•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


エラ削り 骨を削れる量はどれだけ?

5

こんにちは。

4

今日のテーマは「エラ削り 削れる量はどれだけ?」です。
エラ削りとは、エラ(下顎角)が張っているのが気になる、顔が四角く角張っているのが気になるという方に適応する美容整形手術です。
エラを切り落とすだけではなく、下顎骨を全体的にバランス良く削ったり骨を切り取ることで下顎を小さく細くし、小顔に見せることができます。

2

管理人への相談メールの中には、
「エラ削りでできるだけ顔を小さくしたいので限界まで削ってほしいが、最大でどのくらいの骨を削ることができるのか?」
という旨の問い合わせも多く見られます。

3

エラ削りで骨を削れる量はどれだけかというと、一人一人骨格や骨の厚みが違うので一概にいうことはできません。
手術前にはセファログラムという顔面の規格レントゲン写真を撮影し、様々な骨の角度を計測して、どの部分をどの程度切除するかを決定していきます。

1

ときどき、医師に「神経ギリギリの削れる限界まで削ってほしい」という注文をする方もいますが、神経ギリギリまで骨を削ってしまうことで術後、知覚神経麻痺や痺れの後遺症が残ってしまったり、経年的に骨が割れてしまうトラブルの危険性が高まるのでたくさん削ればいいというものではありません。
さらに骨を削る量が大きければ術後、余った皮膚がたるんでしまうリスクも高くなります。
過ぎたるは及ばざるがごとし。
やみくもにたくさん削るのではなく、セファログラムや骨の計測をもとに医師ともよく相談をし、安全な範囲で最も理想に近づき美しくなるにはどのくらいどこの部分を削ればいいのか、よく話し合って決定してください。

IMG_1334
.
※イメージしやすいよう文中に画像を挿入してありますが文章とは関係ありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •