•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


エラ張り 骨

7

こんにちは!!
毎日エラ削り関連の記事が続いていますね(´д`ι)
本当は他の部位の記事も書きたいことがたくさんあるんです。
顎、目、鼻、豊胸に脂肪吸引、アンチエイジング・・・
あれも書きたい!これも書きたい!あぁ・・・でも時間が足り~~ん!!。+゚(ノД`)゚+。
昨日は読者の方から「どうしてエラの記事ばかりなんですか?!私の受けたい部位に関する記事も早く書いてよ!」というメールももらうという夢を見ました・・・
自然の中に行きたい・・・あの映画みたいな~・・・という雑念は捨ててできるだけ多くの記事をかけるようがんばっておりますので少々お待ちください(´ДÅ)
とりあえず、エラ削り関連をある程度書いてから他の部位に進もうと思っております。。

5

さてさて!気をとりなおして今日のテーマは「エラ張り 骨」です。
エラが張っている原因が骨にある場合、小顔矯正やコルギでははっきりいって治りません。
エラ張り骨を治したければエラ削りやエラ切りという美容整形手術を受けるしかありません。そして、実際、エラ削りの手術ってなにをするの~?という方のためにエラ削りの手術の流れをざっくりと書いておこうと思います。
もちろん、各クリニック&医師によって手術方法や手技は異なってきますので、この中の一例と考え参考程度にみてくださいね。
エラ張りの骨を治したい、顔を細くしたいと考えている方に適するエラ削り手術。
一般にエラといわれている部分は下顎角という部分を指します。
しかし、実際には顔を細く見せるためにはこの下顎角の部分を切り落としてもあまり効果はありません。

1

顔を細く見せるためには下顎骨の厚みを減らすことが重要です。
そのためには下顎骨の外板の切除を行います。横から見てもエラが張っていて四角く見えるという場合には、下顎骨の下縁の骨を切除し横から見た下顎骨のラインを整えます。

2

また外板を切除するとかえってアゴ先の部分が太く見えてしまうこともあるんです。
このケースにはアゴ先まで骨を削っていく必要があります。
このように、エラ張りの骨といってもほぼ下顎骨全体の骨をバランスよく整えていかなくてはなりません。

4

そのためにはセファログラムという顔面の規格レントゲン写真を撮影し、様々な骨の角度を計測して、どの部分をどの程度切除するかを決定していきます。
下顎角の部分だけ斜めに骨を切り取る手術がありますが、これは効果がないだけではなく、下顎角が二つできてしまいかえっておかしな形態になるので注意しなければなりません。
下顎角の部分だけ単純に骨を切り取る手術を行っているクリニックは多いですが、それに伴いエラからあご先にかけて不自然な段差ができてしまったという失敗例が絶えません。

3

エラ張りの骨を治すためのエラ削りの手術を受ける前にこの手術で顔が細くなる仕組みまで理解しておくことも、名医の選択につながり、失敗のリスクを下げることになります。
知らぬが仏、のことも多々ありますが、ことに美容整形手術においては手術の流れや概要をきちんと把握しておくと良いでしょう。

6

以上、今日のテーマは「エラ張り 骨」でした。
.

※ イメージしやすいよう画像を挿入してありますが文章とは関係ありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •