•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


エラ 骨 引っ込める

4

おはようございます!
晴天の月曜で今週もスタートです☆

1

さて、今日のテーマは「エラ 骨 引っ込める」です。
エラの骨が張っているせいで顔が四角く、大きく見えることを悩む方は多くいらっしゃいます。エラ骨をなくす方法や、頬骨、エラ骨を引っ込めるために咬筋のコリほぐしマッサージやエクササイズ、エラを隠すためのメイクや髪型でカバーしようと努力したことがある方もいるのではないでしょうか? 韓国のコルギが日本でもブームになりましたが、エラをむりやり押し込む方法や力ずくでのエラ骨矯正は、おすすめしません。施術のあと痛いと思ったら奥歯が折れていたなんて人もいます。エラが張っている方はエラの骨に原因がある場合がほとんどですので、エラ骨を引っ込めるためにはエラの骨削りが必要になります。
エラ削りなどの輪郭形成は、あごやエラ、頬骨など、顔の形、シルエットそのものを変える施術で、美容医療の中でも変化が大きい分、リスクも高い分野となります。
人気の女優、俳優、モデルといった芸能人の方はたいてい小顔でスタイルがいい方が多いということもあり、
「小顔になりたい!」
「エラの張りを治して卵形の輪郭になりたい」
「シャープなフェイスラインになりたい」
「長いあごを短くしたい」
「引っ込んでいるあごを前に出したい」
などのように、輪郭を改善して美しくなりたいという方が多くいらっしゃいます。

2

エラ削り(エラ削り)、頬骨削り、顎削り、Vライン形成などの骨切り・骨削りで気をつけなければいけないことがあります。
それは、これらの手術は骨の切除を伴うため、もし満足できない結果になってしまっても完全に元に戻すことができないということです。
一度骨切り・骨削りの輪郭の手術に失敗してしまうと、修正は非常に困難となることが多いです。
そのため、エラ骨を引っ込めるためにはベストな美容外科、執刀医をチョイスすることが成功のカギであり、失敗のリスクを回避するための最重要ポイントとなります。

5

また、腫れ・むくみなどが続くダウンタイムも他の施術に比べ長い傾向にあり、費用も美容整形の中では高額の部類に入るため、それらの面でもリスクは高いといえます。
骨切り・骨削りを検討されている方は、安易な決断は避け、慎重に慎重を重ね、医院・医師選びをするようにしてください。

3

以上、今日のテーマは「エラ 骨 引っ込める」でした。
.

※ イメージしやすいよう画像を挿入してありますが文章とは関係ありません

更新情報
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •