査は、「マンモグラフィー」と「超音波エコー」の2つが主流です。
これらの検診で万が一、何かの疑いがあればさらにCTやMRIを受け、詳細な確定診断を組織診断で行うという流れが一般的です。
脂肪注入豊胸を受けた場合はマンモグラフィーも超音波エコーも受けることができます。
バッグ豊胸の場合はマンモグラフィーはできないと考えている方が多いようですが、基本的に断られることは多いのですが、一部のクリニックでは豊胸バッグが入っていてもマンモグラフィー検査の可能な所もあります。もちろん、超音波エコーは問題なく受けることができます。
ただ、脂肪注入豊胸を受けている場合も、バッグ豊胸の場合も、正確な診断を仰ぐために豊胸施術を受けていることは事前に医師に申告するようにしましょう。
医師には守秘義務がありますので、それを第三者に漏らすようなことはありません。
脂肪注入豊胸をすでに受けてしまった場合は、これらの乳がん検診では石灰化したシコリなのか、癌細胞によるシコリなのか、完璧な判断がつきませんから摘出手術を受けずに放置しておくことは非常に危険です。
バストに注入した脂肪が石灰化してしまっている場合、直ちに除去手術を受けることで乳がんへのリスクを軽減することができるでしょう。

■豊胸 脂肪注入 二回目(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
豊胸の脂肪注入法を受けたが、時間の経過に従い徐々に胸が小さくなってしまい二回目の脂肪注入を考えている方が多いようです。
脂肪注入豊胸は二回以上やると大きくなりやすいと宣伝しているクリニックが多いですが、これはまったくの宣伝文句で、実際は二回目も一回目と同じく吸収されてバストがもとに戻ってしまったり、しこりや石灰化ができてしまったという症例が相次いでいます。
また、脂肪吸引部に関しても同じ部位から脂肪を採取することは皮膚の凹凸やしわを招きやすく、別の場所から採取するにしても傷口を増やすというデメリットがあります。
脂肪注入豊胸を二回目、三回目・・と繰り返すことは決して美容面からも健康面からもいいことは言えません。

■豊胸 脂肪注入 乳がん(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
「脂肪注入による豊胸施術をすると乳がんになる可能性が高くなりますか?」
という相談をよく受けます。
脂肪注入豊胸しても乳がんへのリスクが高まるわけではないという説と、脂肪注入豊胸によりできた石灰化したシコリは乳癌を誘発する確率が非常に高いという説と両方あり、脂肪注入豊胸と乳がんの因果関係は証明しきれていないのが現状です。
ちなみに、バッグ豊胸と乳がんの因果関係については、アメリカのNational Academy in Science(国立科学アカデミー)の医学研究所の最近の報告では、シリコンプロテーゼを挿入したことによって、乳癌や特別な結合織の病気になる確率が増大することはないとの報告がなされています。
しかし、問題は脂肪注入豊胸でもバッグ豊胸でも、豊胸施術を受けた方が乳がん検診へ向かう足が遠のいてしまうことにあるように思います。
確かに豊胸したことは出来るだけバレたくないですし、億劫になってしまうのは分かりますが、バッグであれ脂肪であれヒアルロン酸であれ、胸に異物を入れたならなおさら、大事を取って乳がん検診は受けておくべきです。
現在、日本の乳がん検査は、「マンモグラフィー」と「超音波エコー」の2つが主流です。
これらの検診で万が一、何かの疑いがあればさらにCTやMRIを受け、詳細な確定診断を組織診断で行うという流れが一般的です。
脂肪注入豊胸を受けた場合はマンモグラフィーも超音波エコーも受けることができます。
バッグ豊胸の場合はマンモグラフィーはできないと考えている方が多いようですが、基本的に断られることは多いのですが、一部のクリニックでは豊胸バッグが入っていてもマンモグラフィー検査の可能な所もあります。もちろん、超音波エコーは問題なく受けることができます。
ただ、脂肪注入豊胸を受けている場合も、バッグ豊胸の場合も、正確な診断を仰ぐために豊胸施術を受けていることは事前に医師に申告するようにしましょう。
医師には守秘義務がありますので、それを第三者に漏らすようなことはありません。
脂肪注入豊胸をすでに受けてしまった場合は、これらの乳がん検診では石灰化したシコリなのか、癌細胞によるシコリなのか、完璧な判断がつきませんから摘出手術を受けずに放置しておくことは非常に危険です。
バストに注入した脂肪が石灰化してしまっている場合、直ちに除去手術を受けることで乳がんへのリスクを軽減することができるでしょう。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

■豊胸 脂肪注入 妊娠(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入法で豊胸したあとに妊娠・授乳しても母乳に影響はないか?という質問をよく受け取ります。
妊娠・出産・授乳、そして産後のバストについては女性には気になるところですよね。
結論から先に申し上げると、ヒアルロン酸注射、シリコンバッグ豊胸、脂肪注入豊胸、どの方法でも基本的に授乳や母乳への悪影響はありません。
ただトラブルの可能性がゼロかといえばそうではありません。
例えば、シリコンバッグで豊胸した場合、妊娠中や産後の授乳の前後には乳腺が発達して大きくなるため、挿入したバッグのサイズに余裕がないとかなり張りが辛いという方もいらっしゃいます。
授乳時にバッグで乳腺を圧迫し乳腺炎を発症するケースもしばしば見受けられます。
また、脂肪注入法で豊胸した場合も、自然吸収されると指摘され、豊胸後にできた1㎝に満たないしこりを放置していた場合に、妊娠により乳腺が発達してバストが大きくなるため、しこりが目立ってきて気になり精神的にストレスを感じる方もいらっしゃいます。
今後、妊娠・出産したいが脂肪注入による豊胸でバストアップしたいという方はそのあたりのリスクも踏まえた上で医師に相談してみるとよいでしょう。

■豊胸 脂肪注入 値段(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入豊胸の値段はその術式(ピュアグラフト豊胸、コンデンスリッチ豊胸、セリューション豊胸等)により、また各クリニックにより大きく異なります。
最も値段の安いクリニックで約30万、最も値段の高いクリニックで約150万ほどの値段です。
脂肪注入豊胸は美容整形手術の中でも比較的高額の部類に入るので、出来るだけコストを抑え値段の安いクリニックで治療を受けたいという気持ちは分かります。
しかし、脂肪注入豊胸を受ける際は値段の安さだけに重きを置くのではなく、術式や施術の方法、安全性、医師の経歴や症例などをよく検討してクリニックや医師を選択するようにしてください。

■脂肪注入 豊胸 熱(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入豊胸の術後に熱が出ることがあります。
原因は主に2つほど考えられます。
1つ目は感染症の疑いです。
感染症は術後すぐに発病するとは限りません。脂肪注入豊胸を受けてから約2週間後に痛みや腫れ、赤みが出た場合、バストの中で注入した脂肪の壊死が起こっている可能性が高いです。
脂肪が壊死すると、激しい痛みや腫れ、赤み、発熱の症状が出ます。
感染症による脂肪注入豊胸後の発熱は注入した脂肪に不純物が多かった、無菌状態ではなかったなどの原因が考えられます。
脂肪壊死が起こると感染症にかかりやすくなるので、洗浄や除去などの再手術が必要になってきます。
脂肪注入豊胸による感染症は、抗生物質などを服用することで治療しますが、感染症が重度になると化膿することがあり、再手術して切除する必要も出てきます。
2つ目の発熱の原因は脂肪注入豊胸の術後で身体の免疫力が低下しているための体長不良です。
術後は身体の免疫力がどうしても落ちやすいので、体調不良から熱が出たり、発熱が起きたりするケースがみられます。
発熱が長い間続く場合は感染症の可能性がありますが、術後直後の発熱であれば医師の指示を仰ぎ抗生物質などの服用で様子を見ることで改善する場合がほとんどです。
脂肪注入豊胸の施術後は身体に負担がかかり体調を崩しやすいので、睡眠や栄養をよくとるなどいつも以上に体調管理には気をつけるようにしてください。

■豊胸 脂肪注入 半永久(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入豊胸すれば大きくて自然な形・触り心地のバストを半永久的に手に入れられると期待している方が多いようですが、術後に後遺症を抱えるトラブルが後を絶たないのが現状です。
クリニックによっては脂肪注入豊胸で注入した脂肪は半永久的に定着すると表示しているところもありますが、脂肪注入豊胸を受けた術後1年経過してから、3年経過してから、もしくは10年経過してからしこりが見つかった、石灰化してしまったという患者は相当数にのぼります。
たしかに”半永久的に”バストアップできたのだとしても、その胸の大きさを形作っているものが生着している健康な脂肪ではなく壊死してしまったしこりや石灰化では意味がないばかりか身体にもいいわけがありません。
脂肪注入豊胸すれば大きなバストを半永久的に手に入れられると信じ込むのは、言葉は悪いですが美容外科クリニックの良いカモと言えるでしょう。

■脂肪注入 豊胸 腫れ(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
脂肪注入豊胸の手術後1~2週間は脂肪を取った部分に内出血や腫れがでます。
内出血や腫れがでている期間は痛みもでます。
痛みについては筋肉痛程度の痛みだったという方から、激痛で寝返りができなかった、痛くて歩くことができず這って移動していた、という方まで様々です。
通常、痛み止めの飲み薬が処方させるのでそれでコントロールしますが、あまりに腫れや痛みがひどい場合にはすぐに執刀医に連絡するようにしてください。
脂肪吸引部の腫れは通常、1~2週間程度ですが、内出血で皮膚が紫色に変色してしまう状態が回復するのには1ヶ月ほどかかる場合が多いです。
また、脂肪注入した胸の腫れについても腫れやむくみが出る状態が1~2週間程度続きます。脂肪注入豊胸したバストは術後1週間程度は、医療用テープで保護します。
脂肪注入した箇所を圧迫してしまうためワイヤーの入ったブラジャーは、3~4週間は使用を避けます。
脂肪注入豊胸の直後は腫れにより胸がかなり大きくなったように見えるので、その状態が完成だと思って喜んでしまうと、3ヶ月かけて徐々に小さくなっていったときに物足りなさを感じるかもしれませんが、腫れが完全に引き脂肪が定着して本来の仕上がりになるのには3ヶ月ほどかかります。
脂肪注入した胸も、やはり内出血で皮膚が紫色に変色してしまう状態が回復するのには1ヶ月ほどかかる場合が多いです。

■豊胸 脂肪注入 評判(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
「脂肪注入豊胸で最も評判の良い美容外科を知りたい」
「ネット上の美容外科ランキングサイトで脂肪注入豊胸の人気NO.1クリニックの名前があがっているが、別の評判サイトでそのクリニックの評判が最悪なものだった。どちらを信じればいいの?」
というような脂肪注入豊胸の評判に関する相談メールをよく受け取ります。
結論から先に申し上げるなら、脂肪注入豊胸に関する良い評判も悪い評判も、ネット上の評判を信じるなんて百害あって一利なしです。
ネット上というのはいわば誰もが匿名で投稿できる無法地帯です。
その評判サイトにかかれている「体験談」は本物なのでしょうか?
ランキングサイトの「美容外科人気ランキング」とは誰がどんな基準で作ったものなのでしょうか?
脂肪注入豊胸を行っている美容外科を含め数あるクリニックのなかには、スタッフにネット上の評判サイトへの投稿ノルマを課しているところも実在します。
つまり、自院で脂肪注入豊胸術を受けた患者を装い、「このクリニックで脂肪注入豊胸を受けて成功した」とか、ライバル院で脂肪注入豊胸術を受けた患者になりすまして「ここのクリニックで脂肪注入豊胸を受けて失敗した!」とか評判を書き込むわけです。
また、「紹介屋」なるものの存在も忘れてはいけません。
彼らは一見、美容整形に関する相談サイトをやっているようにみせかけて、裏ではいくつかの医院と結託にており、脂肪注入豊胸術などの相談者を上手くそれらの医院に紹介し、手術することになればその手術料の一部をバックとしてもらうことを生業としているのです。
これらの事実からもお分かり頂けると思いますが、脂肪注入豊胸の評判を含めネット上の評判を信じるのは手術失敗への第一歩。
決して鵜呑みにするべきではありません。

■豊胸 脂肪注入 広島(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
豊胸の脂肪注入法を行っているとされる広島の美容外科クリニック一覧は下記の通りです。
広島プルミエクリニック、東京美容外科広島福山院、広島中央クリニック、さくら美容外科、品川スキンクリニック広島院、聖心美容クリニック広島院、湘南美容外科クリニック広島院、宮本形成外科、並木Sクリニック、すず美容形成外科医院。
これらの美容外科クリニックでは、脂肪注入法、脂肪細胞法、ACR血小板注入療法、コンデンスリッチ豊胸、セリューション豊胸、ピュアグラフト豊胸などの脂肪注入豊胸の他、バッグ+脂肪注入で胸を大きくするハイブリッド豊胸、コンポジット豊胸術などをやっているところもあるようです。

■豊胸 ヒアルロン酸 脂肪注入(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
ヒアルロン酸による豊胸はプチ豊胸とも呼ばれ、豊胸手術の中でも最も簡単で最も安い治療法です。
ヒアルロン酸注入を経験後、脂肪注入で豊胸される方がたくさんいらっしゃいます。
ヒアルロン酸注入による豊胸は100ccで12万円~と脂肪注入豊胸に比べてかなり安価です。手軽なヒアルロン酸注入でバストアップを試してから脂肪注入豊胸で半永久的なバストを手に入れたいという考えのようです。
ヒアルロン酸注入を経験後、脂肪注入豊胸をされる方たちに多い意見としては、
・ヒアルロン酸豊胸をしたが、すぐ元のサイズに戻ってしまった。
・なんどもヒアルロン酸豊胸をするのでは逆にコストがかかる。
・ヒアルロン酸を注入した胸が思ったより硬かった。
などがあげられます。
脂肪注入豊胸の後遺症としてしこりができることがあることはよく知られていますが、ヒアルロン酸注入でもしこりはできます。
すでに、ヒアルロン酸注入の豊胸施術を受けている場合、脂肪注入豊胸を行う際に気をつけなければならないことがあります。
それは、乳房内に残っているヒアルロン酸の塊に脂肪を注入しないようにすることです。もし注入してしまうと、ヒアルロン酸内には血流がないためその脂肪は壊死してしまい、さらに大きなしこりとして残ってしまいます。
ヒアルロン酸注入を経験後、脂肪注入で豊胸される方はヒアルロン酸バスト内に残っているか、クリニックで診察を受ける必要があります。
この場合、触診だけでは正確な判断ができません。
乳腺用エコーのあるクリニックに行き乳房内の状態を診断してもらう必要があります。
必要に応じてヒアルロン酸を吸引、除去する必要もあります。
このように、手軽で安いヒアルロン酸注入でバストアップを試してから脂肪注入豊胸で半永久的なバストを手に入れたいという考えはメリットばかりではありません。
ヒアルロン酸を吸引、除去後に脂肪注入豊胸となっては費用もかさみますし、何度も施術を繰り返すことは決してバストにいいことではありません。
ヒアルロン酸注入でバストアップを試すのか、はじめから脂肪注入豊胸を選択するのか、一長一短と思えるかも知れませんが、熟考してから治療に挑んでほしいと思います。

■豊胸 脂肪注入 福岡(Theme-ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入)
豊胸の脂肪注入法を行っているとされる福岡の美容外科クリニック一覧は下記の通りです。
THE CLINIC(ザ・クリニック)福岡院、城本クリニック福岡院、ガーデンクリニック福岡天神院、共立美容外科福岡院、品川美容外科福岡院、福嶋美容外科クリニック、品川スキンクリニック福岡院、エスト美容クリニック福岡院、福岡博多駅前通中央クリニック、聖心美容クリニック、国際美容外科、飯尾形成外科クリニック、松林景一美容クリニック天神、湘南美容外科クリニック福岡院、OZUMIクリニック、湘南美容外科クリニック小倉院、天神総合美容クリニック、一番街総合診療所、オリエンタルクリニック。
これらの美容外科クリニックでは、脂肪注入法、脂肪細胞法、ACR血小板注入療法、コンデンスリッチ豊胸、セリューション豊胸、ピュアグラフト豊胸などの脂肪注入豊胸の他、バッグ+脂肪注入で胸を大きくするハイブリッド豊胸、コンポジット豊胸術などをやっているところもあるようです。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

■豊胸脂肪注入法及びその他の豊胸術 手術名一覧
バック豊胸手術/バック除去/バック取り出し/バック入れ替え/シリコンバック豊胸手術/シリコンバック除去/シリコンバック取り出し/シリコンバック入れ替え/アナトミカルバッグ/アナトミカルバッグ入れ替え/アナトミカルバッグ挿入/アナトミカルバッグ取り出し/アナトミカルバッグ抜去/アナトミカルバッグ豊胸手術/アナトミカルバッグ豊胸術/アナトミカルバッグ他院修正/インプラントバッグ入れ替え/インプラントバッグ挿入/インプラントバッグ取り出し/インプラントバッグ抜去/インプラントバッグ豊胸手術/インプラントバッグ豊胸術/インプラントバッグ他院修正/SBCエンジェルバッグ/SBCエンジェルバッグ入れ替え/SBCエンジェルバッグ挿入/SBCエンジェルバッグ取り出し/SBCエンジェルバッグ抜去/SBCエンジェルバッグ豊胸/SBCエンジェルバッグ豊胸手術/SBCエンジェルバッグ他院修正/下垂乳房形成術/KUJIME式ダブルトリートメント豊胸術/下垂乳房形成/コヒーシブシリコン/コヒーシブシリコン入れ替え/コヒーシブシリコン挿入/コヒーシブシリコン取り出し/コヒーシブシリコン抜去/コヒーシブシリコン豊胸手術/コヒーシブシリコン豊胸術/コヒーシブシリコン他院修正/CMCジェルバッグ/CMCジェルバッグ入れ替え/CMCジェルバッグ挿入/CMCジェルバッグ取り出し/CMCジェルバッグ抜去/CMCジェルバッグ豊胸/CMCジェルバッグ豊胸手術/CMCジェルバッグ他院修正/シリコンジェル/シリコンジェル入れ替え/シリコンジェル挿入/シリコンジェル取り出し/シリコンジェル抜去/シリコンジェル他院修正/シリコンジェルバッグ/シリコンジェルバッグ他院修正/シリコンジェルバッグ入れ替え/シリコンジェルバッグ挿入/シリコンジェルバッグ取り出し/シリコンジェルバッグ抜去/シリコンジェルバッグ豊胸手術/シリコンジェルバッグ豊胸術/シリコンジェル豊胸手術/シリコンジェル豊胸術/シリコンバッグ/シリコンバッグ入れ替え/シリコンバッグ挿入/シリコンバッグ取り出し/シリコンバッグ抜去/シリコンバッグ豊胸手術/シリコンバッグ豊胸術/シリコンバッグ他院修正/シリコンプロテーゼバッグ入れ替え/シリコンプロテーゼバッグ挿入/シリコンプロテーゼバッグ取り出し/シリコンプロテーゼバッグ抜去/シリコンプロテーゼ豊胸手術/シリコンプロテーゼ豊胸術/シリコンプロテーゼバッグ他院修正/人工乳腺豊胸手術/人工乳腺入れ替え/人工乳腺挿入/人工乳腺取り出し/人工乳腺抜去/人工乳腺豊胸術/人工乳腺他院修正/スーパープレミアムバッグ/生理食塩水バッグ入れ替え/生理食塩水バッグ挿入/生理食塩水バッグ取り出し/生理食塩水バッグ抜去/生理食塩水バッグ豊胸手術/生理食塩水バッグ豊胸術/生理食塩水バッグ他院修正/内視鏡下バッグ豊胸/パーテスセンシティブバッグ入れ替え/パーテスセンシティブバッグ挿入/パーテスセンシティブバッグ取り出し/パーテスセンシティブバッグ抜去/パーテスセンシティブバッグ豊胸手術/パーテスセンシティブバッグ豊胸/パーテスセンシティブバッグ他院修正/パーテスセンシティブバッグ/バイオセルバッグ入れ替え/バイオセルバッグ挿入/バイオセルバッグ取り出し/バイオセルバッグ抜去/バイオセルバッグ豊胸手術/バイオセルバッグ豊胸術/バイオセルバッグ他院修正/ハイドロジェルバッグ入れ替え/ハイドロジェルバッグ挿入/ハイドロジェルバッグ取り出し/ハイドロジェルバッグ抜去/ハイドロジェルバッグ豊胸手術/ハイドロジェルバッグ豊胸術/ハイドロジェルバッグ他院修正/ハイドロジェル豊胸手術/ハイドロジェル豊胸術/ハイブリッド豊胸/バストアップ術/バスト形成手術/バスト形成術/プレミアム豊胸術エンジェルバッグ/プレミアム豊胸術エンジェルバッグ入れ替え/プレミアム豊胸術エンジェルバッグ挿入/プレミアム豊胸術エンジェルバッグ取り出し/プレミアム豊胸術エンジェルバッグ抜去/プレミアム豊胸術エンジェルバッグ他院修正/プレミアム豊胸術シンデレラバッグ/プレミアム豊胸術シンデレラバッグ入れ替え/プレミアム豊胸術シンデレラバッグ挿入/プレミアム豊胸術シンデレラバッグ取り出し/プレミアム豊胸術シンデレラバッグ抜去/プレミアム豊胸術シンデレラバッグ他院修正/プレミアム豊胸術マーメイドバッグ/プレミアム豊胸術マーメイドバッグ入れ替え/プレミアム豊胸術マーメイドバッグ挿入/プレミアム豊胸術マーメイドバッグ取り出し/プレミアム豊胸術マーメイドバッグ抜去/プレミアム豊胸術マーメイドバッグ他院修正/プロテーゼバッグ入れ替え/プロテーゼバッグ挿入/プロテーゼバッグ取り出し/プロテーゼバッグ抜去/プロテーゼバッグ豊胸手術/プロテーゼバッグ豊胸術/プロテーゼバッグ他院修正/プロテーゼ豊胸手術/プロテーゼ豊胸術/豊胸インプラントバッグMotiva/豊胸手術/豊胸術/メモリージェルバッグ/メモリージェルバッグ入れ替え/メモリージェルバッグ挿入/メモリージェルバッグ取り出し/メモリージェルバッグ抜去/メモリージェルバッグ他院修正/リッツ・プリンセスバッグ/リッツ・プリンセスバッグ入れ替え/リッツ・プリンセスバッグ挿入/リッツ・プリンセスバッグ取り出し/リッツ・プリンセスバッグ抜去/リッツ・プリンセスバッグ他院修正/ACR血小板注入法豊胸手術/ACR血小板注入法豊胸術/幹細胞脂肪注入法豊胸/幹細胞脂肪注入法豊胸手術/幹細胞脂肪注入法豊胸術/血小板注入法豊胸/血小板注入法豊胸手術/血小板注入法豊胸術/コンデンスリッチ法豊胸/コンデンスリッチ法豊胸手術/コンデンスリッチ法豊胸術/自家組織注入法豊胸/自家組織注入法豊胸手術/自家組織注入法豊胸術/自己脂肪注入法豊胸/自己脂肪注入法豊胸手術/自己脂肪注入法豊胸術/脂肪幹細胞注入法豊胸/脂肪幹細胞注入法豊胸手術/脂肪幹細胞注入法豊胸術/脂肪組織由来幹細胞移植法/脂肪組織由来幹細胞移植豊胸/脂肪組織由来幹細胞移植豊胸手術/脂肪組織由来幹細胞移植豊胸術/脂肪注入法豊胸/脂肪注入法豊胸手術/脂肪注入法豊胸術/脂肪由来幹細胞注入法/脂肪由来幹細胞注入法豊胸/脂肪由来幹細胞注入法豊胸手術/脂肪由来幹細胞注入法豊胸術/セリューションシステム豊胸/セリューションシステム豊胸手術/セリューションシステム豊胸術/ヒアルロン酸注入法豊胸/ヒアルロン酸注入法豊胸手術/ヒアルロン酸注入法豊胸術/PRP血小板注入法豊胸/PRP血小板注入法豊胸手術/PRP血小板注入法豊胸術/漏斗胸に対する乳房再建/漏斗胸に対する乳房再建手術/漏斗胸に対する乳房再建術/コンデンスリッチ豊胸術/コンデンスリッチ豊胸手術/切らないシンデレラ豊胸/SUB-Q豊胸/幹細胞豊胸/幹細胞豊胸手術/脂肪吸引+豊胸術/VASER併用幹細胞豊胸/注入系豊胸/注入系豊胸手術/ハイブリッド豊胸/ハイブリッド豊胸手術/プチ豊胸術/プチ豊胸手術/マンマリーヒアル豊胸術/マンマリーヒアル豊胸手術/マルチプルインジェクション法豊胸術/マルチプルインジェクション法豊胸手術/品川式W-PRP脂肪幹細胞注入法/品川式W-PRP L-MAX脂肪幹細胞注入法/品川式W-PRP LL-MAX脂肪幹細胞注入法/ハイブリッド豊胸エンジェルバッグ/ハイブリッド豊胸シンデレラバッグ/ハイブリッド豊胸マーメイドバッグ/濃縮脂肪細胞豊胸術/濃縮脂肪細胞豊胸手術/ヒアルロン酸による豊胸術/PPP+PRPジェル豊胸/セリューション豊胸術/セリューション豊胸手術/ピュアグラフト豊胸術/ピュアグラフト豊胸手術/セリューション乳房再建術/セリューション乳房再建手術/脂肪由来幹細胞移植豊胸術/脂肪由来幹細胞移植豊胸手術/幹細胞脂肪注入による豊胸手術/幹細胞脂肪注入による豊胸術/豊胸術脂肪注入法/幹細胞+PRP脂肪注入法豊胸術/幹細胞+PRP脂肪注入法豊胸手術/高生着率脂肪注入豊胸術/高生着率脂肪注入豊胸手術/W-PRP-F注入法豊胸術/W-PRP-F注入法豊胸手術

■豊胸 脂肪注入 各都道府県一覧
現在では、豊胸の脂肪注入法をやっているクリニックを含め美容外科専門の診療所は日本国内に1000件以上存在すると推定されています。それらの美容外科は下記のように日本全国、北海道~本州~四国~九州まで、そして各都道府県にあります。特に県庁所在地のあるような大きな都市に集中している傾向が見られます。
また、下記のような海外での美容整形も近年人気を集めています。
今後、脂肪注入豊胸を行っているクリニックの一覧を地域別に詳しく表記しようと考えています。現在、作成中ですので今しばらくお待ちください。

北海道(札幌・函館・旭川)/青森/岩手(盛岡)/宮城(仙台)/秋田/山形/福島/茨城(水戸)/栃木(宇都宮)/群馬(前橋)/埼玉/千葉/東京/神奈川(横浜)/新潟/富山/石川(金沢)/福井/山梨(甲府)/長野/岐阜/静岡/愛知(名古屋)/三重(津)/滋賀(大津)/京都/大阪/兵庫(神戸)/奈良/和歌山/鳥取/島根(松江)/岡山/広島/山口/徳島/香川(高松)/愛媛(松山)/高知/福岡(博多)/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島/沖縄(那覇)

・韓国(ソウル市江南-カンナム-区新沙洞-シンサドン-他)
・タイ(バンコク、プーケット他) 

■ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成している部分があります。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

<**さん>私は、幼少時より容姿のことで悩んできました。
学校で「ブス!」「キモイ!」と言われては家に帰ってきてふさぎ込む日々。
大人になって学校を卒業し社会に出れば変わるだろうと思っていましたが、就職して会社勤めをはじめても陰口は変わらず。(むしろさらに陰険になりました。)
こんな惨めな毎日に耐えきれず、美容整形で自分の外見を変えることを考え始めました。
たまたまネット検索でこのサイトを見つけて、「ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入」などの寄稿記事を読んで救われたような気持ちになりました。
外見のことで毎日のように悩んでいるのは私だけではなかった!
ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入を含む寄稿記事には自らの容姿の悩みや、美容整形についての真剣な相談が多く、これから美容整形をうけるつもりの私には大変参考になりました。
私と同じように容姿で悩んでいる人たちがたくさんいる、美容整形という手段を考えているのは私だけじゃない。。
それが分かっただけでも、だいぶ気が楽になりました。
さらに、ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入などの寄稿記事を読むといろんな人の考えが読めるので、美容整形について様々な角度からみることができ、客観的な判断ができるという点でも非常に役に立ちました。
私は思いこんだら人の意見に耳をかさず突っ走ってしまうところがあるので。。
カウンセリングから手術、ダウンタイム、そして完治への流れも詳細に書いてくれている人もたくさんいたので、今やるべきこと、仕事を何日休めばいいか、周りになんといって長期休暇をとるのがいいのか、ダウンタイムを早く終えるためにはどうすればいいのかなども把握することができ、心構えができて次にやるべきアクションが明確に見えてきました。
今までただ悩んでいるだけで閉じこもっていたのが、悩みを解決するために具体的な行動に移せるようになりました。
これは私の中でとても大きな進歩です。
なにげなく美容整形について検索していて、ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入の記事を読みこのブログを見つけて、そして積極的に行動する勇気を得ることができました。
自分自身のことなのだから、自分で率先して動いて解決しなければ一生このままなのだと自覚しました。
これまで散々苦しめられてきた外見の悩みに真っ向から立ち向かって必ず最良の解決へ導きます!!
ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入を含む寄稿記事のおかげでその勇気を得ました。
まずは病院探しからはじめます。
絶対にきれいになって自分の人生を変えたいと思います。

<**さん>容姿にはもともと自信がありませんでしたが、付き合っていた人から別れ際に容姿のことで中傷されたのをきっかけに、醜形恐怖症といわれてもおかしくないほど自分の外見に対して過小評価するようになりました。
「ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入」の記事を目にすることがなければ今では鬱になっていたか、美容整形地獄に陥っていたと思います。
ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入の記事を読む前に、2回も美容整形を受けました。
家族や友達から「整形なんて絶対に必要ないよ!」と止められながらも聞く耳を持たず、立て続けに2回も受けて、どちらも成功とはいえない結果でしたがとくにうち一回の手術の結果かなりひどい後遺症が残ってしまいました。
ひどい後遺症が残ったにもかかわらず、2度の手術のローンが先3年分も残っているにもかかわらず、私はまだ「ここもおかしい」「ここも治したい」と美容整形中毒のような状態になってしまっていました。
そんな私を見兼ねた姉が美容整形についていろいろ検索してくれたらしく、ラインで「こんなサイトをみつけたよ」とガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入などの記事が載ったこのブログを教えてくれました。
そしてガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入などの記事を読んで、自分と同じく整形地獄に陥っている人や美容整形に失敗してしまった人、きれいになりたくて必死な人の投稿を読んでいるうちに不思議と気持ちが落ち着き、憑きものが取れたように冷静に自分の状況を見つめることができるようになりました。
ただ一方的に「美容整形なんてするな!」というのではなく私が自分で気づくように仕向けてくれた姉には感謝しても足りません。
姉がガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入などの記事を教えてくれなかったら、今頃どうなっていただろうと考えるとゾッとします。
今はこちらのブログを参考に修正手術をして後遺症が残ってしまった箇所だけ治したいと思っています。
美容整形は健全な意志を持って名医のもとで適切な治療を受けるなら一向にかまわないことなのだと思います。
しかし、私のように心が健康とはいえない状態で駆り立てられるように受けるのならやめたほうがいいと思います。
そういう状態のときは正しい判断ができないので誤って悪質なヤブ医者の手にかかりやすいですし。
名医のもとで適切な判断のもと治療を行っていれば、美容整形地獄に陥るなんてありえないことなんですね。
本当にガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入などの記事を読む機会を与えられてよかったと感じています。

<**さん>高校生のときからいつか絶対に美容整形をすると心に決めていました。
この頃から毎日のように美容整形について検索したりして、情報を集めていました。
そして「ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入」の記事を見つけたことがきっかけでこのブログを知りました。
神様は本当に不平等だと思います。
友達には見た目もイケメンで勉強もスポーツもできて、女の子にももてて性格もいいヤツがいます。
対して自分はブサ男で勉強は頑張ったのに二流大学しか行けず、女子と付き合ったこともなく家庭環境が複雑だったせいで性格もちょっと陰険です。
とにかくこのブサ男だけでも、なんとかして変えたいです。
このままでは一生童貞です。マジで終わってます。
外見って大事です。
なんだかんだいって第一印象は9割は見た目で決まるらしいんです。
就活の面接でも見た目による判断が大きいってことですよね?
冗談じゃないです。
就職先までこのブサイクな外見でハンデつけられてたまるもんか!
自分は美容整形についてなにも知らなかったのでガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入などの寄稿記事はかなり役に立ちました。
容姿について同じ悩みを持つ人が集まる掲示板とかにいったこともあるんですが、それほんとかよ~というような信頼できない情報のオンパレードだったので。
ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入などの寄稿記事は一つの症状についていろいろな人が意見を言ったり、自分の体験談を語ったりしてくれているので多角的に検討できるのがとてもいいと思いました。
自分ひとりで考えていると考えが偏ってしまうし、だからといって美容整形のことは誰にも相談できないし。
とにかくガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入を含めた寄稿記事のおかげで自分の受けるべき手術も固まってきたので、それに向けてお金を貯めようと思います。
そして就活が始まるまでに絶対絶対整形してイケメンに変身します!!

<**さん>ぼくは整形をするにあたって、「ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入」などの寄稿記事にとても助けられました。
高校二年の男です。
自分の見た目が大嫌いです。
お笑い芸人の○○に似ているとよくからかわれます。
中学のころからずっといつか整形するんだと決めていました。
高校に入ったらすぐに整形したいと思っていましたが、ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入などの寄稿記事を読んで大学生になって完全に身体の成長が止まってからにしたほうがベストだということがわかりました。
なので悔しいけどもうすこしの我慢です。
それに整形の費用は自分で稼ぎたいのでどっちみち今すぐにというのは無理です。
うちの母親は若い頃に美容整形をしたことがあるらしいのですが、失敗して傷跡が残ってしまったらしく、ぼくの整形にもはじめは固く反対していました。
でも昔より確実に美容整形の技術は進化しているはずだし、安全で上手な美容外科を選べば絶対に成功できるとぼくは思いました。
未成年の整形の場合は、親の同伴が必要だったり親の同意書が必要になる場合があるとガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入などの寄稿記事から情報を得たので、これは母親を説得しなければいけないなと思いました。
なので、ここのブログを見せて、ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入などや他の記事も読んでもらって、絶対に大丈夫だから、手術の前によく検査してもらって心配ならカウンセリングに付いてきてもいいから、と説得して、術前のカウンセリングや検査に同伴すること、母が危険だと思ったら手術を受けるのをやめることを条件に今のところOKをもらっています。
でもガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入などの寄稿記事を読んで、昔とは美容医療も相当変わったことが分かったらしく、「お母さんもついでに相談してみようかな~」とむしろ母の方が整形に強い関心を持ちつつあります。
なので、高校を卒業したら親子そろって手術するかもしれません(笑)
父は美容整形に偏見のない人なので、確実に安全なのであれば好きにしなさい、といった感じ。
このまま順調にいけばあと一年ちょっとで念願の整形ができます。
その日がいまからとても待ち遠しいです。

<**さん>自分は男ですが、妹から管理人さんのブログを教えてもらいました。
僕たち兄弟は昔からとても似ていました。
残念なことに、美男・美女とは真逆の状態。
ぼくも自分の容姿がとても嫌いでしたが、妹は女ということもあって小さい頃から真剣に悩んでいました。
「ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入」などの寄稿記事は高校生くらいのときに見つけたらしく、暇さえあれば熱心によく読んでいたのを覚えています。
そして妹は地元から離れた大学へ行くために一人暮らしを始めたのですが、ある年の正月に実家に帰ってきたときに妹をみて驚きました。
すごくかわいくなっていたんです。
自分の妹を可愛いなんていうのは恥ずかしいのですが、道を歩いていても振り返られるほど美人になっていました。
妹にこっそり聞くとガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入などの寄稿記事が載ったこのブログを教えてくれました。
同じ顔からあんなに美人になったんだから、自分もかなりイケメンになれるはず。
男なのに美容整形なんてみっともないかな、とも思いましたがガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入などの記事を投稿した読者の中には男性もけっこうな数いて、今は男でも美容整形受けるんだ~とビックリしました。
でも、考えてみればジャニーズのタレントたちで確実にやってそうなメンバーはたくさんいるし、韓流のアイドルとかもほとんど整形してますもんね。
だから男の自分がやってもおかしくはないんだと自信が持てました。
そして、妹と同じ病院で手術をしました。
初めてのことだったので緊張しましたが、妹がいろいろ教えてくれたのでスムーズに終えることができました。
ダウンタイムが終わると自分でいうのもなんですが、かなりいい男になりました。
今では妹と二人で街を歩いているとカップルだと思われます。
前はただのダサイ兄弟にしかみえませんでしたが。
外見が整うと欲がでてきて、最近は筋トレにはまっています。
そのせいか地元の情報誌の編集者のスカウトされて表紙も一度飾りました(笑)
ガーデンクリニック池袋院 豊胸 脂肪注入などの記事を投稿した人たちも自分で自分の人生を切り開いていくのがたくましいと思いましたが、いつの間にか自分もそうなっていました。
今では人生が以前の何倍も楽しいです。
まさか自分が美容整形するなんて夢にも思っていませんでしたが、そのきっかけをつくってくれた妹には感謝しています。