•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


Vライン整形失敗

2

こんにちは!

さて、今日のテーマは「Vライン整形失敗」です。
Vライン整形(Vライン形成)とは、顎の先端(オトガイ)からエラにかけてのラインを骨切り・骨削りによってV字に整える美容整形手術です。
小顔にしたい、輪郭をシャープにしたい、という方に適応する手術です。
管理人のもとには
「Vライン整形に失敗して希望していたのとは違う結果になってしまった」
「Vライン整形を受けたら細すぎる顎になってしまった」
「Vライン整形を受けたがほとんど変化がなかった」
「Vライン整形の術後に皮膚がたるんでしまった」

などという旨の相談メールも寄せられます。

1

まずはVライン整形に失敗して希望していたのとは違う結果になってしまった場合ですが、どの程度まで骨を削ったのかや、その方の骨格の構造で再手術・修正手術が可能かどうかが決まってきます。
個人個人で骨格の形や骨の厚みが異なるため一概には言えませんが、神経などに負担をかけずにまだ削る余地がある場合、患者の希望に沿ってある程度改善できる余地はあるでしょう。
次に、Vライン整形を受けたら細すぎる顎になってしまったという場合。
極端に骨を削られすぎた、切られすぎたという場合は極めて修正が困難になります。
しかし、他の部位の骨を切ったり削ったりして顔のバランスをとることにより削りすぎ、切りすぎが目立たなくなる場合もあります。
一度専門医に相談してみると良いでしょう。

5

続いて、Vライン整形を受けたがほとんど変化がなかったという場合。
この場合はまだ削る余地がある場合がほとんどです。
ここで問題になるのは手術を受けた美容外科で再手術をしてもらうか、別の美容外科に相談した方がいいのか、ということです。
手術を受けた美容外科で再手術をするメリットとしては
・無料、もしくは麻酔などの薬品代のみの負担など、安い金額で手術してもらえる可能性が高い
ということ。
逆にデメリットとしては
・技術が未熟な医師であった場合、再手術しても変わらない、もしくは失敗されるおそれがある
ということです。

3

別の美容外科に再手術を託すメリットとしては
・技術のある医師に託せばベストな手術方法で理想の輪郭になれる可能性がある。
逆にデメリットとしては
・Vライン整形の手術料金をもう一度払わなくてはならない。
ということです。

6

最後に、Vライン整形の術後に皮膚がたるんでしまった場合。
顔面は、骨組織(顔面骨)が土台になり、その上に筋肉、脂肪皮膚などの軟部組織が付着しています。
Vライン整形手術(Vライン形成)は、骨組織のボリュームを削るため、相対的に軟部組織が余ることになり、結果として皮膚や皮下脂肪がたるみます。
そのため、頬がたるんでしまったり、四角い顔になったり、二重あごになるリスクがあります。

8

骨組織を削るボリュームが大きければ大きいほど、相対的に軟部組織が余るので、皮膚や皮下脂肪もたくさんたるみます。
また、年齢が若いほうが皮膚の収縮力があるため、Vライン整形手術をした後、ある程度皮膚が引き締まり、皮膚や皮下脂肪のたるみが少なくてすみます。
逆に、歳をとると皮膚の収縮力がなくなるため、歳をとってからVライン整形手術をすると、皮膚や皮下脂肪が大きくたるむリスクは高まります。

4

そのため、Vライン整形は、できれば25歳くらいまでに行うのが望ましいといえます。
ですが、特に女性ならよくご存じの通り、肌年齢=実年齢ではないので、たるみに関するリスクには個人差があります。
Vライン整形をこれから受ける場合も、Vライン整形に失敗してしまった場合もこの分野の名医に相談することでもっとも最適な解決策を見つけることができるでしょう。

7

.
※イメージしやすいよう文中に画像を挿入してありますが文章とは関係ありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •