エラ削り 傷跡

■エラ削り 傷跡
口内法の場合は口の中を切開するため顔の正面に傷は残りません。
口腔内の傷も大きく口を開けても見えない位置ですし、口の粘膜は回復が早いためこの傷痕もやがて細い白い線のようになり気づかないうちにほとんど消えてしまいます。
口外法の場合、エラの裏側(顎の下)を切開して行うので傷痕がしばらく残ります。
この傷も徐々に目立ちにくくなって行きますが、うっすらと残ってしまうケースも多いです。

■エラ削り 整形(Theme-エラ削り 傷跡)
エラ削りは正式には下顎角形成と言われる美容整形です。
下顎骨の一部を除去しフェイスラインを整えることで、エラ張りを解消し美しい小顔を目指します。
口内から切開を行う口内法が主流ですが、エラの裏(あごの下)の目立たないところを切開して行う口外法で治療に当たるクリニックもあります。
口内法のメリットとしては、口の中を切開するため顔の表面に傷が残らないことと、骨を大きく切る事が可能なことです。
逆にデメリットとしては、腫れが強く出やすく、比較的長いダウンタイムが必要になることです。
口外法のメリットとしては、口内法に比べて腫れや痛みが軽いこと、ダウンタイムが短いことなどが挙げられます。
逆にデメリットとしては、顔表面に残る傷を極力小さくするために1~1.5㎝程度の切開口から手術を行うため大きく骨を切って形を整える事は出来ません。
傷口は目立ちにくいとはいえ、やはりうっすらと残ってしまいます。
また、エラ削りもクリニックにより手法が異なり、下顎角(エラの部分)だけ切り落とす美容外科、外板切除を行うクリニック、筋肉組織まで除去する美容外科、といろいろあります。

■エラ削り 効果(Theme-エラ削り 傷跡)
エラ削りによりエラの張りを半永久的に改善することができます。
エラ張りに対してはエラボトックス注射などのプチ整形の治療法もありますが、大きな効果がない上に、すぐに後戻りしてしまうという欠点があります。
エラ削りは下顎骨の骨自体を削るので後戻りしてしまうという心配はありません。
また、エラ削りは下顎角(エラ)だけでなく下顎骨全体にアプローチするため、エラが目立たなくなるだけではなく、顔の横幅を細くしシャープな小顔を作ることが可能です。

■エラ削りたい(Theme-エラ削り 傷跡)
エラ削りはエラの張りが気になる、顔が四角いのを治したい、角張った輪郭をなんとかしたい、顔の横幅を減らしたい、丸顔にしたい、シャープな顎に整えたい、小顔にしたいといった方に適応します。

■エラ削り 名医(Theme-エラ削り 傷跡)
エラ削りを含め、輪郭の骨削り・骨切りは美容整形手術の中でも特に高度な技術が求められます。
形成外科全般にわたる幅広い知識と経験を持ち、顔面の骨切り術の経験豊富な医師を選択すべきです。

■エラ削り メリット(Theme-エラ削り 傷跡)
エラ削りは骨自体にアプローチするため、一度手術を行えば半永久的に効果が続き後戻りすることはありません。
また、口腔内から切開するため、傷跡が顔の表面に残りません。

■エラ削り デメリット(Theme-エラ削り 傷跡)
骨を削ったり切ったりするため、一度失敗すると修正が困難になります。
また顔全体のバランスを考えて削らないとかえって顔が大きく見えてしまったり、他のパーツが目立ち不自然な顔立ちになってしまう可能性もあります。
また、骨にアプローチするため、腫れが大きくダウンタイムも長くかかる傾向にあります。

■エラ削りと相性が良い手術(Theme-エラ削り 傷跡)
エラ削りとセットで頬骨削りも行う方がたびたびいます。
なぜかというと、エラ削りをしてエラの張りがなくなり下顎の幅がスリムになった結果、今まで気にならなかった頬骨が目立つようになってしまったと感じられるケースがあるためです。
また、より小顔で理想の輪郭を手に入れるためにエラ削りとセットで顎削りなどの顎の手術をされる方もいらっしゃいます。

■韓国 エラ削り(Theme-エラ削り 傷跡)
近年韓国を中心に海外の美容整形外科でエラ削りを含む美容整形ツアーなるものが組まれ、海外の美容整形クリニックが日本市場での患者獲得に乗り出してきています。
主に日本の患者を積極的に受け入れている韓国の美容外科の一例としては、ID成形外科病院、ウォンジン成形外科医院、ウィズ美ウーマンクリニック、ティーエル成形外科医院、ロミアン成形外科医院、グランド成形外科医院、コリア成形外科医院、THE成形外科医院、チャンネル成形外科医院、パノバギ成形外科医院、ジュエリー成形外科医院、ゼンクリニック、リジェン成形外科医院、シンデレラ成形外科医院、スマイル成形外科医院、BRパラム成形外科医院、ビュー成形外科医院、マイン成形外科医院、ザ・ウェル成形外科医院、ユニメディ成形外科医院、BKトンヤン美容外科などです。
これらの美容外科の多くはソウル市の江南区の通称”美容整形ストリート”と呼ばれる場所に位置します。
韓国は”美容整形大国”といわれるほど美容外科が多く、近年ではアジアを中心に韓国にエラ削りなどの美容整形を受けに来る外国人の数が急増しており、韓国で美容整形手術を受けた外国人旅行客の数は昨年一年で1万5千人を超えるそうです。
近年、海外からの旅行客に対する医療サービスで得た売り上げは一年で約4870億ウォン。
韓国政府も外資獲得のためにこの”美容整形事業”を後押ししているといいます。
韓国にはエラ削りをやっているところを含め無数の美容外科がありますが、もはや国内の患者の取り合いは限界となり、最近は中国や東南アジアそして日本からも美容外科治療を組み込んだツアーが流行しています。
日本からも美容外科の紹介、飛行機や韓国でのホテル宿泊や病院までの送り迎えの手配、通訳まで一まとめに請け負い、しかも低料金で美容整形がうけられるという”医療旅行パック”が売り出されています。
しかし、これら韓国の美容外科を紹介しているサイトのほとんどは、いわゆる”紹介屋”ですので注意が必要です。
つまり相談者の希望にぴったりの病院を紹介するフリをして、裏では特定の美容外科と結託しており、患者を紹介するたびにバックを受け取るという仕組みで成り立っています。
もちろん、韓国の美容外科の中にはきちんとした正統な営業をしている病院もたくさんありますし、技術と誠実な心を併せ持つ医師もいます。
また上記のクリニックが悪徳医院やヤブ医者だと名指ししているわけでは決してありませんので念のため。
しかし、紹介屋に紹介される医院の中には闇医者と呼ばれる無免許医師のいる病院も存在しますし、エラ削りを含め実際に行われている施術で安全とはいえない手術方法も少なくはありません。
韓国の美容外科のホームページサイトに掲載されている魅力的に見える症例写真や輝かしい成功体験談の裏で、美容整形失敗を苦にして自殺する方がいるという現状にも目を背けてはなりません。

■韓国 エラ削り 費用(Theme-エラ削り 傷跡)
韓国の中でもエラ削りの費用は美容外科によりピンキリですが、日本のエラ削りの相場が120万前後と言われているのに対し、韓国では60万前後と約半額の値段で受けられるところが多いようです。
また入院が無料であったり、手術費+渡航費+食費などの雑費を入れて、トータルで日本円で150万円前後で韓国でエラ削りを受けられる美容整形のツアーパックもあり、この費用の安さが韓国での美容整形人気に一役買っています。

■韓国 整形 エラ削り(Theme-エラ削り 傷跡)
韓国でのエラ削りの特徴として大きく骨を切り取る傾向にあるということが挙げられます。
日本の美容外科でのエラ削りはナチュラルで自然な変化を好む日本人の好み合うようエラを小さくしつつもあくまで自然なラインの輪郭を目指す傾向がありますが、韓国人は日本人に比べハッキリとした変化を好む傾向にあるといわれており、その需要に沿うように韓国でのエラ削りでは最大限大きく骨を切り取り小顔を目指す傾向があるようです。
そのため、韓国でのエラ削り失敗の訴えの多くが「エラを大きく削られすぎて細すぎる顎になってしまった」「不自然な輪郭になってしまった」というものです。
また韓国ではエラ削りをしてエラが全くなくなってしまった顎のことを犬アゴというそうです。
エラの削りすぎは韓国でよくみられるエラ削り整形の失敗の一つといえるでしょう。

■タイ エラ削り(Theme-エラ削り 傷跡)
近年タイでもまた、エラ削りを含む美容整形ツアーなるものが組まれ、海外の美容整形クリニックが日本市場での患者獲得に乗り出してきています。
タイの有名な美容外科の一例としては、ヤンヒー・ホスピタル、ガモン・ホスピタル、ヨーサガン・クリニック、H.H.H.、ナロン・クリニック、ナラヴィー・クリニック、スーペリアART、TRSC、エーシア(アジア)・クリニックなどです。
タイといえば、美容整形よりも「性転換者手術」を思い浮かべる方も少なくないと思います。
タイでは、女性への性転換者から女装・化粧好きの男性までを広くガトゥーイと呼び、学校では先生も生徒もガトゥーイであることを隠さない風潮があるそうです。
男に性転換した人たちを指す「トム」も合わせると、性同一性障害の方は数百万人とも言われています。
タイの人口は7000万人弱だから、20~30人に1人くらいの割合ということになりますね。
タイでは日本よりも性同一性障害に対する偏見がないとこから、タイでの性転換者手術を希望する人が多いようですが、理解があるからといってエラ削りなどの医療の技術も高いかというと、残念ながらそれはまた別の話です。
また、美容外科の数でいうとタイよりも圧倒的に韓国の方が多いのですが、にもかかわらずなぜタイで美容整形手術を受ける人たちが増加しているかというと、なんといっても安価な値段が魅力なのだと思います。
あとは、韓国のケースと同じく、仲介業者が入っており日本語サイトを立ち上げてタイの美容整形外科を紹介し、手術、交通費、日本語通訳、現地でのホテル宿泊などすべて込みで安くセッティングしてくれる手軽さがうけているようです。
中には医院長や仲介業者がブログを書いて手術の様子を紹介していたり、ラインIDを公開しており、気軽に相談できるというサイトもあります。
申し上げたいのは、タイという国が、国民が、性同一性障害の方に対する理解があるのはすばらしいことです。しかし、それと手術の技術をごちゃまぜにして考えてはいけません。
ましてやエラ削りなどの美容整形となっては話はまったく別次元です。
さらに、わからないことがあればラインで気軽に質問でき、美容整形ツアーパックなどで手軽に格安で手術を受けられる・・。この人気の秘密は果たしてメリットといえるのでしょうか?美容整形手術は患者のかけがえのない大事な顔に、身体にメスを入れる手術。
ことに、エラ削りや頬骨削りやあご削り、輪郭の骨削り、骨きりなどの美容整形手術となると、一度失敗してしまったら修正手術で治すことは極めて困難となります。
にもかかわらず、飛行機で飛ぶ→カウンセリング→手術を決意→手術→帰国
なんてあまりにも簡単に決断しすぎているような気がしてなりません。
エラ削りもそうですが美容整形手術において即決することは大きなリスクを伴うと考えるべきです。
そして本当の名医は決して手術を急かしたり、即決を迫ったりするようなことは絶対にありません。
管理人の元に寄せられる体験談の中にはタイで手術をして失敗してしまった方からのものも多くあります。もちろん、タイの美容外科やタイの医師のすべてが悪いといっているのではありません。中には本当に腕のいい誠実な医師もいるでしょう。また上記のクリニックが悪徳医院やヤブ医者だと名指ししているわけでは決してありませんので念のため。
しかし、いかなるゴットハンドを持つ名医でも手術に100%ということはありません。
万一の事態、アフターケアなどを考えたときに、外国でのエラ削りの手術は安いから、症例数が多いらしいから、リフレッシュになるからなどという安易な理由で手術を決めてしまうのはあまりにも愚かな決断だといわざるを得ません。

■湘南美容外科 エラ削り(Theme-エラ削り 傷跡)
全国各位に医院があり、また比較的リーズナブルな値段でエラ削りが受けられる湘南美容外科。
随時、割引価格でエラ削りを受けられるモニターを募集していることでも有名です。

■エラ削り 費用(Theme-エラ削り 傷跡)
エラ削りの費用は各クリニックにより70万~170万と大きく異なりますが、日本での平均価格は120万円前後といわれています。

■エラ削り 失敗(Theme-エラ削り 傷跡)
エラ削りは美容整形手術の中でも特に高度な技術が求められます。
もし失敗しまうと修正手術・再手術が大変困難なだけではなく、顔の痺れや麻痺、咀嚼困難などの後遺症が一生残ってしまう可能性もあります。
エラ削りをするに当たっては形成外科全般にわたる幅広い知識と経験を持ち、顔面の骨切り術の経験豊富な医師を選択すべきです。
また、エラ削りは全身麻酔下で行われる輪郭形成手術なので数日の入院が必要になります。
入院設備の整った術後の安全管理ができる病院を選択することも重要になります。

■エラ削り 芸能人(Theme-エラ削り 傷跡)
男女問わず俳優や女優、モデルやアイドル、歌手やアーティストの中にはエラ削りをしたとうわさされている方が何人かいますね。
例を出すなら、元AKB48の前田敦子さん、田丸麻紀さん、栗山千明さん、熊田曜子さん、綾瀬はるかさん、有村架純さんなどです。
まれに、はるな愛さんなどのように自らエラ削りしたとカミングアウトさせる方もいますがふつうは仮にエラ削りをしていたのだとしてもそれは秘密にしておきたいものですよね。
「○○さんはエラ削りしています。」なんてこのブログ上で発言することはできませんが、小顔であたりまえ、美男美女で当たり前の芸能界にあってはエラ削りなどの美容整形で美を手に入れたくなる気持ちもわかります。

■エラ削り 写真(Theme-エラ削り 傷跡)
美容外科の多くはクリニックのホームページに自院で手術した患者のBefore&Afterの症例写真を掲載しています。
中にはメイクや照明などは同じ条件で、手術箇所の変化のみわかりやすいように撮影しているクリニックもありますが、ほとんどの美容外科は、術前のBefore写真はすっぴんに暗めの照明、無表情。術後のAfter写真はバッチリメイクに笑顔で照明もガンガンあたっています。これでは肝心の術部の変化がよく分かりません。
さらに、Before&Afterで劇的に変化しすぎている症例写真をよく見かけます。
近年の写真加工の技術の進歩は目覚ましいものがあります。
肌質を美しく整えるのはさることながら、一重の目を二重にしたり、黒目を大きくしたり、アイキャッチを入れて目をキラキラにみせたり、鼻筋を通したり、輪郭を調整して顔を小顔に見せたり、胸の大きさを盛って自然な谷間を作ったり、ウエストを細くしたり、足を長くしたり・・と写真加工だけで整形しないでも別人に見せられるレベルです。
実は美容外科の中には術後の症例写真に対してこの写真加工を施して術後の変化を強調しているクリニックも存在します。
もちろん、だからといってすべてのクリニックが症例写真を加工しているわけではありません。しかし、Before&Afterの症例写真を鵜呑みにして、同じような手術効果が得られると期待するのは少々安易な考えのように思います。

■エラ削り モニター(Theme-エラ削り 傷跡)
エラ削りは比較的高額な手術ですのでコスト面を考えて美容整形モニターを利用したいと考えている方もいるでしょう。
モニターになれば、通常の30%〜80%オフの料金で施術を受けられたり、中には無料で治療できることもあります。
現時点で、エラ削りのモニターを募集しているクリニックは湘南美容外科、横浜エーブクリニック、こいずみ形成クリニック、ガーデンクリニック、品川美容外科などがあります。
モニター募集の情報は、クリニックの公式ホームページやフリーペーパー、雑誌の広告などに掲載されています。
美容整形モニターは、後からクリニックの広告に利用する前提で割引が受けられる制度です。HPや雑誌への顔写真の掲載、TVへの出演、体験談や施術後の感想が、実名で公表される場合もあります。
顔写真の掲載も、施術を受けた部位だけのケース、顔全体の写真が掲載されるケース、目に黒い帯やモザイクを入れるケース、術部以外にぼかしを入れるケースなど様々です。
一度インターネットに載るということは半永久的に完全削除が難しいと考えるべきです。
特に家族や身内に美容整形手術を受けたことを知られたくないという方は、この点をじっくりと考えてからモニターに応募するようにしてください。
合わせてフルネームでの掲載、実年齢などの個人情報をどの程度公表するかは、クリニックに問い合わせ事前に細かく確認しましょう。
また応募したからといってすべての人がモニターになれるわけではありません。
応募後、クリニック側の審査を経てこの人には当院のモニターになってほしいという方が選ばれます。また、手術自体は無料や格安で受けられても、アフターケアやメンテナンスに高額の費用がかかる可能性もあります。術後のケアの取り扱いについても必ず確認するようにしてください。

■エラ削り 傷跡・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成している部分があります。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「エラ削り 傷跡」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「エラ削り 傷跡」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

<**さん>容姿にはもともと自信がありませんでしたが、付き合っていた人から別れ際に容姿のことで中傷されたのをきっかけに、醜形恐怖症といわれてもおかしくないほど自分の外見に対して過小評価するようになりました。
「エラ削り 傷跡」の記事を目にすることがなければ今では鬱になっていたか、美容整形地獄に陥っていたと思います。
エラ削り 傷跡の記事を読む前に、2回も美容整形を受けました。
家族や友達から「整形なんて絶対に必要ないよ!」と止められながらも聞く耳を持たず、立て続けに2回も受けて、どちらも成功とはいえない結果でしたがとくにうち一回の手術の結果かなりひどい後遺症が残ってしまいました。
ひどい後遺症が残ったにもかかわらず、2度の手術のローンが先3年分も残っているにもかかわらず、私はまだ「ここもおかしい」「ここも治したい」と美容整形中毒のような状態になってしまっていました。
そんな私を見兼ねた姉が美容整形についていろいろ検索してくれたらしく、ラインで「こんなサイトをみつけたよ」とエラ削り 傷跡などの記事が載ったこのブログを教えてくれました。
そしてエラ削り 傷跡などの記事を読んで、自分と同じく整形地獄に陥っている人や美容整形に失敗してしまった人、きれいになりたくて必死な人の投稿を読んでいるうちに不思議と気持ちが落ち着き、憑きものが取れたように冷静に自分の状況を見つめることができるようになりました。
ただ一方的に「美容整形なんてするな!」というのではなく私が自分で気づくように仕向けてくれた姉には感謝しても足りません。
姉がエラ削り 傷跡などの記事を教えてくれなかったら、今頃どうなっていただろうと考えるとゾッとします。
今はこちらのブログを参考に修正手術をして後遺症が残ってしまった箇所だけ治したいと思っています。
美容整形は健全な意志を持って名医のもとで適切な治療を受けるなら一向にかまわないことなのだと思います。
しかし、私のように心が健康とはいえない状態で駆り立てられるように受けるのならやめたほうがいいと思います。
そういう状態のときは正しい判断ができないので誤って悪質なヤブ医者の手にかかりやすいですし。
名医のもとで適切な判断のもと治療を行っていれば、美容整形地獄に陥るなんてありえないことなんですね。
本当にエラ削り 傷跡などの記事を読む機会を与えられてよかったと感じています。

<**さん>先月、長年の念願だった美容整形手術を無事に終えることができました。
ぼくは今回が美容整形手術を受けるのが初めてでまったく知識がありませんでした。
事前にネットなどで情報収集はしていたのですが、仕事の関係で長期の休みをとることが難しく、しかし自分はスポーツをしていたので人よりかなり体力のある方なので回復も早いだろうと過信し、ダウンタイムを2日しかとっていませんでした。
しかし、「エラ削り 傷跡」などの寄稿記事を読んで、いくらなんでもダウンタイムが2日しかないのは短すぎると気づくことができ、仕事を調節して長期の休みを獲得して手術に挑みました。
そして実際、術後は予想以上に身体に負担があり、通常の体力まで回復するのに時間がかかったのでダウンタイムを長めにとっておいたのはいい判断でした。
手術して3日目に出勤なんてとても無理でしたし、むしろ通常通り仕事ができなくて他のスタッフに迷惑をかけるところでした。
それに見た目的にも美容整形をうけたことがバレバレになってしまうと思いますし。
エラ削り 傷跡を含む寄稿記事はダウンタイムのこと以外でも大変参考になりました。
実際にぼくが受けた手術を体験した投稿者の方も体験談を寄せていたので、手術までに段取りしておくことや、治療の流れ、術後の経過などを把握しておくことができました。
また、美容整形業界のことをまったく知らなかった自分にとって、失敗談も成功話もどの投稿も興味深く拝読しました。
美容目的の自由診療という性質上、なかなかオープンに話せるテーマではないので、身近な人間との会話で美容整形のことなんて一度も話題にのぼったことがありません。
しかし、昨今、男性の間で爪磨きやネイルが流行っていることや、これは主にアメリカですが、ホワイトニングなどの歯の手入れが当たり前になっていることからみても、美容整形で外見を整えることがある意味でステイタスになる日も遠くないのではないかと思います。
男性の美容整形はやりようによってはこれから伸びてくる分野なのではないでしょうか。
ともかく、エラ削り 傷跡などの寄稿記事のおかげで無事に手術を終え、より自分に自信が持てるようになりました。
ずっとコンプレックスに思っていた部分だったので、美容整形をうけるに至るまでにはかなり葛藤も大きく実際に手術を受けるまでに長い時間を要してしまいましたが、今では大変満足しています。
長くなりましたが、エラ削り 傷跡などの寄稿記事は大変参考になったので一言お礼を言いたくメールを差し上げた次第です。

<**さん>「エラ削り 傷跡」などの寄稿記事を読んでこのサイトに出会い、来月手術をします。
手術前はさすがの私も不安になりますが、エラ削り 傷跡などの寄稿記事に大変励まされています。
美容整形を決心したきっかけは失恋でした。
もともと自分の容姿に自信があるわけではありませんでしたが、美容整形を受けようと思い悩むほどでもありませんでした。
しかし、結婚をお互い意識しながら付き合っていた(はずの)彼から30歳の誕生日を目前にして「他に好きな人ができた」といって別れを切り出されました。
そしてその好きな相手というのが、綾瀬はるか似のグラドル体型の美人。。
この屈辱、分かります?
8年付き合って30歳目前に女をふるなんて最低過ぎます。
こっちは今から新しく恋愛して、交際して、結婚、出産にたどり着くまで何年かかるんだ?!そのときいくつになってるんだ?!それが女にとってどれだけのリスクか分かってるのか~?!
完全に怒り心頭でしたが、ある考えが頭に浮かびました。
美容整形を受けて絶対に彼が好きになった人よりきれいになって見返してやる!!
そして美容整形について調べ初めて見つけたのがエラ削り 傷跡の記事でした。
私は、単に復讐心だけから美容整形に踏み切ったわけではありません。
30歳を過ぎてからの婚活。
平凡な顔立ちより、美人であったほうがいい条件の人に出会えるに決まっています。
結婚は最終的には心が通い合わないといけないとおもいますが、そのチャンスを作る入り口はやっぱり外見が大きいと思うんです。
この都度の失恋を通しても痛感しました。
所詮、恋の始まりは容姿です。
男は結局、美人が好きなんです。
しかし、インターネットで美容整形に関することを検索すると、「成功してきれいになれた」などの明るい情報もあれば、「失敗して後遺症が残った」などの暗い情報もあったりで、整形するんだと勇んでいた私が、一時期整形手術を躊躇してしまいそうな気分にもなったりしました。
しかし、エラ削り 傷跡という寄稿記事をきっかけにこのブログに出会い、私の心は決まりました。
すでにカウンセリングはすませてあります。
予定通り上手くいけばかなり綺麗になれると思います。
綺麗になれることにワクワクしすぎて、裏切った彼のことなんかどうでもよくなってきたよどです。
そんな心ない人と一緒になっても幸せになれなかっただろうし。
綺麗になってもっと大きい幸せを必ずつかみ取ります。

<**さん>「エラ削り 傷跡」の記事を含むこちらのブログの寄稿記事に救われました。
それまでは外見について四六時中悩んだり、美容整形なんて考えているのは自分だけだと思っていたから。
でもエラ削り 傷跡などの寄稿記事を読んで、僕のほかにも容姿のせいで苦労してきた人がたくさんいること、みんなが美容整形についてまじめに考えていることが分かって本当に心が救われた。
僕は小さい頃からとても不細工な顔でした。
でも、一人っ子だったのもあって、両親や祖父母たちからは「かわいい」「かっこいい」と散々褒められて育ったので10歳くらいになるまで自分が醜いとは思っていませんでした。
しかし、この頃から学校で「キモイ」とか「ブサイク」とかいわれるようになりました。
とくに女子からのいじめはひどくて、声をかけても無視されたり、僕に触ると「○○菌がうつった!」といって騒がれたりしてとても辛かったです。
中学、高校になるにしたがっていじめはエスカレートしてある男子グループからは暴行されたり万引きしてくるよう強要されたりするようになりました。
高校2年のときについに学校へいけなくなり、家に引きこもるようになりました。
中学生のころに実は一度美容整形を受けようとしてインターネットで調べたことがありました。
そのときはまだ、エラ削り 傷跡などの寄稿記事は見つけられず、たまたま見つけたどこかの美容外科で手術を受けようとして、母に相談したら「美容整形なんてとんでもない!」と大反対されてしまいました。
そしてその晩、母が父にそのことを話したらしく、「親にもらった顔を整形なんて」とものすごく怒られました。
父は昔気質の厳しい人なので男が容姿のことで悩むなんて女々しい、そんなふうだから学校でもバカにされるんだといわれ、もう絶対に両親に相談するのはやめようと心に誓いました。
家にひきこもるようになって、自分には生きている価値さえないと思い自殺を図ったこともあります。
ですが勇気がなくて死にきれず、ただ鬱々と過ごす日々。
そんな自分を見かねたのか、母がある日、母のPCからぼくのPCにメールでこのブログのURLを送ってくれました。
きっとぼくのためにいろいろ調べてくれたのだと思います。
そしてエラ削り 傷跡を含む寄稿記事を読んで、他にも外見のことで深く傷つき悩んでいる人がたくさんいること、自分の頭がおかしいわけではなかったと気づくことができました。
母に改めて美容整形をして自分の人生を変えたいと話すと、「お父さんはお母さんが説得してあげるから相談してみなさい」といってくれ、先日の相談メールに至りました。
父とは今でも直接は話せていませんが、「安全に手術できるならいくらでも出してやれ」と母に言ったようです。
美容整形を必ず成功させて人生をやりなおしたいです。
そして両親にかならず恩返しします。
管理人さん、親身に相談に乗ってくださりとても感謝しています。
そして、エラ削り 傷跡を含む記事を投稿してくださった方たちにも感謝しています。
自分も手術が成功したら体験談を投稿したいと思っています。
ありがとうございました。

<**さん>高校生のときからいつか絶対に美容整形をすると心に決めていました。
この頃から毎日のように美容整形について検索したりして、情報を集めていました。
そして「エラ削り 傷跡」の記事を見つけたことがきっかけでこのブログを知りました。
神様は本当に不平等だと思います。
友達には見た目もイケメンで勉強もスポーツもできて、女の子にももてて性格もいいヤツがいます。
対して自分はブサ男で勉強は頑張ったのに二流大学しか行けず、女子と付き合ったこともなく家庭環境が複雑だったせいで性格もちょっと陰険です。
とにかくこのブサ男だけでも、なんとかして変えたいです。
このままでは一生童貞です。マジで終わってます。
外見って大事です。
なんだかんだいって第一印象は9割は見た目で決まるらしいんです。
就活の面接でも見た目による判断が大きいってことですよね?
冗談じゃないです。
就職先までこのブサイクな外見でハンデつけられてたまるもんか!
自分は美容整形についてなにも知らなかったのでエラ削り 傷跡などの寄稿記事はかなり役に立ちました。
容姿について同じ悩みを持つ人が集まる掲示板とかにいったこともあるんですが、それほんとかよ~というような信頼できない情報のオンパレードだったので。
エラ削り 傷跡などの寄稿記事は一つの症状についていろいろな人が意見を言ったり、自分の体験談を語ったりしてくれているので多角的に検討できるのがとてもいいと思いました。
自分ひとりで考えていると考えが偏ってしまうし、だからといって美容整形のことは誰にも相談できないし。
とにかくエラ削り 傷跡を含めた寄稿記事のおかげで自分の受けるべき手術も固まってきたので、それに向けてお金を貯めようと思います。
そして就活が始まるまでに絶対絶対整形してイケメンに変身します!!