•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


人中短縮失敗 体験談ブログ

おはようございます!
暑い毎日も一休み、関東では雨が降って梅雨寒の一日になりそうです☆

さて、今日のテーマは「人中短縮失敗 体験談ブログ」です。
人中短縮とは鼻の下〜上唇までの間が長いと感じている方に適応する手術です。
またの名を鼻下短縮術ともいいます。
生まれつき鼻の下〜上唇までの間が長い方もいますし、加齢によって長くなるケースもみられます。
また上の前歯が出ていることが原因で長くみえる方もいます。
鼻の下が18mmを超えると人は長いと感じるようになるといわれています。
人中短縮術の手術は鼻の穴の下の部分で皮膚を切除します。

ただ皮膚を切除しても効果は少なくキズも目立ってしまうので、皮下を剥離して、口の周りの口輪筋を引き上げ縫合します。
切除する幅は3〜10mm、平均5〜7mmです
後戻りが懸念されている手術ですので、医師によっては法令線まで切開する医師もいます。
また、人中短縮とはその名の通り鼻の下の人中(ひだになっている部分)を短くする手術ですが、上記のような表面からだけではなく、内側からの切開により人中短縮をする方法をとっているクリニックもあります。
この内側法で人中短縮をすると、表面に傷跡が残りません。

その反面、外側切開と比べると効果を感じにくいというデメリットがあります。
外側法の人中短縮の場合は、5mm程度皮を切除し鼻下短縮ができるといわれています。
また、人中短縮を行うことで上唇が引き上げられて分厚くなった印象になることから人中短縮術は上口唇リフト、リップリフトともいわれます。
鼻下短縮を何ミリ行うか、術後の見え方などについて医師とよく話し合うことが必須です。

管理人のブログには
「人中短縮に失敗して希望していたのとは違う結果になってしまった」
「人中短縮を受けたがほとんど変化がなかった」
「人中短縮の術後に皮膚がたるんでしまった」
「人中短縮の術後に後遺症が残ってしまった」
などという旨の人中短縮の失敗体験談や相談メールが寄せられます。

【 人中短縮に失敗して希望していたのとは違う結果になってしまった場合 】
どの程度まで皮膚を切除したかで再手術・修正手術が可能かどうかが決まってきます。
一概には言えませんが、まだ人中を短縮する余地がある場合、患者の希望に沿ってある程度改善できる余地はあるでしょう。
極端に切除されすぎたという場合は修正が困難になりますが、他の部位を調節して顔のバランスをとることで切除しすぎが目立たなくなる場合もあります。
一度専門医に相談してみると良いでしょう。

【 人中短縮を受けたがほとんど変化がなかったという場合 】
この場合はまだ切除する余地がある場合がほとんどです。
ここで問題になるのは手術を受けた美容外科で再手術をしてもらうか、別の美容外科に相談した方がいいのか、ということです。

◇ 手術を受けた美容外科で再手術をする場合 ◇
・メリット
無料、もしくは麻酔などの薬品代のみなど、安い金額で手術してもらえる可能性が高い。
・デメリット
技術が未熟な医師であった場合、再手術しても変わらない、もしくは失敗されるおそれがある。

◇ 別の美容外科に再手術を託す場合 ◇
・メリット
技術のある医師に託せばベストな手術方法で理想の鼻下になれる可能性がある。
・デメリット
人中短縮の手術料金をもう一度払わなくてはならない。

【 人中短縮の術後に皮膚がたるんでしまった場合 】
顔面は、骨組織(顔面骨)が土台になり、その上に筋肉、脂肪皮膚などの軟部組織が付着しています。
人中短縮をした関係で周りの軟部組織が余ることになり、結果として法令線などがでやすい場合があります。
人中短縮をする皮膚の切除幅が大きければ大きいほど、相対的に軟部組織が余るので、しわやたるみのリスクは高まります。

また、年齢が若いほうが皮膚の収縮力があるため、人中短縮術をした後、ある程度皮膚が引き締まり、皮膚や皮下脂肪のたるみが少なくてすみます。
逆に、歳をとると皮膚の収縮力がなくなるため、歳をとってから人中短縮術をすると、皮膚や皮下脂肪が大きくたるむリスクは高まります。
そのため、人中短縮は、できれば25歳くらいまでに行うのが望ましいといえます。
ですが、特に女性ならよくご存じの通り、肌年齢=実年齢ではないので、たるみに関するリスクには個人差があります。

【 人中短縮の術後に後遺症が残ってしまった 】
人中短縮の術後にみられる後遺症としては知覚麻痺、感覚麻痺、痺れなど。
人中短縮の手術直後はほとんどの方が痺れや麻痺を感じますが、時間の経過とともに完治へ向かうのが通常です。
通常、術後3ヶ月もすれはこれらの症状はなくなるといわれています。
それ以上経過しても、一向に回復する兆しのない場合には専門機関を受診するようにしてください。

繰り返しになりますが、管理人のブログには人中短縮の失敗体験談が多数寄せられたり、人中短縮の手術失敗、後遺症に関する相談メールがあとを絶ちません。
人中短縮に失敗してしまった場合もこの分野の名医に相談することでもっとも最適な解決策を見つけることができるはずなので絶望してあきらめないでほしいのです。
しかし、これから人中短縮の手術を受けるという方!
肝心なのはまず、失敗を回避することです。
せっかく高いお金を払って手術を受けるのなら、成功して理想の輪郭を手に入れてほしいのです。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •