•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


エラ削り モニターで手術して友達にバレた

私の元には毎日たくさんの相談メールがよせられます。
その多くは美容整形手術を受けたいので名医のいる病院をおしえてほしい、という内容のものです。しかし、中には「美容整形に関する自分の体験を多くの人に知ってほしいので、この文章をブログにのせてください」と申し出られる方もけっこういらっしゃいます。
寄せられる文章は
「美容整形を受ける前にこんなことで迷った」
「手術に成功してきれいになって充実した日々を楽しんでいる」
「手術で失敗して今、後遺症で苦しんでいる」
など様々です。
普段はもちろん、読者の方から寄せられた相談メールを無断でブログにのせるようなことはしませんが、「自分の体験談を公表してほしい」と寄せてくださった文章に限り、このブログ上で『読者の体験談』というカテゴリーを儲け掲載しようと思います。
中には私が賛成する意見も同意しかねる考えもありますが、読者の方に美容整形に対してより多角度の視点をもってもらえるようあえて寄せられた文章そのままを掲載します。

「エラ削り モニターで手術して友達にバレた」

はじめまして!
ゆっこと申します。大学4年生の女です。
一年前に地元の某美容外科でエラ削りの手術を受けました。
小さい頃から顔が大きくて四角く、首も太くて短いので「だるま」とか「ブルドッグ」とかからかわれてきて、二十歳を過ぎても男の人と付き合った経験もない、そんな人生を変えたくて、かなり思い切った気持ちでうけた手術でした。
当時私は大学3年生で、手術に向けて必死にアルバイトしてきましたが、お金がどうしても足りなくてその美容外科でモニターとしてその美容外科のサイトに写真掲載する条件で半額ほどの値段でエラ削りしてもらえることになりました。
私はネットに関してあまり詳しくなく、美容外科のホームページに顔出しするということがどんな大惨事を引き起こすかなんて当時は考えもしませんでした。
ただ早くエラ削りしてきれいになって、人並みのリア充人生を送りたいという一心でした。手術は無事に終わり、気になっていたエラはなくなりました。
見た目的には満足でしたが、左のフェイスラインの感覚が戻らずこのまま後遺症として残るのでは、という点が心配です。
そして、術後6ヶ月経ち、美容外科のサイトに私のエラ削りのビフォー&アフターの顔写真が掲載されました。
それを見て初めて、「これ誰かに見られたらまずいな」と思いました。
でも美容整形サイトなんて知ってる人が見るとは思えないし。。
数年したら別の人のに差し変わるのだから一時期の我慢。。
そんなふうに考えていました。
しかし、ある日、学校に行ったらゼミの教室でみんなが私をみてヒソヒソ話して笑っています。すると、仲のいい友達が
「ゆっこ、もしかして整形した?!S美容外科のサイトの写真がツイッターで拡散してるよ」と、スマホの画面をみせてきました。
その美容外科の私のモニター写真がツイッターで大学の仲間内に拡散されていました。
どうして?!誰がみつけて、こんなことしたんだろう?!
その日のうちにこのモニター写真はサークルの仲間、大学の先生、先輩、後輩みんなに行き渡ったようでした。
学食へいっても、みんなが私の顔をみてヒソヒソ、高校時代の友達からも
「ゆっこ、エラ削りしたってマジ?(笑)」
とラインがくる始末。
その日を境に私は大学で「整形した女」として有名人になってしまいました。
先日、ある会社に内定が出ました。
その会社にいつかこのことがばれるのではないか、ばれたら内定を取り消されるのではないかと不安でいっぱいです。
安い価格に惹かれて安易にモニターで手術してしまった私がバカでした。
せっかくエラ削りをしてきれいになって新しい人生を送るつもりだったのに、こんなことになって、後遺症までのこって完全に失敗です。
モニターでの手術を検討している方には、こういうリスクがあるということを知っておいてほしいと思います。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •