•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


豊胸 聖心美容クリニック 体験談ブログ

5

こんにちは!
今日も秋晴れが気持ちいいですね(*^-^)
最近、休みの日ほど早く目覚めてしまいます。
せっかくの休日だから朝寝坊したいんでけどなぁ。。

1

さて、今日のテーマは「豊胸 聖心美容クリニック 体験談ブログ」です。
管理人のブログに寄せられるメールの中に非常に多い文面として下記のようなものもあります。
「豊胸手術を受ける際に、美容外科クリニックのホームページや医院長によるブログを見ても成功例しか載っていなかったり、クリニック側にとって都合のいいことしか書いていないので信じることができません。なので実際にそのクリニックで豊胸手術を体験した人による豊胸の体験談ブログを探しているのですがクリニック名、医師名まで公開して豊胸手術の体験談ブログを書いている人はとても少なく参考になりません・・。」

6

このように、実際に聖心美容クリニックで豊胸をした人の体験談ブログを読んで参考にしたい!と思ってもなかなかピンポイントでほしい情報が得にくいのが現状です。
インターネットは調べ物をするのに便利なツールですが、情報が多すぎて、またその一つ一つの情報の信憑性を証明することは難しく、逆に聖心美容クリニックの豊胸に関する体験談ブログなどの情報を調べれば調べるほど迷ってしまう、分からなくなってしまうというジレンマに陥ってしまうようです。

2

豊胸手術を含め、美容整形を考えている方にとってインターネットを通じての情報収集は美容外科選びの要になっている場合がほとんどでしょうが、聖心美容クリニックの豊胸に関する体験談ブログを仮にネット上で見つけたとしても、その内容のすべてを鵜呑みにせず参考程度に留めておくことをおすすめします。

これはその体験談ブログの内容が、「聖心美容クリニックで豊胸をして成功した」「聖心美容クリニックで豊胸をして失敗した」というどちらのものであったとしてもです。

3

ネット上というのはいわば誰もが匿名で投稿できる無法地帯です。
その豊胸手術体験談ブログにかかれている「体験談」は本物なのでしょうか?
数ある美容外科やクリニックのなかには、スタッフにネット上の口コミサイトへの投稿ノルマを課しているところも実在します。
つまり、自院で手術を受けた患者を装い、「ここクリニックで豊胸手術をして成功した!」とか、ライバル院で手術を受けた患者になりすまして「ここのクリニックで豊胸手術をして失敗した。ヤブ医者だ!」とか書き込むわけです。

9

彼らの中には”豊胸の体験談ブログ”をねつ造している輩もいるかもしれません。
また、「紹介屋」なるものの存在も忘れてはいけません。
彼らは一見、豊胸手術などの美容整形に関する相談サイトをやっているようにみせかけて、裏ではいくつかの医院と結託しており、相談者を上手くそれらの医院に紹介し、豊胸手術することになればその手術料の一部をバックとしてもらうことを生業としているのです。

8

もちろん、聖心美容クリニックはこのような悪徳卑劣なやり方で患者を集客しているわけではありません。
また、豊胸などの体験談ブログの中には実際に手術を受けた患者による生の声も無論存在するでしょう。
しかし、上記のような事実がある限りネット上の情報を鵜呑みにすることは豊胸手術失敗への第一歩と心得なければなりません。

4

バストに関する悩みは人それぞれに違います。
このようなさまざまな需要に応えるように現在では豊胸術は多岐にわたります。
豊胸手術は大きく分けて下記の様なものがあります。

■胸をバッグ等で胸を大きくしたい
人工乳腺法(大胸筋下法、乳腺下法、大胸筋膜下法)

■脂肪注入でのバストアップ
脂肪注入法、コンデンスリッチ豊胸、セリューション豊胸、ピュアグラフト豊胸

■バッグと脂肪注入の両方で胸を大きくしたい
ハイブリッド豊胸

■豊胸(献血)
PPPジェル豊胸、PRPジェル豊胸

■プチ豊胸
ヒアルロン酸豊胸、アクアフィリング豊胸

■胸を小さくしたい
乳房縮小手術、リダクション

■乳頭や乳首の形・色を変えたい
陥没乳頭治療、乳頭・乳輪色素沈着改善、乳輪肥大修正、乳首縮小術、陥没乳首修正

■加齢や授乳で垂れたバストを引き上げたい
マストペクシー、乳房吊り上げ術、下垂乳房形成、乳房下垂修正

vorsorge

これらの手術を聖心美容クリニックで受けようと考えている方もいるでしょう。
そのために豊胸の体験談ブログを探している方もいるかもしれません。
美しく、より自分らしい人生にするために受けるはずの豊胸手術。
かけがえのない人生を豊胸失敗により狂わされるようなことがあってはならないのです。
以上、今日のテーマは「豊胸 聖心美容クリニック 体験談ブログ」でした。
それではまた明日。(^▽^)/

img_1368
.
※イメージしやすいよう文中に画像を挿入してありますが文章とは関係ありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •