•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


豊胸脂肪注入 しこりは自然になくなる?

13

こんにちは!
子供たちの夏休みもあとわずか・・!
宿題をため込んでいた子たちは今頃泣く泣くやってるのかな?
そして、夏休み中の子供を見ていたお母さんたちはもうあと少しですね~!(^人^)

10

さて、今日のテーマは「豊胸脂肪注入 しこりは自然になくなる?」です。
脂肪注入による豊胸術では、脂肪と同時に注入した水分や麻酔液、死活・老活細胞などの不純物が、注入脂肪への栄養素の循環を妨げることでしこりになります。
脂肪を注入する際、同じ部分に多くの脂肪を注入するとしこりができやすいといわれています。
脂肪注入による豊胸術をおこなった場合にしこりができてしまうことはよくあるトラブルの一つですが、管理人の元には
「脂肪注入豊胸後のしこりは自然になくなるのですか?」
という質問メールがよく寄せられます。
もし、しこりが直径1cm以下であれば術後1年ほどで自然に吸収されることが多いです。
それでも念のため主治医に相談し、エコー検査(超音波検査)で確認してもらうようにしましょう。
その上で、見た目や触った感じがさほど気にならないというのであれば、そのまま経過観察でもいいと思います。

7

しかし、気になってしまう場合、または見るからに膨らんでいたりする大きなしこりの場合は処置が必要になってきます。
特に直径1cm以上のしこりは、完全に吸収されることが難しく、時間が経てば経つほど石灰化といってしこりの周囲にカルシウムが付着して骨のように固くなる症状になりやすくなります。
脂肪注入してから数年以内のあまり時間が経っていないしこりであれば、比較的簡単に取り除くことができます。
脂肪注入豊胸後のしこりの除去には下記の3通りの方法があります。

12

【吸引】
しこりが比較的小さい場合、注射器や細い吸引管(3mm程度)を使ったオイル吸引で、しこりの除去を行ないます。

15

【ベイザーリポ】
しこりの中身が壊死した脂肪のオイルではなく、細胞膜が壊れずに壊死して細胞の形を保っているものである場合、ベイザーリポという脂肪吸引機器を使用してしこりの摘出を行います。
ベイザーリポとは、振動エネルギーで周囲組織のダメージを抑えながら、脂肪組織をバラバラに遊離させる脂肪吸引機器です。
ベイザーリポでしこりを崩し、その後に吸引することでしこりを除去します。

11

【切開】
しこりが石灰化をおこしてしまっている場合、皮膚を切開してしこりを摘出するしか方法がありません。
切開場所は、なるべく傷が目立たないように乳輪に沿って行なわれることが多いですが、乳輪から離れた部位にしこりがある場合、バストの下部や脇の下など別の位置を切開する可能性もあります。

9

このように脂肪注入豊胸後にしこりができてしまった場合は、状態に応じて適切な処置を施すことが重要になってきます。
「注入直後たし、まだ小さいし、自然に消えるかも・・」
と自己判断せずに、一度医師に相談するようにしてください。

IMG_1316
.
※イメージしやすいよう文中に画像を挿入してありますが文章とは関係ありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •