•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


顎削り ブログ


こんにちは!
ここ数日夏日が続いていましたが、今日は少しひんやりとしていますね。

今日のテーマは「顎削り ブログ」です。
顎削りとはあごが長いのが気になる方や下顎前突(受け口)の方に適した施術です。
口内から切開を行いあごの骨を切り取ったあとにフェイスラインを整えるように顎削りを行い形の整ったあごラインの形成を目指します。
顎削りはオトガイ骨切り、オトガイ骨削りという名称で呼ばれたりもします。
また類似する治療の中には、顎の真ん中の骨を切り取りだるま落としの要領であごの長さを短くするオトガイ水平骨切り(顎中抜き)もあります。
顎削りのリスクとしては、術後の痺れや感覚麻痺が第一にあげられます。これは顎削りのときに、オトガイ神経の近くを操作するため、術後直後はほとんどの方が感じる症状です。
ほとんどの方は半年~一年で回復しますが、中には一生涯違和感の残る方もいます。

さて、近年では美容整形を受けた方がご自身の手術体験をブログに記しているものをいくつも見かけます。術前術後の写真を掲載されている方が多いので、手術から日を追って顎削りの様子を見ることができ、参考にされる方も多いでしょう。
なにより気になるのは術後の仕上がりと、腫れが術後何日の時点でどの程度のものなのかだと思います。

当然のことながら、同じ顎削りの手術でも施術をうけるクリニックや医師の腕でダウンタイムも術後の腫れ具合も異なってきます。(もちろん、患者の体質も大きく関係します)
顎削りなどの骨切り手術は手術時間が短く、医師の手際がいい方が出血が少なくて済み、腫れや内出血も最小限に留めることができます。
また、顎削りなどの骨切りをしたのに日帰りで患者を帰してしまうクリニックも多いのですが、(たいていは入院設備が病院にないため)術後に適切なアフターケアを患者に施すことで早期回復へとつながり、結果ダウンタイムを短くすることができます。

また、顎削りなどの美容整形の体験ブログの中にはいわゆる整形紹介屋と思われる連中の自演ブログもちらほら見受けられるのでブログの内容を鵜呑みにすることはおすすめしません。整形紹介屋とは、一見美容整形の相談に乗るカウンセラー的存在を装っていますが、その裏では特定のクリニックと結託しており、患者を提携クリニックに紹介しては見返りに料金を受け取っている連中のことです。

管理人のブログにはこれらの整形紹介屋にヤブ医者を紹介されて整形に失敗してしまったという患者からの相談があとを絶ちません。もちろん、その中には顎削りに失敗してしまったという患者からの被害相談も含まれます。

これから顎削りを受けるという方は、くれぐれも手術を焦らず最高の優良院・名医を見つけて手術を託してほしいと思います。

以上、今日のテーマは「顎削り ブログ」でした。
それではまた明日(^^)ノ
.

※ イメージしやすいよう画像を挿入してありますが文章とは関係ありません

更新情報
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •