•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


両顎手術失敗 体験談ブログ

こんにちは!
曇っていて新緑の映えない日がつづいております。

今日のテーマは「両顎手術失敗 体験談ブログ」です。
両顎手術とは上顎と下顎の位置を移動さることで外見の改善を図る美容整形手術です。ルフォーⅠ型骨切り術+下顎枝矢状分割術(SSRO)が基本ですが、クリニックによってはセットバックや上顎骨切り、下顎骨切りで両顎手術を行うところもあります。韓国では両顎手術の術後に顎間固定のいらない”ノータイ両顎手術”なるものまで生み出されており、その手術方法は多様化しています。

管理人のブログには
「両顎手術に失敗して希望とは違う結果になってしまった」
「両顎手術を受けたあとかみ合わせがおかしくなった」
「両顎手術の術後に皮膚がたるんでしまった」
「両顎手術の術後に後遺症が残ってしまった」
などという旨の両顎手術の失敗体験談や相談メールが寄せられます。

【 両顎手術に失敗して希望とは違う結果になってしまった場合】
両顎手術は骨を切る手術なので、修正が非常に難しい手術です。失敗後の患者の骨の状態や位置、血管や神経の状態にもよりますが修正手術が可能な場合もあります。
一度輪郭の専門医に相談してみると良いでしょう。

【両顎手術を受けたあとかみ合わせがおかしくなった場合 】
両顎手術を含め、顎の骨を移動させる手術は必ず歯列矯正医の管理の下で行われる必要があります。両顎手術を受けるにあたり、歯列矯正が必要になる方とそうでない方がいらっしゃいますが、いずれにしても術前に歯列矯正医を受診し歯形をとり、術後にも正しく咬み合うように管理をしてもらう必要があります。「自分はルックスさえ整えばいいから矯正歯科にいくのは絶対にいやなんです!」という患者さんもたまにいますが、こういう方に限って、あとになって「上手く咬み合わなくて顎が痛い」などと相談をよせてこられます。美しさは健康の上にあるもの。美容外科にとっては患者が歯列矯正医にかかることは利益になりません。なので「うちはオペだけで歯列矯正医にかかる必要なし!」なんて謳うところもありますが、患者の健康を考えていない証拠です。両顎手術を受けたあとかみ合わせがおかしくなった場合は歯列矯正、できれば輪郭の名医のいる美容外科と連携をとってくれている歯列矯正にかかることをおすすめします。

【 両顎手術の術後に皮膚がたるんでしまった場合 】
顔面は、骨組織(顔面骨)が土台になり、その上に筋肉、脂肪皮膚などの軟部組織が付着しています。両顎手術、上下顎セットバック、オトガイ水平骨切り、オトガイ形成術、エラ骨切り、顎削り、顎骨切り、頬骨削りなどのどの手術でも、骨組織のボリュームを削るため、相対的に軟部組織が余ることになり、結果として皮膚や皮下脂肪がたるみます。
そのため、両顎手術の後、皮膚や皮下脂肪がたるむことによって、頬がたるんでしまったり、四角い顔になったり、二重あごになるリスクがあります。
骨組織を削るボリュームが大きければ大きいほど、相対的に軟部組織が余るので、皮膚や皮下脂肪もたくさんたるみます。
また、年齢が若いほうが皮膚の収縮力があるため、顔面輪郭骨切り手術をした後、ある程度皮膚が引き締まり、皮膚や皮下脂肪のたるみが少なくてすみます。
逆に、歳をとると皮膚の収縮力がなくなるため、歳をとってから顔面輪郭骨切り手術をすると、皮膚や皮下脂肪が大きくたるむリスクは高まります。
そのため、両顎手術は、できれば25歳くらいまでに行うのが望ましいといえます。
ですが、特に女性ならよくご存じの通り、肌年齢=実年齢ではないので、たるみに関するリスクには個人差があります。

【 両顎手術の術後に後遺症が残ってしまった 】
両顎手術の術後にみられる後遺症としては上顎及び下顎の知覚麻痺、感覚麻痺、痺れなど。
咬筋切除もされた方は咀嚼時の違和感、咀嚼力の低下などがおこるケースもあります。
両顎手術の手術直後はほとんどの方が痺れや麻痺を感じますが、時間の経過とともに完治へ向かうのが通常です。通常、術後3ヶ月もすれはこれらの症状はなくなるといわれています。それ以上経過しても、一向に回復する兆しのない場合には専門機関を受診するようにしてください。

繰り返しになりますが、管理人のブログには両顎手術の失敗体験談が多数寄せられたり、両顎手術の手術失敗、後遺症に関する相談メールがあとを絶ちません。
特に近年では韓国に”輪郭専門の美容外科病院”なるものが乱立し、韓国で両顎手術を受け手失敗してしまったと駆け込んで来られる方が非常に多くなっています。なぜ、他の美容整形手術は行わず輪郭専門病院なのかといえば、輪郭の手術が美容整形の中では一番高額で病院が儲かるから”専門”を名乗っているのです。韓国の美容外科クリニックの全部が全部ヤブ医者とはもうしませんが、アフターフォローや帰国後の万一のことをかんがえるとおすすめできません。

もし、両顎手術に失敗してしまった場合もこの分野の名医に相談することでもっとも最適な解決策を見つけることができるはずなので絶望してあきらめないでほしいのです。しかし、これから両顎手術の手術を受けるという方!
肝心なのはまず、失敗を回避することです。
せっかく高いお金を払って手術を受けるのなら、成功して理想の輪郭を手に入れてほしいのです。


.
※ イメージしやすいよう画像を挿入してありますが文章とは関係ありません

更新情報
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •