•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


豊胸バッグプロテーゼ挿入法 料金

5

こんにちは!
今日は雨で少しひんやりしますね。
風邪が流行っているようなので、皆様お気を付けくださいね。(p´⌒`q)

さて、今日のテーマは「豊胸バッグプロテーゼ挿入法 料金」です。
豊胸バッグプロテーゼ挿入法は2カップ以上バストアップしたい、大きくした胸を半永久的に保ちたい方に適応する手術です。
料金の話に入る前に、豊胸バッグプロテーゼ挿入法について簡単にご説明します。

4

豊胸バッグプロテーゼ挿入法の最大のメリットは、胸がしぼむことなく、挿入した当時とほぼ100%同じバストの大きさを半永久に維持できることです。
挿入する豊胸バッグの種類によっては、2カップ以上のバストアップも可能になります。
しかし、たとえ大きなバッグプロテーゼ挿入を望まれたとしても、どの程度までバストアップできるかは個人差があります。
医師とよく相談した上で無理のない豊胸手術をするようにしてください。

2

また、今では豊胸バッグの種類は数百種類以上に上ります。
自分のイメージ通りの形、大きさや触り心地に合うように選ぶことができます。
以前の豊胸バッグは仰向けになった時に不自然な形になるなどの問題もありましたが、現在は改良され立っているときでも、仰向けになった時にも、不自然にならないような胸にできるようになりつつあります。
形状も、ラウンド型、アナトミカル型、アシンメトリー型など様々なものがありますので希望に応じて選ぶことができます。

1

「豊胸バッグは硬い、不自然になる」というイメージがあり、豊胸バッグプロテーゼ挿入法を避けてきたという方もいらっしゃいますが、最新の技術の進歩によって、見た目や触り心地に違和感のないバストを作ることも可能になっています。

さらに、豊胸バッグプロテーゼ挿入法はやせている人に向いている方法といえます。
脂肪注入法豊胸だとバストに注入可能なだけの脂肪を自分の身体から吸引する必要があり、痩せている人には向いていません。
一方、豊胸バッグプロテーゼ挿入法では体型を問わず、自分の好みの胸の大きさを作ることができます。

6

ただし胸が元々なく、かなり小さい人は、あまりに大きな豊胸バッグプロテーゼを挿入してしまうと不自然な形や硬さになってしまうため、2カップ程度までのバストアップに留めておいた方が良いかと思います。

7

逆に豊胸バッグプロテーゼ挿入法の最大のデメリットとしては、豊胸バッグを入れる為に切開したときの傷跡が残るという点でしょう。
豊胸バッグの挿入は、アンダーバストの部分やワキなど、目立たない部分を5cm程度切開して行います。
この傷跡は時間が経てばほとんど目立たない程度にまで消えますが、傷跡が目立たなくなるまで数週間はかかるので、ワキ切開の場合、当分の間はノースリーブや水着になる恰好は避けた方が良いです。

3

さて、続いては豊胸バッグプロテーゼ挿入法の料金についてです。
豊胸バッグプロテーゼ挿入法の料金についてですが、各美容外科により40万~150万と大きくことなります。
日本での平均価格は80万前後といわれていますが、料金のみに重きを置いて美容外科選びをするべきではありません。
とはいえ、美容整形手術を受ける際に費用は重要な事項ですよね。

8

そこで豊胸バッグプロテーゼ挿入法を含む美容整形手術の費用の内訳にも触れておこうと思います。
<美容整形手術の費用の内訳>
1.手術料金
2.手術に必要な材料費
3.麻酔等の費用
4.薬品代
5.入院費用
6.その他諸経費

9

経験豊富で技術の高い医師、優れた麻酔医、厳選された材料や薬品、最適な機材や装置、優秀な正看護師。
これらを揃え、最高の美容外科医療を提供するにはそれなりの費用がかかります。
格安を売りにする美容外科の中には、中古の機材や装置、外国製の格安の薬品、間に合わせの麻酔医や看護師で組まれた医療チームのいるクリニックもあるのでご注意を!!

豊胸バッグプロテーゼ挿入法で失敗しないためにも適正な料金の美容外科を見極めましょう。

IMG_1125
.
※イメージしやすいよう文中に画像を挿入してありますが文章とは関係ありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •