•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


下顎前突 ブログ

こんにちは!
5月は気温の変化が激しくて洋服選びが大変です(-。-;)
身体にも負担だから気をつけないとな~。

今日のテーマは「下顎前突 ブログ」です。
下顎前突とは下顎が前に出ている状態です。下顎前突+あごが長い方もいますが、アゴの長さは実は平均的だけれど、下顎の位置が前に出ているせいであごが長く見えてしまっている人もいます。下顎前突は受け口やしゃくれともいわれ、気になさる方が非常に多い症状の一つ。下顎前突の程度にもよりますが、軽度の場合は歯列矯正のみで治療することができますが、この場合、歯並びが整っても受け口までは治りません。受け口の外見を治したい場合は、アゴの骨切り手術が必要になります。
下顎前突の外科的治療にあてはまるのは、顎後退術、顎削り、顎切り、ルフォーⅠ型骨切り術、下顎枝矢状分割術、SSRO、下顎骨形成術、両顎手術、オトガイ形成、セットバック、上下顎骨切りなどが挙げられます。

さて、近年では美容整形を受けた方がご自身の手術体験をブログに記しているものをいくつも見かけます。術前術後の写真を掲載されている方が多いので、手術から日を追って下顎前突の様子を見ることができ、参考にされる方も多いようです。
特に気になるのは術後の仕上がりと、腫れが術後何日の時点でどの程度のものなのかでしょう。

当然のことながら、同じ下顎前突の手術でも施術をうけるクリニックや医師の腕でダウンタイムも術後の腫れ具合も異なってきます。(もちろん、患者の体質も大きく関係します)
下顎前突などの骨切り手術は手術時間が短く、医師の手際がいい方が出血が少なくて済み、腫れや内出血も最小限に留めることができます。
また、下顎前突などの骨切りをしたのに日帰りで患者を帰してしまうクリニックも多いのですが、(たいていは入院設備が病院にないため)術後に適切なアフターケアを患者に施すことで早期回復へとつながり、結果ダウンタイムを短くすることができます。

また、下顎前突などの美容整形の体験ブログの中にはいわゆる整形紹介屋と思われる連中の自演ブログもちらほら見受けられるのでブログの内容を鵜呑みにすることはおすすめしません。整形紹介屋とは、一見美容整形の相談に乗るカウンセラーふうを装っていますが、その裏では特定のクリニックと結託しており、相談者を提携クリニックに紹介しては見返りに料金を受け取っている連中のことです。

私のブログにはこれらの整形紹介屋にヤブ医者を紹介されて整形に失敗してしまったという患者からの相談があとを絶ちません。もちろん、その中には下顎前突に失敗してしまったという患者からの被害相談も含まれます。

これから下顎前突を受けるという方は、くれぐれも手術を焦らず最高の優良院・名医を見つけて手術を託してほしいと思います。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

↓下記は管理人のブログに寄せられた下顎前突に関する寄稿記事です。
京都府 男性
4年間も受け口治療のために矯正を続けましたが、しゃくれた外見が変わりません。矯正のみではやはり改善できないほど自分はしゃくれているのだと思います。矯正の費用は莫大で100万をこえました。原因が骨にあるとはっきり分かったので、大学病院の口腔外科を受診して相談したところ、ルフォーⅠ型骨切り術+下顎枝矢状分割術という上顎と下顎の骨を切る手術をすすめられました。もはや自力で下顎前突症を治すのはむりなのはわかっているので、この手術を受けようかと思いましたが、その大学病院の口コミをネットでみたら、下顎前突は治ったけど顔のバランスがよくなくて、術後のルックスに不満を持っている人があまりに多いのでここでよいのかと迷っています。失敗はしたくないので医師選びに慎重です。ちなみに候補ししている大学病院or総合病院と医師は下記です。
Dr.山本有平(北海道大学医学部形成外科)、Dr.小林誠一郎(岩手医科大学医学部形成外科)、Dr.佐藤兼重(千葉大学医学部形成外科)、Dr.菅原康志(自治医科大学形成外科)、Dr.内沼栄樹(北里大学医学部形成外科 )、Dr.鳥飼勝行(横浜市立大学医学部形成外科)、Dr.高橋範夫(埼玉医科大学形成外科・美容外科)、Dr. 吉村浩太郎(東京大学医学部形成外科)、Dr.百束比古(日本医科大学形成外科)、Dr.大竹尚之(聖路加国際病院形成外科)、Dr.秋月種高(東京警察病院形成外科)、Dr.佐藤英明(北里研究所病院美容医学センター)、Dr.酒井成身(国際医療福祉大学形成外科附属三田病院)、Dr.磯貝典孝(近畿大学医学部形成外科)、Dr.上田吉生(近畿大学医学部奈良病院形成外科 )、Dr.稲川 喜一(川崎医科大学形成外科)、Dr.中西秀樹(徳島大学医学部形成外科)、Dr.大慈弥裕之(福岡大学医学部形成外科)、Dr.清川 兼輔(久留米大学形成外科)
さらにやはり下顎前突の見た目をきれいに治せるのは美容外科クリニックかと思い、美容外科でも考えています。
城本クリニック、自由が丘クリニック、共立美容外科、ヴェリテクリニック、リッツ美容外科。
この中で一番下顎前突症をきれいに治してくれる病院と医者の名前を教えてください。

以上、今日のテーマは「下顎前突 ブログ」でした。
それではまた明日(^^)ノ
.

※ イメージしやすいよう画像を挿入してありますが文章とは関係ありません

更新情報
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •