•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


くちびるが薄い 鼻の下が短い 原因 治療法

1

こんにちは!
一時期より多少涼しくなったとはいえまだまだ日中は暑いですね(w_-;
それでも秋祭りの広告なんかを見かけるようになしましたよ☆

3

さて、今日のテーマは「くちびるが薄い 鼻の下が短い 原因 治療法」です。
くちびるが薄く顔が短い、鼻の下が短い、顔の縦の長さが短い、笑ったときに上の歯が隠れていてよく見えない、老けた感じに見られるなどの症状の方は上顎後退症と考えられます。
上顎後退とは上顎が小さい状態を指し、原因は上顎の骨の成長が悪いためと考えられます。
中には、上顎が陥凹したようにみえたり、下顎の歯列が上顎の歯列に対して前方で噛み合ってしまっているケースもあります。

2

上顎後退の治療法としては上顎の骨を切り、理想的な位置に移動させる上顎分節骨切り術が適応されます。
場合によっては下顎の骨も同時に移動させる上下顎セットバックが適応になる場合もあります。
また、顎の位置が変わることで歯列も変化するため歯列矯正を伴う治療になるケースもあります。

4

くちびるが薄い、鼻の下が短いことで悩んでいる方は、輪郭の骨切りの専門医のいる美容外科、できれば一流の矯正歯科と連携をとることが可能なクリニックで相談してみるといいでしょう。

IMG_1327
.
※イメージしやすいよう文中に画像を挿入してありますが文章とは関係ありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •