•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


アイルクリニック 顎削り

■顎削り エラ削り(Theme-アイルクリニック 顎削り)
顎削りと同時にエラ削りもされる方はけっこういらっしゃいます。
顎だけでなく、下顎骨全体を削ったり切ったりしてシャープに整えたい、美しいVラインを形成したいという方が多いようです。
顔の印象として一番重要なのは目だと思われがちですが、顔の土台となる輪郭、特に顔の下半分の印象を左右する顎は美しさのために欠かせない大切なパーツだといえます。
顎削り、エラ削りなどの輪郭の整形手術は術前検査でセファログラム(顔面の規格レントゲン写真)を撮影し、様々な骨の角度を計測して、どの部分をどの程度削ったり切ったりすれば理想のバランスの顔になるのか専門医とよく相談しながら勧められるべきです。

■輪郭 整形 顎削り(Theme-アイルクリニック 顎削り)
顎削りをすると輪郭が骨の形状から変わるため、少しの変化で顔の印象を大きく変えることができます。ヒアルロン酸注射やボトックス注入などのいわゆるプチ整形は安い値段で受けられる代わりに一定期間で元に戻ってしまうというデメリットがありますが、顎削りなどの骨切り・骨削りの整形は、半永久的に効果が持続します。

■顎削り たるみ(Theme-アイルクリニック 顎削り)
顎削りで顎骨を大きく切り取った場合や年齢を重ねてからの顎削りの場合はたるみが出るリスクが考えられます。
顎削りの術後にたるみがみられても新しい骨格の位置に筋肉や皮膚組織がなじんで数ヶ月でたるみが解消する場合もありますし、そのまま残ってしまうケースもあります。
たるみ予防に顎削りと同時にフェイスリフトなどを勧めてくるクリニックもありますが、もしフェイスリフトなどをするにしても顎削りが終わって術後の経過を見てからにしたほうが賢明でしょう。

■顎削り 症例(Theme-アイルクリニック 顎削り)
顎削りは顎の骨を切ったり削ったりして形を整える美容整形手術です。
顎削りは大きく分けて以下の4つの症例に分類されます。
<顎の垂直骨切手術>
あごの垂直骨切手術は、顎が太いのを細くしたいという方に向いている手術です。
顎骨の中央をカットして取り除き、左右の骨をくっつけ顎を細くします。
顎の垂直骨切手術は正面からみた場合に効果が発揮されやすいといわれています。
また、切り取れる骨には限度があり、5mm~10mm前後で切除を行います。
<顎の水平骨切り(中抜き手術)>
あごの水平骨切手術は顎が長いのが気になる方に適応する手術です。
顎を水平方向にカットして骨を中抜きし、上片骨と下片骨を合わせます。
中抜きの場合は、ブーメラン型を行っているクリニックもあります。
正面顔はもちろん、横顔を改善し美しいEラインに導きます。
<T字骨切り>
あごのT字骨切り手術は上記の垂直骨切手術と垂直骨切手術を組み合わせて行う手術方法です。
顎を短く、細くする事ができ、正面顔、横顔を同時に大きく改善させることができます。
<オトガイ削り>
オトガイ削りは少しだけ顎先(オトガイ)を削りたいという方に適応する手術です。
医療用ノミを使用して顎骨を削りオトガイの形状を整えます。

■顎削り 名医(Theme-アイルクリニック 顎削り)
顎削りを含め、輪郭の骨削り・骨切りは美容整形手術の中でも特に高度な技術が求められます。
形成外科全般にわたる幅広い知識と経験を持ち、顔面の骨切り術の経験豊富な医師を選択すべきです。

■顎削り デメリット(Theme-アイルクリニック 顎削り)
顎削りでは骨を削ったり切ったりするため、一度失敗すると修正が困難になります。
また顔全体のバランスを考えて削らないとかえって顔が大きく見えてしまったり、他のパーツが目立ち不自然な顔立ちになってしまう可能性もあります。
また、顎削りは骨にアプローチするため、腫れが大きくダウンタイムも長くかかる傾向にあります。口外法の場合は切開する顎の裏側あたりにうっすらと傷痕が残ることがあります。

■顎削り あご長い(Theme-アイルクリニック 顎削り)
顎削りはあご長いことでお悩みの方にも適応する治療法です。
あご長いと感じている方には顎を水平方向にカットして、合わせる水平骨切りという術式が効果的です。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •