•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


ID美容外科 エラ削り


  •       
  •       
  •       
  •       
  •       
  •       

■ID美容外科 エラ削り
ID美容外科は韓国のソウル市江南区島山大路142、ID美容外科ビルにある美容外科クリニックです。
日本からも積極的に患者を取り入れています。

■エラ削り 失敗
エラ削りは美容整形手術の中でも特に高度な技術が求められます。
もし失敗しまうと修正手術・再手術が大変困難なだけではなく、顔の痺れや麻痺、咀嚼困難などの後遺症が一生残ってしまう可能性もあります。
エラ削りをするに当たっては形成外科全般にわたる幅広い知識と経験を持ち、顔面の骨切り術の経験豊富な医師を選択すべきです。
また、エラ削りは全身麻酔下で行われる輪郭形成手術なので数日の入院が必要になります。
入院設備の整った術後の安全管理ができる病院を選択することも重要になります。

■エラ削り 費用
エラ削りの費用は各クリニックにより70万~170万と大きく異なりますが、日本での平均価格は120万円前後といわれています。

■エラ削りたい
エラ削りはエラの張りが気になる、顔が四角いのを治したい、角張った輪郭をなんとかしたい、顔の横幅を減らしたい、丸顔にしたい、シャープな顎に整えたい、小顔にしたいといった方に適応します。

■エラ削り 方法
エラとは下顎角の部分を指しますが、エラ削りといっても顔を細く見せるためには下顎角の部分だけを切り落としてもあまり効果はありません。
顔を細く見せるためには下顎骨の厚みを減らす必要があり、そのために下顎骨の外板の切除を行います。
外板切除とは、エラ骨から咬筋にかけての頬の所に存在する外板と呼ばれている骨を切除することです。外板が出ていると正面から見てエラが左右に突出しているように見えます。外板を切除することで、正面から見た際にも小顔になります。
また、下顎骨の下縁の骨を切除し横から見た下顎骨のラインを整えることで横から見てエラが張っていて四角くという状態を改善することが出来ます。
また外板を切除するとかえってアゴ先の部分が太く見えるケースも考えられ、この場合にはアゴ先まで骨を削っていく必要があります。
またクリニックやドクターによっては咬筋切除も同時に行う場合があります。
咬筋というのは物を咬む際に、えら部分がボコっと膨らむ筋肉のことです。
咬筋が発達しすぎている場合、切除する事で小顔効果を得る事が出来ます。
このように、患者に応じて様々な手法を組み合わせてエラ削りを行うことで、正面から見ても横顔を見ても美しい輪郭形成を目指します。

■エラ削り 名医
エラ削りを含め、輪郭の骨削り・骨切りは美容整形手術の中でも特に高度な技術が求められます。
形成外科全般にわたる幅広い知識と経験を持ち、顔面の骨切り術の経験豊富な医師を選択すべきです。

■エラ削り ブログ
実際にエラ削りを受けた感想や経過を写真、画像、動画などを添付しながらブログにつづっている方がいらっしゃいます。
実際の体験談に勝るものはなし!とそれらのブログを参考にされる方も多いと思います。しかし、ブログなどの情報はその内容のすべてを鵜呑みにせず参考程度に留めておくべきだと思います。
ブロガーの方が成功したからといって他の患者が同じように上手くいくとは限りませんし、ブロガーの方が失敗したからといって他の患者も満足しないとはいえません。
それ以前に、ネット上というのはいわば誰もが匿名で投稿できる無法地帯。
その経過ブログや体験談ブログにかかれている「体験談」は本物だとは限りません。
美容外科クリニックに通じる”紹介屋”やクリニックの身内による集客目的の投稿である可能性も否定できません。
もちろん、エラ削りの経過ブログや体験談ブログの中には実際に手術を受けた患者による生の声も存在するでしょう。
ですが、やはりネットの特性を考えるとこれらのブログは参考程度に留めておくのが賢明
だと思います。

■エラ削り 安い
美容整形の中ではエラ削りは比較的高額な手術の部類に入るのでできるだけ安い費用のクリニックを選びたいと考えている方も多いようです。
しかし、エラ削りの失敗に遭ってしまった患者に多い共通点の一つとして、値段の安さに重きを置いて美容外科選びをしたという項目があげられます。
安かろう悪かろうではありませんが、エラ削りをうけるクリニックを選ぶ際には料金の安さばかりに注目するのではなく、医師の経歴、所属学会や症例数、専門分野などをよく確認し、院内設備が整っているか、最新の医療機材を導入しているか、専門の麻酔科医がいるか、正規の看護師がそろっているかなどにも着目し決定してほしいと思います。

■エラ削り たるみ
エラ骨を大きく切り取った場合や年齢を重ねてからのエラ削りの場合はたるみが出るリスクが考えられます。
術後にたるみがみられても新しい骨格の位置に筋肉や皮膚組織がなじんで数ヶ月でたるみが解消する場合もありますし、そのまま残ってしまうケースもあります。
たるみ予防にエラ削りと同時にフェイスリフトなどを勧めてくるクリニックもありますが、もしフェイスリフトなどをするにしてもエラ削りが終わって術後の経過を見てからにしたほうが賢明でしょう。

■エラ削り 後遺症
下顎骨にはオトガイ神経(三叉神経)が通っているため、術後に顔面神経や知覚神経麻痺、痺れなどの後遺症を生じる可能性があります。
また、技術の未熟な医師が執刀した場合、エラ削り後に輪郭の左右差を生じシンメトリーな輪郭にならなかったり、フェイスラインがガタガタになる症例も報告されています。

■エラ削り ダウンタイム
2週間~1か月程度は腫れが続きますが、手術後数日間は、包帯やフェイスバンドなどで固定する必要がること、食事や入浴に制限がかかることなどを考慮に入れると外出を控えたいほどのダウンタイムは約2週間というところでしょうか。

■エラ削り 写真
美容外科の多くはクリニックのホームページに自院で手術した患者のBefore&Afterの症例写真を掲載しています。
中にはメイクや照明などは同じ条件で、手術箇所の変化のみわかりやすいように撮影しているクリニックもありますが、ほとんどの美容外科は、術前のBefore写真はすっぴんに暗めの照明、無表情。術後のAfter写真はバッチリメイクに笑顔で照明もガンガンあたっています。これでは肝心の術部の変化がよく分かりません。
さらに、Before&Afterで劇的に変化しすぎている症例写真をよく見かけます。
近年の写真加工の技術の進歩は目覚ましいものがあります。
肌質を美しく整えるのはさることながら、一重の目を二重にしたり、黒目を大きくしたり、アイキャッチを入れて目をキラキラにみせたり、鼻筋を通したり、輪郭を調整して顔を小顔に見せたり、胸の大きさを盛って自然な谷間を作ったり、ウエストを細くしたり、足を長くしたり・・と写真加工だけで整形しないでも別人に見せられるレベルです。
実は美容外科の中には術後の症例写真に対してこの写真加工を施して術後の変化を強調しているクリニックも存在します。
もちろん、だからといってすべてのクリニックが症例写真を加工しているわけではありません。しかし、Before&Afterの症例写真を鵜呑みにして、同じような手術効果が得られると期待するのは少々安易な考えのように思います。

■エラ削り リスク
エラ削りのリスクとしては術後に顔面神経や知覚神経麻痺、痺れなどの後遺症を生じる可能性があること、術後にたるみやしわが出る可能性があること、また、まれにではありますが術後感染や、手術中に使用される高温を発する医療器具によるヤケドなどが考えられます。

■韓国 エラ削り
近年韓国を中心に海外の美容整形外科でエラ削りを含む美容整形ツアーなるものが組まれ、海外の美容整形クリニックが日本市場での患者獲得に乗り出してきています。
主に日本の患者を積極的に受け入れている韓国の美容外科の一例としては、ID成形外科病院、ウォンジン成形外科医院、ウィズ美ウーマンクリニック、ティーエル成形外科医院、ロミアン成形外科医院、グランド成形外科医院、コリア成形外科医院、THE成形外科医院、チャンネル成形外科医院、パノバギ成形外科医院、ジュエリー成形外科医院、ゼンクリニック、リジェン成形外科医院、シンデレラ成形外科医院、スマイル成形外科医院、BRパラム成形外科医院、ビュー成形外科医院、マイン成形外科医院、ザ・ウェル成形外科医院、ユニメディ成形外科医院、BKトンヤン美容外科などです。
これらの美容外科の多くはソウル市の江南区の通称”美容整形ストリート”と呼ばれる場所に位置します。
韓国は”美容整形大国”といわれるほど美容外科が多く、近年ではアジアを中心に韓国にエラ削りなどの美容整形を受けに来る外国人の数が急増しており、韓国で美容整形手術を受けた外国人旅行客の数は昨年一年で1万5千人を超えるそうです。
近年、海外からの旅行客に対する医療サービスで得た売り上げは一年で約4870億ウォン。
韓国政府も外資獲得のためにこの”美容整形事業”を後押ししているといいます。
韓国にはエラ削りをやっているところを含め無数の美容外科がありますが、もはや国内の患者の取り合いは限界となり、最近は中国や東南アジアそして日本からも美容外科治療を組み込んだツアーが流行しています。
日本からも美容外科の紹介、飛行機や韓国でのホテル宿泊や病院までの送り迎えの手配、通訳まで一まとめに請け負い、しかも低料金で美容整形がうけられるという”医療旅行パック”が売り出されています。
しかし、これら韓国の美容外科を紹介しているサイトのほとんどは、いわゆる”紹介屋”ですので注意が必要です。
つまり相談者の希望にぴったりの病院を紹介するフリをして、裏では特定の美容外科と結託しており、患者を紹介するたびにバックを受け取るという仕組みで成り立っています。
もちろん、韓国の美容外科の中にはきちんとした正統な営業をしている病院もたくさんありますし、技術と誠実な心を併せ持つ医師もいます。
また上記のクリニックが悪徳医院やヤブ医者だと名指ししているわけでは決してありませんので念のため。
しかし、紹介屋に紹介される医院の中には闇医者と呼ばれる無免許医師のいる病院も存在しますし、エラ削りを含め実際に行われている施術で安全とはいえない手術方法も少なくはありません。
韓国の美容外科のホームページサイトに掲載されている魅力的に見える症例写真や輝かしい成功体験談の裏で、美容整形失敗を苦にして自殺する方がいるという現状にも目を背けてはなりません。

■韓国 エラ削り 費用
韓国の中でもエラ削りの費用は美容外科によりピンキリですが、日本のエラ削りの相場が120万前後と言われているのに対し、韓国では60万前後と約半額の値段で受けられるところが多いようです。
また入院が無料であったり、手術費+渡航費+食費などの雑費を入れて、トータルで日本円で150万円前後で韓国でエラ削りを受けられる美容整形のツアーパックもあり、この費用の安さが韓国での美容整形人気に一役買っています。

■韓国 整形 エラ削り
韓国でのエラ削りの特徴として大きく骨を切り取る傾向にあるということが挙げられます。
日本の美容外科でのエラ削りはナチュラルで自然な変化を好む日本人の好み合うようエラを小さくしつつもあくまで自然なラインの輪郭を目指す傾向がありますが、韓国人は日本人に比べハッキリとした変化を好む傾向にあるといわれており、その需要に沿うように韓国でのエラ削りでは最大限大きく骨を切り取り小顔を目指す傾向があるようです。
そのため、韓国でのエラ削り失敗の訴えの多くが「エラを大きく削られすぎて細すぎる顎になってしまった」「不自然な輪郭になってしまった」というものです。
また韓国ではエラ削りをしてエラが全くなくなってしまった顎のことを犬アゴというそうです。
エラの削りすぎは韓国でよくみられるエラ削り整形の失敗の一つといえるでしょう。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

■エラ削り 整形
エラ削りは正式には下顎角形成と言われる美容整形です。
下顎骨の一部を除去しフェイスラインを整えることで、エラ張りを解消し美しい小顔を目指します。
口内から切開を行う口内法が主流ですが、エラの裏(あごの下)の目立たないところを切開して行う口外法で治療に当たるクリニックもあります。
口内法のメリットとしては、口の中を切開するため顔の表面に傷が残らないことと、骨を大きく切る事が可能なことです。
逆にデメリットとしては、腫れが強く出やすく、比較的長いダウンタイムが必要になることです。
口外法のメリットとしては、口内法に比べて腫れや痛みが軽いこと、ダウンタイムが短いことなどが挙げられます。
逆にデメリットとしては、顔表面に残る傷を極力小さくするために1~1.5㎝程度の切開口から手術を行うため大きく骨を切って形を整える事は出来ません。
傷口は目立ちにくいとはいえ、やはりうっすらと残ってしまいます。
また、エラ削りもクリニックにより手法が異なり、下顎角(エラの部分)だけ切り落とす美容外科、外板切除を行うクリニック、筋肉組織まで除去する美容外科、といろいろあります。

■エラ削り 腫れ
エラ削りの腫れは術後2~3 日目をピークに徐々に引いていきます。
エラ削りの手術後は目立つ腫れが約2 週間ほど続きます。
そこから多少むくみが感じられる状態に落ち着き、完全にむくみが取れるまでに3ヶ月~6ヶ月ほどかかります。

■エラ削り メリット
エラ削りは骨自体にアプローチするため、一度手術を行えば半永久的に効果が続き後戻りすることはありません。
また、口腔内から切開するため、傷跡が顔の表面に残りません。

■エラ削り デメリット
骨を削ったり切ったりするため、一度失敗すると修正が困難になります。
また顔全体のバランスを考えて削らないとかえって顔が大きく見えてしまったり、他のパーツが目立ち不自然な顔立ちになってしまう可能性もあります。
また、骨にアプローチするため、腫れが大きくダウンタイムも長くかかる傾向にあります。

■エラ削り 入院(Theme-ID美容外科 エラ削り)
エラ削りの術後は医師が常駐している施設に入院が必要になります。
入院期間は通常1~3日です。
早く腫れを引かせダウンタイムを短くするためにも万全の医療体制のもとアフターケアを十分に受けることが大切です。

■エラ削り 日帰り(Theme-ID美容外科 エラ削り)
まれに日帰りでエラ削りの手術を行う病院もありますが、これは危険な行為と言わざるをえません。
エラ削り術後は気道周囲の腫れが強く出るため、気道が閉塞して呼吸ができなってしまうことが稀にあります。
実際に輪郭の美容整形の手術後に気道が閉塞し窒息死に至ったケースもあります。
窒息するほどの腫れは、手術当日~翌朝にかけて起こることがほとんどです。
そのため術後1~2日間は医師が常駐している施設に入院し体調管理を受けるべきです。
入院していれば、万が一術後に気道閉塞しても緊急で医師が気管内挿管などを行い、事故を防ぐことができます。

■エラ削り 手術後 経過
術後、麻酔から覚めるとドレーンという血抜きの管につながれた状態であることがあります。
これは血が溜たまることを予防し回復を早めるためです。
通常、手術の翌日に抜去します。
エラ削りの手術後は目立つ腫れが約2 週間ほど続きます。
腫れのピークは2~3 日目くらいでそこから徐々に引いていきます。
また、内出血がみられ皮膚が紫色や黄色になることもあります。
これは手術操作によって細かい血管が傷つき、皮膚の下で出血たためです。
内出血も2 週間程度で消失しますので心配いりません。
口の中の傷を縫合した糸は10日~14日後に抜糸します。
口外法でアゴ下や耳の後ろの皮膚を切開した場合は1週間ほどで抜糸します。
また、洗顔、シャワー、入浴についてですが、シャワーのみであれば首から下は手術翌日から可能です。
顔や頭部から上はドレーン抜去の翌日から濡らして大丈夫です。
しかし、入浴は血流をよくするので痛みが強くでる可能性があるため、術後一週間は控えたほうがいいでしょう。
メイクはドレーン抜去の翌日から、傷口をさけて可能です。
歯磨きに関しては手術翌日から可能ですが、やわらかい歯ブラシから始め傷に直接当たらないよう注意してください。
また、毎日消毒液を使用してよくうがいをして口腔内を清潔に保ちます。
術後の食事に関してですが、手術当日、もしくは翌日からおかゆなどやわらかいものからはじめます。そして徐々に普通食に近づけていきます。
約1~2 週間は熱いもの、刺激のあるもの、堅いものは控えて下さい。
退院後の通院は通常術後1週間目、術後2週間目(抜糸)、3ヶ月目、6ヶ月目となります。
腫れがひいたあともむくみが3ヶ月~6ヶ月ほど続きます。
これは他人からみてさほど目立つようなむくみではありません。
自分で少し違和感を持つ程度のむくみです。
エラ削りの完成は約6 ヶ月といわれています。

■エラ削り アフターケア(Theme-ID美容外科 エラ削り)
術後、ドレーンを装着し血が溜たまることを予防し回復を早めます。
また、骨の固定と腫れ予防の役割を兼ねてフェイスマスク、バンテージなどを術後しばらくの間装着します。
フェイスバンテージは1週間ほどで取れます。
医師によってははじめの3日だけ装着し、あとは一日数時間のみの装着を指示されることもあります。
エラ削りの術後のアフターケアとしてはダウンタイム期間に痛みのある方はアイスパックや冷えたタオルなどで冷やす事で痛みの軽減につながります。
もちろん、クリニックから痛み止めとして鎮痛剤を処方されますので医師の指示に従いそれも服用します。
スポーツなどの激しい運動は最低でも一ヶ月は控えるようにしてください。
それと、エラ削りの術後は開口訓練が必要になります。
術後はしばらく切った骨を固定している状態なのであまり大きく口が開かなくなってしまいます。
初めのうちは人に会って会話するのも難しく感じるくらいです。
開口を大きくするために、毎日口を大きく開くリハビリをすることで仕上がりも変わってきます。
開口訓練を面倒がる方もいますが、医師の指示に従いしっかりとリハビリをしましょう。

■エラ削りと相性が良い手術
エラ削りとセットで頬骨削りも行う方がたびたびいます。
なぜかというと、エラ削りをしてエラの張りがなくなり下顎の幅がスリムになった結果、今まで気にならなかった頬骨が目立つようになってしまったと感じられるケースがあるためです。
また、より小顔で理想の輪郭を手に入れるためにエラ削りとセットで顎削りなどの顎の手術をされる方もいらっしゃいます。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •