•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


下顎角形成術 ダウンタイム 最短 韓国

5

こんにちは!
今日はあいにくの曇り空の日曜日です(´・ω・`)

さて、今日のテーマは「下顎角形成術 ダウンタイム 最短 韓国」です。
下顎角形成術(エラ削り)などの輪郭の整形は骨を切ったり削ったりするため、ダウンタイムが長く必要になることでも知られています。
下顎角形成術の場合、入院は1日~3日、腫れのピークは術後2、3日目。
大きな腫れが取れるまでに2週間程度、3ヶ月でほとんど腫れが目立たなくなり、半年で完成といわれています。(もちろん、個人差はありますが)

6

韓国では下顎角形成術(エラ削り)のみで行われることよりも、顎削り、T字切骨などとセットでシャープなフェイスラインを目指すVライン整形、さらに頬骨削りや鼻の手術と同時に行われるケースも多いようです。
この場合、述部が多くなることに比例してダウンタイムも長くなります。
いずれにせよ、長期の休みというのはなかなか取りづらいものです。
できるだけダウンタイムは短かくすませたいものですよね。

1

下顎角形成術の手術方法は各美容外科によって異なりますが、腫れを抑える方法もクリニックにより様々です。
・なるべく腫れを抑えるために、手術後に圧迫固定。
・腫れ止めの点滴をする。
・患部を冷やす。
・患部を温める。

さらに韓国の美容外科では下記のような独自のアフターケアが目立ちます。
・むくみ取りに効果があるというカボチャジュースを飲ませる。
・むくみ取りに効果があるというレーザーをあてる。
・エステマッサージ。

3

また、骨を削ったり、切ったりする手術ですので、内出血が出ることがあります。
もし、内出血をした場合はエラから首にかけて青くなったり黄色くなったりすることがありますが、ほとんどの場合10日ほどで色味は薄らいできます。
一般的に早く回復するために(ダウンタイムが短くてすむために)退院後は、4日程度は激しい運動や、体が極端に暖まることは控えると内出血や腫れになりづらいといわれています。
また、同様の理由から飲酒も控えるべきです。
これは下顎角形成術に限らず顔面の手術に一般的に言えることですが、睡眠時は背中の下にクッションを足して上半身をすこし起こし気味にして寝たり、 枕を高めにして寝ると顔のムクミや腫れが引きやすくなる場合があります。

2

腫れを早く引かすためにマッサージなどをした方がいいのかという質問も多く頂きますが、腫れを引かすための積極的なマッサージは、術後早期はやめた方が無難です。
この時期はまだ患部を触ると痛むので無理矢理マッサージすることは危険を伴います。
術後3から4週間くらいは待っていただき、 医師の診察を受けて確認してOKがでればマッサージ、エステなども大丈夫です。
韓国の大きな美容外科では自社ビルのワンフロアにアフターケア用の施設を併設しているところもあるようです。
下顎角形成術などの輪郭の整形は骨を切ったり削ったりするため術後にたるみを生じることがあるのでその防止のために、術後にその施設で患部にレーザーをあてたり、エステでたるみ防止のマッサージをしたりした、という体験談をよく寄せていただきますが、術後すぐに無理に患部に負担をかけるのはあまり効果的とはいえません。

4

人それぞれに生活スタイルなどもあると思いますが、手術後のダウンタイムの過ごし方や対処法、生活の仕方などは、執刀医とよく相談をして自己流のやり方は控えるべきです。
名医ほど手術時間は短く済み、手術中の出血量は少ないので腫れや内出血は少なくてすみ、ダウンタイムは短いといわれています。
手術を成功させるためにもダウンタイムを最短で終えるためにも名医に手術を託し、術後の過ごし方に関しては医師とよく相談をしてその指示に従うべきです。
.
※イメージしやすいよう文中に画像を挿入してありますが文章とは関係ありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •