•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


脂肪注入 豊胸 失敗

9

おはようございます!
祝日にいい天気なのは気持ちがいいですね♪(*^▽^*)

6

さて、今日のテーマは「脂肪注入 豊胸 失敗」です。
脂肪注入豊胸手術は小さな胸を大きくしたい、ふっくらとした形のよいバストにしたい、垂れてしまったバストにハリを取り戻したい、左右差のあるバストを整えたい、といった方に適応する手術です。
豊胸バッグを挿入するのには抵抗がある、自身の脂肪を使ってバストアップしたいという方が脂肪注入豊胸を選択されます。
脂肪注入豊胸は数ある豊胸手術の中でも特に人気の方法で、脂肪細胞法、ACR血小板注入療法、コンデンスリッチ豊胸、セリューション豊胸、ピュアグラフト豊胸、ハイブリッド豊胸、コンポジット豊胸術など様々な種類があります。

2

しかし、また整形失敗の被害が最も多い手術とも言えます。
管理人のもとには
「脂肪注入豊胸の術後にしこりができてしまった」
「脂肪注入豊胸に失敗して希望していたのとは違う結果になってしまった」
「脂肪注入豊胸を受けたがほとんど変化がなかった」
「脂肪注入豊胸の手術時に脂肪吸引した部位が凸凹になってしまった」
など、脂肪注入豊胸失敗に関する相談メールが多数寄せられます。

4

具体的に脂肪注入豊胸に失敗してしまった例とその原因としては下記のようなものが挙げられます。

【 脂肪注入豊胸に失敗してしこりができたり石灰化がおこった 】
脂肪注入で定着しなかった脂肪が石のように固く石灰化してしまうことがあります。
これらのしこりは乳ガン検診の妨げになる場合もあります。
しこりや石灰化がおきてしまう原因は脂肪注入豊胸という方法そのものにもあるのですが、施術した医師の技術に問題のあるケースも多くみられます。

1

【 脂肪注入豊胸に失敗して注入した脂肪が壊死した 】
脂肪を注入した2週間後に痛みや赤み、腫れが出たら脂肪が壊死している可能性があります。
注入した脂肪細胞が血管から栄養を吸収できなかった場合は壊死してしまい、感染症を起こすことがあるため、洗浄・除去の再手術が必要になります。
早急に医師に診てもらうようにしてください。

7

【 脂肪注入豊胸に失敗して脂肪吸引部位の形がいびつ、凸凹になっている 】
脂肪注入豊胸の場合、脂肪を吸引した部位が凹凸やシワになってしまうことが非常に多くあります。
特に幹細胞注入は脂肪の量が必要なので、無理して吸引すると、周囲との差が目立つ可能性も高いです。

3

【 脂肪注入豊胸に失敗してバストの形がいびつになった 】
脂肪注入豊胸によるしこり、石灰化なども、左右いびつな形のバストになる原因をつくっています。
また脂肪注入しても定着率が左右で同じになるとは限らず左右非対称なバストの一因になり得ます。

10

【 脂肪注入豊胸に失敗して感触が不自然なバストになってしまった 】
脂肪注入豊胸でしこりができたり石灰化がおこり感触が固いバストになってしまうことがあります。
脂肪注入豊胸の術後に夫、彼氏などのパートナーからバストの感触が不自然だと言われたと気にされている方も多くいます。

11

【 豊胸に失敗してバスト感覚が麻痺してしまった 】
脂肪注入豊胸の手術の際に神経を傷つけたりして、術後に強い痛み、しびれ、麻痺を訴える方もいます。
なかには脂肪注入豊胸の術後に感覚の麻痺が残ってしまうというケースもあります。

5

以上が、脂肪注入豊胸に失敗してしまった主な例とその原因です。
脂肪注入豊胸に失敗してしまったと感じた場合、すぐに専門医に相談するようにしてください。
自身が脂肪注入豊胸に失敗してしまった美容外科だけでなく、この分野の名医のいるクリニックに相談することでもっとも最適な解決策を見つけることができるでしょう。

以上、今日のテーマは「脂肪注入 豊胸 失敗」でした。
それではまた明日(^^)ノ

img_1386
.
※イメージしやすいよう文中に画像を挿入してありますが文章とは関係ありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •