•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


下顎が出ている 長い 受け口の原因 治療法

4

こんにちは!
今日も暑くなりそうです(>_<;)

2

さて、今日のテーマは「下顎が出ている 長い 受け口の原因 治療法」です。
上あごが小さい場合、もしくは下あごが大きい、長い場合、あるいはそのすべてに当てはまる場合に受け口(下顎前突)や反対咬合が生じます。

3

受け口の原因は上顎の発達不足や下顎の骨の発達が過剰であったことがあげられますが、
あごのサイズだけでなく、上下の歯の数の違いが原因の一つに数えられる場合もあります。受け口の方は下あごが長い印象となり、顔の真ん中が凹んだように見えることがあるため、笑顔や横顔にコンプレックスを持ち悩む方が多いです。

5

受け口の治療法としては、下顎分節切り術、下顎枝矢状分割骨切り術、下顎セットバック、上下顎セットバックなどが適応になります。
いずれの手術も、下顎全体を後方に移動して良好な咬合を作るオペです。
これらの施術により受け口が治り美しい横顔を手に入れることができますが、下顎、もしくは上下両方の顎を移動させるため、矯正治療を伴うことがほとんどです。

1

美しい輪郭、また健康的なかみ合わせを手に入れるためにも骨切りの技術に精通し、形成外科で長年腕を磨いた美容外科医を選ぶことをおすすめします。
また、一流の矯正歯科と連携治療をしてくれるクリニックを選ぶことも成功のための大切なポイントです。

IMG_1329
.
※イメージしやすいよう文中に画像を挿入してありますが文章とは関係ありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •