•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


エラ削り 後遺症

3

こんにちは!
今日のテーマは「エラ削り 後遺症」です。

1

だれしも興味を持っていろいろとリサーチし出す前は美容整形にいついて浅学です。
エラ削りの手術を受けるにあたって、
「むずかしいことは分からない!きれいになりさえすれば、あとはどうでもいいや~!」
と、美容整形外科医に任せっきりにしてしまう方が多いのが気になります。

5

管理人に相談メールを送ってくる方の中にも、費用や腫れなどはとても気にするけれど、手術方法や後遺症の可能性についての意識はさほど高くない、という方がいらっしゃいます。

しかしエラ削りは決して簡単な整形手術ではありません。
全身麻酔を要するということは、複雑で難しい整形手術であることの証明でもあります。
それにもかかわらずエラ削りは単にエラの骨を削り取るだけの簡単な整形手術とイメージしている人が多く、美容整形外科医に任せっきりにしてしまい、結果思い通りの仕上がりではなかったり、後遺症が残ってしまうという失敗例が出ています。

2

このように美容整形外科医に任せっきりのエラ削り希望者は、悪徳美容整形外科医からすれば、都合の良い”カモ”にされてしまう可能性があります。
拝金主義で患者の健康を第一に考えているとは思えないヤブ医者は本当にたくさんいますから。。
彼らはボッタクリの恰好の的になってはいけません。

4

エラ削りは決して値段の安い手術ではありません。
輪郭の骨を削るのですから、何度もやり直しのきく手術でもありません。
一生に一度きりの理想の輪郭になるチャンスだと心得、手術方法やメリット・デメリット、手術のリスクなどをよく学んだ上で自身にとって最高だと思える医師のもとで納得のいく手術を受けてほしいのです。
手術についてよく知ることもなくヤブ医者のもとで手術をうけ、整形の後遺症に一生悩まされるようになってほしくはないのです。

6

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

▽下記は参考までに管理人のブログに寄せられた「エラ削り 後遺症」に関する読者からの寄稿記事です。
東京都 男性
これまでに、しらゆりビューティークリニックで二重全切開、ライフクリニックで鼻の整形を受けたことがあります。次は顔が大きくエラがはっているのを治療するためにエラ削りをうけたいです。銀座フェイスクリニック、高須クリニック、ガーデンクリニック、青山セレスクリニック、湘南美容外科あたりでガンが得ていますが、韓国でのエラ削り整形も費用が安いし、輪郭形成の名医がいると口コミなのでありかなと考えています。ボトックス注射を3回やりましたが、すぐにもどってしまうばかりでなく、たるみが少しできてしまいもうやりたくありません。エラ削りの後遺症としてはたるみの他にも、痺れや麻痺や食事が噛みにくくなったなどがあるそうですね。ダウンタイムだけなら我慢しますが、一生後遺症が残るのはつらいと思い失敗は回避したいです。輪郭形成はリスクが高いので芸能人とかしかしないかと思いきや結構人気らしく驚いています。輪郭整形の失敗画像や
エラ削り失敗写真をみると、本当に受けていいのか?と悩みますが、顔を小顔にするには後遺症をおそれずにエラ削りするしかないですね。

以上、今日のテーマは「エラ削り 後遺症」でした。
.

※ イメージしやすいよう画像を挿入してありますが文章とは関係ありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •