•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


高須クリニック エラ削り

2

おはようございます!
晴れて続きでまた今日も暑くなりそうな朝ですね(*´∀`)♪

3

さて今日のテーマは「高須クリニック エラ削り」です。
エラ削りなどの輪郭形成は美容整形の中でも難しい手術。
なので輪郭形成を行っているクリニックは日本に1000以上あるといわれている美容外科の中でも一握りです。
高須克弥氏のCMや高須幹弥氏のドクターブログなどでおなじみの高須クリニックもエラ削りを行っている医院の一つです。

4

エラ削りを行う際は、事前にエラ削りのリスクについて把握しておいてほしいものです。
エラ削り失敗はしびれ、知覚麻痺、感覚異常などの後遺症が残るケースと、左右差がある、削った部分とそうでない部分に段差ができた、輪郭に凹みができてしまった、フェイスラインがガタガタになったなどがあげられます。
知覚麻痺、感覚異常は術後直後はほとんどの人が感じる後遺症ですが、その他は明らかな医師の手技の失敗である可能性が高いです。

7

10

しかし、それ以上に多いともいえるのは手術の仕上がりが理想通りの輪郭ではなかったというものです。
削られすぎて極端に細い輪郭になってしまった、逆に削ったのに手術する前とほどんど変化がない、横顔は変わったけど、正面から見て変化が感じられない、自分の思い描いていた形とは違うものになった等・・・

9

5

エラ削りにも手術方法がいろいろありますので、これは手術方法や医師の技量にもよります。
しかし、このようなケースの手術失敗を防ぐには、高須クリニックの場合も含め術前のカウンセリングで自分のなりたい理想の輪郭について担当医と綿密に話しておくことが大切です。
エラ削りでエラを削ったら、今まで気にならなかった頬骨や鼻が目立つようになって顔のバランスがおかしくなってしまった、というのもよく聞く失敗談です。

1

また芸能人や女優の写真を持参してカウンセリングへ行き、「こういう輪郭にしてください」といったのに仕上がりは遠く及んでいない、という体験談も聞きます。
憧れの輪郭を持つ人の写真を持参するのは、医師とイメージの共有をしやすいので良いことだと思うのですが、人それぞれ顔の骨格が異なるので輪郭だけ理想に近づければ憧れの芸能人と似た顔立ちになれるとは限らないのです。

8

自分の理想のトータルイメージに近い顔になれるよう、現実的に、安全な範囲で美しく仕上げることができる医師を見つけることがエラ削り成功への第一歩です。
そして高須クリニックを含めカウンセリング時には、自分のなりたいイメージをしっかりと医師に伝えることと、具体的にどの程度、どのように変化できるのかをしっかり確認しておくことが大切です。
また、エラを削ることによって生じ得る審美的なリスク(頬骨や鼻など他のパーツが目立つようになる可能性など)も併せて確認しておくとよいでしょう。

6

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

▽下記は参考までに管理人のブログに寄せられた「高須クリニック エラ削り」に関する読者からの寄稿記事です。
東京都 男性
ずっと顔が大きいのがコンプレックスでした。自分には妻も息子もおりますが、独身時代よりエラ削りという美容整形に対する思いが捨てられずにきました。妻は比較的美容整形には寛容で、高須クリニックならcmとかでも有名だし、失敗しないならいいんじゃない?と理解を示してくれました。年収が特別高いわけでもない自分に高額なエラ削り手術を許可してくれて感謝しています。高須克弥院長にやってもらうつもりでしたが、エラ削りは現在おこなっていないとのことで、高須幹弥医師にやってもらおうと思っています。高須幹弥はブログにたくさんの症例写真を載せているので口コミもいいし腕もいいと思ったんです。でもカウンセリングでエラ削りをやりたいというと、別の医師を薦められました。あれ・・?自信ないのかな?それとも高須クリニックにはもっとエラ削りの名医がいるのかな?一瞬迷ってしまいました。 高須クリニックはツイッターなどもやっていて情報公開に積極的なので安心できると思っていますが、一抹の不安があります。

以上、今日のテーマは「高須クリニック エラ削り」でした。

.
※ イメージしやすいよう画像を挿入してありますが文章とは関係ありません

管理人としては賛成しかねる内容もありますが、あえて原文に近い状態で掲載します

更新情報
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •