•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


顎削り料金

1

こんにちは!
今日は曇天ですが涼しい風がうれしいです(b´ω`d)

さて、今日のテーマは「顎削り料金」です。
顎削りはあごの長さが気になる方に適応する手術です。
料金の話に入る前に、顎削りの手術の手順を簡単にご説明します。

2

顎先が少々出ている、もしくは左右の長さが微妙に違う場合、オトガイ(あごの先)の骨を削り長さや形を整えます。
ここで注意しなければいけないのは骨削りと顎の骨切りとはまったく異なる手術ということです。
上記のように顎先が少々出ている場合やオトガイの形を整えたい場合は顎削りの対象となります。
長い顎を短くする、受け口、しゃくれ、反対咬合を治したい場合や、顎先の前突や後退の程度が顕著な状態には、いくら削っても限界があるので、下顎骨の中間部分の構造上不要な部分を切り抜いて短縮し、その後丁寧に削って滑らかに形成する顎の骨切り術の対象となります。
顎削りは前方への突き出しを減らす手術、顎の長さを短くする場合は顎骨切りと考えていただければわかりやすいと思います。

3

さて、続いては顎削りの料金についてです。
顎削りの料金についてですが、各美容外科により60万~150万と大きくことなります。
日本での平均価格は90万前後といわれていますが、料金のみに重きを置いて美容外科選びをするべきではありません。
とはいえ、美容整形手術を受ける際に費用は重要な事項ですよね。

そこで顎削りを含む美容整形手術の費用の内訳にも触れておこうと思います。
<美容整形手術の費用の内訳>
1.手術料金
2.手術に必要な材料費
3.麻酔等の費用
4.薬品代
5.入院費用
6.その他諸経費

4

経験豊富で技術の高い医師、優れた麻酔医、厳選された材料や薬品、最適な機材や装置、優秀な正看護師。
これらを揃え、最高の美容外科医療を提供するにはそれなりの費用がかかります。
格安を売りにする美容外科の中には、中古の機材や装置、外国製の格安の薬品、間に合わせの麻酔医や看護師で組まれた医療チームのいるクリニックもあるのでご注意を!!

顎削りで失敗しないためにも適正な料金の美容外科を見極めましょう。

5

.
※イメージしやすいよう文中に画像を挿入してありますが文章とは関係ありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •