エラ削り 方法

■エラ削り 方法
エラとは下顎角の部分を指しますが、エラ削りといっても顔を細く見せるためには下顎角の部分だけを切り落としてもあまり効果はありません。
顔を細く見せるためには下顎骨の厚みを減らす必要があり、そのために下顎骨の外板の切除を行います。
外板切除とは、エラ骨から咬筋にかけての頬の所に存在する外板と呼ばれている骨を切除することです。外板が出ていると正面から見てエラが左右に突出しているように見えます。外板を切除することで、正面から見た際にも小顔になります。
また、下顎骨の下縁の骨を切除し横から見た下顎骨のラインを整えることで横から見てエラが張っていて四角くという状態を改善することが出来ます。
また外板を切除するとかえってアゴ先の部分が太く見えるケースも考えられ、この場合にはアゴ先まで骨を削っていく必要があります。
またクリニックやドクターによっては咬筋切除も同時に行う場合があります。
咬筋というのは物を咬む際に、えら部分がボコっと膨らむ筋肉のことです。
咬筋が発達しすぎている場合、切除する事で小顔効果を得る事が出来ます。
このように、患者に応じて様々な手法を組み合わせてエラ削りを行うことで、正面から見ても横顔を見ても美しい輪郭形成を目指します。

■エラ削り 整形(Theme-エラ削り 方法)
エラ削りは正式には下顎角形成と言われる美容整形です。
下顎骨の一部を除去しフェイスラインを整えることで、エラ張りを解消し美しい小顔を目指します。
口内から切開を行う口内法が主流ですが、エラの裏(あごの下)の目立たないところを切開して行う口外法で治療に当たるクリニックもあります。
口内法のメリットとしては、口の中を切開するため顔の表面に傷が残らないことと、骨を大きく切る事が可能なことです。
逆にデメリットとしては、腫れが強く出やすく、比較的長いダウンタイムが必要になることです。
口外法のメリットとしては、口内法に比べて腫れや痛みが軽いこと、ダウンタイムが短いことなどが挙げられます。
逆にデメリットとしては、顔表面に残る傷を極力小さくするために1~1.5㎝程度の切開口から手術を行うため大きく骨を切って形を整える事は出来ません。
傷口は目立ちにくいとはいえ、やはりうっすらと残ってしまいます。
また、エラ削りもクリニックにより手法が異なり、下顎角(エラの部分)だけ切り落とす美容外科、外板切除を行うクリニック、筋肉組織まで除去する美容外科、といろいろあります。

■エラ削り 効果(Theme-エラ削り 方法)
エラ削りによりエラの張りを半永久的に改善することができます。
エラ張りに対してはエラボトックス注射などのプチ整形の治療法もありますが、大きな効果がない上に、すぐに後戻りしてしまうという欠点があります。
エラ削りは下顎骨の骨自体を削るので後戻りしてしまうという心配はありません。
また、エラ削りは下顎角(エラ)だけでなく下顎骨全体にアプローチするため、エラが目立たなくなるだけではなく、顔の横幅を細くしシャープな小顔を作ることが可能です。

■エラ削りたい(Theme-エラ削り 方法)
エラ削りはエラの張りが気になる、顔が四角いのを治したい、角張った輪郭をなんとかしたい、顔の横幅を減らしたい、丸顔にしたい、シャープな顎に整えたい、小顔にしたいといった方に適応します。

■エラ削り 名医(Theme-エラ削り 方法)
エラ削りを含め、輪郭の骨削り・骨切りは美容整形手術の中でも特に高度な技術が求められます。
形成外科全般にわたる幅広い知識と経験を持ち、顔面の骨切り術の経験豊富な医師を選択すべきです。

■エラ削り メリット(Theme-エラ削り 方法)
エラ削りは骨自体にアプローチするため、一度手術を行えば半永久的に効果が続き後戻りすることはありません。
また、口腔内から切開するため、傷跡が顔の表面に残りません。

■エラ削り デメリット(Theme-エラ削り 方法)
骨を削ったり切ったりするため、一度失敗すると修正が困難になります。
また顔全体のバランスを考えて削らないとかえって顔が大きく見えてしまったり、他のパーツが目立ち不自然な顔立ちになってしまう可能性もあります。
また、骨にアプローチするため、腫れが大きくダウンタイムも長くかかる傾向にあります。

■エラ削り 後遺症(Theme-エラ削り 方法)
下顎骨にはオトガイ神経(三叉神経)が通っているため、術後に顔面神経や知覚神経麻痺、痺れなどの後遺症を生じる可能性があります。
また、技術の未熟な医師が執刀した場合、エラ削り後に輪郭の左右差を生じシンメトリーな輪郭にならなかったり、フェイスラインがガタガタになる症例も報告されています。

■エラ削り たるみ(Theme-エラ削り 方法)
エラ骨を大きく切り取った場合や年齢を重ねてからのエラ削りの場合はたるみが出るリスクが考えられます。
術後にたるみがみられても新しい骨格の位置に筋肉や皮膚組織がなじんで数ヶ月でたるみが解消する場合もありますし、そのまま残ってしまうケースもあります。
たるみ予防にエラ削りと同時にフェイスリフトなどを勧めてくるクリニックもありますが、もしフェイスリフトなどをするにしてもエラ削りが終わって術後の経過を見てからにしたほうが賢明でしょう。

■エラ削り リスク(Theme-エラ削り 方法)
エラ削りのリスクとしては術後に顔面神経や知覚神経麻痺、痺れなどの後遺症を生じる可能性があること、術後にたるみやしわが出る可能性があること、また、まれにではありますが術後感染や、手術中に使用される高温を発する医療器具によるヤケドなどが考えられます。

■エラ削り 術前検査(Theme-エラ削り 方法)
エラ削りと一口にいっても、ほぼ下顎骨全体の骨をバランスよく整えていく必要があります。そのためにはセファログラム(顔面の規格レントゲン写真)やCTを撮影し、様々な骨の角度を計測して、どの部分をどの程度切除するかを医師と患者で話し合いながら決定していきます。
美容外科によっては様々な角度から見た手術後のイメージをソフトウェアによるシュミレーションを用いて説明する場合もあります。
他にも術前検査として、頭部X線検査、パノラマ撮影、胸部X線検査、心電図、各種血液検査などを行います。
手術中の出血に備えて自己輸血のために採血をしておくクリニックもあります。
また、エラ削り術後の神経麻痺、痺れなどの後遺症のリスクを防ぐためにも術前検査でオトガイ神経管の位置の確認をしておくことが重要になります。

■エラ削り 大学病院(Theme-エラ削り 方法)
現在では、大学病院の美容形成外科、個人経営の美容外科などを含め美容外科専門の診療所は1000件以上存在すると推定されています。
時代が進むにつれ美容整形の需要も多くなり、大学病院で美容外科専門外来を設けているところもいくつか見られるようになりました。
本来、美容外科は形成外科の延長線上にあるものであり、形成外科を基礎とする高度な学問です。
美容外科に携わる医師は外科の基本トレーニングを十分に積み、形成外科の専門医を取得した者がなるべきですが、実際は形成外科の技術もおろそかな医師が多いのが現状です。
大学病院の美容外科ならいいかげんな医師はいないだろうと考えている方が多いようですが、残念ながら大学病院の美容外科医=名医ではありません。
それは、1年の大学病院の美容形成外科のエラ削りの症例数と個人経営の美容外科のエラ削りの症例数とを比較してみれば一目瞭然のはず。
大学病院の美容形成外科が気になる方は是非問い合わせてそこに在籍する医師が実際に何件のエラ削りなどの輪郭形成手術を経験してみるか訪ねてみるとよいでしょう。
いくら大学病院という後ろ盾があるからといって腕が良い医師がいるとか成功の確率が高いということとは別問題ということがよく分かるはずです。
可能なら、その医師が実際に執刀した患者の症例写真も見せてもらうとより良いでしょう。
それから、大学病院の美容形成外科は保険が聞くと勘違いしている方が時々いらっしゃいますが、大学病院の美容外科とて保険外診療なのは同じです。
大学病院の美容形成外科>個人経営の美容外科
とも
大学病院の美容形成外科<個人経営の美容外科
とも一概には申し上げられませんが、大学病院だから上手いとか安心だとか適切な料金でエラ削りを受けられるとお考えでしたらその考えは捨てたほうが賢明です。

■エラ削り 麻酔(Theme-エラ削り 方法)
エラ削りは骨削りの手術なので全身麻酔で行います。
ちなみに麻酔の種類としては全身麻酔の他にも、静脈麻酔、表面麻酔、硬膜外麻酔、クリーム麻酔、笑気ガス麻酔などがあります。

■エラ削り 手術時間(Theme-エラ削り 方法)
手術法にもよりますが、約1.5~2時間です。

■エラ削り 入院(Theme-エラ削り 方法)
エラ削りの術後は医師が常駐している施設に入院が必要になります。
入院期間は通常1~3日です。
早く腫れを引かせダウンタイムを短くするためにも万全の医療体制のもとアフターケアを十分に受けることが大切です。

■エラ削り 日帰り(Theme-エラ削り 方法)
まれに日帰りでエラ削りの手術を行う病院もありますが、これは危険な行為と言わざるをえません。
エラ削り術後は気道周囲の腫れが強く出るため、気道が閉塞して呼吸ができなってしまうことが稀にあります。
実際に輪郭の美容整形の手術後に気道が閉塞し窒息死に至ったケースもあります。
窒息するほどの腫れは、手術当日~翌朝にかけて起こることがほとんどです。
そのため術後1~2日間は医師が常駐している施設に入院し体調管理を受けるべきです。
入院していれば、万が一術後に気道閉塞しても緊急で医師が気管内挿管などを行い、事故を防ぐことができます。

■エラ削り 手術後 経過(Theme-エラ削り 方法)
術後、麻酔から覚めるとドレーンという血抜きの管につながれた状態であることがあります。
これは血が溜たまることを予防し回復を早めるためです。
通常、手術の翌日に抜去します。
エラ削りの手術後は目立つ腫れが約2 週間ほど続きます。
腫れのピークは2~3 日目くらいでそこから徐々に引いていきます。
また、内出血がみられ皮膚が紫色や黄色になることもあります。
これは手術操作によって細かい血管が傷つき、皮膚の下で出血たためです。
内出血も2 週間程度で消失しますので心配いりません。
口の中の傷を縫合した糸は10日~14日後に抜糸します。
口外法でアゴ下や耳の後ろの皮膚を切開した場合は1週間ほどで抜糸します。
また、洗顔、シャワー、入浴についてですが、シャワーのみであれば首から下は手術翌日から可能です。
顔や頭部から上はドレーン抜去の翌日から濡らして大丈夫です。
しかし、入浴は血流をよくするので痛みが強くでる可能性があるため、術後一週間は控えたほうがいいでしょう。
メイクはドレーン抜去の翌日から、傷口をさけて可能です。
歯磨きに関しては手術翌日から可能ですが、やわらかい歯ブラシから始め傷に直接当たらないよう注意してください。
また、毎日消毒液を使用してよくうがいをして口腔内を清潔に保ちます。
術後の食事に関してですが、手術当日、もしくは翌日からおかゆなどやわらかいものからはじめます。そして徐々に普通食に近づけていきます。
約1~2 週間は熱いもの、刺激のあるもの、堅いものは控えて下さい。
退院後の通院は通常術後1週間目、術後2週間目(抜糸)、3ヶ月目、6ヶ月目となります。
腫れがひいたあともむくみが3ヶ月~6ヶ月ほど続きます。
これは他人からみてさほど目立つようなむくみではありません。
自分で少し違和感を持つ程度のむくみです。
エラ削りの完成は約6 ヶ月といわれています。

■エラ削りに類似する手術
エラ切り、エラ骨削り、エラ骨切り、咬筋切除、バッカルファット除去、Vライン形成、エラ除去手術、外板切除術、エラ形成、エラ縮小手術、下顎角骨切り術、下顎骨形成等。

■エラ削り 方法・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成している部分があります。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「エラ削り 方法」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「エラ削り 方法」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

<**さん>私は、幼少時より容姿のことで悩んできました。
学校で「ブス!」「キモイ!」と言われては家に帰ってきてふさぎ込む日々。
大人になって学校を卒業し社会に出れば変わるだろうと思っていましたが、就職して会社勤めをはじめても陰口は変わらず。(むしろさらに陰険になりました。)
こんな惨めな毎日に耐えきれず、美容整形で自分の外見を変えることを考え始めました。
たまたまネット検索でこのサイトを見つけて、「エラ削り 方法」などの寄稿記事を読んで救われたような気持ちになりました。
外見のことで毎日のように悩んでいるのは私だけではなかった!
エラ削り 方法を含む寄稿記事には自らの容姿の悩みや、美容整形についての真剣な相談が多く、これから美容整形をうけるつもりの私には大変参考になりました。
私と同じように容姿で悩んでいる人たちがたくさんいる、美容整形という手段を考えているのは私だけじゃない。。
それが分かっただけでも、だいぶ気が楽になりました。
さらに、エラ削り 方法などの寄稿記事を読むといろんな人の考えが読めるので、美容整形について様々な角度からみることができ、客観的な判断ができるという点でも非常に役に立ちました。
私は思いこんだら人の意見に耳をかさず突っ走ってしまうところがあるので。。
カウンセリングから手術、ダウンタイム、そして完治への流れも詳細に書いてくれている人もたくさんいたので、今やるべきこと、仕事を何日休めばいいか、周りになんといって長期休暇をとるのがいいのか、ダウンタイムを早く終えるためにはどうすればいいのかなども把握することができ、心構えができて次にやるべきアクションが明確に見えてきました。
今までただ悩んでいるだけで閉じこもっていたのが、悩みを解決するために具体的な行動に移せるようになりました。
これは私の中でとても大きな進歩です。
なにげなく美容整形について検索していて、エラ削り 方法の記事を読みこのブログを見つけて、そして積極的に行動する勇気を得ることができました。
自分自身のことなのだから、自分で率先して動いて解決しなければ一生このままなのだと自覚しました。
これまで散々苦しめられてきた外見の悩みに真っ向から立ち向かって必ず最良の解決へ導きます!!
エラ削り 方法を含む寄稿記事のおかげでその勇気を得ました。
まずは病院探しからはじめます。
絶対にきれいになって自分の人生を変えたいと思います。

<**さん>自分は男ですが、妹から管理人さんのブログを教えてもらいました。
僕たち兄弟は昔からとても似ていました。
残念なことに、美男・美女とは真逆の状態。
ぼくも自分の容姿がとても嫌いでしたが、妹は女ということもあって小さい頃から真剣に悩んでいました。
「エラ削り 方法」などの寄稿記事は高校生くらいのときに見つけたらしく、暇さえあれば熱心によく読んでいたのを覚えています。
そして妹は地元から離れた大学へ行くために一人暮らしを始めたのですが、ある年の正月に実家に帰ってきたときに妹をみて驚きました。
すごくかわいくなっていたんです。
自分の妹を可愛いなんていうのは恥ずかしいのですが、道を歩いていても振り返られるほど美人になっていました。
妹にこっそり聞くとエラ削り 方法などの寄稿記事が載ったこのブログを教えてくれました。
同じ顔からあんなに美人になったんだから、自分もかなりイケメンになれるはず。
男なのに美容整形なんてみっともないかな、とも思いましたがエラ削り 方法などの記事を投稿した読者の中には男性もけっこうな数いて、今は男でも美容整形受けるんだ~とビックリしました。
でも、考えてみればジャニーズのタレントたちで確実にやってそうなメンバーはたくさんいるし、韓流のアイドルとかもほとんど整形してますもんね。
だから男の自分がやってもおかしくはないんだと自信が持てました。
そして、妹と同じ病院で手術をしました。
初めてのことだったので緊張しましたが、妹がいろいろ教えてくれたのでスムーズに終えることができました。
ダウンタイムが終わると自分でいうのもなんですが、かなりいい男になりました。
今では妹と二人で街を歩いているとカップルだと思われます。
前はただのダサイ兄弟にしかみえませんでしたが。
外見が整うと欲がでてきて、最近は筋トレにはまっています。
そのせいか地元の情報誌の編集者のスカウトされて表紙も一度飾りました(笑)
エラ削り 方法などの記事を投稿した人たちも自分で自分の人生を切り開いていくのがたくましいと思いましたが、いつの間にか自分もそうなっていました。
今では人生が以前の何倍も楽しいです。
まさか自分が美容整形するなんて夢にも思っていませんでしたが、そのきっかけをつくってくれた妹には感謝しています。

<**さん>先日、手術をしてきました。
おかげさまで無事に終えることができ、今は毎日とても楽しく過ごしています。
家庭を持つことより仕事仕事で生きてきました。
長く付き合った彼もいましたが、結婚したら家庭に入ることを求められ、いままで重ねたキャリアを捨てることができずに仕事を選びました。
私は男性には不自由しなかったので、しようと思えばいつでも結婚できるという自負がありました。
しかし、40歳を過ぎるとパタリと声をかけられることはなくなりました。
美容にはかなりお金も手間もかけて気をつけてきたつもりなのになぜだろう?
やはり年には勝てないのでしょうか?
そして脳裏に美容整形という選択肢が浮かぶようになりました。
エステや美容皮膚科はよく行きますが美容整形となると少し敷居が高いように感じました。
とえいあえずネットでの情報収集から始めようと思い「エラ削り 方法」の記事を目にしました。
こちらのブログなら信頼に足ると思い、読者の方の寄稿記事にも目を通しました。
みなさん、様々な思いから美容整形を受けておられるんですね。
そして、美容整形にはいままで関心を寄せてこなかったので知らなかったのですが、エラ削り 方法などの記事を読んで、現在ではこんなに豊富な美容手術の種類があることを知りました。
私の若い頃は美容整形といえば目や鼻や豊胸くらいしかなかったように思うのですが、私が知らなかっただけでしょうか?
興味の沸く手術も多くあり、もう少し若い頃に気づいてやっておけばよかったなとも思いました。
でも、このタイミングで知ることができたのは幸運かもしれません。
エラ削り 方法などの記事を寄せられた方の中には私よりずっと年配の方もいらっしゃいましたし、美を求めるのに年齢や性別の制限はないと思っています。
そして、相談させていただき、2ヶ月前についに手術を受けてきました。
術後しばらくはダウンタイムのため人に会えないのが少々苦ではありましたが、なんとか工面してそれも乗り切りました。
きれいになった自分をみると心まで10歳若返った気分になります。
また男性から声をかけられるようにもなりましたよ。
エラ削り 方法などの記事の中で同じようなことを口にされている方がいましたが、声をかけられるようになるのは単に外見が変わったからというのではなく、きれいになったことで自分の心が華やいでいるのを周りが嗅ぎつけるのだと思います。
アラフォーなんて言われる年齢ではありますが、まだまだこれからが女盛り。
まだまだキャリアウーマンとしての人生を楽しみたいと思います。

<**さん>「エラ削り 方法」などの記事を拝見しました。
美容整形について赤裸々につづった文章が大変心に響き、感銘を受けました。
実は私は5年前に一度美容整形手術をうけて失敗してしまったことがあります。
今は失敗してしまった箇所も見慣れて受け入れることができるようになりましたが、エラ削り 方法などの記事を拝見し、失敗して以来美容整形を恐れずっと押し殺してきた、できれば修正手術をしてきれいに整えたい!という気持ちが久しぶりに胸によみがえりました。
修正手術はどの箇所の手術においても、一度目の手術(初めての手術)よりさらに難しいと聞きます。
そのため、状況がひどければひどいほど、修正手術を受け入れてくれる美容外科は少ないそうです。
私はとても目立つ場所を手術して失敗してしまったので(整形に関心がない人でも一目見て美容整形を受けたと分かるほどです)それ以来、人目を避けるようにして生活するのが癖のようになってしまいました。
友達に会うことも減り、会社の飲み会も極力欠席、通っていたスポーツジムや料理教室もやめ、ショッピングもほとんどネットで済ますようになりました。
とにかく人の目に触れて、「この人整形してる」と思われるのが苦痛で可能な限り人を避けてきました。
気づけば結婚適齢期も過ぎてしまい、このまま穴蔵に閉じこもったような暗くさみしいひとりぼっち人生をこの先ずっと続けるのかと思っていたときに偶然目にしたのがエラ削り 方法の記事でした。
こちらのブログの他の寄稿記事も夢中で全部読みました。
美容整形に成功した人も失敗してしまった人も、これから美容整形を受けるという人もいましたが、中でも心に響いたのが私と同じく美容整形を受けて失敗してしまった人の記事です。
整形失敗で悩んだり苦しんだりしているのは自分だけではなかったということが分かり気が楽になりました。
安易に美容整形を受けてしまった自分を責めることもなくなりました。
あのときエラ削り 方法の記事を目にしなければ、一生ひとりぼっちで人との接触を避け続ける味もスッパもない人生を送っていただろうと思います。
エラ削り 方法などの記事を読んで以来、もう一度自分に向かい合う勇気を得ることができました。今は修正手術で5年前に失敗してしまった箇所を再手術することを考えています。
今度こそ失敗のないよう最高の名医に手術してもらうつもりです。
この悩みが解決する日がくるなんて思ってもいなかった。
もし、修正手術を引き受けてくれる病院がなかったとしてもエラ削り 方法を含む寄稿記事が前向きに生きてゆけるきっかけを与えてくれました。

<**さん>先日、無事に手術を終えました。この度は大変お世話になりました。
50歳を過ぎてからの初めての美容整形ということで不安も大きかったのですが、親身にご対応頂き乗り切ることができました。
また、美容整形をうけるにあたり「エラ削り 方法」などの寄稿記事も大変参考にさせていただきました。
ありがとうございました。
私は女手一つで二人の子を育て上げました。
シングルマザーに対する制度が今ほど整っておらず(今も十分とはいえませんが)世間の風当たりも冷たかった時代、とにかく子供を無事に立派に育てることだけで精一杯で自分のことに関してはまったくかまっていられませんでした。
化粧水、乳液といった基本的なスキンケアさえできないこともしばしば。
苦労の甲斐あって、二人の子供は立派に巣立ちましたが、子供たちが巣立った後、ふと我に返れば年齢よりはるかに歳をとった自分が一人。
髪は白髪が目立ち、顔はしわしわ、たるたるで自分のためにメンテナンスをするという感覚すら忘れてしまっていました。
若い頃は最新のファッションに身を包み、ブランド物の化粧品を欠かすことはなかったのに。
いい年をして美容整形なんて恥ずかしいと思いながらも検索してみて見つけたのがエラ削り 方法などの寄稿記事でした。
意外にも年配とおぼしき方の投稿も多く、そもそも美容整形の始まりが年配の人にむけたアンチエイジング手術だったという情報も目にしました。
エラ削り 方法などの記事の投稿者のように勇気を出して美容整形についてちゃんと考えてみようと思いました。
そして調べていくうちに自分に最適な施術を受けてもう一度美しくなりたい、女として輝きたいという気持ちが高まり、このメール相談に至った次第です。
手術には大変満足しております。
先日、年配の男女が交流する集いに参加したのですがそこで男性の方から
「とてもお綺麗ですね」
と褒めていただいて(お世辞かもしれませんが)とてもうれしく、自分の中の女性としての細胞が活性化した気分でした。
やっぱり、いくつになっても女が一番きれいでいられるのは男性に見られているからなのですね。
女性としての喜びを思い出すことができたのも美容整形手術に成功したおかげです。
エラ削り 方法などの寄稿記事を寄せてくださった方たちにも感謝をしています。
とても参考になり勇気を頂きました。
重ね重ねありがとうございました。

  •       
  •       
  •       
  •       
  •       
  •