•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


エラ削り タイの美容外科 体験談ブログ

1

こんにちは。

2

今日のテーマは「エラ削り タイの美容外科 体験談ブログ」です。
以前、韓国の美容整形ツアーの話をしましたが、近年タイでも同様の整形ツアーが組まれ、タイの美容整形外科も日本での患者獲得に乗り出してきています。

6

主に日本の患者を積極的に受け入れているタイの美容外科は
■ヤンヒー・ホスピタル
■ガモン・ホスピタル
■ヨーサガン・クリニック
■H.H.H.
■ナロン・クリニック
■ナラヴィー・クリニック
■スーペリアART
■TRSC
■エーシア(アジア)・クリニック

あたりでしょうか?
(※この記事の文章は上記のような特定の美容外科を指して物申しているわけではありません)

3

タイといえば、美容整形よりも「性転換手術」を思い浮かべる方も少なくないと思います。
タイでは、女性への性転換者から女装・化粧好きの男性までを広くガトゥーイと呼び、学校では先生も生徒もガトゥーイであることを隠さない風潮があるそうです。
男に性転換した人たちを指す「トム」も合わせると、性同一性障害の方は数百万人とも言われています。
タイの人口は7000万人弱だから、20~30人に1人くらいの割合ということになりますね。
タイでは日本よりも性同一性障害に対する偏見がないことから、タイでの性転換手術を希望する人が多いようですが、理解があるからといって医療の技術も高いかというと、残念ながらそれはまた別の話です。

4

また、美容外科の数でいうとタイよりも圧倒的に韓国の方が多いのですが、にもかかわらずなぜタイで美容整形手術を受ける人たちが増加しているかというと、なんといっても安価な値段が魅力なのだと思います。
あとは、韓国のケースと同じく、仲介業者が入っており日本語サイトを立ち上げてタイの美容整形外科を紹介し、手術、交通費、日本語通訳、現地でのホテル宿泊などすべて込みで安くセッティングしてくれる手軽さがうけているようです。
中には医院長や仲介業者がブログを書いて手術の様子を紹介していたり、ラインIDを公開しており、気軽に相談できるというサイトも(笑)

7

しかし、タイでの美容整形を考えている方にはここで一度冷静になって考えていただきたいのです。
タイという国が、国民が、性同一性障害の方に対する理解があるのはすばらしいことです。
しかし、それと手術の技術をごちゃまぜにして考えてはいけません。
ましてや美容整形となっては話はまったく別次元です。
さらに、わからないことがあればラインで気軽に質問でき、美容整形ツアーパックなどで手軽に格安で手術を受けられる…
私にはとても恐ろしく危険ことにしか思えません。

8

美容整形手術はあなたのかけがえのない大事な顔に、身体にメスを入れる手術です。
ことに、エラ削りやあご削り、輪郭の骨削り、骨きりなどの美容整形手術となると、一度失敗してしまったら修正手術で治すことは極めて困難となります。
そんな大切な手術なのに、
飛行機で飛ぶ→カウンセリング→手術を決意→手術→帰国
なんてあまりにも簡単に決断しすぎているような気がしてなりません。
美容整形手術において即決することは大きなリスクを伴うと考えるべきです。
そして本当の名医は決して手術を急かしたり、即決を迫ったりするようなことは絶対にありません。

9

管理人の元に寄せられる体験談の中にはタイで手術をして失敗してしまった方からのものも多くあります。
もちろん、タイの美容外科やタイの医師のすべてが悪いといっているのではありません。
中には本当に腕のいい誠実な医師もいるでしょう。
しかし、万一の事態、アフターケアなどを考えたときに外国での手術は安いから、症例数が多いらしいから、リフレッシュになるからなどという安易な理由で手術を決めてしまうのだとすればあまりにも愚かな決断だといわざるを得ません。

10

△文章と画像とは関係ありません。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •