•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


城本クリニック エラ削り

5

おはようございます。
あと2日頑張れば週末ですd(*^v^*)b♪

さて、今日のテーマは「城本クリニック エラ削り」です。
全国に多数の店舗を持つ城本クリニック。
様々な美容整形手術が行われていますがエラ削りも人気の輪郭形成の一つです。
エラ削りは下顎骨を切ったり削ったりする手術ですが、下顎骨の中にはオトガイ神経という神経が通っています。
手術はこの神経を傷つけないように慎重に進めるのですが、 機械の振動や手術中に唇を引っ張る操作で神経に負担をかけることがあり、手術後しばらくの間下唇が痺れているように感じたり、下顎付近の感覚が鈍ったりすることがあります。

4

通常、これらのしびれや麻痺は術後しばらくすると自然になくなります。
城本クリニックでもエラ削りの カウンセリングの際にはこの後遺症の説明があるはずです。しかし、手術時にあまりに神経の近くまで削りすぎてしまったり、操作がずさんだったり、または誤って神経を傷つけてしまうとしびれや麻痺はひどくなり、術後に長期間消えなかったり永久的な後遺症になってしまうこともあり得ます。

SONY DSC

管理人への相談メールの中にも
「城本クリニックでエラ削りを受けたあと、下唇が動きにくくなり唇がうまく閉じられずよだれがダラダラたれてしまう」
「唇の右側だけ動かなくなりイーの口が右側だけできない」
「下あごのあたりが常に痺れていてなにか付いてしまっても気づかない」
というような旨のものもあります。

2

これはエラ削りのときに神経を部分的に傷つけてしまい神経障害が生じているものと思われます。
きちんとした技術を持っている医師の手にかかれば、このような神経障害は起きなかったのに、手術を受ける前に是非管理人に相談してほしかった・・。
悔やまれてなりません。。。

6

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

▽下記は参考までに管理人のブログに寄せられた「城本クリニック エラ削り」に関する読者からの寄稿記事です。
東京都新宿区 男性
池袋にある城本クリニックでエラ削りを受けました。新宿にも分院(本社?)があったのですが、評判や口コミが悪いので池袋院にしました。美容整形は以前にヒアルロン酸注射と二重埋没をやったことがありますが、いずれもプチ整形です。埋没などは値段がやすかったですがすぐに糸がゆるんで一重にももどってしまいました。なので今度はべつの病院がいいとおもって探していたところ、女友達で仲のいい子が豊胸や脱毛を城本クリニックでやってるけどめっちゃいいよ!とおしえてくれたので城本クリニックでやることにしました。おすすめの先生を聞いたところ、田中真輔医師、森上和樹医師、矢沢慶史医師、内川晶氏医師、大谷秀和医師、津江知里医師の名前をあげてくれたのでこの中から選びました。術後2週間でまだ腫れていますが、輪郭がかなり細くなり満足しています。ダウンタイムが終わるのが楽しみです。

以上、今日のテーマは「城本クリニック エラ削り」でした。
.

※ イメージしやすいよう画像を挿入してありますが文章とは関係ありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •